「忍耐強く、成熟し、クレバーだった」上位対決を制したライプツィヒ、指揮官はチーム称賛

2021.01.21 16:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、チームのパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

ライプツィヒは20日に行われたブンデスリーガ第17節で、ウニオン・ベルリンと対戦。6戦負けなしのウニオンに対して、2試合勝ちがないライプツィヒは序盤押され気味だったものの、徐々に挽回。MFエミル・フォルスベリが後半に挙げた決勝弾を守り切り、1-0で勝利した。この結果、ライプツィヒは首位バイエルンと勝ち点差4の2位につけ、リーグ前半戦を終えている。


試合後のインタビューでナーゲルスマン監督は、対戦相手のウニオンを称えつつ、チームのパフォーマンスを誇った。

「ウニオンを相手にする以上、チャンスがあまり作れないことは明確だった。それでも、300%はボールを持っていて、訪れたチャンスの1つを決められた。事前の予想通り、ボール保持率は高く、多くのシュートを放った。前半にクリストファー・エンクンクが決めていれば、もう少し楽な試合になったと思う」

「後半はしっかりとしたプレーができたし、カウンターにも対処できた。我々の支配率は非常に高く、特にアレクサンデル・セルロートのプレーは非常に良かった。最終的には、我々が勝利に値した」

「試合では、創造性より規律がより求められる。ウニオンのような堅守の相手と対戦するときは、集中し続けることが大切なんだ。今日、私の選手たちは我慢強く、成熟していて、クレバーだったよ」

また、ナーゲルスマン監督はインタビューのなかで今シーズンのリーグ前半戦を振り返り、厳しい日程のなかでも着実に勝ち点を獲得してきたチームを称えている。

「シーズン前半戦、チームは非常によくやってくれたと思うよ。今の勝ち点にも満足している。我々はリスボンで行われた昨季のチャンピオンズリーグ(CL)を含め、多くの試合を戦ってきた。後半戦は今以上になるかはともかく、できるだけ多くの勝ち点を獲得したい」

関連ニュース
thumb

ライプツィヒに痛手…オルバンが左手骨折で数日アウト

ライプツィヒは4日、ハンガリー代表DFヴィリー・オルバンが左手の中手骨の骨折と、手術を受けたことを発表した。 3日に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦で先発出場したオルバンは、前半に手を痛め、ハーフタイムで交代していた。途中、医療スタッフが同選手の左手に処置を施すシーンがあったが、骨折していたようだ。 離脱期間は「数日間」とされており、その後はギブスを着けてプレーできるようになるとのことだ。 今シーズンのオルバンは、ここまで公式戦30試合に出場。ブンデスリーガでは20試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 チームは今後、6日にブンデスリーガ第24節のフライブルク戦を戦った後、10日にはチャンピオンズリーグのリバプール戦2ndレグ、14日にはリーグ戦でフランクフルトとの上位戦が控えている。 2021.03.04 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

CLリバプールvsライプツィヒの2ndレグも中立地ブダペスト開催に

欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のリバプールvsライプツィヒの2ndレグがハンガリーのブダペストで行われることを発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ヨーロッパの国際大会は開催地変更を余儀なくされている。特に変異株が流行しているイギリスのクラブは各国で入場制限が敷かれており、ラウンド16の1stレグでは、いずれもアウェイ戦となったリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティの試合が中立地開催となっていた。 そして、本来リバプールのホームで行われる予定だった10日のリバプールvsライプツィヒも開催地が変更に。1stレグと同じブダペストでが舞台となる。2月16日に行われた1stレグでは、FWモハメド・サラーとFWサディオ・マネのゴールで、リバプールが0-2で先勝している。 なお、18日に予定されているヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16のモルデvsグラナダの1stレグも、ブダペストで行われることが決定している。 2021.03.04 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

DFBポカールベスト4進出のライプツィヒ、ナーゲルスマンは「最後まで戦ってくれた」チーム称賛

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、カップ戦での勝利に歓喜している。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは3日に行われたDFBポカール準々決勝で、ヴォルフスブルクと対戦。ブンデスリーガでも上位争いを繰り広げる相手に対して前半は拮抗した展開となったが、63分に先制点を奪う。試合終了間際にはFWファン・ヒチャンが2点目を決め、2-0で勝利。この結果、ライプツィヒはDFBポカールベスト4進出が決定。クラブ初タイトルに向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督は、チーム全体のパフォーマンスに満足しているとコメント。そのうえで、1点目のアシストを記録するなど印象的な活躍を見せたFWアレクサンデル・セルロートを特に称えている。 「選手たちは今日、非常に良いゲームをしてくれたと思う。チームにしっかりコミットしていたと思うし、最後まで戦ってくれた。こうした姿勢は、私もピッチ脇でお手本にしたい」 「先週のボルシアMG戦でもそうだったが、アレックス(アレクサンデル・セルロート)は今日も非常によくやってくれた。試合に大きな影響を与えてくれたと思う」 「本来のアレックスがようやくチームに来てくれたと感じているよ。彼は堅い守備を誇るチーム相手に、多くのチャンスを作ってくれるんだ。それから、ゴールを決めてくれたファン・ヒチャンについても嬉しく思っている」 2021.03.04 12:44 Thu
twitterfacebook
thumb

Y・ポウルセン&ファン・ヒチャン弾でヴォルフスブルクを下したライプツィヒがベスト4進出!《DFBポカール》

DFBポカール準々決勝のライプツィヒvsヴォルフスブルクが3日に行われ、2-0で勝利したライプツィヒが準決勝進出を決めた。 3回戦でブンデス2部のボーフムを下したライプツィヒは、直近のボルシアMG戦からスタメンを2人変更。ザビッツァーとハルステンベルクに代えてカンプルとクロステルマンをスタメンで起用。 一方、3回戦でシャルケを下したヴォルフスブルクは、直近のヘルタ・ベルリン戦からスタメンを1人変更。ポングラチッチに代えてブルックスがスタメンに名を連ねた。 リーグ戦で好調な両者の一戦は、徐々にボールの主導権を握ったライプツィヒが先にチャンスを迎える。12分、ボックス右でパスを受けたダニ・オルモのクロスをゴールエリア左のエンクンクが頭で合わせたが、これはGKカスティールスがファインセーブ。 さらに18分には、左スローインをボックス手前のY・ポウルセンがヒールで繋ぐと、ボックス左に抜け出したエンクンクのクロスをクライファートがヘディングシュート。しかし、叩きつけたボールは相手GKの正面を突いた。 対するヴォルフスブルクは23分、右CKのクリアボールをボックス右手前のシュラーガーがダイレクトクロス。これをファーサイドで受けたK・ムバブが胸トラップからシュートを狙うと、エンクンクにアフターで足をスパイクされる。一度プレーは流されたものの、オンフィールドレビューの結果、このファウルでPKが与えられた。しかし、キッカーのヴェグホルストは芝で軸足を滑らせたこともあり、シュートを大きく外した。 ピンチを脱したライプツィヒは、32分にクロステルマンのロングパスでDFの裏に抜け出したエンクンクのラストパスを受けたクライファートがボックス右からゴール左隅にシュートを決めたが、エンクンクがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。 前半終了間際、ヴォルフスブルクはラクロワのスルーパスに抜け出したシュテフェンが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKグラーチのブロックに阻まれ、前半はゴールレスドローで終了した。 迎えた後半、ライプツィヒはオルバンを下げてハイダラを投入。すると52分、敵陣でバックパスをカットしたエンクンクのヒールパスでボックス左に抜け出したY・ポウルセンにチャンスが訪れたが、シュートはGKカスティールスのブロックに阻まれた。 以降は一進一退の攻防が続く中、ライプツィヒの圧巻のロングカウンターが発動する。63分、自陣で右クロスのこぼれ球を拾ったセルロートがY・ポウルセンとのパス交換で右サイド抜け出すと、中央を駆け上がったY・ポウルセンへ横パスを通す。これを受けたY・ポウルセンがボックス内まで持ち上がると、冷静にシュートを決めきった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、試合終盤にライプツィヒが決定機を迎える。88分、ボックス右深くまで侵入したセルロートのクロスをニアに走り込んだフォルスベリが合わせると、GKセルロートが弾いたボールをゴールエリア左手前のファン・ヒチャンがダイレクトで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。ヴォルフスブルクを下したライプツィヒが2年ぶりの準決勝進出を決めた。 また、同日に行われたDFBポカール準々決勝もう一試合のエッセン(4部)vsホルシュタイン・キール(2部)は0-3でキールが勝利している。 2021.03.04 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが2点のビハインドからボルシアMGに劇的逆転勝利《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは27日、ブンデスリーガ第23節でボルシアMGをホームに迎え、3-2で逆転勝利した。 前節ヘルタ・ベルリンに3-0と快勝して首位バイエルンに2ポイント差とした2位ライプツィヒ(勝ち点47)は、Y・ポウルセン、エンクンク、ダニ・オルモの前線で臨んだ。 3日前のチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティに0-2と完敗した8位ボルシアMG(勝ち点33)に対し、前がかる入りとしたライプツィヒだったが、5分にPKを献上する。ボックス左に侵入してきたエンボロをウパメカノが倒してしまった。 このPKをホフマンに決められて先制されたライプツィヒは8分にハルステンベルクが決定的な枠内シュートを放つも、ゴールライン前にカバーに入っていたギンターの好カットに阻まれた。 すると19分には追加点を奪われる。ショートカウンターを受けた流れからエンボロのヘディングシュートがテュラムに当たってゴールに吸い込まれた。 2失点を受けて、ライプツィヒがより重心を前にする展開となったものの、前半のうちに反撃に転じることはできず0-2でハーフタイムに入った。 迎えた後半、ザビッツァーに代えてセルロートを前線に投入したライプツィヒは50分、そのセルロートがネットを揺らすも、VARの末にハンドがあったとしてノーゴールに。 それでも57分に正真正銘のゴールが生まれる。ハルステンベルクの左クロスからエンクンクが押し込んだ。 さらに66分、ライプツィヒが一気に追いつく。セルロートの落としを受けた中央のY・ポウルセンがミドルシュートを叩き込んだ。 同点として攻勢のライプツィヒは77分、直前に投入されていたフォルスベリが直接FKを狙い、見事なシュートが枠を捉えるも、ここはGKゾンマーのビッグセーブに阻まれてしまう。 劣勢のボルシアMGはプレアとシュティンドルを投入。しかし、終盤にかけてもライプツィヒが攻勢に出ると、試合終了間際の追加タイム3分に逆転する。 FKの流れから左サイドのエンクンクがクロスを上げると、ファーサイドのセルロートがヘッドで押し込んだ。これが決勝点となってライプツィヒが劇的勝利。首位バイエルンとの2ポイント差を維持した。 2021.02.28 04:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly