讃岐FW神谷椋士が武者修行! 期限付き移籍でFC刈谷へ「結果を残し、成長した姿を皆様に」

2021.01.14 18:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は14日、FW神谷椋士(23)がJFLのFC刈谷へ期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2022年1月31日までとなっている。2020年に東海学園大学から讃岐へ入団した神谷は、2020シーズンの明治安田J3で20試合に出場して2得点を挙げていた。

プロ2年目はFC刈谷へ武者修行に出る神谷は、両クラブを通じて以下のようにコメントを残している。

◆カマタマーレ讃岐
「2021シーズンは、FC刈谷でプレーすることになりました。FC刈谷で結果を残し、成長した姿をファン・サポーターの皆様に、見せられるように頑張ってきます」

◆FC刈谷
「カマタマーレ讃岐から期限付き移籍で加入した神谷椋士です。FC刈谷で一試合でも多くの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

鹿児島、ニウドと契約更新せず 「これからの人生で忘れる事はない」

鹿児島ユナイテッドFCは23日、ブラジル人MFニウド(27)の契約満了による退団を発表した。 ニウドは母国クラブのアヴァイでプロキャリアをスタート後、東京ヴェルディ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ECタウバテ(ブラジル)、福島ユナイテッドFCでプレー。2019年4月から鹿児島に加わり、昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場した。 新シーズンの契約を更新せず、2年間を過ごした鹿児島を去ることが決まったニウドはクラブを通じて、別れの挨拶を行った。 「まず、2年共に戦ったチームの全てのスタッフ、選手、そしてサポーターの皆様に感謝します。皆さんと一緒に過ごしたこの2年間、多くのことを学ばせてもらいました。そして、鹿児島で学んだ事はこれからの人生で忘れる事はないでしょう。これからも、鹿児島の事をずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」 2021.01.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎がナイジェリア人FWサミュエルと契約更新「わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」

テゲバジャーロ宮崎は22日、ナイジェリア人FWサミュエル(29)との契約更新を発表した。 サミュエルはナイジェリアやエチオピアのクラブでプレー。2018年に宮崎に加入した。 宮崎ではJFLで3シーズンプレー。2018年は10試合で2得点、2019年は24試合で6得点、2020年は14試合で3得点を記録していた。 初めてJリーグでプレーすることとなるサミュエルは、クラブを通じてコメントしている。 「まずはじめに、良い時も悪い時も、私に計り知れないほどの愛を示してくれ、支え続けてくれているファン、サポーターの皆様へ特別な感謝を伝えたいです」 「私は最初は外国人選手としてチームに加わりましたが、宮崎は私を笑顔にさせてくれる素敵な場所で、みなさんが大きな大きな愛を注いでくれたおかげで、わずか数年ですっかり日本人みたいになりました」 「新型コロナウイルスの影響で穏やかな状況ではないにもかかわらず、私たちを支え続けてくれた宮崎の皆さん本当に本当にありがとう」 「今シーズンは昨年よりも更にチームのために献身的な働きをしてJ2の舞台へ上がっていきたいと思っていますし、J3への昇格はクラブのスタッフたちの素晴らしいハードワークが礎になっていたことを証明したいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」 2021.01.22 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

清水や甲府などでプレーしたDF青山直晃が34歳で現役引退「楽しい思い出でしかありません」

2020シーズン限りで鹿児島ユナイテッドFCを退団していたDF青山直晃(34)が現役引退を発表した。 青山は愛知県出身で、前橋育英高校から2005年に清水エスパルスへと入団。高卒ルーキーながら1年目でデビューを果たすと、2年目からはレギュラーに定着した。 清水のディフェンスラインを支えていた青山だが、2009年に右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷。2010年は1試合も出場しないまま終わると、2011年に横浜F・マリノスへと完全移籍する。 横浜FMでは、日本代表として活躍したDF中澤佑二、DF栗原勇蔵の前に出場機会はあまりなく2013年にヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。甲府ではレギュラーとして2シーズンプレーすると、2015年には海外移籍。タイのムアントン・ユナイテッドへと移籍した。 タイでもレギュラーとしてプレーした青山は、4シーズンでタイ・プレミアリーグ(現タイ・リーグ1)で101試合に出場し4得点を記録。2019年にガンバ大阪へ完全移籍で加入すると、J1での出場がないまま1年で退団していた。 2020シーズンは鹿児島で明治安田J3の18試合に出場。しかし、シーズン終了後に契約満了で退団となっていた。 Jリーグでの通算成績はJ1で197試合9得点、J3で20試合、リーグカップで43試合出場2得点だった。 日本代表としては、A代表には選ばれなかったものの、世代別の日本代表を経験。2008年の北京オリンピックではバックアップメンバーに選ばれたが、本大会出場はならなかった。 青山はクラブを通じてコメントしている。 「16年間のプロサッカー人生!十二分に満喫することができました!色んな事がありましたが、楽しい思い出でしかありません」 「一緒に戦ったチームメイトと敵チームの選手、監督、コーチ、スタッフ、関係者の方々、本当にありがとうございました!!これからの新しいスタートも色んな事にチャレンジして、また楽しんでいきたいと思います」 「応援してくれたサポーターの皆さん、いつも戦う力になりました。本当にありがとうございました」 2021.01.22 13:21 Fri
twitterfacebook
thumb

沼津がMF佐藤尚輝の入籍を報告「より一層の責任と自覚を持って精進」

アスルクラロ沼津は21日、MF佐藤尚輝(24)が一般女性と入籍したことを報告した。 クラブの発表によると、佐藤は1月10日に入籍したとのことだ。佐藤はクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「アスルクラロ沼津を支えてくださるすべての皆様、いつもご声援、ご支援ありがとうございます。私事ではありますが、先日入籍いたしました」 「これからも毎日を大切にし、一社会人、そしてプロ選手として、より一層の責任と自覚を持って精進していきます。コロナ禍で大変な時期ではありますが、変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いいたします」 湘南ベルマーレ下部組織出身の佐藤は産業能率大学を経て2019年に沼津へ入団。昨季は明治安田J3で31試合に出場して2得点をマークした。 2021.01.21 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

熊本FW浅川隼人が学生時代からの交際相手と入籍「2チームも共に渡り歩いた最高のパートナー」

ロアッソ熊本は21日、FW浅川隼人(25)が一般の方と入籍したことを報告した。 クラブの発表によると、浅川は21日に入籍したとのこと。浅川はクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「浅川隼人のファン、いつも応援し支えてくださっている皆様。本日1月21日にかねてからお付き合いしていた方と入籍しました。大学の頃から1番近くで支えてくれ、2チームも共に渡り歩いた最高のパートナーに出会い家族になれたこと嬉しく思います」 「今後はより一層責任感を持って、熊本の為に日本サッカーの為に尽力し、夢を追っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いいたします」 浅川は、2018年に桐蔭横浜大学からY.S.C.C.横浜へ加入してプロキャリアをスタートさせると、2020年は熊本に加入。明治安田J3で28試合に出場して11得点を挙げた。 2021.01.21 20:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly