「左足に期待はしていなかった」ポグバが逆足でのミドルシュートを自画自賛「美しいゴール」

2021.01.21 17:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが決めたゴールが話題を呼んでいる。

ユナイテッドは20日に行われたプレミアリーグ第18節でフルアムと対戦。開始早々に失点を喫する苦しい展開だったが、ポグバらのゴールによって逆転に成功。2-1のスコアで勝利を飾った。この結果、2位マンチェスター・シティが1試合未消化の状況ではあるものの、ユナイテッドが首位の座をキープしている。


◆ポグバがドリブルで切れ込み左足で強烈な逆転弾を叩き込む

決勝点となったのは、57分にポグバのミドルシュートだったが、そのゴールが個の力でもぎ取ったものだと話題だ。

相手のクリアが弱くなり、ポグバが相手陣内右サイドでボールを拾う。ポグバはフルアムの選手3人に囲まれるも、細かいタッチでマークを剥がすと、やや相手DFが引いたところを見逃さずに、ボックス右手前から左足でミドルシュートを放つ。

逆足でのシュートになったが、それを感じさせないスピードでゴールに向かっていくと、フルアムのGKアルフォンス・アレオラの右手を掠めながら、ゴール左のサイドネットへと突き刺さった。

ポグバは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューに応じ、美しいゴールだったと自画自賛している。

「僕はボールを上手く撃った。左足に期待はしていなかったけど、撃たなければゴールはできない。美しいゴールであり、美しい勝利だった。僕のお気に入りのゴールではないけど、それでも美しかったね」

「難しい試合だったし、大きな勝利だ。難しくなることは分かっていた。フルアムは上手くプレスをかけ、コンパクトの陣形を保った。戻ってくるために、この勝利が必要だった。そして手に入れた」

クラブで難しい時期を過ごしていたポグバだったが、ここに来て調子は上向きだ。

関連ニュース
thumb

アウェイ20戦不敗もまたビッグ6に勝てずのスールシャール「PKが与えられるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が不満を口にした。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦。13ポイント差の首位マンチェスター・シティを追っていくためにも勝利で飾りたい一戦だったが、こう着状態を最後まで破れず、ゴールレスドローに終わった。 リーグ戦でのアウェイ連続不敗を20試合(13勝7分け)に伸ばしたが、ここまで未勝利のビッグ6戦(5分け2敗)でまたも勝ち切れずの結果に。2位の座をより確固たるものにするチャンスも逸したスールシャール監督は試合後、結果を嘆いた。 「十分にゴールを決められていないのは確かだ。アウェイでクリーンシートをやってのけたわけだが、チームの次なるステップは今日みたいな試合でゴールを決め、勝ち切ること。3ポイントが必要なのだ」 「PKのチャンスが与えられるべきだったとも思う。それに関してはブルーノ(・フェルナンデス)を支持する。しかしながら、後半に作った4、5回のチャンスでパスの数が足りず、質を欠いてもいた」 ノルウェー人指揮官はまた、15分にチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイが自陣ボックス内でハンドした疑いがかけられ、VAR加入の結果、PKなしのジャッジが下った場面に言及。不満を吐露した。 「PKのチャンスを与えられたかもしれない。それは非常に明らかだったから、なぜ主審がPKを宣告しなかったのか理解に苦しむ。きっと手の位置が自然なポジションにあったと考えたのだろう」 「もう過ぎたことだが、PKのチャンスが与えられるべきだったのは明白だったと思う。ここ数カ月、PKのチャンスが与えられ過ぎていると騒がれて以降、その数が減っているのが少し気がかりだ」 「監督がレフェリーの判定に影響を及ぼすようなことがあってはならない」 さらに、「監督なら自然だと思うが、チームに不利な判定があれば反論したくなるもの」とも語り、結果的にこの試合の結末に大きく直結したPKなしの判定に対する不当性を主張している。 「私は審判がそうした反論に影響されないと信じてもいるだが、今日のジャッジに関してはビデオをチェックして驚いた。その瞬間はPKだと思わず、その理由をわかってもいたが、ビデオで見直してみると、手の位置は不自然だった」 2021.03.01 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、トップ4返り咲きならずのドローも「私は満足…このままいけば対戦し難いチームに」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 チェルシーは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。この試合を前にウェストハムとレスター・シティの上位勢がともに敗れたため、トップ4返り咲きのチャンスがかかった一戦だったが、均衡破れず、0-0の痛み分けに終わった。 先月の就任から公式戦9戦不敗(6勝3分け0敗)を継続したものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上を逃してしまったトゥヘル監督。試合後、勝ち切れなかったが、チームとしての戦いぶりに一定の満足感を示している。 「非常に強いチームによるハイクオリティなゲームだったよね。前半は(スコット・)マクトミネイのクオリティにより、何分か苦しめられてしまった。全体的に互角な試合だったと思う」 「後半は我々が非常に強く感じられ、良いチャンスやハーフチャンスもあった。勝利に近づいたが、ピッチ上に質の高い局面がたくさんあり、何が起きてもおかしくなかったよ。私は満足だ。守りは非常に良く、非常に勇敢だった」 「我々は後半に変更を施した。相手にボールを持って前に出てこさせないように2人のストライカーとともに守るようにしたんだ。逆に、我々の攻撃は十分じゃなく、彼らがかけ始めたハイプレスを掻い潜るのは簡単じゃなかった。容易くボールを失う場面が多く、自信を欠いてしまったね」 「今の我々はこうした試合に勝つために必要な冷静さがない。しかし、努力と戦いぶりがあれば、何の心配もない。このままいけば、我々は対戦するのが難しいチームになれるはずだ」 2021.03.01 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが2月28日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210302_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 6.0 マクトミネイの際どいシュートを身体を張ってセーブするなど、相手の枠内シュートをきっちりセーブした   DF 28 アスピリクエタ 6.5 幾度か良いインターセプトを見せ、対人守備でも抜群の安定感。まさにソリッドというパフォーマンス   4 A・クリステンセン 7.0 アトレティコ戦に続き集中したプレーを90分間継続し、ユナイテッド攻撃陣を封殺した   2 リュディガー 6.5 守備面では引いた状態での繊細な対応、高い位置まで飛び出しての出足鋭い潰しと守備面で抜群の存在感。カオスを生む意表を突いた攻め上がりも相手をかく乱する一因に   MF 20 ハドソン=オドイ 5.5 微妙なハンドはVARでノーファウルに。幾度か際どいクロスを供給し、守備でもハードワークを怠らず。ただ、筋肉系のトラブルか、前半のみの出場に   (→リース・ジェームズ 5.5) 幾度か惜しい場面に顔を出した。守備でも無難にまとめていた   7 カンテ 6.5 相手のキーマンであるブルーノ・フェルナンデスを徹底監視。さらに、浮いた相手のアタッカーを要所で封じる八面六臂の守備を見せた   22 ツィエク 5.0 相手の強度の高いプレスに対してボールロストが目立った。さらに、後半序盤の決定機は決め切りたかった   (→ヴェルナー 5.0) 幾度かフィニッシュに絡んだが怖さがない   19 マウント 6.0 疲労の影響かラストプレーの精度やマクトミネイとのマッチアップで苦戦も、攻守両面での仕事量は相変わらず多かった   17 コバチッチ 6.5 決定的な仕事はできなかったが、見事なドリブルやターンで相手のプレスを鮮やかに回避。守備の強度も高かった   21 チルウェル 6.0 後半序盤の最大の決定機を演出。それ以外の場面では攻守に堅実な仕事を見せた   FW 18 ジルー 5.0 前線で身体を張ったが、良い形でなかなかボールを受けられなかった   (→プリシッチ 5.0) 局面打開が期待されたが、相手の守備を上回るプレーを見せられず   監督 トゥヘル 5.5 守備は相変わらずソリッドだったが、ユナイテッドの集中した守備を前に攻撃面で課題を残した   ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210301_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 6.5 ツィエクの決定機をビッグセーブで阻止。それ以外も相手の枠内シュートを危なげなく止め続けた   DF 29 ワン=ビサカ 6.0 マイボール時に相手に狙われて苦しんだが、肝心の守備ではいつも通りの安定感だった   2 リンデロフ 6.5 味方がうまく限定した相手の攻撃を冷静な対応で抑え込んだ。際どいクリアなど無理の利く対応も光った   5 マグワイア 6.5 攻守両面で安定したパフォーマンス。守備ではうまく味方を使いながらリスクを管理。ジルー相手に強さも見せた   23 ショー 6.5 リース・ジェームズの決定機を好ブロックで阻止。安定した守備に加えて、後半には絶妙な飛び出しから決定機にも絡んだ   MF 21 ダニエル・ジェームズ 6.0 攻撃面ではなかなか良さを出せなかったが、機動力と献身性を武器に守備のタスクをきっちりこなした。   39 マクトミネイ 6.0 守備面で中盤に強度をもたらし、惜しいシュートも放った。ただ、コンディションが万全ではなかったか、好調時に比べて抑えめのプレーに   18 ブルーノ・フェルナンデス 5.5 守備やボールを引き出すハードワークは見せたが、カンテらの徹底監視に遭い、決定的な仕事はできなかった   17 フレッジ 6.0 中盤のダイナモとして攻守に奮闘。惜しいシュートも放ったが、相手の堅守を上回る一工夫がほしかった   10 ラッシュフォード 5.0 前半に直接FKで見せ場があったが、以降はアスピリクエタらにうまく抑え込まれた   FW 11 グリーンウッド 5.5 最前線での起用でまずまず機能。課題の守備でも交代するまでハードワークをこなした   (→マルシャル 5.0) 攻守両面で物足りない出来に   監督 スールシャール5.5 敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰ったが、負傷者の影響もあって攻撃面でパワーを出し切れず   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリステンセン(チェルシー) チアゴ・シウバの代役として見劣りしない攻守両面での存在感を発揮。相手のプレッシャーに晒された中で的確にボールを捌き、守備の局面でも対人、カバーリング共に安定していた。   チェルシー 0-0 マンチェスター・ユナイテッド 2021.03.01 04:17 Mon
twitterfacebook
thumb

90分間均衡保たれたチェルシーとユナイテッドの上位対決はゴールレス決着《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが2月28日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。   現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦ではアウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。   この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームは、難敵ユナイテッドをホームで迎え撃った一戦でアトレティコ戦から先発3人を変更。マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ、ヴェルナーに代わってチルウェル、カンテ、ツィエクを起用した。   一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では3-1の快勝。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。   今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取を狙ったこの一戦では、前節のニューカッスル戦から先発2人を変更。マティッチに代えて負傷明けのマクトミネイ、マルシャルに代えてグリーンウッドを最前線に置いた。   試合は立ち上がりから激しくプレッシャーを掛け合うハイインテンシティの攻防となる。互いに相手の狙いを持ったプレスをかいくぐれず中盤でのボールの奪い合いが続くも、コバチッチ、ブルーノ・フェルナンデスらプレス回避に長けた中盤の選手が要所で局面を打開し、相手陣内深い位置まで運ぶ場面も作り出す。   そういった流れの中、14分にはユナイテッドがボックス手前で得たFKの場面でキッカーのラッシュフォードが得意のブレ球のシュートを枠に飛ばすが、ここはGKメンディが冷静にはじき出す。直後の15分にはチェルシーのツィエクがミドルシュートを枠に飛ばすが、こちらもGKデ・ヘアの守備範囲。   枠内シュートを1本ずつ打ち合ったが、以降は互いの連動した守備を上回るような攻撃を見せることができず、引き続き睨み合いの展開に。ユナイテッドはマグワイア、チェルシーはリュディガーと最後尾の選手が局面を変える持ち上がりなどで相手のプレッシャーラインを越えていくが、アタッキングサードの攻略には至らない。36分にはハドソン=オドイの右クロスからゴール前のジルーに決定機が訪れるが、得意のダイビングヘッドは枠の左に外れた。   前半終盤にかけてはアウェイチームが押し込むところまで持っていったが、チェルシーの堅守をこじ開けることはできず。結局、前半は0-0のスコアで終了した。   迎えた後半、先に動きを見せたのはホームチーム。筋肉系のトラブルか、ハドソン=オドイを下げてハーフタイム明けにリース・ジェームズを投入した。ただ、後半に入って相手のプレスをいなし始めたチェルシーは48分、マウントとのパス交換で左サイド深くに侵攻したチルウェルが精度の高い折り返しを入れると、ニアのジルーはわずかに間に合わなかったが、後方からフリーで走り込んだツィエクが左足のダイレクトシュート。GKデ・ヘアがファインセーブではじき出したボールをリース・ジェームズが蹴り込みに行くが、今度はDFのブロックに阻まれた。   一方、後半立ち上がりは圧倒的にボールを握られて守勢に回ったユナイテッドだが、61分に後半最初の決定機を作り出す。ボックス付近での細かい繋ぎからショーが抜群の飛び出しを見せてボックス左から鋭いグラウンダーのクロスを供給。ファーに流れたボールをワン=ビサカがマイナスに落とすと、マクトミネイが右足のダイレクトシュート。ゴール前の密集を抜けたボールがゴールに向かうが、ここはGKメンディの好守に阻まれた。   後半も半ばを過ぎると、前半同様の拮抗した展開となる。ホームで勝ち切りたいチェルシーは66分にジルーを下げてプリシッチ、78分にはツィエクに代えてヴェルナーをピッチに送り出す。対するユナイテッドは79分、グリーンウッドに代えてマルシャルを最前線に入れた。   試合終盤にかけては共に勝ち点3がほしい一方、負けたくない気持ちも入り混じる難しいバランスを保ちながらの攻防となる。90分にはユナイテッドが相手のセットプレーを撥ね返して人数をかけたロングカウンターを仕掛けたが、右サイドを持ち上がったマクトミネイからのラストパスが相手守備に引っかけられてしまい、劇的な先制点奪取とはならず。   そして、最後まで均衡が保たれたまま試合は0-0でタイムアップを迎え、チェルシーはトゥヘル体制の無敗、ユナイテッドは今季アウェイゲーム無敗を継続したが、結果的には痛み分けとなった。 2021.03.01 03:28 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、PLタイトル争いに「早々に順位が決まるとは思わない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がプレミアリーグのタイトルレースに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは25試合終了の現時点で14勝7分け4敗の2位。来月のインターナショナルマッチウィークまでチェルシーやマンチェスター・シティ、そして上位のウェストハムといった厳しい相手との一戦を控える。 まず28日の第26節で5位につけるチェルシーとのアウェイ戦に臨み、勝てばトップ4争いでより優位に立てるスールシャール監督だが、その一戦に先駆けた会見で決着の長期化を主張した。 「長い戦いになると思う。早々に順位が決まるとは思わない」 「シーズンは予測不可能なもの。チームが悪い局面を経て、流れを好転させるのを目の当たりにしてもきた。ケガ人が出て何が起こるのか、今の状況に選手たちがどんな対応するのかなんて、誰にもわからない」 「長いシーズンだが、かつてないほど短期間で多くの試合が行われているからだ。私からしたら、どの試合も大事。もちろん、チェルシー戦もね。どれだけ難しく、どれほど大事なものなのかはわかっている」 ノルウェー人指揮官はまた、FAカップ準々決勝のレスター・シティ戦だけでなく、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でミランとの2試合を予定する今後に向けても語った。 「全チームが38試合を戦う。試合結果の良し悪しは別としても、影響が出てくるもの。我々は何度かの挫折から立ち直り、今に至っている。重要な時期さ。グループの精神状態は良い。これからのビッグゲームが楽しみだ」 先月末からチェルシーを率いて、ここまで公式戦8試合無敗と立て直すトーマス・トゥヘル監督にも触れ、手腕に賛辞を送りつつ、勝利を目指した。 「結果やスタッツ、ポゼッション、相手を自陣のゴールから遠ざける力を見ると、彼は本当によくやっている。シーズン途中から入っていくのは決して簡単じゃない。彼も喜んでいるに違いないが、願わくば我々が彼らを止めたい。それが私の仕事だ」 2021.02.28 17:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly