徳島、生え抜きMF森田凜が奈良クラブへ武者修行

2021.01.15 13:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは15日、MF森田凜(18)がJFLの奈良クラブへ育成型期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。


森田は徳島のジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチーム昇格。しかし、出場機会はなかった。

森田はクラブを通じてコメントしている。

◆奈良クラブ
「奈良クラブのみなさん、はじめまして。徳島ヴォルティスから来ました森田凜です」

「奈良クラブさんの力になれるように自分自身もサッカー選手として成長できるようにピッチで躍動する姿をみなさんに見せれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」

◆徳島ヴォルティス
「奈良クラブでガムシャラに頑張って試合で活躍します!成長して徳島の皆さんに応援してもらえる選手になって帰ってきます!」
関連ニュース
thumb

ついに合流!徳島、開幕から10試合を消化しダニエル・ポヤトス監督がチームを指揮

徳島ヴォルティスは15日、ダニエル・ポヤトス監督、マルセルコーチ、FWクリスティアン・バトッキオのチーム合流を発表した。 浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス監督の後任として、今シーズンから徳島の監督に就任したポヤトス監督。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で新規入国が禁止されていたこともあり、これまでチームの指揮を執れずにいた。 甲本偉嗣ヘッドコーチがキャンプ中から指揮を執り、7年ぶりとなったJ1の舞台でも指揮を執り続けていた中、チームは開幕から5試合勝利がない苦しい事態に。それでも第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから3連勝。さらに、14日に行われたセレッソ大阪戦でも0-1で勝利し、前回のJ1在籍時の3勝をすでに上回る成績を残していた。 チームを支えた甲本ヘッドコーチが指揮するラストマッチでも勝利した徳島。ついに監督が合流し、初めてチームを直接指揮することとなった。 また、マルセルコーチ、そしてU-21イタリア代表歴のあるFWバトッキオも合流。結果が出ているチームにどう入っていくかに注目だ。 なお、17日(土)の初陣となる鹿島アントラーズ戦は、就任間もない相馬直樹監督率いるチームと対戦。初陣同士の注目カードとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】ついに直接選手を指導することとなった徳島のポヤトス監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%A4%E3%83%88%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダニエルポヤトス</a> 監督、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#クリスティアンバトッキオ</a> 選手、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マルセル</a> コーチが今日からチームに合流<br><br>その他の写真は公式Instagramをご覧ください<a href="https://t.co/Sj6fPyq0SF">https://t.co/Sj6fPyq0SF</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#徳島ヴォルティス</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vortis?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vortis</a> <a href="https://t.co/crbsUZae7U">pic.twitter.com/crbsUZae7U</a></p>&mdash; 徳島ヴォルティス 公式 (@vortis_pr) <a href="https://twitter.com/vortis_pr/status/1382512055094177793?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

白熱の一戦は後半ATのOGが決勝点に C大阪はまたも終盤の失点で勝ち点逸…徳島は今季4勝目【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、セレッソ大阪vs徳島ヴォルティスが14日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-2で徳島が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの延期に伴い、前倒し開催となった今カード。チーム内でコロナ感染者が出た影響で、ここ2試合はクルピ監督が大事をとってベンチ入りしなかったC大阪は、その両試合とも終盤の失点で勝ち点を落としている。10日に行われた第9節のアビスパ福岡戦は、一度は逆転に成功するも、88分に失点し引き分けに。 一方の徳島は、第6節の横浜FC戦で今季初勝利を挙げると、その後の清水エスパルス戦とベガルタ仙台戦はいずれも無失点勝利で3連勝を達成。だが、11日の浦和レッズ戦ではセットプレーからの失点に泣き、1-0で敗戦。連勝ストップでこの試合を迎えることになった。 クルピ監督がベンチに戻り、前節からのスタメン変更無しで臨んだC大阪は、開始2分でいきなり決定機を迎える。大久保のパスから、豊川が高い位置をとっていた相手の最終ラインを突破。ボックス左から左足で放ったシュートは、右ポストに嫌われ、惜しくもスピード先制とはならなかった。 対して、中2日で3人のスタメン変更を行った徳島は、13分に岸本のボール奪取から4試合ぶり先発出場の河田にチャンス。ドリブルで持ち上がり、ボックス手前から相手の股を抜くシュートを狙ったが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに遭った。 その2分後、徳島は敵陣左サイドでジエゴがボールを奪ったところからカウンターを発動。中央の河田へ繋ぎ、同じく4試合ぶり先発出場の浜下を経由してボックス中央の宮代へ。宮代はトラップから素早く右足を振り抜き、ゴール左下にシュートを突き刺した。 しかし、C大阪も34分、敵陣右サイドの深い位置から藤田がロングスローを放り込むと、DFに競り勝った進藤がヘディングシュートを突き刺して同点に。進藤はこの試合がJ1通算出場100試合目。それを自ら祝うメモリアルゴールとなった。 この勢いを持続させたいC大阪は、後半から大久保と西川を下げて加藤と中島の前節ゴールを挙げたコンビを投入。早速49分に右CKから加藤がヘディングシュートでゴールに迫る。対する徳島も、河田がGK強襲のシュートを放つなど、立ち上がりから互いにチャンスを演出する。 だが、その後は前半同様にボールを保持する徳島が幾度となく決定機を迎える。まずは58分、アタッキングサードでボールを受けた浜下が右サイドに展開し、岸本がクロス。河田がフリーで合わせたが、上手く頭に当てることができなかった。 61分には、左サイドからの攻撃で岩尾がボックス左の深い位置へ侵入。最後は河田がフィニッシュに持ち込んだがゴールならず。続く63分の左CKでは、岩尾のクロスをニアの鈴木大誠が後ろに逸らすと、ボックス右の福岡が滑り込みながらシュート。しかし、こちらはサイドネットを叩いた。 防戦続くC大阪はセットプレーに活路を探す。65分、敵陣右サイド中央でFKを獲得すると、清武のクロスがゴール前の加藤の下へ。上手く収めてシュートへ繋げたが、決定的だった至近距離からのシュートはGK上福元のビッグセーブに阻まれてしまった。 その後、互いに交代カードを切りながら試合を進める中で、その交代選手がゴールに迫る。まずは76分の徳島。河田のポストプレーから途中出場の杉森が左サイドを突破。そのままカットインし、一人でフィニッシュに持ち込んだが、シュートは左ポストにヒットした。 C大阪の決定機は79分のFKのシーン。一度跳ね返されたボールを入れ直すと、清武に代わって今季初出場を果たした松本がボックス右からボレーシュート。しかし、こちらも左ポストに嫌われた。 そんな白熱した戦いで決勝点が決まったのは意外な形からだった。90分、徳島はC大阪のアカデミー出身である岸本が右サイドからクロスを上げると、C大阪DF西尾がクリアミスし、ボールはゴールに吸い込まれた。 ラッキーな形で勝ち越した徳島は、その後は危なげない内容で試合をクローズ。J1ではC大阪から初勝利を収め、今季4勝目を挙げた。敗れたC大阪は、今季のホーム初黒星となった。 セレッソ大阪 1-2 徳島ヴォルティス 【C大阪】 進藤亮佑(前34) 【徳島】 宮代大聖(前15) OG(後46) 2021.04.14 20:04 Wed
twitterfacebook
thumb

リカルド・ロドリゲス監督初の古巣戦、関根のヘディング弾で徳島下した浦和が3連勝!【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッズvs徳島ヴォルティスが11日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利した。 開幕から調子が一向に上がらず、わずか1勝しかできていなかった浦和だが、ここ2試合は複数得点を奪い連勝。前節は岩波と杉本のゴールで清水エスパルスに勝利した。3連勝を目指す今節のスタメン変更は前節から1人。柴戸が外れ、伊藤敦樹が入った。 対する徳島も好調だ。7シーズンぶりのJ1となった今季は開幕から5試合未勝利が続いたが、第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから前節のベガルタ仙台戦まで3連勝。クラブとしてはJ1初の快挙で、2014年の勝利数に早くも並ぶことになった。こちらのスタメン変更は2人。田向、岩尾の代わりに鈴木大誠と藤田譲瑠チマが起用された。 浦和のリカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決。まずはその浦和が開始1分に、武田がクロスのこぼれ球をボックス手前からダイレクトシュート。枠には飛ばなかったがゴールに迫った。 しかし、9分に武田が相手との競り合いの際に左足を捻り負傷。担架に乗って運ばれ、代わりに杉本がスクランブル投入された。 一方の徳島は11分、ボックス手前の渡井のシュートがGK西川を強襲。ゴール左隅の際どいコースに飛んだが、西川もさすがのセービングを見せた。 34分には決定機。渡井のチェイシングから高い位置でボールを奪った徳島は、垣田がボックス中央へラストパスを供給。走り込んだ宮代がフィニッシュに持ち込んだが、至近距離のシュートをGK西川に止められてしまった。 勢いに乗る西川はさらに、39分の藤原がボックス左からコースを狙ったシュートも左手一本でセーブ。獅子奮迅の活躍を見せる。 一方で攻撃では43分、西のクロスに頭で合わせた武藤のシュートがクロスバーを直撃。45分の明本のヘディングシュートは相手に当たって枠の外へ。そのCKの流れから明本に再びゴールチャンスが訪れるが、徳島GK上福元も西川に負けじとファインセーブを見せた。 後半から徳島は垣田と鈴木大誠を下げて、河田と岩尾を投入。その立ち上がりは静かな内容となった中で、試合は60分に動いた。 浦和の左CKのシーン。キッカーの小泉のショートコーナーを山中がダイレクトでクロス。これをマークを外した関根が頭で叩き込み、先制に成功した。 その後は中盤での攻防が目立つ展開となるが、アウェイの徳島がやや優勢。84分に左サイドからジエゴが上げたクロスのセカンドボールを宮代が押し込みにかかるが、シュートは相手DFにブロックされた。 続く86分の浜下のシュートも決まらない徳島。後半アディショナルタイムに、左サイドから藤田譲瑠チマが右足で上げたクロスをジエゴが合わせるが、枠を捉えらずタイムアップ。関根のゴールを守り切った浦和が3連勝を上げた。徳島は3連勝がストップした。 浦和レッズ 1-0 徳島ヴォルティス 【浦和】 関根貴大(後15) 2021.04.11 18:18 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:浦和vs徳島】リカルド監督初の古巣対決、連勝を伸ばして勢い付くのはどちらか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 16:00キックオフ 浦和レッズ(11pt/10位) vs 徳島ヴォルティス(11pt/9位) [埼玉スタジアム2002] 勝ち点で並ぶ両者の対決。リカルド・ロドリゲス監督としては4シーズン率いた古巣との初対決でどんな結果を残すのか。徳島は“恩師”を相手にどう戦う。 ◆指揮官が初の古巣対決で何を見せる【浦和レッズ】 開幕から調子が一向に上がらずわずか1勝しかできていなかった浦和。復権を目指してチームを構築している中とはいえ、危機感を持って臨まなければいけない状況となっていた。 しかし、この2試合はついにゴールを奪えるようになり連勝。復調の兆しを見せはじめている状況だ。 リカルド・ロドリゲス監督が掲げるスタイルを継続して来たことが結果につながっとも言えるが、それでもまだまだ課題は山積。ポゼッションはどの試合でも相手を上回っている一方で、とにかく決定機が作れないという攻撃の迫力を欠いている。 アタッキングサードの精度は極端に低く、ポゼッションしているだけの状態が続いて結果が出ていなかった。その中でゴールを奪えるようになったことは明るい材料だが、まだまだスムーズな展開は作れていない。その精度を上げる必要はあるが、同じ戦い方をしてくる相手にどう準備するかは注目が集まる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海 MF:明本考浩、武田英寿、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス ◆勢いに乗り恩師を下し4連勝へ【徳島ヴォルティス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、1-0で勝利を収めた徳島。J1で3連勝を達成するとともに、前回J1に在籍していた2014年の勝利数「3」に並んでしまったというから驚きだ。 チームとしては戦い方が安定し、しっかりと得点を奪えるようになっている。その中で白星が3つ続いたことは選手たちにとっても大きな自信となっているはずだ。 一方で不安材料も。DF石井秀典がその仙台戦のウォーミングアップ中に負傷。守備陣が入れ替わる可能性がある状況となっている。 今節の相手は今のチームの形を作ったリカルド・ロドリゲス監督率いる浦和。甲本偉嗣ヘッドコーチとしても楽しみにしていた一戦となるだろう。戦い方で言えば完全に浦和よりも精度が高い徳島だが、どこまで優位を保って試合を進められるか。指揮官に土をつけ、4連勝を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、安部崇士、田向泰輝 MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 <span class="paragraph-title">【動画】徳島MF岸本武流がCKから今季2点目をマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1v7x6seddipan1cf1xug111gwi" async></script> 2021.04.11 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島に加入したDFカカ、給与未払いなどで古巣クルゼイロを訴え1172万円を請求

徳島ヴォルティスに加入したブラジル人DFカカが、古巣であるクルゼイロを訴えた。ブラジル『グローボ』が報じた。 カカはクルゼイロにアカデミー時代から所属するセンターバック。身長187cmの高さとスピードが魅力で、2020シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場して1ゴール1アシストをマークした。 そのカカは徳島へと移籍を果たしたが、6日に労働裁判所に対してクルゼイロの給与未払いと退団時に支払われる金額の一部を合計した60万レアル(約1172万円)を請求したとのことだ。 『グローボ』によると、カカはクルゼイロから2020年12月と2021年1月分の給与に加え、未払いとなっているFGTS(勤続年数補償基金)、さらにクラブが契約解除に合意しなかったことを訴えている。 一方で、クルゼイロはカカと合意し、約25万レアル(約488万円)を支払ったと主張しているが、カカはこれは以前の給与のものだとしている。 約60万レアルの内訳は、退団時に支払われる金額が5万8184レアル、2020年12月の給与が8万8622レアル、2021年1月の給与が7万9503レアル、罰金11万レアルと12万5721レアルとのことだ。 クラブとは友好的に契約を満了したと思われていたカカだが、クルゼイロ側への不満が溜まっており、SNS上で不満を明かしていた。 なお、公聴会は4月27日に予定されている。 2021.04.08 14:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly