アストン・ビラでコロナが蔓延…プレミアリーグが3試合の日程変更を発表!

2021.01.11 23:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは11日、13日に開催予定だったプレミアリーグ第18節のアストン・ビラvsトッテナムに関してアストン・ビラの複数選手、チーム関係者に新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けて開催延期を決定した。現在、イギリスではコロナウイルスの変異種の影響などもあり、コロナウイルス感染拡大が深刻化している。これを受け、プレミアリーグでは各クラブとの協議の末に週2回のテストプログラムの再実施に加え、COVID-19のプロトコルを強化していた。


今回の延期により、プレミアリーグは3試合のスケジュール変更を発表。13日のビラ戦が延期となったトッテナムは、同日に昨年末に延期されたプレミアリーグ第16節のフルアム戦を行うことが決定。

また、当初は試合予定のなかったフルアムが13日に試合を実施するため、中1日の超過密日程になることを考慮して15日に開催予定だったプレミアリーグ第19節のフルアムvsチェルシーが16日に変更。

そのほか、16日に開催予定だったプレミアリーグ第19節のビラvsエバートンも17日に変更された。

今回の開催延期は昨年12月4日に予定されていた第11節のアストン・ビラvsニューカッスル、同28日の第16節エバートンvsマンチェスター・シティ、同30日のトッテナムvsフルアムに続く、今シーズン4例目となった。

なお、同カードの代替日程は現時点で決まっていない。
関連ニュース
thumb

アレクサンダー=アーノルドが劇的逆転弾! リバプールが鬼門アンフィールドで9戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、リバプールvsアストン・ビラが10日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。   現在、トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するリバプール(勝ち点49)はウォルバーハンプトン、アーセナル相手に連勝中。ただ、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でレアル・マドリーに1-3の完敗。パフォーマンス自体も振るわず、ベスト4進出に暗雲が漂っている。   そのマドリー戦を14日に控える中、今節はリーグ戦の前回対戦で2-7の屈辱の大敗を喫した9位のアストン・ビラ(勝ち点44)と対戦。プレミアでホーム6連敗中のアンフィールドでの一戦に向け、クロップ監督はマドリー戦から先発2人を変更。ナビ・ケイタとマネに代えてミルナー、フィルミノを起用した。   アンフィールドでの久々の勝利に向けて勢いを持って試合に入ったリバプールは猛攻を仕掛けていく。サラー、ジョタとキックオフ直後から積極的に足を振っていくと、13分にはDFミングスのトラップミスに反応したサラーがボックス内でGKと一対一の絶好機が訪れるが、このシュートは枠の右に外れる。   以降も押し込んでの遅攻に加えて、前線からの積極的なプレスで相手のミスを誘発し、ショートカウンターから再三の決定機を作り出すが、最後の場面で相手の粘り、シュートミスが重なり、なかなかゴールをこじ開けることができない。   すると、ゴールレスでハーフタイム突入かに思われた前半終了間際には相手のワンチャンスでリードまで奪われる。43分、自陣中央でドウグラス・ルイスにクリアボールを拾われると、マッギンを経由したボールがペナルティアーク付近のワトキンスの足元に。そして、前回対戦でハットトリックを献上したイングランド代表FWに左足を振り抜かれると、GKアリソンの脇を抜けたシュートがゴールネットに吸い込まれた。   その後、前半アディショナルタイムにはアレクサンダー=アーノルドの絶妙なロングフィードに抜け出したジョタがボックス左で折り返したボールをサラーが短く繋ぎ、ロバートソンが決定的なシュートを放つ。これはGKマルティネスにはじき出されるも、こぼれ球をフィルミノが冷静に流し込んだ。これで1-1のイーブンで試合折り返しかに思われたリバプールだったが、かなり微妙な判定ながらもVARのレビューの結果、ジョタの抜け出しの場面でオフサイドを取られてしまい、ゴールは取り消しとなった。   これがアンフィールドの呪いか、相手を圧倒しながらもビハインドで試合を折り返したリバプールは後半も前がかって相手を攻めたてるが、サラーのシュートのディフレクトが枠のわずか右に外れるなど、ツキに見放される。   それでも、57分には自陣右サイドから左サイドへ良い形でボールが展開され、ジョタのワンタッチパスに抜け出したロバートソンがボックス左から強烈なシュート。GKマルティネスが何とか弾くも、こぼれ球をサラーが頭で押し込んだ。   サラーの得点ランキングトップタイの今季19点目で試合を振り出しに戻したリバプールだったが、直後の62分には相手のロングカウンターからボックス中央のトレゼゲに右ポスト直撃の際どいシュートを打たれるなど、一気に流れを引き寄せるまでには至らない。   その後もビラの粘りに遭い、2点目が遠い苦しい時間帯が続く中、ワイナルドゥム、フィルミノ、オザン・カバクをベンチに下げてチアゴや切り札のマネ、シャキリと攻撃的な交代カードを切っていく。   すると、猛攻を仕掛けた試合最終盤の91分に劇的なゴールが生まれる。ボックス右でクリアボールを拾ったシャキリの鋭いクロスに反応したチアゴのダイレクトボレーはGKマルティネスの好守に遭うが、ボックス左でこぼれ球に反応したアレクサンダー=アーノルドがゴール前の密集を抜く狙いすました右足のシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。   その後、後半ラストプレーで完璧に背後を取ったマネの絶好機は相手GKに防がれてダメ押しとはならずも、マドリー戦で戦犯と批判された生え抜きの右サイドバックの劇的なゴールによってビラにリベンジ達成のリバプールがアンフィールドでの連敗をストップ。ホーム9試合ぶりの勝利で暫定4位に浮上すると共に、マドリーとの2ndレグに向けて弾みを付けた。 2021.04.11 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるアストン・ビラ、グリーリッシュの復帰はなし「負荷に耐えられなかった」

アストン・ビラのディーン・スミス監督が、リバプール戦に向けた会見に出席。その中で、エースの負傷離脱を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 アストン・ビラは10日にプレミアリーグ第31節でリバプールと対戦する。少しでも上位フィニッシュを目指すアストン・ビラにとっては、リバプールは勝ち点差も近い相手だけにしっかりと勝利したいところだ。 しかし、アストン・ビラはこの試合でエースのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを欠く事に。2月13日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を最後に戦線を離脱していたグリーリッシュだが、リバプール戦に間に合うものとみられていた。 記者会見に出席したスミス監督は、グリーリッシュについてコメント。復帰を焦ったあまり、再び負傷してしまったことを明かした。 「(グリーリッシュはフィットしているか?)いや、そうでもない。私もジャックも、もう少し早く復帰できると楽観的に考えていたが、今回のケガで2、3週間ほど遅れることになるだろう」 「彼は本当にトレーニングでは良い状態だったが、負荷に耐えられなかったようだ。これは負荷によるケガであり、今後数週間にわたって負荷を下げ、そこから回復する必要がある」 「我々は長期的なケガではない事を知っているし、彼は戻ってくる。ジャック(・グリーリッシュ)を含め、我々全員がおそらく彼を少し早く復帰させすぎたのかもしれない」 「彼は早く復帰したいと思っていたし、我々も彼に復帰してほしいと思っていたが、ちょっとした事でまたケガしてしまった」 2021.04.09 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラに吉報! ここ6戦欠場のグリーリッシュがトレーニングに復帰

アストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが代表ウィーク明けからチームに復帰しそうだ。 クラブのアイコンであり、主将も務めるグリーリッシュだが、2月21日に行われたプレミアリーグ第25節のレスター・シティ戦を負傷欠場。足のケガにより、それから復帰できず、今月の代表ウィークを迎えた状況だった。 そのため、イングランド代表からも外れたグリーリッシュだが、アストン・ビラが29日、同日からのトレーニング復帰を発表。ディーン・スミス監督は4月4日に行われる第30節のフルアム戦での復帰を期待しているという。 チームとともに昨季から舞い戻ったプレミアリーグで輝きを放つグリーリッシュは今季もここまで22試合の出場で6得点12アシストを記録。グリーリッシュ離脱後のチームは6試合で1勝しか掴めず、3得点にとどまっている。 なお、アストン・ビラは28試合を消化して12勝5分け11敗。1試合未消化分を残して41ポイントの11位に位置している。 2021.03.30 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトキンスが夢のイングランド代表でデビュー即ゴール! 「感無量だ」

アストン・ビラのFWオリー・ワトキンスがイングランド代表デビュー即ゴールに歓喜した。 2013年にイングランド4部相当のエクセター・シティでプロデビューを果たしたワトキンスは2015年に同6部相当のウェストン・スーパー・メアにレンタル移籍した後、2017年から同2部相当のブレントフォードに。昨季に26ゴールで得点王に輝き、今季からアストン・ビラに活躍の場を移した。 すると、そのアストン・ビラでも大きく飛躍を遂げ、初のプレミアリーグ挑戦ながら、第4節のリバプール戦で初ゴールを含むハットトリックをやってのけるなど、ここまで28試合の出場で10得点3アシストを記録。そして、今月の代表ウィークでイングランド代表の初招集を受けた。 そんなワトキンスは25日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第1節のサンマリノ代表戦に63分から出場してデビューを果たすと、83分に初ゴールも記録。試合後、イギリス『ITV』で「アンビリーバブルだね」だと喜びを露わにしている。 「正直、夢見ていたことだ。ホテルでずっと『ただ楽しみ、チャンスが来たらゴールを決めたいな』とは考えていたが、まさかこんなことになるなんてね。言葉が出てこない」 「良い旅だったね。ここまで来れたこと、このユニフォームを着て代表選手たちとプレーしたこと、そして代表デビュー戦でゴールも決められたことを光栄に思う。感無量だ」 2021.03.27 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスPL初弾にケインが得点ランクトップタイの17点目! ビラに完勝のスパーズが見事なバウンスバックで6位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第18節延期分、アストン・ビラvsトッテナムが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが0-2で勝利した。   現在、8位のトッテナム(勝ち点45)は前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに1-2で逆転負け。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)では1stレグを2-0で先勝しながらも、敵地での2ndレグではディナモ・ザグレブに延長戦まで持ち込まれた末、屈辱の0-3の完敗でベスト16敗退となった。   この痛恨の敗戦により、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場に向け、4位のチェルシーに6ポイント差を付けられるリーグ戦での逆転が必要となった崖っぷちのモウリーニョ率いるチームは9位のビラ(勝ち点41)のホームに乗り込んだ。連敗からのバウンスバックを狙う中、前節のダービーから先発4人を変更。体調不良のアルデルヴァイレルトと負傷のソン・フンミンに代えてロドン、カルロス・ヴィニシウス、ドハーティとベイルに代えてタンガンガ、ロ・チェルソを起用し、ケインとヴィニシウスを最前線に配置した[4-4-2]を採用した。   互いにやや慎重な入りを見せた中でアウェイのトッテナムがボールを握る状況が続く。セカンドトップ気味に振る舞うケインを起点にレギロン、ルーカス・モウラが並ぶ左サイドを中心に攻撃を展開していくが、決定機まであと一歩という場面が目立つ。   それでも、ビラにセットプレー以外で危険な場面を作らせずに安定した試合運びを継続するトッテナムは前半半ば過ぎに最初の決定機をゴールに結びつける。29分、ヴィニシウスを最終ラインの背後に走らせるロングフィードに対してエリア外に飛び出したGKマルティネスのクリアが短くなると、これを回収したルーカスがケインとのパス交換でボックス左に抜け出してDFとGKを引き付けて折り返す。これをドフリーのヴィニシウスが右足ワンタッチで流し込み、ポルトガル人指揮官の起用に応える待望のプレミア初ゴールとした。   先制後は少しずつ前がかるビラの攻勢を受け止めつつ、得意のカウンターに転じたトッテナムは、前半終了間際の42分にセットプレーの流れからケインのヘディングシュート、エンドンベレの浮き球のシュートで2点目に迫るが、いずれも決め切るまでには至らなかった。   互いに選手交代なしで迎えた後半もトッテナムが優勢な入りを見せる。48分、レギロンの高い位置でのパスカットからボックス手前でルーカスから足元にパスを受けたケインが振り向きざまに右足を一閃。相手DFの足先にわずかに当たったボールが枠の右隅へ向かうが、これはわずかに枠の左。   続く52分には縦パスを収めたケインを起点に人数をかけた攻撃を仕掛けると、巧みなステップワークでボックス内に切り込んだルーカスからゴール前のケインに横パスが出るが、ここはDFミングスの身体を張った対応に阻まれた。   相手に足を踏まれて痛んだレギロンがプレー続行不可能となり、57分にベン・デイビスを最初の交代カードとして投入したトッテナム。この時間帯は相手の反撃に晒されてボックス付近でトレゼゲ、マッギンに際どいシュートを打たれるが、ここはDFロドンのゴールカバー、GKロリスのセーブできっちり凌ぐ。   その後、66分にロ・チェルソを下げてベルフワインを投入し、カウンター色を強めるアウェイチームは67分にボックス左に抜け出したケインが深追いしたDFキャッシュにアフターでタックルを浴びてPKを獲得。これを自ら冷静に決めてリーグ得点ランクトップタイとなる17ゴール目とした。   この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムはここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。78分にはトランジションを制したホイビュルクの強烈なミドルシュートで3点目に迫りつつ、守備の局面ではタンガンガが決定的なシュートブロックを見せるなど、不甲斐ない戦いに終始した直近2試合の反省を生かしたソリッドなパフォーマンスを披露。   そして、危なげない試合運びでビラの反撃を無失点で凌ぎ切ったトッテナムが2トップ揃い踏みの活躍で公式戦の連敗をストップ。4位のチェルシーと3ポイント差の6位に浮上した。 2021.03.22 06:27 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly