エイバル、元シティMFアレイクス・ガルシアを獲得

2021.01.19 07:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エイバルは18日、ディナモ・ブカレストのスペイン人MFアレイクス・ガルシア(23)の獲得を発表した。契約期間は今季終了までとなっているが、2年更新のオプションが付いているとのことだ。ビジャレアルの下部組織で育ったセントラルMFのA・ガルシアは、2015年夏にマンチェスター・シティに引き抜かれた経歴を持つ。ただ、シティでは芽が出ず、ジローナやベルギーのムスクロンにレンタルに出されていた。


レンタル先のジローナでは2018-19シーズンに主力として活躍し、昨季所属したムスクロンではベルギーリーグで23試合に出場して5ゴール3アシストを記録。しかし、シティと契約満了となった今季はディナモ・ブカレストでルーマニアリーグ7試合の出場に終わっていた。
関連ニュース
thumb

今後のビッグマッチに弾みのレアル、ジダン「結果が伴う今は良い時期」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が満足感を示した。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーは3日にホームで行われたラ・リーガ第29節のエイバル戦を2-0で勝利。これで直近の公式戦11試合で9勝2分けとなり、6日に本拠地で予定するチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのリバプール戦や、10日に行われる次節のバルセロナ戦に弾みをつけた。 ジダン監督は試合後、「CLのことは一切気にすることなく、日々を過ごしている。まず今日の試合を考えて、非常によくやった。これから休み、しっかりと準備をしたい。我々が何者なのかは心得ており、今季は多くの苦しみを味わった。今は楽しむ時期だ」と手応えを口にした。 「結果がついてきているから、今は良い時期にいる。ゴールをよく守り、良いプレーができている。それこそが我々にとって大事なことだ」 フランス人指揮官はまた、エイバル戦で用いた[3-4-2-1]のシステムについて「守りに関して、我々の誰もがそれぞれの役割を果たさないといけない。だが、攻めに関しては自由がある」とコメント。先制ゴールを決めたスペイン代表FWマルコ・アセンシオにも賛辞を送った。 「マルコの働きぶりには満足だ。選手にとって、ゴールを決めるのは大事なこと。自信とエネルギーになるからね。彼にとっても、得点は大事なのだ」 なお、負傷離脱中のウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデとベルギー代表MFエデン・アザールについて「2人を頼りにできると良いのだが、明日と明後日の様子を見てみよう。我々は待っており、彼らに頼りたいと思っている」と話した。 2021.04.04 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

好調アセンシオ&ベンゼマ揃い踏みのマドリーが公式戦4連勝! エイバルは後半投入の乾に2度の見せ場も泥沼の12戦未勝利…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第29節、レアル・マドリーvsエイバルが3日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士は後半頭から途中出場。一方、FW武藤嘉紀は招集外となった。   前節、セルタ相手に苦戦しながらもエースFWベンゼマの公式戦4戦連発となる2試合連続のドブレーテの活躍で勝ち切った3位のマドリー(勝ち点60)。来週からエル・クラシコを挟んでチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝リバプール戦という重要な3連戦を控える中、今節は降格圏に沈む18位のエイバル(勝ち点23)と対戦した。ジダン監督は負傷で招集外のセルヒオ・ラモスやアザールに加え、クロース、ヴァラン、ヴィニシウスをベンチに置き、負傷明けのマルセロや、ミリトン、イスコを先発で起用。[3-4-1-2]の布陣で臨んだ。   一方、前節はアスレティック・ビルバオ相手に1-1のドローと健闘を見せたものの、11戦未勝利と泥沼が続くエイバルでは乾が引き続きベンチスタートなり、武藤はケガの影響で再びメンバー外となった。   立ち上がりから攻勢を仕掛けるマドリーは畳みかける攻めでいきなりゴールに迫っていく。まずは3分、ポソの不用意なGKへのバックパスをかっさらったベンゼマがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、ここはGKドミトロビッチのビッグセーブに遭う。続く5分にはマルセロからの正確なクロスを再びベンゼマが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。   以降も内と外を巧みに織り交ぜた攻撃でエイバルのプレスをいなして良い形の攻めを続けるホームチーム。21分にはアセンシオの直接FKがクロスバーを叩く場面も作ったが、時間の経過と共にやや攻撃が停滞し始める。   その流れの中で36分には右サイドへの大きな展開からルーカス・バスケス、イスコと繋いでゴール前のアセンシオが巧みなワンタッチシュートでGKの股間を抜きゴールネットを揺らす。だが、これはVARのレビューの結果、戻りオフサイドを取られてしまいゴールは認められず。   それでも、前半終了間際の41分には中盤でのカウンタープレスでディオプの縦パスをカットしたカゼミロが右足アウトにかけた絶妙なスルーパスを通すと、巧みなファーストタッチでDFを一気に振り切ったアセンシオがゴール前でバランスを崩しながらも左足のシュートを流し込み、自身初の公式戦3試合連続ゴールとした。   圧倒したマドリーが1点リードで折り返した中、ビハインドを追うエイバルが先に動く。前半に足を痛めた上、1枚カードをもらっていたブライアン・ヒルを下げて乾を同じ左ウイングに入れた。   エイバルの反撃が期待されたものの、後半も主導権を譲らないマドリー。52分にはボックス手前右でベンゼマからパスを受けたアセンシオが鋭い左足のシュートを放つが、これはGKドミトロビッチのワンハンドセーブに阻まれた。   追加点こそ奪えないものの危なげなく試合をコントロールするホームチームは61分、モドリッチと殊勲のアセンシオを下げてロドリゴ、クロースをピッチに送り出す。この交代直後の62分にはL・バスケスのバックパスが濡れたピッチで大きく伸びてあわやオウンゴールというピンチを招くが、ここはGKクルトワが何とか掻き出して事なきを得る。   その後、68分にイスコとマルセロを下げてヴィニシウス、アリーバスの若手2選手をピッチに送り出すと、この選手交代が試合を決定づける追加点をもたらした。73分、左サイドで仕掛けたヴィニシウスがそのままボックス内に侵入し丁寧な浮き球のクロスを入れると、ボックス中央でフリーとなったベンゼマが頭で合わせ、公式戦5試合連続ゴールとした。   これで勝利を確信したマドリーはベンゼマを下げてマリアーノを最後の交代カードとして投入。対して一矢報いたいエイバルは乾が74分に個人技から枠内シュートを放つなど、キケ・ガルシアら前線の選手が単発ながらフィニッシュに絡む。さらに、87分には右CKの二次攻撃からボックス左でクリアボールに反応した乾が右足のジャンピングボレーシュートを枠の左下隅に飛ばすが、これはGKクルトワの好守に阻まれた。   そして、試合はこのまま2-0のスコアでタイムアップを迎え、好調のアセンシオとベンゼマの揃い踏みの活躍によって公式戦4連勝のマドリーがCLリバプール戦に大きな弾みを付けた。一方、完敗のエイバルは泥沼の12戦未勝利となった。 2021.04.04 01:09 Sun
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバルはアスレティックとの自治州ダービーでドロー! 武藤はケガで招集外《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第28節、アスレティック・ビルバオvsエイバルが20日にエスタディオ・サン・マメスで行われ、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は71分から途中出場し、FW武藤嘉紀は招集外となった。 10戦未勝利で降格圏の19位に低迷するエイバル(勝ち点22)と、11位のアスレティック(勝ち点34)によるバスク自治州ダービー。 1-3で敗れた前節のビジャレアル戦では乾が左サイドハーフで4試合ぶりの先発出場を果たした一方、武藤はリーグ12戦ぶりに出場機会なしに終わった。格上相手のダービーでは乾がベンチスタートとなり、武藤は足首のケガで招集外となった。 試合は立ち上がりから押し気味に進めていたホームチームが圧巻のゴールで先手を奪う。9分、相手陣内右サイド深くでのスローインの流れからデ・マルコスがマイナスのクロスを供給すると、ファーサイドでフリーとなっていたユーリが左足の豪快なダイレクトボレーをゴール右隅に叩き込んだ。 古巣対戦ユーリのスーペルゴラッソによって早くもビハインドを背負ったエイバルだが、すぐさま反発力を見せる。17分、相手陣内左サイドでウナイ・ロペスに執拗に圧力をかけたキケ・ガルシアがボックス付近でボールを奪い切ってそのままボックス内に持ち込み絶妙なコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 相手のミスを突いて追いついたエイバルは以降も高いプレー強度を維持して互角以上に渡り合う。それでも、27分にはボックス右に抜け出したアスレティックのエースFWイニャキ・ウィリアムズに先に2点目のチャンスが訪れるが、これはシュートを枠の右に外してしまう。 一方、前半終盤にかけて流れを掴んだアウェイチームは37分、ディオプから右サイドでパスを受けたブライアン・ヒルが圧巻のドリブル突破で3人のDFを手玉に取ってボックス内でシュートまで持ち込むが、左足のシュートはパワー不足でGKウナイ・シモンに難なくキャッチされた。 1-1で折り返した後半、先に動いたのはアスレティック。失点に絡んだウナイ・ロペスに加え、ベスガを下げてベンセドールとダニ・ガルシアを投入し、ピボーテ2枚をそっくり入れ替えた。 すると、後半に入って攻撃のギアを上げたホームチームは50分、ボックス左でムニアインが折り返したボールにデ・マルコスが身体を投げ出す泥臭いシュートを枠に飛ばすが、ここはGKドミトロビッチの見事な右足のセーブに遭う。さらに、54分にはFKの二次攻撃からベレンゲルが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放った。 以降は行ったり来たりのオープンな展開が続くが、エイバルも粘りの守備で2失点目を許さない。そういった流れの中、71分にはケビン・ロドリゲスに代わって乾が最初の交代カードとして投入された。その乾は投入直後は左ウイング、ペドロ・レオン投入後は2トップの一角でプレーした。 試合終盤にかけては引き分けを意識するエイバルに対してアスレティックがよりリスクを冒して前に出たが、エイバルの集中した守備を最後まで崩し切るまでには至らず。白熱の自治州ダービーは痛み分けのドローに終わった。 11戦ぶりの勝利を逃したエイバルだが、格上相手に勝ち点1を持ち帰るまずまずの結果となった。 2021.03.20 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

10人のビジャレアルに完敗のエイバルが10戦勝利なし…6試合ぶり先発の乾は前半で交代《ラ・リーガ》

エイバルは14日、ラ・リーガ第27節でビジャレアルと対戦し1-3で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は前半のみプレー、FW武藤嘉紀は招集外となっている。 リーグ戦9試合勝利のない19位エイバル(勝ち点22)が、8試合勝利のない7位ビジャレアル(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。エイバルの乾は6試合ぶりの左MFで先発出場、武藤はベンチ外となった。 エイバルは開始早々に失点する。1分、パレホのロングパスをバイタルエリア右手前で収めたジェラール・モレノがラストパスを供給すると、これに反応したモイ・ゴメスがボックス中央左からシュートを流し込んだ。 その後は一進一退の展開が続く中、エイバルは20分に左CKから三次攻撃までつなげると、アルビージャの右クロスをニアのパウロ・オリベイラがダイビングヘッドで合わせたが、これは相手GKは正面でキャッチ。さらに21分には、左クロスのクリアボールをボックス内で拾ったパペ・ディオプが決定機を迎えたが、シュートはGKアセンホの好セーブに防がれた。 徐々に攻勢を強めるエイバルだったが、一瞬の隙からビジャレアルに追加点を許す。34分、中盤でブルゴスからボールを奪ったトリゲロスが前線へスルーパスを送ると、これに反応したジェラール・モレノがボックス右手前から斜めに折り返しを供給。最後はゴールエリア左まで駆け上がったバッカがダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 追加点を許したエイバルは41分、右サイドを抜け出したアルビージャのクロスがブロックしようとしたエストゥピニャンの左腕に当たると、VARの末にPKを獲得。しかし、ブルゴスのPKはGKアセンホの好セーブに阻まれ、前半のうちに点を返すことはできず。ビジャレアルの2点リードで後半へ折り返した。 迎えた後半、エイバルは乾とアレイクス・ガルシアを下げてセルジ・エンリクとケヴィン・ロドリゲスを投入する2枚替えを敢行。[4-2-3-1]から[4-4-2]へ布陣を変更した。 するとエイバルは55分、エスポジトのパスをボックス左で受けたセルジ・エンリクがカットインからシュート。これはGKアセンホがキャッチしたかと思われたが、わずかにゴールラインを割っており、VARの末にゴールが認められた。 1点を返したエイバルは、67分にも左サイドを抜け出したラファ・ソアレスのクロスからセルジ・エンリクがヘディングシュートを放ったが、これはGKアセンホが正面でセーブに防がれた。 膠着状態が続く中、ビジャレアルは80分にパスカットされたキャプーがロストボールを回収しようとしたが、目測を誤まりパペ・ディオプにアフター気味のスライディングタックルを見舞うと、レッドカードで一発退場に。 数的優位となったエイバルだったが、87分にビジャレアルのロングカウンターが炸裂する。自陣ボックス手前でボールを回収したトリゲロスのパスを中盤で受けたジェラール・モレノが素早く前線のスペースへスルーパス。これに反応したペドラサがドリブルでボックス内まで持ち上がりシュート。一度はGKドミトロビッチが弾いたが、こぼれ球を再びペドラサが流し込んだ。 結局、試合はそのまま1-3で終了。ビジャレアルがリーグ戦9試合ぶりの白星を飾った。一方、敗れたエイバルはリーグ戦10試合勝利なしとなっている。 2021.03.15 04:40 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のエイバルがカディスとの絶不調対決で惜敗…9戦未勝利で残留争いから抜け出せず《ラ・リーガ》

エイバルは6日、ラ・リーガ第26節でカディスと対戦し0-1で敗戦した。エイバルのFW武藤嘉紀は79分からプレー、MF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦8試合未勝利の16位エイバル(勝ち点22)が、7試合未勝利の15位カディス(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。エイバルの乾と武藤は共にベンチスタートとなった。 立ち上がりから攻勢に出るエイバルは、15分に決定機。右サイドを持ち上がったペドロ・レオンのクロスを中央でセルジ・エンリクが合わせるとマウロにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。 このゴールでエイバルの先制かと思われたが、VARによる検証の結果、セルジ・エンリクのヘディングしたボールが腕に当たっておりハンドの判定でノーゴールとなった。 先制のチャンスを逃したエイバルは、25分にピンチ。ネグレドのパスでボックス右手前に抜け出したサルビが狙いすましたミドルシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後は膠着状態が続いたが、エイバルは40分に失点する。ソブリーノのパスをオーバーラップしたエスピノが受けると、早めに上げた左クロスをファーサイドから中に走り込んだネグレドにダイビングヘッドで決められた。 迎えた後半、ボールの主導権をエイバルは55分にチャンス。右クロスのこぼれ球をボックス右のセルジ・エンリクが繋ぐと、ブライアン・ヒルが再びクロスを供給。ホセ・マリのブロックで浮いたボールがカラの手に当たると、主審はPKを宣告。しかし、GKドミトロビッチのPKはGKレデスマが完璧なシュートストップに弾かれた。 1点を追うエイバルは、68分にエスポジトとペドロ・レオンを下げてアレイクス・ガルシアとケヴィン・ロドリゲスを投入。さらに79分に武藤、80分にレシオをピッチに送り出した。 その後、決死の猛攻を見せたエイバルだったが、最後までカディスの牙城を崩すことはできず、そのまま0-1で敗戦。絶不調同士の一戦に敗れたエイバルは、9戦未勝利と苦しい残留争いが続く。 2021.03.07 04:38 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly