「わけがわからない」PKの名手・クーマン監督が2本のPK失敗に怒り「バルサではあり得ない」

2021.01.22 10:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのロナルド・クーマン監督がおかんむりだ。スペイン『アス』が伝えた。

バルセロナは21日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するコルネジャと対戦。延長戦まで縺れた試合は、0-2でバルセロナが勝利を収めた。


コパ・デル・レイでは、レアル・マドリーが前日に3部相手に敗れ敗退となるなど番狂わせが起きている中、バルセロナも苦戦を強いられた。

スーペル・コパ決勝でアスレティック・ビルバオに敗れてから中3日での試合。9人のメンバーを変更して臨んだ中、試合を支配するものの精度を欠いてしまう。

この試合では90分でゴールを挙げることができなかったバルセロナだが、クーマン監督が怒りをあらわにした理由は2つのPKだった。

バルセロナは38分と79分に2つのPKを獲得。しかし、MFミラレム・ピャニッチ、FWウスマーヌ・デンベレがキッカーを務めたが、どちらもGKラモン・フアンにセーブされ失敗。その結果、延長戦にまでもつれ込んでしまった。

現役時代はPKの名キッカーとしても知られたクーマン監督は、2本ともPKを失敗したことに怒りを露わに。「わけがわからない」と非難した。

「2つのPKを失敗したが、多くのチャンスがあった。バルセロナのようなチームでそれが起こることはあり得ない。もっと早く、試合に勝つべきだった」

「わけがわからない。なぜなら、通常はPKで得点できる選手が多くいるからだ。恐怖からなのかもしれないが、私には理解できない」

「複数の選手がミスをしている。何よりも2つのPKのどちらかを決めれば、落ち着いたはずだ」

「繰り返しになるが、バルサの選手として2つのPKを失敗することはできない。ただ、深刻な話ではない」

関連ニュース
thumb

当選したらアグエロ獲得? 会長選控えるバルセロナ、候補者の元会長ラポルタ氏が明かす

7日に会長選を控えているバルセロナ。前会長の不祥事など、にわかに騒がしくなってきている中、選挙の結果次第である選手の移籍が動き出すかもしれない。 かつてバルセロナで会長を務めていたジョアン・ラポルタ氏も今回の会長選に立候補。仮に当選した場合はマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)を獲得する可能性があるようだ。 イギリス『デイリー・メール』の報道によると、今夏の補強候補としてラポルタ氏はアグエロの獲得を口にしている状況。そのアグエロは、今シーズン限りでマンチェスター・シティとの契約が満了を迎え、現時点では契約延長の話が出ていない状況だ。 そのため、このままいけばフリートランスファーで獲得でき、財政的に余裕のないバルセロナとしては願っても無い補強となる。 さらに、アグエロはアルゼンチン代表でFWリオネル・メッシとも知った中であり、友人でもあるため、バルセロナでの共演も見ることができる可能性がある。 そのメッシは、昨夏にバルセロナからの退団を希望したが結局は残留。アグエロがやってくるとなれば、チームに残る可能性もあるとみられている。 ラポルタ氏は、自身以外が会長になればメッシがチームを去る事になるとも語っており、会長に就任する気満々だが、アグエロ獲得となれば、より一層バルセロナの攻撃陣が強化されることは間違いないだろう。 2021.03.05 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「こんなの見たことない」メッシが無邪気に飛び跳ねる!感情爆発のスターにファンも反応

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが感情を爆発させたシーンに注目が集まっている。 バルセロナは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでセビージャと対戦。アウェイでの1stレグを2-0で落としているバルセロナは、逆転突破のためには3点が必要な状況だった。 前半に1点を返したものの、その後はセビージャの守備を崩しきれず、このまま試合終了と思われた後半アディショナルタイム4分にアントワーヌ・グリーズマンのクロスをジェラール・ピケが豪快ヘッド。これが決まり、土壇場で2戦合計で同点に追いつき延長戦へ突入する。 そして延長前半に途中出場のマルティン・ブラースヴァイトのヘッドで逆転し、2戦合計3-2の大逆転勝利を収め決勝へ駒を進めていた。 セビージャ戦にフル出場していたメッシだったが、ピケが同点ゴールを決めた際には感情が爆発。右手を高く掲げながら3度ジャンプし、体全体で喜びを表現した後、ピケのもとへ駆け寄っていた。 人前で感情を爆発させるようなことは多くないメッシの珍しいシーンは、バルセロナの公式ツイッターに取り上げられると、「こんなの見たことない」「嬉しそう」「かわいい」とギャップある姿に驚く声が多く寄せられていた。 驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナは、決勝でアスレティック・ビルバオと対戦する。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leo <a href="https://twitter.com/hashtag/Messi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Messi</a>&#39;s reaction to the game-tying goal. <a href="https://t.co/2PGEan47Yf">pic.twitter.com/2PGEan47Yf</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1367551372292407299?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシとセビージャSDが衝突? 事の発端はモンチの発言か

3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝のバルセロナvsセビージャの試合終了直後に、両陣営の一部が一触即発の事態を起こしていたようだ。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナが1stレグの敗戦を2ndレグでひっくり返し、劇的な決勝進出を果たした一戦。アウェイでの一戦目を0-2で落としていたバルセロナは、ホームで行われた二戦目の後半アディショナルタイムに同点に追いつくと、その勢いのまま延長戦で追加点を挙げて、大逆転勝利を収めていた。 問題があったとされるのはこの試合直後のこと。先にロッカールームに引き上げていたセビージャ陣営のペペ・カストロ会長とモンチSD(スポーツ・ディレクター)と、その後に戻ってきたバルセロナ陣営のFWリオネル・メッシと数名の選手およびコーチのペペ・コスタ氏が衝突。 発端は先月27日にセビージャの本拠地サンチェス・ピスファンで行われたラ・リーガ第25節の同一カードでの出来事で、主審の判定に執拗に抗議するバルセロナのロナルド・クーマン監督に対し、モンチ氏がスタンドから「泣き虫」と侮辱していたことがきっかけとされている。 この発言に関してメッシら選手たちが説明を求めると、モンチSDは「お前らはいつも同じような勝ち方をする」と口撃。これに対し、メッシらは「今日は暖かくして帰れよ」と応戦したという。 リーグ戦ではDFジエゴ・カルロスにイエローカードが出されたシーンや、メッシがDFジュール・クンデを後ろから倒した際に、2枚目のイエローカードが提示されたなかったことに不満を感じていたモンチSDは、コパ・デル・レイでもDFクレマン・ラングレの手にボールが当たったにもかかわらず、セビージャにPKが与えられなかったこともあり、咄嗟に憎まれ口を叩いてしまったのかもしれない。 なお、両陣営はそれ以上に発展することはなかったようだ。 2021.03.05 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

殊勲の同点弾も…バルサDFピケが右ヒザのじん帯損傷で離脱

バルセロナは4日、元スペイン代表DFジェラール・ピケの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ピケは4日にメディカルチームの検査を受けたとのこと。診断の結果、右ヒザの内側と外側の側副じん帯を損傷しているとのことだ。 なお、離脱期間に関しては明らかにされておらず、10日に控えているチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦の出場についても明らかになっていない。 ピケは3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのセビージャ戦に先発出場。後半アディショナルタイムに値千金の同点ゴールを決めていた。しかし、その後にヒザを負傷し退場していた。 今シーズンのピケは長らくヒザのケガで欠場しており、ここまでの公式戦で15試合の出場に留まっており、2月に復帰したばかりだった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.03.04 21:42 Thu
twitterfacebook
thumb

これが天才ファンタジスタの当て勘!ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー/2005-06【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョのパーフェクトボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4S0xmbnVTSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファン全体から愛された。 観る者を魅了するファンタジスタとして知られるロナウジーニョ氏だが、2006年4月30日に行われた、ラ・リーガ第35節のカディス戦では、そのテクニックを存分に発揮したゴールを決めている。 開始早々の8分、右サイドを攻めたバルセロナは、味方からのパスに抜け出したDFジュリアーノ・ベレッチが右サイド深くに侵入し、鋭いクロスを上げる。低めのマイナス気味となったクロスに対し、ゴール前のロナウジーニョが下がりながらのコンパクトな足の振りで合わせる。しっかりと右足のインステップにミートされたシュートはゴール中央に決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はこのリードを守ったバルセロナが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="887" data-sg-movie-title="【これが天才ファンタジスタの当て勘!】ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー"></span> 2021.03.04 20:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly