トッテナム放出難色も…バレンシアがウィンクスのローンに興味

2021.01.12 11:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアがトッテナムに所属するイングランド代表MFハリー・ウィンクス(24)に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。トッテナムのアカデミー出身であるウィンクスはここまで公式戦通算159試合に出場し、2017年からイングランド代表にも選出。しかし、今シーズンに入ってからは出場機会を減らしており、プレミアリーグでの先発出場は第17節終了時点でわずか5試合にとどまっている。

今夏に開催予定のユーロ出場を目指すなかで、難しい状態にあるウィンクス。ラ・リーガ第18節終了時点で14位と同じく苦しい状況のバレンシアは購入オプション付きのローンでの獲得を検討しているようだ。

しかし、現段階ではバレンシアからの正式なオファーはなく、トッテナム側もウィンクスの放出を望んでいない模様。現時点で取引の実現性は低いとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシアDFカブリエウが2024年まで契約延長 「いつかここで引退したい」

バレンシアは22日、元ブラジル代表DFカブリエウ・パウリスタ(30)との契約延長合意を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。 センターバックがメインポジションのガブリエウは過去、ヴィトーリア、ビジャレアル、アーセナルでプレー。2017年8月にバレンシア入りした。 1年目からラ・リーガ30試合に出場。2018–19シーズンのコパ・デル・レイ優勝にも貢献して、今季もここまでラ・リーガ13試合に出場している。 加入初年度からレギュラーに定着するガブリエウの契約は2022年6月30に失効する状況だったが、さらに2年間の延長に至った形だ。 サインを交わしたガブリエウは「すごく幸せ。家族も素晴らしい街、クラブにとどまれるのを嬉しがっている。すべてに満足さ」と喜びの心境を口にした。 また、ブラジル代表招集歴こそあるが、出場歴がなく、先日にスペイン代表入りの夢を明かしたガブリエウはバレンシアにキャリアの全てを注ぐ覚悟も示した。 「日々、全てを与えてくれるクラブでいつか引退したい。街の人々を含めたみんなに敬意を表する。いつかここで引退したい」 「家族もここに定住したい思いだ。仕事を続けながら、将来のことを考えてみる。これからもこのシャツを着て歴史を作っていきたい」 2021.01.23 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン好調の裏でカスティジェホは移籍を検討? 母国クラブが注視か

ミランのスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(25)が移籍を検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 2018年夏にビジャレアルから加入し、今季で3年目を過ごすカスティジェホ。チームがセリエAで無敗を続け、堂々と首位に立つ一方で、同選手は好調MFアレクシス・サレマーカーズの影に隠れ、なかなか出場機会が伸びず歯痒いシーズンとなっている。 『ムンド・デポルティボ』は、そんなカスティジェホが移籍を望んでいると主張し、冬の移籍市場での母国復帰を推測している。また、ミランは1500万ユーロ(約19億円)の移籍金を要求すると見られており、その条件から獲得が予想されるクラブはアトレティコ・マドリー、バレンシア、セビージャの3クラブに絞られているようだ。 アトレティコに関しては、モンテネグロ代表DFステファン・サビッチやメキシコ代表MFエクトル・エレーラとのトレードの可能性も伝えられている。 2020.12.27 16:51 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦で負傷交代のガブリエウ、腰椎横突起骨折で数週間の離脱か

バレンシアは23日、ブラジル人DFガブリエウ・パウリスタの負傷を発表した。 ガブリエウは22日に行われたラ・リーガ第15節のセビージャ戦に先発出場。しかし、開始20秒でオカンポスと競り合った際に腰からピッチに落下すると、治療を受けて一度はピッチに戻ったが17分に交代を要求しギジェム・モリーナと交代していた。 クラブの発表によれば、ガブリエウは23日の朝に検査を受診。その結果、数か所の腰椎横突起骨折と診断された。なお、手術は行わず保存治療で回復を目指すとのことだ。 バレンシアはガブリエウの離脱期間に関して言及していないものの、スペイン『アス』によれば、通常このケガでは完治に5~6週間ほどを要するとのことだ。 2020.12.24 02:22 Thu
twitterfacebook
thumb

6試合勝ちなしのバレンシア、降格圏近づくも指揮官はチーム信頼「楽観的でいたい」

バレンシアのハビ・グラシア監督が、不振に陥るチームの状況を心配しつつも楽観的な姿勢を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 バレンシアは22日に行われたラ・リーガ第15節で、セビージャと対戦。第9節でレアル・マドリーから白星を挙げて以降5試合勝利がなく、3試合連続ドローと勝ち切れない状況から何とか浮上のキッカケを掴みたい一戦だったが、81分に失点すると、反撃も実らず0-1で敗れていた。 この結果、バレンシアは6試合未勝利となり、順位も13位に低迷。下位チームの未消化試合の結果によっては、ますます降格圏が近づく状況だ。 こうした危機的な状況に対して、グラシア監督はチームが苦しんでいることを認めつつ、楽観的な姿勢を見せている。 「順位表で我々がどの位置にいるかを見れば、今の状況がわかる。論理的に言えば、今の状況は心配だ。我々は状況打開のため改善をしているが、今はそれが結果に結びついていない」 「私は楽観的でいようとしている。日々の仕事で、改善に努めているんだ。今日のように、試合前にメンバーから外れた選手がいたり、試合中に選手がケガをしたりすることもあった。でも、こうした出来事で、出場機会の少ない選手が目立つ役割を担うようになったね」 「我々は、全力を尽くしているチームを信頼しなければならない。私は、この日々の作業と改善が、いくつかの試合で既に見られたように、将来的にはより良い結果をもたらしてくれると楽観視しているよ」 グラシア監督はチームの将来については楽観視していると話した一方で、現在なかなか結果が出ていないことについては、苛立ちを感じていると語った。 「努力していることが結果に結びついていなければ、嫌な気持ちになるさ。悔しい思いをしているし、チームの状況が不安にもなる。ただ、チームに一番必要なのは仕事と経験、そして継続的な改善だ。これからも、それを続けていきたいと思っているよ」 2020.12.23 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア戦で逃げ切れなかったクーマン監督、「もっと集中力が必要」と反省

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、バレンシア戦を振り返り、反省を口にした。スペイン『マルカ』が伝えた。 リーグ戦2連勝中のバルセロナは19日に行われたラ・リーグ第14節でバレンシアと対戦。先制を許しながらも、FWリオネル・メッシとDFロナルド・アラウホのゴールで逆転に成功したが、FWマキシ・ゴメスに同点ゴールを許して、2-2の引き分けに終わった。 今季初の3連勝を逃したクーマン監督は試合後、全体的に集中力が足りなかったと反省。守備意識を高くする必要があるとコメントしている。 「難しい試合だった。追いつけたが、もっと集中力が必要だった。チャンスはあったが、いくつか集中できていないところもあった。相手は上手く守っていたよ。後半は勝つために努力をした。しかし、望んだほど多くのことをできなかった」 「不規則な試合をしてしまった。2-1の状況になっても攻めていたが、守備もする必要があると頭に入れておかなければならない。危険なゾーンでボールを失ってしまったよ。試合を上手くコントロールするために3バックでプレーしていたんだがね」 これでバルセロナは勝ち点21で暫定5位。首位のアトレティコ・マドリーとは1試合消化が多いながらも8ポイント差がついており、早くも優勝に向けて厳しくなったという意見もある。しかしクーマン監督は「まだ多くのポイントが残っている」と、戦う姿勢を強調した。 「まだタイトルに別れを告げたわけではない。勝ち点はまだまだある。非常に難しいシーズンだが、2カ月で一変しているかもしれない。差を埋めるために戦わなければならない」 2020.12.20 18:10 Sun
twitterfacebook