シティの絶対的エース、アグエロがそのパワーを遺憾なく発揮したロケットハーフボレー【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.14 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたゴールだ。


◆アグエロが決めた爆裂ハーフボレー

アグエロは2011年夏にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入して以来、飛躍を続けるチームを、絶対的エースとして引っ張っている。

173cmとストライカーとしては小柄ながら、圧倒的なパワーと得点センスを活かしてゴールを量産するアグエロだが、2012年4月14日に行われたプレミアリーグ第34節のノリッジ戦では、そのパワーを遺憾なく発揮したゴールを決めている。

1-0とシティリードの27分、相手陣内左でボールを持ったアグエロは、内に切れ込みながらFWカルロス・テベスときれいなワンツーを決めて、ボックス手前のスペースでボールを受ける。テベスからのヒールパスが少し浮いたものの、バウンドを上手く見極めてアグエロがボレーシュート。ロケット砲のような強烈なシュートがゴール左上に突き刺さり、見事な追加点となった。

これで試合の流れを完全に掴んだシティは、その後も得点を重ね、終わってみれば6-1と大差を付けて勝利している。


関連ニュース
thumb

大砲のような弾丸シュート!豪快なミドルに相手GKもマジギレ/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパルマのスロバキア代表MFユライ・クツカがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なゴールにGKマジギレ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6elRyc1I3NyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国スロバキアでプロデビューしたクツカは、チェコの強豪スパルタ・プラハやジェノアで活躍し、2015年夏にミランに加入。2シーズンに渡り、主力選手としてプレーした。 豊富な運動量で攻守に存在感を発揮することができるクツカだが、2016年10月16日に行われたセリエA第8節のキエーボ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0のまま前半が終わろうかという45分、相手陣内中央でボールを持ったクツカは、ドリブルで中央突破を敢行し、ペナルティーアーク手前まで進むと左足を一閃。物凄いパワーのシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 アンストッパブルな一撃に、相手GKは簡単にシュートを許してしまった味方への怒りを露わにしていた。試合はこのゴールで主導権を握ったミランが後半も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="901" data-sg-movie-title="【大砲のような弾丸シュート!】豪快なミドルに相手GKもマジギレ"></span> 2021.03.06 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名門アヤックスの元「10番」が躊躇なく叩き込んだ美しいミドルシュート/2011-12【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はヘーレンフェーンの元オランダ代表MFシーム・デ・ヨングがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックスの元「10番」が決めた豪快ミドル<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzYkZ4M1NMYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門アヤックスで育ったデ・ヨングは2007年にファーストチームに昇格。若くして頭角を現し、2016年夏にニューカッスルに移籍するまで主力として活躍した。 最前線でプレーすることもあるデ・ヨングだが、2012年4月11日に行われたエールディビジ第29節のヘーレンフェーン戦では、見事なゴールを決めている。 開始早々にヘーレンフェーンのGKが退場処分を受け、アヤックスが終始試合を支配する一方的な展開となったこの試合。2-0とアヤックスがリードして迎えた25分、MFテオ・ヤンセンがドリブルで中央に切り込んでいき、ボックス手前のMFクリスティアン・エリクセンにパスを送る。 エリクセンがダイレクトで少し後ろにいたデ・ヨングに落とすと、素早くシュート体勢に入り、躊躇なく右足を振り切ったデ・ヨングが、見事なミドルシュートをゴール左のネットに突き刺してみせた。 アヤックスは前半だけで4得点をマーク。後半にも追加点を奪い、5-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="900" data-sg-movie-title="名門アヤックスの元「10番」が躊躇なく叩き込んだ美しいミドルシュート"></span> 2021.03.06 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

目の覚めるような一発!元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル/2013-14【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブラックバーンの元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ホルトビーの豪快な一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmVTJwSzduZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてシャルケで頭角を現したホルトビーは、多くのビッグクラブから注目を集める中、2013年1月にトッテナムに加入。2014年1月までの1年間同クラブでプレーした。 中盤から前のポジションであればどこでもプレーできる器用さを持った現代的なMFであるホルトビーだが、2013年12月4日に行われたプレミアリーグ第14節のフルアム戦では、豪快なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた82分、右サイドの高い位置でDFカイル・ウォーカーがボールを持つと、ドリブルでボックス右角手前まで侵入し、中央へマイナスのパスを送る。ホルトビーがこのパスを受けると、中央へ進み、ペナルティーアーク手前から豪快なシュート。左足で放たれた強烈なシュートは、GKにセーブする隙を与えないゴール右上のコースに決まった。 ホルトビーの見事な勝ち越しゴールでリードを奪ったトッテナム。2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="898" data-sg-movie-title="【目の覚めるような一発!】元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル"></span> 2021.03.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ハーフウェイラインから完璧なコースへ!驚異のキック精度から生まれた超絶ロングシュート/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はメキシコのクラブ・アメリカに所属するパラグアイ代表MFリチャルド・サンチェスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆驚愕の超ロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrejEydU10ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国パラグアイのオリンピア・アスンシオンでプロデビューしたサンチェスは、2019年夏にメキシコの強豪クラブ・アメリカに加入。主力として定着している。 2018年6月の日本代表戦でパラグアイ代表デビューも果たしているサンチェスだが、2021年2月28日に行われたリーガMXクラウスーラ第8節のパチューカ戦では、圧巻のゴールを記録している。 0-0で迎えた28分、カウンターからチャンスを作ったクラブ・アメリカは、自陣でボールを持ったFWエンリ・マルティンがセンターサークル付近のサンチェスにパス。ドリブルでハーフウェイラインを越えたサンチェスは、相手GKの位置をとらえると、一気に超ロングシュート。ゴール右上のコースに飛んでいった正確無比なシュートは、GKの手を弾きながらゴールインした。 衝撃のロングシュートで先制したクラブ・アメリカ。前半に2点のリードを奪うとそのまま逃げ切り、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="895" data-sg-movie-title="【ハーフウェイラインからゴールへ!】驚異のキック精度から生まれた超絶ロングシュート"></span> 2021.03.05 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

これが天才ファンタジスタの当て勘!ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー/2005-06【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョのパーフェクトボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4S0xmbnVTSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファン全体から愛された。 観る者を魅了するファンタジスタとして知られるロナウジーニョ氏だが、2006年4月30日に行われた、ラ・リーガ第35節のカディス戦では、そのテクニックを存分に発揮したゴールを決めている。 開始早々の8分、右サイドを攻めたバルセロナは、味方からのパスに抜け出したDFジュリアーノ・ベレッチが右サイド深くに侵入し、鋭いクロスを上げる。低めのマイナス気味となったクロスに対し、ゴール前のロナウジーニョが下がりながらのコンパクトな足の振りで合わせる。しっかりと右足のインステップにミートされたシュートはゴール中央に決まり、見事な先制ゴールとなった。 試合はこのリードを守ったバルセロナが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="887" data-sg-movie-title="【これが天才ファンタジスタの当て勘!】ロナウジーニョがコンパクトなスイングから決めた完璧なボレー"></span> 2021.03.04 20:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly