カップ戦でハット記録のスパーズFWは英語が苦手?同胞モウラとのレッスンがかわいい

2021.01.12 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するブラジル人FWカルロス・ヴィニシウスと同胞FWルーカス・モウラによる英語レッスンのシーンが話題を呼んでいる。母国のサントスやパウメイラスの下部組織出身のヴィニシウスは、2017年夏に現在はポルトガル3部リーグに在籍するレアル・スポルト・クルーベに移籍し渡欧。モナコへの半年レンタルもあったものの、ほとんどをポルトガル語圏内で過ごしてきた。


◆モウリーニョが嬉しそうにヴィニシウスの話をする(レッスンの様子は記事下部)

2020年夏の移籍市場で4500万ユーロ(約55億7000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトッテナムへのステップアップを果たしたヴィニシウスだが、英語の先生は同胞のルーカス・モウラだった。

SNS専門メディアの『433』が公開した映像では、2人が簡単な英語の勉強をしており、ルーカス・モウラがポルトガル語で説明した後、「I hope everyone has a great day(皆さんが素晴らしい一日を過ごせることを願っています)」という英文をリピートさせていた。

ヴィニシウスは一単語ずつゆっくりとであれば上手く発音できていたものの、一文繋げようとすると後半に詰まってしまい、本人も先生のルーカス・モウラも爆笑していた。

しかし、レッスンの成果はしっかりと出ているようで、ヴィニシウスがハットトリックを達成して勝利した10日のFAカップ3回戦、マリン戦後のインタビューでは英語で受け答えをしたという。

マリン戦後にそのことを聞いたジョゼ・モウリーニョ監督も、嬉しそうに次のように語っていた。

「ヴィニシウスが英語を話しているインタビューを観たい。ルーカス・モウラの先生の素質を見てみたいね。本当にそう思う」

また、インタビュアーが「10ワードくらいでしたが、彼の英語はクリアーで良かったです」と語ると、「いいね。次はもっとだ。これが始まりさ!」とさらなる成長を期待していた。

慣れない環境でもしっかりと適応しようとするヴィニシウスと面倒見の良いルーカス・モウラがピッチでさらなる活躍を見せることを期待したい。

◆ルーカス・モウラ先生による英語レッスンも最後は爆笑
関連ニュース
thumb

29歳のスパーズ新指揮官はプレミア史上最年少監督に!これまでの最年少は何歳?

ジョゼ・モウリーニョ監督の電撃解任の翌20日、アカデミーコーチのライアン・メイソン氏をシーズン終了までの暫定指揮官に任命したトッテナム。新監督候補には様々な名前が上げられた中、ひとまず既報通りという結果となった。 ライアン・メイソン氏はトッテナムの下部組織出身で、すでに20年もの間クラブに携わっている。2018年2月に頭部の負傷を理由に26歳の若さで現役を引退し、以降は同クラブのアカデミーでコーチや監督を経験。そして、この度暫定ながらトップチームの指揮官に大抜擢された。 その年齢は29歳と非常に若く、モウリーニョ前監督のちょうど半分という年齢。プレミアリーグでは史上最年少監督の誕生ということとなり、その手腕が大きく注目されている。 そこでイギリス『サン』は、プレミアリーグにおける歴代の若き指揮官たちを紹介。ライアン・メイソン新監督が29歳313日で最年少記録を塗り替える前は、かつてクリスタル・パレスを指揮したイタリア人のアッティリオ・ロンバルド氏が持つ32歳67日が最年少記録だった。 現役時代はユベントスにも在籍し、イタリア代表経験のあるロンバルド氏は、1998年にクリスタル・パレスでプレーしていた際、プレイングマネージャーとして初采配。しかし、そのシーズンにチームは2部降格。同氏は監督の座からは降りたものの、選手としてもう1年クラブに残った。 歴代3位は、元ウェールズ代表のクリス・コールマン氏。フルアム在籍時の2002年に交通事故による足骨折で引退を余儀なくされ指導者キャリアをスタートさせると、翌年に32歳313日で監督に就任。正式監督としては今までの史上最年少記録だった。 その下に続く、ジャンルカ・ヴィアリ氏(33歳227日)、アンドレ・ビラス=ボアス氏(33歳301日)、ルート・フリット氏(33歳352日)の3名はいずれもチェルシーで指揮を執った人物。バロンドーラ―でもあるフリット氏は選手兼任だった。 最近では2015年にノリッジを率いていたアレックス・ニール氏が34歳60日という若さでプレミアリーグを指揮している。同年1月に、当時チャンピオンシップ(2部)で戦っていたノリッジの監督に就任すると、そのシーズンにプレミアリーグ昇格に導き、自らの力でプレミアリーグへ上り詰めた。 上述の指揮官たちはいずれも当時は現役でもおかしくない年齢だが、30歳を下回るのはメイソン氏が初めて。そんな青年指揮官の初陣は21日に行われるプレミアリーグのサウサンプトン戦。さらに25日にはEFLカップ決勝でマンチェスター・シティとの大一番を迎えるが、どんな成果をもたらすのか楽しみだ。 ◆プレミアリーグ歴代若手監督 1.ライアン・メイソン(29歳313日/トッテナム) 2.アッティリオ・ロンバルド(32歳67日/クリスタル・パレス) 3.クリス・コールマン(32歳313日/フルアム) 4.ジャンルカ・ヴィアリ(33歳227日/チェルシー) 5.アンドレ・ビラス=ボアス(33歳301日/チェルシー) 6.ルート・フリット(33歳352日/チェルシー) 7.ケビン・マクドナルド(34歳1日/レスター・シティ) 8.アレックス・ニール(34歳60日/ノリッジ) 9.スチュアート・ピアース(34歳241日/ノッティンガム・フォレスト) 10.ポール・ジュエル(34歳313日/ブラッドフォード・シティ) 2021.04.21 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムもESL構想からの離脱手続きを開始、会長「引き起こされた不安と動揺を後悔している」

トッテナムは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の構想から撤退することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 参加を表明していたトッテナムだったが、今回の計画から脱退することを発表した。 「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)のプロポーザルを作成しているグループから脱退する手続きが正式に開始されました」 また、ダニエル・レヴィ会長はクラブを通じて今回の件についてコメントしている。 「我々は、ESLの提案によって引き起こされた不安と動揺を後悔しています」 「我々のクラブが、より広いサッカーピラミッドへのサポートを大幅に増やしながら、ファイナンシャル・フェア・プレーと財政的な持続可能性をより確実にすることを目指した、新しい構造を生み出すことに参加することが重要であると感じました」 「我々は決して立ち止まってはならず、スポーツは常に大会とガバナンスを見直し、我々全員が愛する試合が進化し続け、世界中のファンを興奮させるようにする必要があると信じています」 「考えられた意見を述べてくれた全てのサポーターに感謝します」 2021.04.21 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ新指揮官メイソンが第一声 「愛するクラブを助ける機会を与えられ誇りに思う」

トッテナムの暫定監督に就任したライアン・メイソン氏(29)が新指揮官として初の公式会見に臨んだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今シーズンここまでプレミアリーグで32試合を消化して7位と、2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すシナリオが現実味を帯びるトッテナム。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)での衝撃的な敗退などを受け、19日にジョゼ・モウリーニョ監督を電撃的に解任した。 そういった中、暫定ながら後任に指名されたのはトッテナムの下部組織出身者であり、2018年2月に頭部の負傷を理由に26歳の若さで現役を引退元イングランド代表MFのメイソン氏。 現役引退後は古巣トッテナムのアカデミーのサポートスタッフの1人として後輩たちの育成に携わり、2019年7月からはアカデミーのコーチに任命され、U-19チームを担当していた。 25日にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝戦を控える中、プレミアリーグ史上最年少の指揮官となったメイソン氏は、自身の初陣となる21日のプレミアリーグ第29節、サウサンプトン戦に向けた公式会見の場で意気込みを語っている。 まずはこの劇的な24時間の出来事について29歳の青年監督は、「クレイジーだが、それがフットボールだ。私はプレーヤーとしてそういったものを経験してきた。もちろん、ひとつ試合がキッカケで引退しなければならないという経験もしている。何が起こってもおかしくないし、フットボールがどんなことを自分に投げかけてきても、それに備えて準備をしておかなければならないね」と、振り返っている。 続けて今回の指揮官就任の経緯について、ダニエル・レヴィ会長とのやり取りを明かしている。 「とても長い時間、話をした。昨日の朝だったと思うが、(モウリーニョ解任の)ニュースが流れた後、私は若いプレーヤーたちと一緒に仕事をしていたので、とにかくトレーニング施設の中にいた。一度話し合いをした後に、再びトレーニングを指導し、その後に再び別の話をして、私がそれを望んでいるのか、クラブのために喜んで受け入れるのかを聞かれた。もちろん、私は光栄に思っているし、クラブのメンバーも満足してくれた」 さらに、29年間の内の20年間を過ごしたトッテナムに対する想いを問われると、「私の大きな部分を占めている」と改めてクラブ愛を口にしている。 「私がこのクラブを愛していることは周知の事実だ。私の29年間のうち20年間をここで過ごしており、私の大きな部分を占めている」 「今、私の身体の中では様々な感情が渦巻いているが、最も重要なのはプライドだ。このクラブとは20年以上の付き合いになるが、私の人生の中でとても重要な時間を過ごしてきた」 「今は暫定監督就任をとても誇りに感じている。ファンの皆さんとの素晴らしい繋がりも大切だと思っており、この素晴らしいクラブを助ける機会を与えられたことを誇りに感じている」 モウリーニョ前体制の元ではやや退屈にも思える守備的なスタイルでの戦いが目立ったが、メイソン氏はクラブの伝統であるよりアグレッシブな戦いを志向している。 「歴史的に見て、トッテナムのチームがどのようなものであるかを改めて考えたいと思う。個人的には勇敢でアグレッシブな、かつてのトッテナムのようなプレーをしたいと思っている」 「現時点では試合までの準備期間が短いこともあり、最も重要なことは、プレーヤーたちを正しい心構えにして、我々がどのようにフットボールの試合に臨みたいかという重要な原則を伝えることが優先だ。それが進むにつれて発展していくことを期待している」 2021.04.20 23:09 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ解任のトッテナム、シーズン終了までの暫定指揮官にアカデミーコーチのライアン・メイソン氏を任命

トッテナムは20日、今シーズン残りの暫定監督として、ライアン・メイソン氏(29)を任命したことを発表した。 同クラブは前日、モウリーニョ監督を電撃的に解任。今シーズンはここまでプレミアリーグで32試合を消化して7位と2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すシナリオが現実味を帯び、ヨーロッパリーグ(EL)もラウンド16で敗退していた。 25日にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝戦が控えるこのタイミングでの解任には懐疑的な目が向けられていたが、その後任として指名されたのは、既報通りライアン・メイソン氏となった。 トッテナムの下部組織出身でもある同氏は、2018年2月に頭部の負傷を理由に26歳の若さで現役を引退。指導者転身を図るべく、同年4月から古巣トッテナムでアカデミーのサポートスタッフの1人として後輩たちの育成に携わってきた。2019年7月にはそのアカデミーのコーチに任命され、U-19チームを担当していた。 なお、アシスタントコーチには、メイソン氏同様に同クラブのアカデミーで若手の育成に携わっていたクリス・パウエル氏とナイジェル・ギブス氏が着任。また、GKコーチは、昨年10月に現役引退を発表した元オランダ代表のミシェル・フォルム氏が務めることになる。レドリー・キング氏は引き続きアシスタントしての役割を継続する。 ダニエル・レヴィ会長は「我々は才能ある選手たちを信じている。これからカップファイナルとプレミアリーグの6試合が控えているが、今はシーズンをしっかりと締めくくることに全力を注ぎたい」とコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】現役時代のメイソンが決めた衝撃のミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTYlJaUXFxdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.20 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニー、トッテナムのモウリーニョ解任に「クレイジーなタイミング」

ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督が、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督解任に疑問を呈している。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 トッテナムでは19日、モウリーニョ監督の解任が発表された。2019年11月にマウリシオ・ポチェティーノ前監督の後任として着任し、2シーズン目を迎えていたが、プレミアリーグではここまで32試合を消化して7位と2季連続でチャンピオンズリーグ出場権を逃すシナリオが現実味を帯び、ヨーロッパリーグでもラウンド16で敗退と、成績不振を理由に更迭に至ったと見られている。 しかし一方で、解任発表の直前に明るみとなったヨーロッパ・スーパーリーグ構想にトッテナムも参加していることがポルトガル人指揮官の逆鱗に触れたとも言われており、マンチェスター・シティとのEFLカップ決勝を25日に控えたタイミングでの解任は違和感があると、現地メディアも推理していた。 現役時代には2016-17シーズンにマンチェスター・ユナイテッドでモウリーニョ監督の指導を受けたルーニーも「クレイジーなタイミング」であるとコメント。一方で監督は引く手数多であると、早期のカムバックを期待した。 「奇妙なタイミングだ。それが彼らの望んだ方向だとしても、決勝戦まで待つこともできたはずだ」 「ジョゼはトップクラスの指揮官だ。残念ながらトッテナムでの時間は終わってしまったが、きっと立ち直るだろうし、彼を求めるチームはたくさん出てくるだろう」 また、ルーニー監督はトッテナムで残された選手たちの心情にも言及。自らの経験から、反応は選手によって異なると話した。 「私も経験したことがあるが、それが励みになる選手もいれば、動揺する選手もいる」 「それは選手によるところだ。よくあるのは、監督解任直後はチームが良いリアクションができるということだ」 2021.04.20 18:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly