元マドリー指揮官のソラーリ氏がクラブ・アメリカの新指揮官に就任!

2020.12.30 22:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メキシコのクラブ・アメリカは29日、サンティアゴ・ソラーリ氏(44)の新監督招へいを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。

クラブ・アメリカは2017年夏からミゲル・エレーラ前監督(52)がチームを率い、2018-19シーズンの前期リーグとなるリーガMXアペルトゥーラでは、4年ぶりの優勝を果たしていた。

しかし、今シーズンはリーガMXアペルトゥーラのレギュラーシーズンを3位で終えると、優勝を決めるリギージャ(プレーオフ)準々決勝でグアダラハラに敗戦。また、北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグでも、今月19日に行われた準決勝でアメリカのロサンゼルスFCに敗戦。さらにこの試合では、ロサンゼルスFCのアシスタントコーチを務めるアンテ・ラゾフ氏と激しい口論となり、退席処分を受けるなど醜態を晒していた。

これを受けて、クラブは今月22日にエレーラ前監督の更迭に踏み切っていた。

そして、今回新監督として招へいされたのは、レアル・マドリーで監督経験のあるソラーリ氏。

現役時代はアトレティコ・マドリーやマドリー、インテルなどでプレー経験があるソラーリ氏は、引退後にマドリーの下部組織で指導者キャリアをスタート。2018年10月にはフレン・ロベテギ監督が解任され、暫定監督に就任し同11月にチームを引き継いだ。だが、成績不振を理由に2019年3月に解任されていた。

関連ニュース
thumb

ジョバニ・ドス・サントスがクラブ・アメリカを退団

クラブ・アメリカは16日、元メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(32)が退団したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカ、ビジャレアルといったクラブを渡り歩き、2015年夏にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、契約最終年となった2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。そのままLAギャラクシーを退団。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだが、2019年の夏にドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入。クラブ・アメリカでは在籍2シーズンで公式戦42試合に出場し4ゴール2アシストを記録したが、今季は公式戦18試合の出場にとどまっていた。 なお、クラブ・アメリカはレアル・マドリーのカスティージャからレンタル移籍していたFWセルヒオ・ディアス(23)の退団も併せて発表している。 2021.06.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

驚異の反応速度!メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆オチョアが見せた神セーブ&神クリア<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaamg4TnZTayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 今回は、クラブ・アメリカのメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2021年2月7日に行われたリーガMXクラウスーラ第5節のプエブラ戦では素晴らしいセーブを見せている。 クラブ・アメリカが1-0とリードして迎えた88分、FKからプエブラが左サイドからチャンスを作り、クロスを入れる。このボールにファーポストでFWギジェルモ・マルティネスが叩きつけるようなヘディングを合わせると、GKの目の前でバウンドする難しいシュートだったが、オチョアは抜群のポジション取りで体を当ててセーブ。さらに、こぼれ球に詰めようとする相手に対して、驚異の反応で倒れながら右足でボールをクリアし、チームのピンチを救ってみせた。 試合は1点のリードを守り切ったクラブ・アメリカが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="933" data-sg-movie-title="【驚異の反応速度】メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア"></span> 2021.03.12 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「DFは感謝すべき」衰えぬ反射神経で“オウンゴール未遂” を防いだメキシコ代表GKに称賛集まる

クラブ・アメリカに所属するメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが衰えぬ反射神経を見せている。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、21日に行われたリーガMX後期第7節のアトラス戦でもスーパーセーブを見せた。 クラブ・アメリカ1点リードで迎えた47分、左サイドからクロスが上がる。これはDFセバスティアン・カセレスが相手の前に入りカットするも、クリアし損ねたボールが自陣ゴールへ。あわやオウンゴールから思われたところ、オチョアが驚異の反射神経をみせ、何とかライン外に逃れた。 自身の決定的ミスを防いでくれたオチョアに対し、カセレスは感謝。予想外のピンチを迎えたオチョアはしばらくピッチから立ち上がれなかった。 試合はオチョアのセーブでリードを守ったクラブ・アメリカが1点を追加し、2-0で勝利。35歳になっても変わらぬ反応をみせるオチョアに対し、SNS上のサポーターからは「DFはオチョアに感謝すべき」「この男のワールドカップのパフォーマンスは忘れられない」「(ホルヘ・)カンポスの後継者」と称賛する声が多く挙がっている。 <div id="cws_ad">◆オチョアが衰えぬ反射神経で“オウンゴール未遂” を防ぐ!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/NoTeLoPierdas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NoTeLoPierdas</a> <br><br>47: ¡GUARD1ÁN! Guillermo Ochoa salva a las Águilas del empate. Sebastián Cáceres cerca del autogol.<a href="https://twitter.com/hashtag/Guard1anes2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Guard1anes2021</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/LigaBBVAMX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LigaBBVAMX</a> <a href="https://t.co/Tn0U87uHtA">pic.twitter.com/Tn0U87uHtA</a></p>&mdash; Liga BBVA MX (@LigaBBVAMX) <a href="https://twitter.com/LigaBBVAMX/status/1363342246427377667?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

クラブ・アメリカが3年半クラブを率いたミゲル・エレーラ監督の解任を発表…

メキシコのクラブ・アメリカは22日、ミゲル・エレーラ監督(52)を解任したことを発表した。 メキシコ代表やメキシコの国内クラブで監督を歴任したエレーラ氏は、2017年夏に7年ぶりにクラブ・アメリカの指揮官に復帰。就任後は3年半で公式戦175試合を指揮し87勝43分け45敗の戦績を残し、2018-19シーズンの前期リーグとなるリーガMXアペルトゥーラでは、クラブを4年ぶりの優勝に導いた。 しかし、今シーズンはリーガMXアペルトゥーラのレギュラーシーズンを3位で終えると、優勝を決めるリギージャ(プレーオフ)準々決勝でグアダラハラに敗戦。 北中米カリブ海王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグでも、19日に行われた準決勝でアメリカのロサンゼルスFCに敗戦。さらにこの試合では、ロサンゼルスFCのアシスタントコーチを務めるアンテ・ラゾフ氏と激しい口論となり、退席処分を受けるなど醜態を晒した。 クラブ・アメリカは、公式ツイッターにて以下のように声明を発表している。 「本日、クラブ・アメリカは、ミゲル・エレーラ氏との関係を終わらせることを決定した。これは、クラブが中期的に設定したスポーツおよび管理計画に適合しなくなったためだ」 「エレーラ氏の献身的な働きには感謝している。しかし、今シーズンの結果やピッチ上での態度は、クラブ首脳陣やサポーターが望んでいるものではなかった」 「我々はエレーラ氏の今後の活躍を願っている」 2020.12.23 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

メキシコの守護神オチョアが大舞台で見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆メキシコの守護神オチョアが見せたスーパーセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3Y0hjV1VuMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、メキシコ代表GKギジェルモ・オチョアがクラブ・アメリカで見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2019年12月30日に行われた、リーガMX・リギージャ決勝のモンテレイとの2ndレグでは素晴らしいセーブを記録している。 1stレグに1-2で敗れていたクラブ・アメリカだったが、2ndレグでは2-1として、合計スコアで追いついて迎えた86分、モンテレイの右サイドからクロスをクラブ・アメリカDFがブロックする。しかし、こぼれ球に詰めたモンテレイのFWロヘリオ・フネス・モリがシュートを放つ。近距離からのシュートにオチョアも成す術なしかと思われたが、素晴らしい反応で枠外に弾き、ピンチを凌いだ。 試合はそのまま2-1で終了。合計スコア3-3のままPK戦までもつれた結果、モンテレイが勝利している。 2020.09.05 19:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly