PSGで無双状態を誇ったズラタンがトゥールーズ相手に決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2021.01.11 14:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。


今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。

◆イブラヒモビッチがトゥールーズ相手に決めたハットトリック

39歳ながらも、今なおミランで圧巻のパフォーマンスを見せ続けるイブラヒモビッチ。これまでアヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、PSG、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるクラブの数々でゴールを決めてきた。

PSGでは、積極補強で急速に戦力を伸ばしたチームの大黒柱として公式戦180試合156ゴールを記録。無双状態となっていたイブラヒモビッチだが、2014年2月23日に行われたリーグ・アン第26節のトゥールーズ戦では、ハットトリックを記録し、チームの勝利に貢献している。

まずは0-0で迎えた32分、FWエセキエル・ラベッシが獲得したPKをイブラヒモビッチが落ち着いて決め、先制点を挙げる。

続いて2-1とPSGリードの69分、左サイドでPSGがFKを得ると、キッカーのMFヨアン・キャバイエが鋭いクロスをボックス内に上げる。このボールにイブラヒモビッチが頭で合わせると、ヘディングシュートがゴール右のネットに刺さり、相手を突き放す3点目を挙げた。

最後は3-2で迎えた89分、この試合2つ目となるPKを蹴ると、一度はGKに弾かれたものの、こぼれ球をしっかりと詰め、見事なハットトリックを達成してみせた。

試合は点の取り合いになったものの、イブラヒモビッチのハットトリックなど、大量4得点を挙げたPSGが4-2で勝利している。


関連ニュース
thumb

現在は敏腕TD!Jリーグでも活躍した名手ベギリスタインがバルサで見せたゴールショー【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元スペイン代表FWチキ・ベギリスタイン氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆敏腕TDが現役時代にみせた圧巻のパフォーマンス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJvUHA5TlFIaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代はレアル・ソシエダ、バルセロナでの活躍が有名なベギリスタイン氏。特にバルセロナでは、主要タイトル8つを獲得した。また1997年から1999年には浦和レッズでもプレーしており、日本でも名を知られる存在となっている。 現役引退後はディレクター職を務め、現在はマンチェスター・シティでテクニカル・ディレクター(TD)として手腕を振るうベギリスタイン氏だが、1993年9月26日に行われたラ・リーガ第4節のレアル・サラゴサ戦では、圧巻のハットトリックを記録している。 まずは開始早々の9分、相手陣内中央でボールを持ったMFジョゼップ・グアルディオラがボックス内へスルーパスを送る。このパスは相手のブロックに遭うものの、こぼれ球をベギリスタインが素早く拾うと、飛び出して来たGKを嘲笑うかのようなチップキックを沈め、先制点を記録する。 直後の12分、今度はFKのチャンスから、バルセロナが左サイドにボールを展開。折り返しのグラウンダーのクロスをゴール前にフリーで走り込んだベギリスタインが落ち着いて決め、すぐさま追加点を挙げた。 前半終了間際の45分には、相手のクリアミスを見逃さずにボールを奪ったベギリスタインがそのままゴール前まで独走。またも軽いチップシュートでGKを欺き、ハットトリックを達成した。 試合は、前半で試合を決めたバルセロナが4-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="816" data-sg-movie-title="【敏腕TDのゴールショー】Jリーグでも活躍した名手ベギリスタインがバルサで見せた圧巻のパフォーマンス"></span> 2021.02.20 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“貴公子”カカが美しいミドルシュートで決めたミラン復帰後初ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFカカ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカのエレガントな100点満点ミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrcVpoM0dtZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミランで大ブレイクを果たし、世界的スターとなったカカ氏は、2009年夏にレアル・マドリーへ移籍。その後の2013年夏に、再び古巣のミランに復帰を果たした。 端麗な容姿とエレガントなプレーで観客を魅了し、世界的な人気を博したカカ氏だが、2度目のミラン加入後の2013年10月30日に行われたセリエA第10節では、全盛期を思わせる美しいゴールを決めている。 0-0のまま迎えた54分、左サイドを攻めたミランは、FWマリオ・バロテッリがボックス左の位置から中央のカカへパス。これをボックス左角手前で受けたカカは、中央に移動しながら右足でミドルシュートを放つ。しなやかなスイングから放たれたシュートは、美しい弧を描きながら、ゴール右上の完璧なコースに吸い込まれた。 カカのミラン復帰後第1号で先制したミラン。しかし、その後追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="815" data-sg-movie-title="【“貴公子”の美しいミドル】カカのミラン復帰後初ゴール"></span> 2021.02.20 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガスコイン無双!伝説の名手がレンジャーズで見せたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏がレンジャーズで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆リーグ8連覇を決めるハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxcU9VbkZSTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ニューカッスルでデビューしたガスコイン氏は、トッテナムやラツィオでのプレーを経て1995年夏にスコットランドの強豪レンジャーズに加入。多くのタイトルを勝ち取った。 ピッチ外でのトラブルが多かったものの、抜群のフットボールセンスでイギリスの国民的英雄として人気を博したガスコイン氏だが、レンジャーズ時代の1996年4月28日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第35節のアバディーン戦では、圧巻のハットトリックを記録した。 まずは0-1とレンジャーズビハインドの22分、左コーナーキックからボックスの外でボールを受けたガスコインは、華麗なシザースと鋭いターンでDFを翻弄し、ボックス内に侵入。一気に加速してゴール左へ進むと、コースを切りに前に出てきたGKの頭上を越えるゴールを沈め、個人技で同点弾を決めた。 そのまま膠着状態が続き、迎えた82分、自陣で相手からボールを奪ったガスコインがドリブルを開始する。スピードに乗ったドリブルで相手陣内を縦断すると、相手選手2人に挟まれながらもボックス内に侵入し、勢いに乗ったままシュート。ゴール左にシュートが決まり、勝ち越しゴールとなった。 最後は87分、ボックス内でFWゴードン・デューリーが倒され、PKを獲得するとキッカーはガスコイン。落ち着いてゴール右下にシュートを流し込み、ハットトリックを達成した。 試合はそのまま3-1でレンジャーズが勝利。この勝利でリーグ優勝を決めたレンジャーズは、リーグ8連覇を達成している。 <span data-sg-movie-id="803" data-sg-movie-title="【ガスコイン無双!】伝説の名手が決めたハットトリック"></span> 2021.02.18 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

圧倒的なボックス内での強さ!クアリアレッラの決定力が光るハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、サンプドリアの元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆クアリアレッラの圧倒的な決定力!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtTzIzUTZYViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> クアリアレッラは、トリノやフィオレンティーナ、サンプドリア、ウディネーゼ、ナポリを渡り歩き、2010から2014年までユベントスでプレー。その後、トリノを経て、再びサンプドリアに在籍している。 ここまでセリエA通算487試合で172ゴールを記録しているクアリアレッラだが、2018年1月21日に行われたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦では、決定力の高さを見せつけるハットトリックを決めている。 まずは0-0で迎えた30分、右サイドからMFガストン・ラミレスがクロスを上げると、ゴール前のクアリアレッラが見事なトラップでボールを収める。ファーストタッチで相手のマークを外したクアリアレッラが至近距離からゴールを決め、先制点を挙げた。 後半に入った60分、再びラミレスのスルーパスから、ボックス内で抜け出したクアリアレッラがゴール左の位置からGKの頭上を抜くシュート。GKとの1対1の場面で強さを見せ、追加点をマークする。 極め付きは直後の68分、味方とのパス交換からボックス内右でボールを持ったラミレスが、後ろのクアリアレッラに落とすと、今度はゴール右から強烈なシュート。またしてもGKの頭上を抜くシュートを沈め、ハットトリックを達成した。 チャンスを確実にものにするクアリアレッラの活躍もあり、試合はサンプドリアが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="795" data-sg-movie-title="【圧倒的なボックス内での強さ!】クアリアレッラの決定力が光るハットトリック"></span> 2021.02.17 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツの超逸材ハヴァーツがチェルシーでいきなり決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ハフェルツが特大のポテンシャルを見せたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJseXU0eWwwVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> レバークーゼンで10代の頃から超逸材として注目を集めたハヴァーツは、2020年夏にチェルシーに加入。チームの今後を担う存在として期待されている。 チェルシーデビューから間もない2020年9月23日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)3回戦のバーンズリー戦では、その特大のポテンシャルを感じさせるハットトリックを決めている。 1-0とチェルシーリードの28分、相手陣内中央左でボールを持ったMFメイソン・マウントがボックス内にボールを送る。すると、中央のFWタミー・エイブラハムが相手の裏をかくダミーでゴール前に走り込むハヴァーツにパスが通り、ハヴァーツがゴール右に冷静にシュートを流し込み、まずは1点目を決めた。 続いて3-0とリードを広げて迎えた55分、カウンターからチェルシーがチャンスを作ると、左サイドに抜け出したMFマテオ・コバチッチが中央にクロス。このボールをエイブラハムが落とすと、ハヴァーツが鋭いシュートをゴール右に叩き込み、2点目をマークした。 65分にも再びエイブラハムのパスにハヴァーツが抜け出すと、そのままGKと1対1に。ハヴァーツが鮮やかなタッチでGKを抜き去り、無人のゴールにシュートを沈めて圧巻のハットトリックを決めてみせた。 試合はハヴァーツのハットトリックなど、大量6ゴールを奪ったチェルシーが6-0とバーンズリーを粉砕している。 <span data-sg-movie-id="775" data-sg-movie-title="【特大のポテンシャル!】超逸材ハヴァーツがチェルシーでいきなり決めたハットトリック"></span> 2021.02.14 10:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly