ネイマール待望の復帰弾は値千金の決勝点! マルセイユを下したPSGが8年連続10度目の優勝!!《トロフェ・デ・シャンピオン》

2021.01.14 07:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トロフェ・デ・シャンピオン2020のパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユがフェリックス・ボラールで行われ、2-1でPSGが8年連続10度目の優勝を果たした。

昨シーズン国内4冠を達成したPSGとクープ・ドゥ・フランス準優勝のマルセイユによるトロフェ・デ・シャンピオン。例年シーズン開幕前に行われていた同大会だが、今回は新型コロナウイルスの影響により開催地が決まらなかったため延期となっていた。


8連覇を目指すPSGは、直近のブレスト戦から先発を4人変更。ケアンやグイエ、バッカーらに代えてイカルディ、パレデス、フロレンツィらが先発。また、負傷明けのネイマールが6試合ぶりのベンチ入りを果たした。

一方、9年ぶりの優勝を目指すマルセイユは、直近のディジョン戦から先発を1人変更。ベネデットに代わりパイエが最前線で起用された。また、先発に名を連ねたDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は66分までプレーしている。

雨が降り頻る中始まった一戦は、立ち上がりからPSGが押し込む展開となったが、マルセイユの粘り強い守りを崩せないまま時間が推移していく。それでもPSGは21分、パレデスのスルーパスでボックス左に抜け出したムバッペの折り返しからイカルディがゴールネットを揺らしたが、これはムバッペのオフサイドを取られた。

さらに30分には、一瞬の隙を突いたムバッペがマルキーニョスのロングフィードでゴール前まで抜け出しゴールネットを揺らしたが、これもVARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。

攻勢を続けるPSGは39分、右サイドでボールを受けたディ・マリアがカットインしながらクロスを供給すると、ゴール前のイカルディがヘディングシュート。これはGKマンダンダに弾かれたが、こぼれ球を再び反応したイカルディが押し込んだ。

先制したPSGは、前半アディショナルタイムにイカルディがクロスバー直撃のシュートを見舞うなど、終始マルセイユを圧倒し前半を1点リードで終えた。

迎えた後半は一進一退の攻防が続く中、先に動いたマルセイユは56分にラドンジッチとグイエを下げてベネデットとサンソンを投入。対するPSGは65分、ディ・マリアとクルザワを下げてネイマールとキンペンベをピッチに送り出した。

66分に長友を下げたマルセイユは、82分にピンチ。ロングパスで抜け出したイカルディを飛び出したGKプレがボックス内で倒すと、VARの末にPKを献上。このPKをネイマールがゴール右隅に決めた。

マルセイユは89分にパイエのゴールで1点を返したが反撃はここまで。ネイマールの復帰弾で逃げ切ったPSGが8年連続10度目の優勝を飾った。

関連ニュース
thumb

緻密なショートパスで相手を攻略!フランス王者PSGが見せたお手本のようなパス回し/2020-21【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGが見せた見事なパス回し<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJMVNLaFFoWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2017年夏にモナコからPSGに加入したムバッペは、一気にスターダムを駆け上がり、世界屈指のFWへと成長。22歳にして世界最高の選手の1人と呼び声高い“神童”だ。 爆発的なスピードと抜群のテクニックを武器に1人で状況を打開する力を持っているムバッペだが、組織的な攻撃も得意としており、2021年2月27日に行われたリーグ・アン第27節のディジョン戦では、見事なパス回しから相手を攻略している。 2-0とPSGリードの51分、ボールを支配するPSGは、センターサークル付近でボールを持ったMFアンデル・エレーラが右サイドのMFユリアン・ドラクスラーにパス。相手からのプレッシャーをいなしながらドラクスラーが前線にポジション取りをしていたDFティロ・ケーラーにパスを通すと、ケーラーが中央のMFラフィーニャへパスする。 細かいパス回しに相手DFがマーク乱れ、ムバッペがフリーになると、ラフィーニャがすかさずラストパス。ボックス内のムバッペがゴール左下にシュートを沈め、見事な追加点となった。 このゴールで完全に試合を決めたPSGが終盤にも追加点を決め、4-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="902" data-sg-movie-title="【緻密なショートパスで相手を攻略!】フランス王者PSGが見せたお手本のようなパス回し"></span> 2021.03.06 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ペレが自身の後継者に今をときめくムバッペを指名!「プレー姿が私と重なる」

元ブラジル代表でフットボール界のレジェンドであるペレ氏が、自身の後継者になりうる選手として、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペを指名している。 フランス代表が優勝を果たした2018年のワールドカップの時も、同大会決勝で自身以来となる10代でゴールを決めたムバッペを称賛していたペレ氏。その後もさらなる成長を続けるトリコロールの怪物への嘆美は止まない。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた3度の世界チャンピオンは、今季もチャンピオンズリーグのラウンド16・1stレグでバルセロナと対戦した際に敵地カンプ・ノウで史上2人目のハットトリックを達成したムバッペを、自身の後継者になる可能性があると断言した。 「ムバッペは私の後継者になれる!冗談で言っているのではない。彼のスピードに自分を重ねることができるのだ」 「彼は思考の速いFWで、ボールを持った瞬間にはすでに次に何をすればいいか理解している。最善の解決策を見つけるため、試合を導く方法を知っているのだ。現代のフットボールで不可欠な能力だ」 フットボールの神様から直々に指名を受けたムバッペ。今後の活躍に大いに期待したい。 2021.03.05 21:08 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがケアンの新型コロナ陽性を報告…

パリ・サンジェルマン(PSG)は3日、イタリア代表FWモイゼ・ケアンが新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 マウリシオ・ポチェッティーノ体制発足後も主力としてプレーしているケアン だが、3日の朝に行われたPCR検査で陽性反応が確認され、隔離措置に。これにより3日に敵地で行われるリーグ・アン第28節のボルドー戦の欠場が決定した。今後は、衛生プロトコルに従っていくという。 なお、ボルドー戦に向けてはFWネイマールやMFアンヘル・ディ・マリア、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFアレッサンドロ・フロレンツィ、DFフアン・ベルナトがケガのため招集外。FWキリアン・ムバッペも累積での出場停止処分を受けており、今季リーグ戦19試合の出場で11ゴールを挙げているケアンを欠くことは大きな痛手となる。 2021.03.04 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたストライカーらしいハットトリック/1999-2000【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表FWクリスティアン氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーが見せた圧巻のパフォーマンス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiOGhvY2tlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> クリスティアン氏は、1999年夏にインテルナシオナウからPSGに加入。公式戦71試合に出場し、28ゴールを記録した。 2005年には大宮アルディージャに加入し、Jリーグでもプレーしたクリスティアン氏だが、PSG時代の1999年12月12日に行われたリーグ・アン第19節のメス戦では、圧巻のパフォーマンスを見せている。 まずは17分、右サイドのMFアリ・ベナルビアのクロスをボックス内で受けたクリスティアンは、見事なファーストタッチでボールを収めると、反転しながら素早くシュート。ゴール右下に鋭いシュートを沈め、先制点を挙げる。 直後の19分、ボックス手前のMFローラン・ルロワの落としを受けたクリスティアンが強烈なミドルシュート。GKに触れながらも、シュートパワーで押し切り、すぐさま追加点を記録した。 最後は2-1とリードを縮められて迎えた79分、再びルロワのスルーパスにクリスティアンが抜け出すと、GKが飛び出して来たところに合わせてループシュート。見事なハットトリックを達成した。 クリスティアンがPSGの全得点を挙げる活躍を見せ、3-1での勝利に貢献している。 <span data-sg-movie-id="876" data-sg-movie-title="【ストライカーらしいハット】Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたゴール3連発"></span> 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「戦い続け、挑戦し続ける」…ポチェッティーノ、首位遠のく敗北も前を向く

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が肩を落とした。フランス『レキップ』が報じている。 リーグ・アン首位のリールを1ポイント差で追いかける2位のPSGは21日に行われた第26節で4位のモナコと対戦。ひと足先に今節を白星で飾ったリールに続いたいところだったが、開始6分に先制を許すと、後半の頭にも失点を喫して、0-2で敗戦した。 この試合に先駆けた会見にて、先の4-1で快勝したバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグと同様のパフォーマンスを求めたポチェッティーノ監督だが、今季6敗目となり、首位と4ポイント差に広がってしまった。 アルゼンチン人指揮官は試合後、「あのゲーム(バルセロナ戦)とは異なり、大会も違う」と述べ、思うようにいかなかったと振り返った。 「スタートは良かったが、先制点を許してしまった。モナコが良い守備を披露するなか、我々は75%ほどのポゼッションを握ったが、ファイナルサードでのアイデアが足りなかったね」 また、今回の1敗で首位リールの背中が遠のいてしまったが、ポチェッティーノ監督は「それが現実であり、それを変えることはできない。戦い続け、挑戦し続けるしかないのだ。可能性がある限り、戦う」と現実を受け止めつつ、諦めない姿勢を強調した。 なお、バルセロナ戦でハットトリックをやってのけたものの、不発に終わったフランス代表FWキリアン・ムバッペにも言及。擁護に回りつつ、チーム全体が良くなかったと話している。 「フットボールには様々な状況、タイミング、そして大会がある。フットボールは数字じゃない。そのときの状況が関係してくるものだ。今日に関してはキリアンに限らず、全体的に勝てるレベルじゃなかった」 2021.02.22 12:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly