岡山FW赤嶺真吾が地元の沖縄へ!琉球が完全移籍で獲得

2021.01.18 16:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は18日、ファジアーノ岡山のFW赤嶺真吾(37)が完全移籍で加入することを発表した。赤嶺は沖縄出身で、FC東京やベガルタ仙台、ガンバ大阪、ファジアーノ岡山でプレー。これまでJ1通算249試合68得点、J2通算152試合17得点、リーグカップ通算44試合9得点を記録していた。


岡山では5シーズンプレーし、J2通算152試合17得点を記録。2020シーズンは31試合に出場していたがゴールはなかった。

赤嶺は両クラブを通じてコメントしている。

◆FC琉球
「今シーズン、FC琉球に加入する赤嶺真吾です。地元沖縄のFC琉球でプレー出来る事は、楽しみで嬉しく思います。沖縄を盛り上げられるように全力で頑張ります!熱い声援をよろしくお願いします」

◆ファジアーノ岡山
「ファジアーノ岡山のファン、サポーター、クラブ関係者の皆さま、5年間ありがとうございました。J1昇格という目標達成はできなかったですが、ファジアーノ岡山のユニフォームを着て闘えたことは誇りに思います」

「自分はチームを離れますが、今年もファジアーノ岡山への熱い声援をよろしくお願いします。またCスタで成長した姿を見せられるように頑張ります。ありがとうございました」
関連ニュース
thumb

琉球の10番、富所悠に第三子誕生「妻と3人の息子の為に頑張ります」

FC琉球は21日、MF富所悠に第三子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、富所の第三子は男の子とのこと。13日に誕生していたとのことだ。 富所はクラブを通じて、喜びをコメントしている。 「遅くなりましたが、お祝いやメッセージくれた方ありがとうございます。これからも妻と3人の息子の為に頑張ります!」 富所は2014年に琉球に加入。J2で通算56試合3得点、J3で通算156試合30得点を記録。背番号10を背負い、今シーズンも明治安田生命J2リーグで5試合に出場し1得点を記録していた。 2021.04.21 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

勝ち点並ぶ新潟と琉球が揃って勝利!琉球では守護神・田口がビッグセーブ連発【明治安田J2第7節】

11日、明治安田生命J2リーグ第7節の6試合が各地で行われた。勝ち点16で並ぶ新潟と琉球はともに勝利を収めた。 山形とのアウェイ戦に臨んだ新潟は、序盤から攻勢に出る中で20分に本間がドリブルでボックス左に侵入。マイナスの折り返しを鈴木がダイレクトで狙ったが、惜しくも枠の上に外れてしまった。 以降は徐々に山形のペースに。33分、44分と相手のビッグチャンスを許すが、DFの身体を張った決死の守備で何とか失点を防ぐ。前半アディショナルタイムの山形のFKのシーンでは、クロスから加藤にネットを揺らされるが、山形の選手にファウルがあったとしてゴールは認められず。 胸を撫で下ろした新潟は後半から仕切り直して迎えた56分、前線からプレッシャーかけて本間がボールを奪うと、最後は本間の横パスを高木がボックス中央から押し込んで先制に成功した。 ここから再び勢いを取り戻した新潟は、終盤に差し掛かった77分、FKからボックス左でボールを持った本間がふわりとしたクロスを上げると、山形GKビクトルがキャッチミス。これがオウンゴールとなり、新潟が0-2で勝利を収めた。 アウェイで水戸と対戦した琉球はいきなり窮地を迎える。8分、自陣でボールを失い、カウンターのピンチに。中山仁斗にゴール前まで持ち込まれるが、GK田口がビッグセーブ。ここまで3失点の守護神がチームを救った。 攻撃では43分に、左クロスを受けてゴール前に阿部が抜け出すも、シュートコースが甘く、GKにぶつけてしまった。互いに幾度かチャンスを作った前半だったが、ゴールレスで試合を折り返す。 後半立ち上がりに阿部が決定機を外した琉球は、守備では再びGK田口の好セーブ光る。そんな一進一退の攻防が続く中、琉球が均衡を破った。 60分の左CKのシーン。風間宏矢が右足で上げたクロスを相手に競り勝った清水が頭で流し込んでネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドから田中が上げたアーリークロスに、投入直後の清武がスライディングで合わせて追加点。 そして、最後は後半アディショナルタイムの森のミドルシュートを守護神・田口が弾き出して試合終了。0-2で賞りした琉球が、新潟をピタリと追走している。 ◆第7節 ▽4/11(日) モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> 栃木SC 0-0 SC相模原 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 京都サンガS.C.</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> 愛媛FC 2-2 ファジアーノ岡山 ▽4/10(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 大宮アルディージャ ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 1-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 4</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口 2021.04.11 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球の開幕連勝がストップ!大宮とゴールレスドロー【明治安田J2第6節】

明治安田生命J2リーグ第6節の3試合が3日に各地で行われた。 開幕から5連勝でアルビレックス新潟と共に首位に立つFC琉球はホームで大宮アルディージャと対戦。序盤からペースを握る中、11分に風間宏矢が風間宏希とのパス交換からシュート。17分には清武が鋭いミドルシュートを放つが、簡単にはゴールは奪えない。 給水タイム以降は徐々に大宮にもリズムが生まれ、琉球は前線からのチェックで対応するという構図になる。互いになかなかシュートに持ち込めない拮抗した時間が続く中、琉球は43分にハーフウェイライン付近のFKを味方が繋いで、最後は沼田がシュートへ。さらにその直後には、味方の縦パスに抜け出した阿部がボックス左に侵入。シュートを放つが、DFのスライディングブロックに遭った。 後半も互角の攻防で互いに決定機は作らせず。ポゼッションも五分五分という展開で、琉球は59分に左CKを知念が頭で合わせるが、惜しくも枠の上に。 その後は両チームとも交代策を講じるものの、流れを変える程の効果は得られず。結局、試合はゴールレスドローに終わった。 トランスコスモススタジアム長崎にヴァンフォーレ甲府を迎え撃ったV・ファーレン長崎は、29分にフレイレの今季初ゴールで先制。後半の序盤に同点に追い付かれてしまうものの、終盤の84分に右CKから新里が頭で押し込んで勝ち越し。このまま逃げ切り、2勝目を挙げた。 ◆第6節 ▽4/3 ギラヴァンツ北九州 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 0-0 大宮アルディージャ ▽4/4 SC相模原 vs アルビレックス新潟 ファジアーノ岡山 vs ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢 松本山雅FC vs ブラウブリッツ秋田 京都サンガF.C. vs ジェフユナイテッド千葉 レノファ山口 vs 栃木SC 愛媛FC vs ザスパクサツ群馬 東京ヴェルディ vs 水戸ホーリーホック 2021.04.03 19:02 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球の正守護神、ダニー・カルバハルが右脛骨疲労骨折で手術

FC琉球は25日、GKダニー・カルバハルの負傷を発表した。 クラブの発表によると、カルバハルは16日に検査を受けた結果、右脛骨疲労骨折と診断。23日に手術を受け、復帰までは3〜4カ月が見込まれているとのことだ。 これまでFC琉球の正守護神に君臨してきたカルバハルは、2020シーズンも明治安田生命J2リーグで28試合に出場。しかし、今シーズンはここまで出場がなかった。 カルバハルはクラブを通じてコメントしている。 「手術が無事成功してとても嬉しく思います。これからは1日でも早く復帰出来るように一生懸命頑張ります。よろしくお願いします」 2021.03.25 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟と琉球の勢い止まらず開幕4連勝!【明治安田J2第4節】

20日、明治安田生命J2リーグ第4節の3試合が各地で行われた。 ここまで3戦全勝で首位に立つアルビレックス新潟はホームのデンカビッグスワンスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦。3試合で2ゴール2アシストの成績を残す高木がこの日も躍動する。 まずは13分、スローインから右サイドでボールを受けると、華麗なダブルタッチで相手を抜き去り、深い位置からクロスを供給。これにファーサイドで合わせた鈴木のヘディングシュートは、ゴールラインギリギリのところでDFにブロックされてしまうものの、こぼれ球をロメロ・フランクが押し込んで新潟が先制に成功する。 続く19分には、左サイドの深い所でパスを呼び込んだ高木が右足クロス。これがDFの間に入った鈴木の頭にピタリと合い、勢いそのままに新潟が追加点を挙げた。 後半に入ると、積極的なプレスを見せる群馬が攻勢に出る展開に。55分、敵陣左サイドで得たFKを素早くリスタートさせ、フリーの加藤がボックス左角付近から右足でクロスを入れると、これが千葉に当たってオウンゴール。群馬が1点を返した。 しかし、その後は拮抗した内容となる中で、新潟は76分にカウンターから決定機を迎える。味方のスルーパスで本間が抜け出し、ボックス左から中央へラストパス。だが、走り込んだロメロ・フランクがダイレクトで狙ったシュートは枠を越え、リードを広げることができなかった。 それでも2-1のまま推移し迎えた後半アディショナルタイム、新潟は敵陣左サイドで田上が前方へ送ったFKから、相手との競り合いを制した堀米がボックス左へ侵入。最後は丁寧な折り返しを受けた鈴木がGKも躱してゴールに流し込み、3-1で勝利した新潟が開幕4連勝を収めた。 一方、新潟同様に開幕3連勝と好調のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦。14分に名倉のシュートで長崎に決定機を許した琉球だったが26分、右サイドボールを繫いで風間宏矢がクロスを上げると、池田がダイレクトボレーで合わせてネットを揺らした。 開幕節以来のゴールを決めた池田は、28分にも右サイドから斜めにパスを貰いボックス右に侵入しシュートへ。GKに弾かれたところを風間がシュートを狙っていくが、惜しくもクロスバーを叩いた。 琉球は後半立ち上がりにも得点する。54分、ボックス右の風間宏矢がマイナスに折り返すと、ファーサイドの池田がダイレクトで流し込み追加点。その後、長崎は次々と交代カードを切るが、なかなか形にすることができない。 そんな長崎を琉球はさらに突き放す。68分、右サイドの浅い位置から風間宏希がロングボールを供給。相手がクリアし損ねたボールを、沼田がボックス手前左から右足を振り抜きネットを揺らした。 その後、長崎は今季加入後初出場のエジガル・ジュニオがゴールを決めるが焼け石に水。琉球が3-1で試合を制し、2年ぶりの開幕4連勝を収めた。 その他、味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディvsツエーゲン金沢は、瀬沼の2ゴールなどで、アウェイの金沢が2-4で勝利している。 ◆第4節 ▽3/20 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 東京ヴェルディ 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-1 V・ファーレン長崎 ▽3/21 モンテディオ山形 vs 栃木SC 松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉 京都サンガS.C. vs ジュビロ磐田 愛媛FC vs ヴァンフォーレ甲府 ギラヴァンツ北九州 vs ブラウブリッツ秋田 水戸ホーリーホック vs FC町田ゼルビア レノファ山口 vs ファジアーノ岡山 SC相模原 vs 大宮アルディージャ 2021.03.20 18:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly