ハメス・ロドリゲスはやっぱりフリー移籍だった! エバートンのSDが明言

2021.01.15 16:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨夏にレアル・マドリーからエバートンに移ったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、移籍金はやはりゼロだったようだ。

前回の移籍市場で、恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督に誘われる形でエバートンに移籍したハメス・ロドリゲス。正確無比なボールコントロールとキック精度で攻撃をリードし、開幕5試合で3ゴール3アシストと、華々しいプレミアリーグデビューを果たした。


そんなハメス・ロドリゲスの移籍金に関して、イギリス『スカイ・スポーツ』は2200万ポンド(約31億1800万円)と報じていたが、古巣であるアルゼンチンのバンフィエルドはフリー移籍だったと主張。その裏付けとして、同選手がマドリーから移籍する際には移籍金の一部を受け取る契約を告白し、一銭も入金されなかったことを明かしている。

そして、今回それを確定させる言質が取れた。スペイン『アス』によれば、エバートンのスポーツディレクターを務めるマルセル・ブランズ氏が、14日に行われた株主総会でフリー移籍だったことを明言。昨夏の移籍市場を整理し、以下のように語った。

「パンデミックの大きな影響を受け、最も困難な移籍市場のひとつとなった。その中で我々は6人の選手とサインした。移籍金が発生したのは、アラン、(アブドゥライエ・)ドゥクレ、ベン・ゴッドフリーの3人。フリー移籍はハメス・ロドリゲス。(ニール・)エンクンクはトライアル、ロビン・オルセンはレンタルだ」

これで移籍金ゼロだったことが改めて判明したハメス・ロドリゲス。恩師の下、新天地での更なる活躍を期待したい。

関連ニュース
thumb

トップ4まで1ポイント差のエバートン、アンチェロッティはチームに満足「本当に良い気分」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、一時的にではあるもののトップ4に浮上したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 エバートンは、4日に行われたプレミアリーグ第29節でWBAと対戦。リーグ連勝中のチームは、この日も65分にFWリシャルリソンが先制点を記録。その後は集中した守備でリードを守り抜き、1-0のスコアで勝利した。 この結果、エバートンは3連勝でリーグ4位に浮上。直後の試合でチェルシーが勝利したためすぐ5位に下降したものの、未消化試合に勝利すれば4位に再浮上できる状況となっている。 アンチェロッティ監督も現在の成績には満足感を示しつつ、最終的にトップ4を確保するためにはより大きな努力が必要だと語った。 「我々は欧州カップ戦に出場できるポジションを争っている。ここにいることを望んでいたし、そのために一生懸命働いてきた。今は、もう少し頑張らなければならないね。これが我々のステップであり、目標なんだ」 「順位表を見れば、本当に良い気分だよ。我々はそこにいることに満足しつつ、戦い続けなければならない。シーズン開始当初、26試合を終えた時点でエバートンがトップ4かトップ5に入るなんて、誰も口にしていなかったと思う。チームは本当によく働いてくれており、この成績はチームに相応しい」 「トップ4を争う他チームが、我々を過小評価しているかは分からない。いずれにしても、我々は集中する必要がある。チャンピオンズリーグ(CL)でプレーするのは素晴らしいことだよ。私の選手たちは、ほとんどがCLで1試合もプレーしていない。我々は戦うためここにいるが、勝利のためには犠牲も払う必要がある」 また、アンチェロッティ監督はこの試合で決勝ゴールを決めたリシャルリソンに言及。ブラジル代表FWのコンディションが上がっていることを喜んでいる。 「リシャルリソンが今のような状態ではなかったシーズン序盤を考えると、彼をトップコンディションとすることは我々にとって本当に重要だ。彼はトップストライカーであり、我々の前線には危険で効果的な選手が何人もいる」 2021.03.05 13:52 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン弾で逃げ切ったエバートンが3連勝で暫定4位浮上!《プレミアリーグ》

エバートンは4日、プレミアリーグ第29節でWBAとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦連勝中の7位エバートン(勝ち点43)は、直近に行われたサウサンプトン戦から先発を3人変更。シグルドソンやミナ、GKオルセンに代えてベルナール、M・キーン、GKピックフォードを先発で起用。キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンを2トップに据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだ。 降格圏に沈む19位WBA(勝ち点17)に対し、エバートンは開始早々の2分にピンチ。右サイドを突破したギャラガーのクロスをディアニェが頭で合わせると、ふわりと浮いたボールが枠を捉えたが、これはGKピックフォードが何とか左手で弾き出し、難を逃れた。 その後はアウェイのエバートンがボールの主導権を握って相手陣内に攻め込む場面を増やしていくが、最後の場面で連係ミスや相手守備の粘りに遭い、なかなか決定機まで持ち込めない。 膠着状態が続く中、エバートンは38分に敵陣での細かなパス交換からボックス左に抜け出したリシャルリソンがシュートを放ったが、わずかに枠の上に外れた。 さらに42分には、左サイドを持ち上がったベルナールがラストパスを送ると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球をボックス内で拾ったキャルバート=ルーウィンがシュート。しかし、これはGKジョンストンのブロックに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、エバートンは52分にピンチ。右サイドからのロングスローをボックス内のバートリーが頭で繋ぐと、ゴール前のディアニェがヘディングシュート。しかし、これは枠に上に外れた。 ゴールが遠いエバートンは、59分にイウォビを下げてアラン、64分にドゥクレを下げてシグルドソンをピッチに送り出すと、直後のCKでスコアが動く。65分、左CKの跳ね返りを再び左サイドで拾ったシグルドソンのクロスをリシャルリソンが頭で叩き込んだ。 先制点で勢いづくエバートンは、76分にも敵陣でのボール奪取からショートカウンター。リシャルリソンのスルーパスでボックス左に侵入したディーニュの折り返しをキャルバート=ルーウィンがダイレクトで狙ったが、これは枠の上に外れた。 終盤にかけてWBAの反撃を受けたエバートンは、93分にメイトランド=ナイルズの右クロスをボックス中央で収めたディアニェにゴールネットを揺らされたが、VARの末にオフサイドの判定となりゴールは取り消しに。 九死に一生を得たエバートンは、そのまま1-0で勝利。3連勝で暫定4位に浮上している。 2021.03.05 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4肉薄のエバートン、アンチェロッティ監督は「現在の位置で戦える喜び」語る

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、トップ4浮上に向け手応えを掴んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 1日に行われたプレミアリーグ第26節で、エバートンは日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンと対戦。前半にFWリシャルリソンのゴールで先制すると、そのリードを守り切り1-0で勝利した。この結果、エバートンはホームで6試合ぶりの白星。順位は7位のままだが、未消化試合に勝利すると4位に浮上できる状況となっている。 アンチェロッティ監督も試合後のインタビューで、トップ4が近づいているとコメント。成績が芳しくなかったホームでの勝利が、これからのチームにとって助けになるとも語った。 「我々はトップ4に入る大きなチャンスを得ている。それを現実にするため、木曜日のWBA戦は全力で臨まなければならない。我々がどれだけ長くトップ4にいられるかは、ひとまず問題ではないんだ。そこにいたら、どんな気持ちになるかを知りたい」 「シーズン終了までに、まだ大きな戦いがあるだろう。我々は現在の立ち位置で戦えることを喜ばなければならない。しかし、来シーズン欧州カップ戦で戦うという目標は不変であり、そのためにはホームでのパフォーマンスを改善する必要がある」 「ホームでの成績は良くなかったから、このパフォーマンスと勝利は我々の目標達成に役立つだろう。トップ4入りは夢のような出来事だ。我々はそこにかなり近づいているが、シーズンはまだ長い」 また、アンチェロッティ監督はこの日先制点を決めたリシャルリソンと、負傷から復帰後初先発を飾ったMFアランについて言及。両選手のパフォーマンスを称賛している。 「リシャルリソンは私の要求に応えてくれた。これは本当だよ。彼は何か特別なことをしているわけではなく、自分の仕事をしているだけなんだ。今のパフォーマンスが続くことを私は願っており、確信もしている」 「アランだけでなく、今日は全体が良い守備をした。3人のストライカーが、高い位置からプレスをかけていたのがキーになったと思う。とはいえ、アランが後ろにいるとより多くのことができるようになる。彼がどれだけ重要な存在であるかは知っており、復帰してくれたのは本当に重要だった」 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p80wyej1v2st10im580co4yj8" async></script></div> 2021.03.02 11:12 Tue
twitterfacebook
thumb

南野負傷欠場のサウサンプトン、エバートンに敗れてここ9戦で8敗目《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、エバートンvsサウサンプトンが1日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は負傷欠場となっている。 前節リーズ戦では南野がベンチスタートとなった中、0-3と完敗した14位サウサンプトン(勝ち点30)。これでここ8戦7敗目を喫した不調のチームは、南野がハムストリングの負傷により欠場となった中、イングスとアダムスの2トップで臨んだ。 一方、前節リバプールとのマージーサイド・ダービーを2-0と勝利した7位エバートン(勝ち点40)は、キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンの2トップで臨んだ。 試合は9分、ポゼッションを譲る入りとしていたエバートンが先制する。シグルドソンのスルーパスに抜け出したボックス中央のリシャルリソンがシュートを決めきった。 続く25分にはFKの流れからキーンがヘッドでネットを揺らすも、わずかにオフサイドでVARの末、ノーゴールに覆った。 助かったサウサンプトンがハーフタイムにかけては前がかる展開の中、凌いだエバートンが1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半はエバートンが試合をコントロールし、時間を進めていく。 クローズな展開に持ち込み、サウサンプトンの反撃を許さないエバートンがリードを保つ中、終盤の85分のジェネポのシュートがわずかに枠を外れて助かると、90分のCKの流れからヴェステルゴーアの放った決定的なシュートはGKピックフォードが好守で凌いだエバートンが1-0のまま逃げ切り。6位リバプールに勝ち点で並んでいる。 一方、敗れたサウサンプトンはここ9戦で8敗目を喫している。 2021.03.02 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ「できる限り長くエバートンにいたい」 長期指揮願望を明かす

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が長期的な指揮を希望した。イギリス『BBC』が報じている。 アンチェロッティ監督の下で本格的な強豪入りを狙うエバートンだが、チームはその裏で本拠地グディソンパークからの移転を計画。2024-25シーズンからの使用を目指した5万2888人収容のブラムリー・ムーア・ドック・スタジアム建設計画は今週、市議会に承認されたという。 現行契約が2024年までのアンチェロッティ監督は「できる限り長くここにいたい」と述べ、チームが新スタジアムに移転後も率い続けたい思いと主張した。 「新スタジアムが開場するときまで、ここにいたい。その時期までここにいられるとしたら、自分が良い成果を上げたということになるだろうね」 「私は良い仕事をして、2024年までの契約を終えたいと思っている。良い仕事をしたら、契約も2024年で終わらず、継続されるはずだからね」 アンチェロッティ監督は長い指導者キャリアのなかで、ユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル・マドリー、バイエルン、ナポリといった錚々たるメガクラブを指揮。2019年12月に2024年までの契約でエバートンの監督に就任した。 そんなイタリア人の名将がマネジメントするエバートンは今季のここまでプレミアリーグ12勝4分け8敗の暫定7位。浮き沈みの時期もあるが、アンチェロッティ監督はビッグ6相手にここまで4勝2分け2敗と白星先行の好結果を残して、チームを上位争いに導く手腕を発揮している。 2021.02.26 15:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly