「コロナ時代のゴールパフォーマンス」マディソンの“ソーシャルディスタンス”遵守に好意的な声

2021.01.18 21:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コロナ禍ならではの出来事だ。

レスター・シティは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦し、2-0で勝利した。


この試合で貴重な先制点を奪ったのはイングランド代表MFのジェームズ・マディソン。38分に、MFユーリ・ティーレマンスからのスルーパスに抜け出すと、ボックス内右の角度のない位置から右足を振り抜き、相手GKアレックスマッカーシーのニアサイドを豪快に打ち破った。

見事なゴールを決めたマディソンはそのまま右サイドのコーナーフラッグ付近まで駆け寄り、チームメイトたちとゴールセレブレーションを行うかと思われたが、近づいてくる味方に対して距離をとるようにアピールすると、しっかりと“ソーシャルディスタンス”を確保した位置から”エアー”でのハイタッチと握手でゴールを祝った。

試合後にイギリス『BT Sport』のインタビューに応じたマディソンは、「フットボールを続けるためにこういったことが必要ならそうするさ。集まって祝うのはやめるべきと言われていたから、それをジョークでやってみたのさ」と、セレブレーションについて語っている。

イギリスでは、新型コロナウイルスの感染が再び拡大しており、プレミアリーグの選手がゴールセレブレーションで抱擁を交わすシーンについて、プロトコルに違反しているという批判的な声も挙がっている。そんな中でのマディソンのパフォーマンスには「ゴールもセレブレーションも素晴らしい」といった好意的な声が寄せられている。

◆マディソンの豪快ゴールと“ソーシャルディスタンス”遵守セレブレーション


関連ニュース
thumb

レスター、指揮官の教え子をセルティックから獲得か…ヴァーディの後継者に

レスター・シティが、セルティックに所属するフランス人FWオドソン・エドゥアルド(23)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 オドソン・エドゥアルドはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、身長187センチのセンターFW。スピード、嗅覚、足元の技術を併せ持ち、FKという飛び道具も備えた万能型のストライカーだ。 セルティックには2017年夏にレンタルで加入し、翌年に900万ポンド(約13億5000万円)の移籍金で完全移籍。ここまで在籍4年半で公式戦160試合81ゴール35アシストを記録しており、今季も32試合に出場し20ゴール4アシストという成績を残している。 元セルティック指揮官であるブレンダン・ロジャーズ監督は、この元教え子をFWジェイミー・ヴァーディの後継者として見込んでいるようで、すでに両クラブは移籍金1500万ポンド(約22億5000万円)で合意に近づいているという。ただ、セルティックは売却で得た分の40%をPSGに支払わなければならず、レスターとの取引でも同様の売却条項を加えることを交渉しているようだ。 なお、レスターのリクルート部門の責任者であるリー・コンガートン氏は、以前セルティックでも同役職に務めており、オドソン・エドゥアルドをPSGから獲得するために交渉にあたっていた人物のようだ。 2021.03.05 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

ドローで公式戦3試合未勝利のレスター、指揮官は勝ち点1にも納得「妥当な結果だ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、プレミアリーグでのドローに納得感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは3日に行われたプレミアリーグ第29節で、バーンリーと対戦。前節のアーセナル戦ではFWハーヴェイ・バーンズが負傷交代するなど、多数のケガ人を抱えるチームは開始4分で失点。34分にFWケレチ・イヘアナチョが豪快なボレーシュートを決めて同点に追いついたが、その後は得点が奪えず1-1のドローに終わった。 この結果、レスターは公式戦3試合未勝利。依然として3位の座はキープしているものの、他チームの結果次第では肉薄されることとなり、3位陥落の危機に立たされている。 ロジャーズ監督は試合後のインタビューに応じ、ドローは公平な結果だったとコメント。難敵相手との厳しい戦いだったと、試合を振り返っている。 「おそらくこの勝ち点1は妥当な結果だったと思う。我々は上手く試合に入れなかった。しかし、(失点後は)試合に戻ることができたと思う。良いメンタリティやチームとしての精神力を見せ、素晴らしいゴールを決めた」 「我々はいくつかのプレッシャーに耐える必要があった。バーンリーはボックス内に多くのクロスを入れてきた。彼らは深い位置でプレーしていたが、我々は非常によく守っていたと思う。後半になるにつれ、突破口を開けるようになってきた」 「3バックでスタートしたが、後半最初の15分間でバーンリーがサイドを利用し始めたと感じた。ボールを支配しない限り、中盤の選手の負担が増すことを考えて[4-3-3]に変更した。おかげで、ある程度ゲームをコントロールできるようになったと思う」 「我々は良い瞬間を見せたが、もっとその時間を増やして、パスもより正確にする必要があった。ただし、全体的には勝ち点1点を獲得したおかげで、次の試合に進むことができる」 また、ロジャーズ監督はこの試合で何度もチームを救ったGKカスパー・シュマイケルに言及。世界最高クラスのGKだと守護神を絶賛している。 「彼はトップクラスのGKだ。私がここに来てから、ゴールになりそうな瞬間は何度もあったが、その度に彼がセーブをしてくれた。それが本当のトップGKとそうでないGKの違いであり、彼は世界最高のGKと肩を並べる存在だと思っている」 2021.03.04 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のレスター、イヘアナチョ芸術弾で追いつくも格下バーンリーとドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、バーンリーvsレスター・シティが3日にターフ・ムーアで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、アーセナルに逆転負けを喫して公式戦2連敗となった3位のレスター(勝ち点49)は、3試合ぶりの白星を目指して15位のバーンリー(勝ち点28)とのアウェイゲームに臨んだ。 アーセナル戦からは先発3人を変更。負傷のエバンスとバーンズ、トーマスに代えてアマルテイ、メンディ、チョードリーを起用。さらに、システムを[4-4-2]から[3-5-2]に変更した。 多数の主力をケガで欠く中、急造のメンバー、布陣で臨んだレスターはいきなりミスから出ばなを挫かれる。4分、3バックの中央に入ったエンディディとのパス交換でチョードリーが中途半端に出したバックパスをペナルティアーク付近でヴィドラにかっさらわれると、強烈な左足のシュートを右隅に決められた。 いきなりビハインドを背負ったレスターはすぐさま反撃を開始。徐々に相手を押し込んでいくと、12分にはカスターニュの左サイドからのアーリークロスをゴール前に飛び込んだチョードリーが左足で合わすが、これはGKポープの好守に遭う。さらに、17分にはイヘアナチョがボックス手前から強烈な左足のミドルシュートを放っていく。 その一方で、前がかるアウェイチームはロングボールでシンプルに背後を狙うホームチームの割り切った攻撃に苦戦。ソユンクが2度のスリップでウッドに出し抜かれるが、ここは守護神シュマイケルの好守などで何とか2失点目を凌いだ。 すると34分、ハーフウェイライン付近までポジションを上げていたエンディディから絶妙な浮き球のフィードがボックス左のスペースに送られると、これに反応したイヘアナチョが自身の頭上を越えてきたボールをファン・ペルシを彷彿とさせる見事な左足のダイレクトボレーで合わせ、圧巻のスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。 その後、1-1のイーブンとなった試合はよりオープンな展開となるが、タルコウスキのヘディングシュートはGKシュマイケル、ティーレマンスの右足のシュートはGKポープと両守護神が見事なセーブで阻止し、均衡が保たれたまま後半へと折り返した。 前半同様にホームチームが後半も良い入りを見せ、49分にはロートンからの滞空時間の長いクロスをウッドが頭で合わせるが、ここはGKシュマイケルが見事な反応で阻止。さらに、後半に入ってピッチの幅をうまく使い始めたバーンリーは63分にウェストウッドが左ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、より2点目に迫る。 一方、守勢が続くレスターは67分、メンディとイヘアナチョを下げて負傷明けのフォファナと共にオルブライトンを同時投入。この交代をキッカケに押し返し始めると、徐々に相手ボックス付近でのフィニッシュが増えていく。そして、84分にはボックス手前のティーレマンスが決定的なミドルシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 試合終盤にかけてはどちらが2点目を奪ってもおかしくない白熱の攻防が続いたが、互いに相手守護神の牙城を破ることはできず。多数の主力不在を感じさせる消化不良の一戦となったレスターは公式戦3戦未勝利と厳しい戦いが続く。 2021.03.04 04:57 Thu
twitterfacebook
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがレスターに敵地で4試合ぶり白星!ダビド・ルイス、ラカゼット、ペペの3発で逆転勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、レスター・シティvsアーセナルが28日に行われ、1-3でアウェイのアーセナルが勝利した。 リーグ戦直近12試合で7勝4分け1敗と好調のレスター。その中にはトッテナムやチェルシー、そしてリバプールを敗った試合もあり、堂々の3位につけている。しかしながら、ヨーロッパリーグ(EL)ではその限りではなく、25日の一戦はスラビア・プラハに0-2で敗れ、ラウンド32で敗退を喫した。 一方のアーセナルは、リーグ戦ではここ4試合で3敗と苦しんでいるが、ヨーロッパリーグでは強豪ベンフィカを下してベスト16へ進出。3連敗中のキングパワー・スタジアムにこの勢いを持ち込みたい。 しかし、試合は早々にレスターが動かす。6分、敵陣右サイドで味方との連係でティーレマンスがボールを奪取。ショートカウンターで開けたサイドからボックス右へ侵入すると、そのまま迷わず右足を振り抜きネットを揺らした。 前節のマンチェスター・シティ戦に続いてキックオフ直後での失点となったアーセナル。徐々にポゼッションを高めてリズムを作る中、12分にボックス右付近でペペがティーレマンスに倒されて笛が吹かれる。主審はペナルティスポットを指したが、VARで確認した結果、わずかにエリアの外。このFKは活かすことはできなかった。 それでも7割の支配率を誇るアーセナルは、27分にジャカの縦パスを受けたウィリアンが惜しいシュートを放つなど攻撃の形を作っていく。すると39分、右サイドのボックス付近で得たFKでウィリアンがクロスを上げると、相手の死角から飛び込んだダビド・ルイスが頭で流し込み同点に追いついた。 良い時間に取り返したアーセナルだが、前半の内に逆転に成功する。アディショナルタイム、ペペがボックス手前右から上げたクロスがエンディディの手に当たりPKを獲得。この正真正銘のPKをラカゼットが決め切り、アウェイチームがリードを得て試合を折り返した。 レスターは後半からケガの疑いのあるトーマスを下げてオルブライトンを投入。直ちに立て直したいところだったが、51分にはバーンズも足を痛めてしまい、ここで2枚目の交代カードを切ることになってしまった。 嫌な雰囲気が漂うレスターを尻目に、アーセナルが追撃に出る。52分、ピッチ中央でボールを奪いカウンターへ移行。右からペペが持ち上がり、ボックス手前で、前半にスミス・ロウの負傷交代でピッチに出ていたウーデゴールに預ける。ウーデゴールはこれをさらに左斜め前へ送ると、最後はウィリアンの折り返しをゴール前に詰めていたペペが押し込んで3点目を決めた。 その後は、より丁寧にパスを回しながら守備に重きを置いたアーセナルに対し、レスターがなかなか攻勢に出られない時間が続く。72分にオルブライトンがシュートを放つが、味方に当たって枠の外へ。 試合を締めにかかるアーセナルは、エルネニーやラカゼットを下げてパルティ、オーバメヤンを投入。オーバメヤンは投入直後の87分にボックスの外からシュートを狙うなど、積極的に決定的なゴールを奪いにいく。 後半アディショナルタイムは7分と長めに取られた中で、レスターはイヘアナチョが立て続けにシュートを放ったが、DFにブロックに遭い万事休す。試合は1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。 2021.02.28 23:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly