秋田が主力MF沖野将基と契約更新!「今年はもっと結果にこだわって頑張ります!」

2021.01.09 15:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ブラウブリッツ秋田は9日、MF沖野将基(24)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。セレッソ大阪ユース出身の沖野は2019シーズンから秋田でプレーし、初年度からリーグ戦26試合に出場するなど主力として活躍。2020シーズンは32試合に出場し、第9節のロアッソ熊本戦のプロ初ゴールも含めて5ゴールを記録した。

契約更新に際し、沖野はクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「今年もブラウブリッツ秋田でプレーさせていただくことになりました!今年はもっとゴールやアシストといった結果にこだわって頑張ります!応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

琉球がサンパウロ州3部クラブからFWヴィニシウスをレンタル! 「期待に応えられる様に努力」

FC琉球は1日、ブラジルのサンパウロ州3部リーグに属するナシオナルからブラジル人FWヴィニシウス(21)の期限付き移籍加入内定を発表した。 背番号は「34」。7月31日に入国しており、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経て合流するという。 ヴィニシウスは身長184cm、体重82kgのFWで、2019年にナシオナルでプロデビュー。今季はパラナ州1部リーグのマリンガでプレーしていた。 クラブを通じて意気込みを語っている。 「この素晴らしい国、クラブでプレーできる事をとても嬉しく思います。個人・団体に関わらず良い成果を出せるようがんばります」 「この大きな機会を与えて下さったクラブにとても感謝していますしその期待に応えられる様に努力します。ありがとうございます!」 2021.08.01 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都退団の服部航平、新天地は東海社会人2部リーグに

京都サンガF.C.は1日、昨季まで所属したFW服部航平(20)が東海社会人2部リーグのFC.Bomboneraに加入すると発表した。 服部は京都下部組織出身地で、2019年にトップチーム昇格。ブラジルのロンドリーナECへのレンタルに続き、昨年10月から12月までテゲバジャーロ宮崎への武者修行も経験したが、昨季を最後に京都を契約満了で退団した。 服部はFC.Bomboneraの公式ツイッターで活躍を誓った。 「初めまして! この度、FC.Bombonera に加入する事になりました! 加入に関わってくださった全ての方々に感謝し、1人でも多くの方に夢や感動を与えられるようにします!」 「僕のストロングポイントはゴールを決め切る事なので、歓喜の瞬間を皆様に届けられるように日々精進して参りますので、ご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します!」 2021.08.01 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬FW一木立一がJFLのFC刈谷に期限付き移籍「JFL残留というミッションを達成するために戦います」

ザスパクサツ群馬は31日、FW一木立一(22)がJFLのFC刈谷へ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。群馬との公式戦には出場できない。 一木は群馬県出身。太田高校、東京学芸大学を経て今シーズンから群馬に入団した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合に出場するにとどまっている。 ◆FC刈谷 「FC刈谷のファン・サポーターの皆さん、初めまして、ザスパクサツ群馬から期限付き移籍で加入することになりました、一木立一です」 「JFL残留というミッションを達成するために戦います。シーズン途中の加入となりますが、応援よろしくお願いいたします!!」 ◆ザスパクサツ群馬 「この度FC刈谷に期限付き移籍することになりました」 「加入してから約半年過ぎ、コーチングスタッフや先輩方、同期から多くのことを学びそして、ファン・サポーターの皆さんに支えられてプレーすることができました。しかし、自分の力不足で自分のプレーを見せることは叶いませんでした」 「悔しい気持ちはありますが、その悔しさをぶつけて、一回りも二回りも成長した姿を見せられるよう戦ってきます」 2021.07.31 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、マルティノスとの契約を協議の上で解除!今季は印象的なゴールを奪うも…

ベガルタ仙台は31日、元キュラソー代表FWマルティノス(30)との契約を協議を重ねた上で解除したと発表した。 マルティノスはヘーレンフェーンやスパルタ・ロッテルダム、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュなどでプレー。 2016年に横浜F・マリノスに加入し、2018年には浦和レッズへと移籍。今年からはベガルタ仙台に加わり、日本での5シーズン目を迎えていた。 今季は公式戦19試合に出場し、4得点という成績。推進力のあるドリブルやパンチ力を武器に、限られた出場時間の中でも5月12日の川崎フロンターレ戦のようなインパクトのあるゴールを奪っていた。 2021.07.31 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

大分1年目の福森健太、半年で古巣北九州にレンタル 「必死に全力でプレー」

ギラヴァンツ北九州は31日、大分トリニータからDF福森健太(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「30」を着用する。 福森はFC東京の下部組織出身で、鹿屋体育大学を経て、2016年に北九州でプロキャリアをスタート。今季から大分に完全移籍加入して、J1初挑戦を果たした。 その今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合に出場。だが、レギュラーの座を射止め切れていなかった。 出場機会を求め、大分入りから半年での古巣復帰を決意した福森。北九州の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「僕がこの状況を変える! そういった強い思いで必死に全力でプレーしますので、ファン、サポーターの皆様、またどうぞよろしくお願い致します」 一方で、半シーズンでの退団となる大分を通じてはこれまでのサポートとともに、新天地での活躍を誓った。 「半年という短い間でしたが大分トリニータの一員として闘えた事を誇りに思います。ここで学んだことを移籍先で発揮し、選手としてさらに成長していきます。皆様大変お世話になりました。ありがとうございました!」 2021.07.31 15:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly