北九州が清水MF六平光成を完全移籍で獲得「J1昇格するための助けになれるように精一杯頑張ります」

2020.12.30 13:32 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ギラヴァンツ北九州は30日、清水エスパルスのMF六平光成(29)が完全移籍で加入することを発表した。

六平は前橋育英高校、中央大学を経て、2013年に清水に加入。8シーズンを過ごし、J1通算128試合1得点、J2通算26試合出場、リーグカップ通算21試合出場、天皇杯通算12試合出場を果たしていた。

今シーズンは明治安田J1で15試合に出場していた。

北九州は2016年、2017年と清水で指揮を執った小林伸二監督が率いている。

六平はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、清水エスパルスから加入することになりました六平光成です。ギラヴァンツ北九州がJ1昇格するための助けになれるように精一杯頑張ります!よろしくお願いします!!」


関連ニュース
thumb

北九州、佐藤颯汰&斧澤隼輝の今季退団を発表

ギラヴァンツ北九州は4日、FW佐藤颯汰(22)とMF斧澤隼輝(23)の今季契約満了を発表した。 佐藤は2018年に日章学園高校からプロ入りし、今季は明治安田生命J2リーグ7試合に出場。斧澤は下部組織から過ごすセレッソ大阪でプロ入り後、2020年から加わり、今季は16試合でプレーしている。両選手はクラブを通じて、それぞれコメントした。 ◆佐藤颯汰 「ギラヴァンツ北九州のファン、サポーターの皆さん、今年も熱い応援ありがとうございました。そしてギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆さん、4年間お世話になりました」 「契約満了の通告を受けた時、沢山の事を思いました。正直、とても悔しくこんなにも辛いものだとは思ってもなかったです。それは、北九州のサポーターの皆さんや、北九州で出会ったみんなと来年から共に闘い、笑ったり泣いたり出来なくなるということです。この4年間本当に多くの事を経験し、学ばせてもらいました。J3優勝時、ファンサポーターのみんなと喜び合えた時は本当に幸せでした」 「また、今年中々結果がでないなかでも決して諦めず応援してくれたサポーターのみんなの表情を見ると本当に俺も頑張ろうって言う気持ちになれました。僕は胸張ってギラに貢献できたとは言えません。どうにかチームに貢献したいと考え悩む日々でした。その中でサポートしてくれたスタッフ陣、仲間には感謝しかないです。ファンのみんなの期待に応えられなくて本当にすいません」 「ですが、絶対にまた這い上がってきます! そしてまたギラヴァンツ北九州でプレーしたいです! いや、します!笑 それほど思い入れが強い4年間でした。ミクスタでみんなの笑顔が見られた景色、絶対に忘れません。また成長した形でミクスタに戻ってきて皆さんに会いたいです。北九州が大好きです。4年間、ありがとうございました」 ◆斧澤隼輝 「ギラヴァンツ北九州の一員としてプレーする機会を与えて頂いた事に感謝をしています。自分の持てる力を発揮してチームに貢献できなかった事が残念で本当に申し訳なく思っています。しかし、最高のチームメイト、スタッフ、そしてなによりも最高のファンサポーターの皆様と共に戦えたことを心から誇りに思っています」 「北九州を離れることになりますが、来シーズン以降は残る仲間たちが昇格を必ず勝ち取ってくれることを心より願っていますし、どこにいても応援しています。私の挑戦はどの様になるかはまだ判りませんが、またどこかで皆さまとお会いできる様にがんばり続けます。2年間温かく応援して頂きありがとうございました」 2021.12.04 18:51 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州がJ3時代を知るDF新井博人、DF岡村和哉との契約満了を発表

ギラヴァンツ北九州は3日、DF新井博人(25)、DF岡村和哉 (33)との契約満了を発表した。 新井は東京都出身で、FC東京U-15深川から桐蔭学園高校、明治学院大学を経て、2019年に北九州へと入団した。 プロ1年目はJ3で21試合に出場し1得点を記録。J2昇格へ貢献したものの、この2シーズンは合計7試合と出場機会があまりなかった。 岡村は岡山県出身で、セレッソ大阪U-15、U-18と過ごし、大阪学院大学から2010年にロアッソ熊本へ入団。V・ファーレン長崎、カマタマーレ讃岐を経て、2019年から北九州でプレーしている。 1年目はJ3で26試合に出場し2得点を記録。J2昇格に貢献すると、2020シーズンはJ2で28試合1得点、今シーズンも28試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF新井博人 「ギラヴァンツ北九州に関わる全ての皆様、3年間大変お世話になりました!3年前に何も知らずに来たこの北九州という街で大好きな人がいっぱいできて、その人達の優しさに触れ、たくさん救われながら3年が経ちました。試合で勝った時に僕の下手くそな踊りに付き合ってくれたり、僕に向かって満面の笑みで手を振ってくれたり、たくさんのメッセージをくれたサポーターの皆様、僕は絶対に忘れません。心から感謝しています」 「そして、チームメイト。今年試合に出られていない時も踏ん張れたのは間違いなくチームメイトのおかげです。本当に一人一人思い入れがあって離れるのはすごく寂しいですがまた必ずどこかで会えると信じています。ありがとう」 「そして伸二さんはじめ、スタッフにも感謝しています。特に長崎との練習試合での決勝点が決まった時に、誰よりも喜んでいたアマさんのあの姿は一生忘れないと思います。そんな熱い方々に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました!」 「僕は必ず違うチームで、次は敵としてギラヴァンツ北九州に勝ってミクスタで一人で踊ってやろうと思います(笑)。北九州大好き。また会いましょう!」 ◆DF岡村和哉 「ギラヴァンツ北九州に関わるすべての皆様、3年間本当にありがとうございました。J3優勝、J2昇格1年目での躍進、今年の苦しいシーズン。ものすごく濃い3年間を最高の仲間と過ごす事ができました」 「今年はチーム最年長として、もっともっとやれる事があったんじゃないかと、少し悔いが残っています。でもギラヴァンツ北九州の一員として真摯にサッカーに向き合ってきた自信はあります」 「北九州大好きです。サポーターは僕の誇りです。3年間本当にありがとうございました」 2021.12.03 18:33 Fri
twitterfacebook
thumb

「不快な思いをされた方々もおられたと思います」豊田陽平のツイートが話題…誠実な対応「心からお礼申し上げます」

栃木SCの元日本代表FW豊田陽平のツイートが話題となっている。 長年過ごしたサガン鳥栖から今年7月に完全移籍で栃木へと加入した豊田。明治安田生命J2リーグでは16試合に出場し3得点を記録していた。 その栃木は、28日に明治安田J2第41節でギラヴァンツ北九州と対戦。豊田はベンチ入りも出番はなかったが、1-2と栃木が勝利しJ2残留が決定していた。 この試合は北九州で開催されたこともあり、かつて在籍した鳥栖のサポーターが駆けつけていた。 豊田は残留を決めたことを喜ぶとともに、北九州、そして13日に行われたV・ファーレン長崎戦に訪れていた鳥栖サポーターに感謝した。 「栃木サポーターの皆さん、おめでとうございます!そしてありがとうございました」 「長崎、北九州と応援に駆けつけてくれた鳥栖サポーター皆さん、ありがとうございました。遠路駆けつけてくれる皆さんには1人1人にご挨拶したかったです。元気な姿をお見せ出来るように励みます」 一方で、試合とは関係ない鳥栖のサポーターが鳥栖のユニフォームを掲げていたりすることが一部で問題視されていた中、その件についても言及。中には嫌がる方もいる中で、しっかりと受け入れてくれた栃木サポーターへ感謝した上で、相手の長崎、北九州のサポーターへも感謝の気持ちを示した。 「また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました」 「長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います」 「目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます」 豊田の人間性が非常に表れているツイートには多くの反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【SNS】豊田陽平が寛容なサポーターへ感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました。<br>長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います。<br>目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます。</p>&mdash; 豊田陽平 (@yohei_toyoda_) <a href="https://twitter.com/yohei_toyoda_/status/1464866358579974148?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

京都が12年ぶりのJ1昇格決定! 一方、松本&愛媛はJ3降格確定【明治安田J2第41節】

明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が28日に各地で行われた。 引き分け以上でJ1自動昇格圏内の2位以内が決まる京都サンガF.C.は8位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。16分に京都がヨルディ・バイスの負傷というアクシデントに見舞われたものの、攻めの主導権を握る。ゴールレスで迎えた後半は千葉も反撃に転じたが、結局、0-0で終了。勝ち点を「83」に伸ばした京都は最終節を残した3位のヴァンフォーレ甲府と4ポイント差となり、2位を確定させ、2010年以来12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。 一方、9ポイント差に9クラブがひしめく熾烈な残留争いもいよいよクライマックス。残り2節の段階でいまだ降格チームが1つも決まっていない状況だったが、18位のSC相模原と引き分けた最下位の松本山雅FC(勝ち点33)、11位の水戸ホーリーホックに1-2で敗れた21位の愛媛FC(同34)は20位以下が決まり、最終節を前にJ3降格が決定した。 20位のギラヴァンツ北九州(勝ち点35)は15位の栃木SC(同42)に1-2で敗れ、19位以下が確定。一方の栃木は残留が決定した。14位のレノファ山口FC(同42)は3位のヴァンフォーレ甲府に0-1で敗れたが、他会場の結果を受けて、栃木とともに残留争いから生還している。 そのほか、17位の大宮アルディージャ(勝ち点38)は5位のFC町田ゼルビアと引き分け、19位のツエーゲン金沢(同37)は7位のモンテディオ山形に2-1で勝利。16位のザスパクサツ群馬(勝ち点40)は首位のジュビロ磐田と0-0で引き分けた。この結果、北九州、相模原、大宮、金沢、群馬の5チームは残留を目指して、最終節に臨むこととなった。 なお、J3リーグの第29節を消化した時点で首位に立つテゲバジャーロ宮崎はJ2ライセンス不所持のため、このまま2位以内に終われば、J2リーグの降格圏は1枠減ることに。そのため、J2リーグで19位に終わってもJ3リーグの最終結果次第で降格を免れる可能性がある。 ◆第41節 ▽11/28(日) ブラウブリッツ秋田 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>4 東京ヴェルディ</span> SC相模原 1-1 松本山雅FC FC琉球 1-1 アルビレックス新潟 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>水戸ホーリーホック 2</span>-1 愛媛FC ザスパクサツ群馬 0-0 ジュビロ磐田 ジェフユナイテッド千葉 0-0 京都サンガF.C. FC町田ゼルビア 0-0 大宮アルディージャ <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ツエーゲン金沢 2</span>-1 モンテディオ山形 レノファ山口 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ヴァンフォーレ甲府</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>2 栃木SC</span> V・ファーレン長崎 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 ファジアーノ岡山</span> 2021.11.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

史上稀に見る大混戦のJ2残留争い…残り2節で8チームに降格の可能性、今節で3チーム降格確定の結末も

28日、明治安田生命J2リーグ第41節の11試合が行われる。 リーグ戦も残り2試合。J1への昇格はジュビロ磐田が決め、今節にもJ2優勝が決定する可能性がある。また、2位の京都サンガF.C.も引き分け以上で昇格が決定する状況だ。 一方で、残留争いは熾烈。残り2節の段階で1チームも確定しておらず、9チームに可能性があるという異例の事態。4枠という降格枠がどのように決まるかに注目が集まる。 ◆明治安田生命J2リーグ順位表(第40節終了時点) 14位:勝ち点42 レノファ山口FC(得失点:-13) 15位:勝ち点42 栃木SC(得失点:-14) 16位:勝ち点40 ザスパクサツ群馬(得失点:-19) 17位:勝ち点38 大宮アルディージャ(得失点:-8) 18位:勝ち点37 SC相模原(得失点:-18) ーーーーー残留ライン 19位:勝ち点37 ツエーゲン金沢(得失点:-22) 20位:勝ち点35 ギラヴァンツ北九州(得失点:-26) 21位:勝ち点34 愛媛FC(得失点:-28) 22位:勝ち点33 松本山雅FC(得失点:-36) 見ての通り、残留ラインを跨いで勝ち点37で3チームが並ぶ状況。1つ上の17位大宮までは勝ち点差「1」という混戦状況だ。 結果次第では今節で3チームの降格が確定する可能性がある一方で、結果次第では最終節に4チームが決定する可能性もあるという例年にない混戦状況だ。 ◆明治安田J2第41節カード SC相模原(18位) vs 松本山雅FC(22位) 水戸ホーリーホック(11位) vs 愛媛FC(21位) ザスパクサツ群馬(16位) vs ジュビロ磐田(1位) FC町田ゼルビア(5位) vs 大宮アルディージャ(17位) ツエーゲン金沢(19位) vs モンテディオ山形(7位) レノファ山口FC(14位) vs ヴァンフォーレ甲府(3位) ギラヴァンツ北九州(20位) vs 栃木SC(15位) 今節は残留争い中のライバル対決も準備されており、つくづく日程くんの仕事ぶりには驚かされる。 【降格決定条件:松本】 ◯:大宮、金沢が共に勝利で降格 △、×:降格 まず最下位の松本はギリギリ残留ラインにいる相模原との一戦だ。 松本は今節勝利しなければ降格が決定。勝利しても金沢と北九州が共に勝利した場合は降格決定となる。 最後に勝利したのは9月26日の北九州戦。9試合勝利がない中で意地を見せることができるのか。最終節まで望みを繋ぎたいところだ。 【降格決定条件:愛媛】 ◯:今節の降格はなし △:相模原、金沢いずれかが勝利で降格 ×:相模原、金沢いずれかが引き分け以上で降格 21位の愛媛も今節で降格の可能性がある。6戦未勝利の状況だが、今節水戸に勝利すれば、最終節まで残留争いを繰り広げられることとなる。 しかし、引き分け、負けの場合は他会場の結果次第で降格が決定。生き延びるためには勝ち点3が必要だ。ホームでは水戸に0-5と惨敗を喫しており、ここ5試合で2得点と攻撃陣が寂しい状況だけに苦戦が予想される。 【降格決定条件:北九州】 ◯:今節の降格はなし △:大宮、相模原、金沢のうち2チームが勝利で降格 ×:大宮が引き分け、相模原、金沢が勝利のうち2つ揃うと降格 20位の北九州も降格の可能性がある。非常に複雑な条件とはなるが、まず勝った場合は最終節まで持ち越すことが可能だ。 2節前には勝利を収めている北九州だが、直近4試合で得点は「1」。勝利に結びつけるのはなかなか難しい。相手も多少は余裕はあるものの、まだ残留が確定していない栃木だ。相手も必死に戦ってくるはずだ。 そして引き分け、負けの場合でも2つの条件が満たされなければ今節の降格は免れる。上に位置する、大宮、相模原、金沢の結果だ。この3チームの結果で2つ揃えば降格が決定。とにかく勝利して、最終節に望みをつなげたい。 なお、大宮、相模原は残留ラインに位置しているが、今節の結果で降格権転落の可能性がある。群馬も降格圏行きはないものの、最終節でのシビアな戦いを強いられる可能性は残っているだけに、首位相手の難しい試合で勝ち点を稼げるかは重要だ。 また、明治安田J3のテゲバジャーロ宮崎が2位以内を確定させれば、降格チームは3枠に減少。その辺りも関わるシビアな残留争いだが、とにかくどのチームも勝ち点3を獲得して優位に立っておきたいところだ。 2021.11.28 13:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly