J2昇格目指す町田、名古屋MF長谷川アーリアジャスール、甲府FW太田修介、C大阪GK茂木秀の加入を発表

2020.12.28 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは28日、名古屋グランパスのMF長谷川アーリアジャスール(32)、ヴァンフォーレ甲府のFW太田修介(24)の完全移籍加入を発表した。

また、セレッソ大阪のGK茂木秀(21)の期限付き移籍加入を発表した。移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までとなる。

長谷川は横浜F・マリノスやFC東京、セレッソ大阪、レアル・サラゴサ、湘南ベルマーレ、大宮アルディージャでプレー。2018年から名古屋でプレーしていた。
通算で明治安田J1で48試合3得点を記録。しかし、今シーズンは重傷を負ったため、プレー機会がなかった。ランコ・ポポヴィッチ監督とは、C大阪やサラゴサで共に働いていた。

太田は甲府の下部組織出身で、日本体育大学を経て、2018年に入団。3シーズンでJ2通算36試合に出場し6得点を記録。今シーズンは31試合に出場し6得点を記録していた。

茂木は桐光学園高校から2017年に入団。トップチームでは出場機会がなかったものの、U-23チームではJ3で52試合に出場していた。

3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF長谷川アーリアジャスール
・FC町田ゼルビア
「このたび、名古屋グランパスから加入することになりました、長谷川アーリアジャスールです」

「FC町田ゼルビアのこれからのビジョンにとても共感し、この大変な状況の中、皆さんに少しでも勇気や希望を与えられるようなプレーと、“J1昇格"という結果を見せていきたいと思っています」

「これから一緒に町田を盛り上げていきましょう!!よろしくお願いします」

・名古屋グランパス
「グランパスファミリーの皆様。このたび、町田ゼルビアに移籍することになりました。僕にとって、グランパスのユニフォームを着てプレーできた3年間は、一生の宝物です。なかでも、スタジアムで自分のチャントを歌ってもらえる瞬間は本当に幸せな時間でした」

「町田ゼルビアを必ずJ1にあげて、ファミリーの皆様の前に帰ってきます。その際は特大なチャントで迎えてくれると嬉しいです。3年間、ありがとうございました!」

◆FW太田修介
・FC町田ゼルビア
「FC町田ゼルビアのファン・サポーターの皆さん、初めまして。ヴァンフォーレ甲府から来ました、太田修介です」

「まず初めに、僕の特徴を評価しオファーをくださったクラブに感謝致します。FC町田ゼルビアのクラブとしてのビジョンを聞き、僕もそのビジョンを成し遂げる一員になりたいと思いました」

「この移籍は簡単な決断ではなかったので、覚悟をもってきました。ゼルビアの未来、そしてJ1昇格の為に全力で闘います。熱い応援よろしくお願いします!」

・ヴァンフォーレ甲府
「ヴァンフォーレ甲府を支え、熱い支援、応援をしてくださっている皆様。この度、私、太田修介はFC町田ゼルビアに移籍することとなりました」

「正直にお話をすると、この決断をするのには、とても時間がかかりました。悩みに悩み、自分の感情についていけない時もありました。僕の心の中で移籍するという決意をしても、僕を育ててくれたみなさんの姿と今まで支えてくださったみなさんの姿、クラブ関係者の皆さんの姿、そして試合に出ている時も出ていない時も応援し続けてくれたファン、サポーターの皆さんの姿を思うたび、そして僕の心の中にあるヴァンフォーレ甲府という存在の大きさを思うたびに迷い、決断しきれない日々が長く続きました」

「ヴァンフォーレ甲府は僕にとっての「家」です。未熟者の僕を支えてくれる方々がいて、寄り添ってくれる方々が常に近くにいました。その中でプレーできることはとても幸せなことでした」

「しかし、もっと選手として大きな成長を遂げたい、上を目指したいという気持ちが強くあり、その為には、何かを掴み取りに行く覚悟が必要だと感じ、それには環境を変える事が一つの手なのではないかと考えました」

「ヴァンフォーレ甲府に貢献をしたいという気持ち1つで今までプレーしてきました。大した貢献ができていない中、今の自分に、甲府の為に出来ることは少ないと感じ始めました。クラブに居続けることだけでは貢献になりません」

「環境を変え、新しいチャレンジをして、自分と向き合い、自分の成長にフォーカスしてスケールの大きい選手になりたい。そう思い、移籍を決断しました」

「将来的に形はどうなるか分かりませんが、ヴァンフォーレ甲府に大きな貢献ができるように、頑張っていきます。アカデミー含め9年間、本当にお世話になりました。本当にありがとうございました」

◆GK茂木秀
・FC町田ゼルビア
「はじめましてセレッソ大阪から移籍してきました茂木秀です。桐光学園時代から近くで見てきたFC町田ゼルビアの一員になることができ、嬉しく思います。精一杯頑張りたいと思うので、応援よろしくお願いします」

・セレッソ大阪
「まずは4年間成長の場を与えてくれたセレッソ大阪に本当に感謝しています。新たなチームでチャレンジし、成長して帰ってきたいと思います」

関連ニュース
thumb

新体制の町田がFW佐藤大樹、FW中島裕希と契約更新

FC町田ゼルビアは30日、FW佐藤大樹(23)、FW中島裕希(38)との契約更新を発表した。 佐藤は北海道出身で、北海道コンサドーレ札幌のU-15、U-18に所属。法政大学へと進学し、2021には特別指定選手となりJ2で1試合に出場。2022年から正式に入団した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで8試合、天皇杯で1試合に出場していた。 中島は鹿島アントラーズやベガルタ仙台、モンテディオ山形でプレーし、2016年から町田でプレーする大ベテラン。町田での7年目はJ2で23試合に出場し1得点を記録。加入後、最も出番が少なかった。 2022.11.30 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が町田からDF岡野洵を完全移籍で獲得!「J1昇格に向けて全力で闘います」

V・ファーレン長崎は29日、FC町田ゼルビアからDF岡野洵(24)の完全移籍加入を発表した。 ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である岡野は、2016年にトップチーム昇格。主力に定着し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合に出場したが、今季は町田に活躍の場を移した。 新天地では出場機会を掴めない時期が続いたが、終盤は7試合連続で先発。結果的に公式戦20試合2ゴールの成績を収めた。 それでも、町田を1年で離れ来季から長崎へ。岡野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「2023シーズンからV・ファーレン長崎に加入することになりました、岡野洵です。 ファビオ カリーレ監督が掲げるサッカーを体現し、V・ファーレン長崎の一員としてJ1昇格に向けて全力で闘います。 熱い応援よろしくお願いいたします!!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍する事になりました。チームがJ1昇格を掲げている中で、自分の力不足で町田の力になれなかった事、目標を達成出来なかった事、不甲斐なく思っています」 「1年という短い間でしたが、FC町田ゼルビアのエンブレムを背負い闘えたことを誇りに思っていますし、町田に来て、町田のサッカーに触れて、自分自身がサッカー選手として今後に生きていくために大切なものを手に入れられたと思ってます」 「コロナ禍という事もありサポーターの皆様と接する機会は少なかったですが、良い時も悪い時も全力でサポートして下さる姿に沢山のパワーをいただきました。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。1年間、本当にありがとうございました」 2022.11.29 16:03 Tue
twitterfacebook
thumb

町田が秋田MF稲葉修土を完全移籍で獲得「新たな歴史を共に創りましょう」

FC町田ゼルビアは25日、ブラウブリッツ秋田からMF稲葉修土(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 稲葉は立正大淞南高校、福岡大学からアルビレックス新潟シンガポールを経て、2018年にカターレ富山に加入、2020年から秋田でプレーしていた。 富山ではJ3で通算54試合出場、秋田ではJ2で通算73試合に出場していた。 稲葉はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。ブラウブリッツ秋田より加入することになりました稲葉修土です。イナと呼んで下さい!」 「クラブの勝利の為に全身全霊を懸けて戦います。新たな歴史を共に創りましょう。よろしくお願いします!」 ◆ブラウブリッツ秋田 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様。この度、FC町田ゼルビアに移籍することになりました」 「J3を圧倒的な力で優勝し、J2初年度となるクラブに加わり、誰も経験したことがない世界へ挑戦をする一員になれることに胸を踊らせた2年前。チームメイトがとても暖かく迎え入れてくれ、「こんなチームあるのか」と感動したのを鮮明に覚えています」 「そして加入後2年間、どんなときもスタジアムが秋田一体となり、選手の後押しをしてくださったファンサポーターの皆様。雪の日も、強風が吹く日も皆さんの拍手・声援がもう1m、あと1歩と僕を突き動かしました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「また、男鹿の大自然・美しい田沢湖・小安峡の大噴湯など秋田に来なければ一生体験できなかっただろう景色も巡ることができました。秋田で過ごした1日1日が僕の人生の宝物です。将来、必ず何らかの形で秋田県に恩返しをします」 「また会いましょう!本当にありがとうございました」 2022.11.25 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

改革中のJ2町田、ユニフォームサプライヤー「SVOLME」とJFL時代から14年間にわたる契約が満了「心より感謝を申し上げます」

改革が進んでいるFC町田ゼルビアが、ユニフォームサプライヤーの「SVOLME」との契約満了を発表した。新シーズンからは別のユニフォームを着用する。 町田と「SVOLME」はJFL時代の2009年に関係がスタート。2012年に初のJリーグ参入を果たすが、1年でJFLに降格。しかし、2014年にJ3ができたことで再び昇格。2016年からはJ2で戦い続けている。 新シーズンからは社長が交代となり、指揮官も青森山田高校を長年率いた黒田剛監督が就任。大きくチームが変化していく中、ユニフォームサプライヤーも変更となる。 紆余曲折あるクラブの歴史を見届けてきた「SVOLME」と14年の歳月を経て別れ。クラブは感謝の動画と共に、メッセージを送った。 「たくさんの喜び、悔しさを分かち合い「14シーズン」を共に戦い、クラブを支えていただきました」 「株式会社SVOLME様、たくさんのサポートを誠にありがとうございました。心より感謝を申し上げます」 なお、12月3日、4日にぽっぽ町田 催事場ではSVOLMEアイテムの販売会を実施するとのこと。過去のユニフォームなども対面販売されるという。 <span class="paragraph-title">【動画】町田とSVOLMEが歩んできた14年間のヒストリームービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NDSCvseRsx4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.15 11:11 Tue
twitterfacebook
thumb

黒田体制の町田、元鳥栖監督の金明輝氏をヘッドコーチに招へい

FC町田ゼルビアは14日、ヘッドコーチにサガン鳥栖の元監督である金明輝氏(41)の就任を発表した。 金明輝氏は、兵庫県伊丹市出身で、初芝橋本高校からジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド千葉)に入団。ヴァンフォーレ甲府や韓国の城南一和(現:城南FC)、佐川急便大阪SC、バンディオンセ神戸(現:Cento Cuore HARIMA)、アローズ北陸(カターレ富山の前身)、カターレ富山、鳥栖でプレーした。 引退後、鳥栖の下部組織でコーチや監督を歴任。2018年10月にトップチームの監督に就任すると、2019年からはコーチに戻るも、2019年5月に再び監督となり、2021年12月まで指揮を執った。 しかし、鳥栖U-18の監督を務めていた2016年から2018年にかけて、U-18の選手やトップチームの選手、チームスタッフに対する暴力行為、暴言によるパワーハラスメントを行っていたとされ、2021年6月にはトレーニング中に選手を掴んで足払いをして倒すなどの問題行為も発覚。S級コーチングライセンスからA級ジェネラルコーチングライセンスへの降級処分を受けていた。 黒田剛監督を迎え、新たな体制で戦う町田。金明輝氏はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ヘッドコーチとして加入する事になりました金明輝です。『サッカーどころ町田』に、まさに当てはまる最高のサポーター。そしてFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブで、共にJ1昇格に向けて戦えることを心から嬉しく思います」 「チームが掲げるJ1昇格という目標を勝ち得るため監督・選手・スタッフと共に戦っていきます。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様、よろしくお願いいたします」 2022.11.14 10:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly