スパーズ、リールで躍動の左利きCBボトマンに関心? 今夏獲得主導のルイス・カンポス氏と共に…

2020.12.23 02:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(20)の獲得に興味を示しているようだ。『ESPN』が報じている。

アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。さらに、アヤックス仕込みの足元の技術、一定のスピードを兼ね備える大器だ。

2018年にエールステディビジ(オランダ2部)に所属するヨング・アヤックスでプロデビューを飾ると、昨季はヘーレンフェーンへレンタル移籍。初挑戦のエールディビジでは、新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなるまで、リーグ戦26試合全てに出場し、2ゴール4アシストを記録していた。
そして、今夏の移籍市場では800万ユーロ(約10億円)の移籍金でリールに加入。アーセナルへ旅立ったブラジル人DFガブリエウ・マガリャンイスの後釜として、ここまで公式戦全22試合に出場。リーグ最少失点で首位に立つチームをけん引する活躍をみせ、先月にはオランダ代表に初招集されていた。

そのため、リールとしては今夏に獲得した若きディフェンスリーダーの残留を望んでいるが、コロナ禍と大口放送局の撤退による放映権収入の減少が見込まれるクラブは、先日にジェラール・ロペス会長がクラブ売却合意を認めており。財政難に見舞われている。

そして、新たな売却先となるルクセンブルク系投資ファンドは今後主力の売却を検討しており、2025年まで契約を残すボトマンも換金対象となる可能性がある。

そういった中、『ESPN』は関係者筋からの情報として以前からセンターバックの補強を検討しているトッテナムがボトマンへの関心を強めていると主張している。

今夏にウェールズ代表DFジョー・ロドンを獲得したトッテナムだが、依然としてインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(25)への関心継続が伝えられるなど、センターバックを補強ポイントのひとつとしている。また、現陣容では本職のセンターバックに左利きがいない。

なお、リールではジョゼ・モウリーニョ監督のメンターとして知られる敏腕スポーツ・ディレクターのルイス・カンポス氏が先週に退団を発表しており、ボトマンの獲得を主導した同氏に関しては以前からトッテナムのフロント入りの可能性も報じられている。


関連ニュース
thumb

フランス代表MFラビオにアーセナル&チェルシーが接触、トッテナムも参戦へ?

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)に、プレミアリーグの複数クラブが触手を伸ばしているようだ。 レ・ブルー(フランス代表の愛称)の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラビオ。23日に行われたグループステージ初戦のオーストラリア代表戦ではフル出場し、1点ビハインドの27分に同点ゴールを記録するなど、4-1の勝利に大きく貢献した。 所属するユベントスでは今季限りで契約満了を迎える予定で、今大会前には「W杯で活躍し、キャリアを前進させたい」と発言。中断前はセリエAで11試合3得点、チャンピオンズリーグ(CL)でも5試合2得点を挙げるなど奮闘を見せていたが、来夏のフリー移籍も匂わせる格好となった。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ユベントスはラビオとの契約延長交渉が未だ始まっておらず、現在の年棒700万ユーロ(約10億1000万円)を超える提示が難しい模様。そんななか、1000万ユーロ(約14億4000万円)超えのオファーがプレミアリーグからラビオに届いたという。 そのクラブとはアーセナルとチェルシーで、ここにトッテナムも加わる見込みとのこと。トッテナムのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、ユベントスでかつてGMを務めており、ラビオを連れてきた張本人。2人の関係性からも可能性はあるようだ。 2022.11.24 13:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが術後の状態に言及 「『すべての試合に出場する』とは言い難い…」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、手術後の自身のコンディションについて言及した。イギリス『フットボール・デイリー』が伝えている。 ソン・フンミンは1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマルセイユ戦で、左目付近を負傷。左眼窩底の骨折を安定させる手術を受けていた。 その後、カタール・ワールドカップに臨む韓国代表メンバーに招集されたエースは、16日に公開されたチームトレーニングに参加。患部を保護するフェイスガードを着用したものの、チームメイトと共に問題なくメニューをこなしていた。 同練習後に公式会見に出席したソン・フンミンは、手術後の自身の状態に言及した。 「僕の手術はとてもうまくいった。まだ回復中だけど、問題はないはずだよ。もちろん、ケガをしているにもかかわらず、ここに来て、ケガをするリスクが常にあることを十分に認識している」 「(負傷離脱を除き)中断期間まで、僕は1試合も欠場することなくプレーしてきた。ここ10日くらいしか休んでいなかったから、体調を整える良い機会になったよ」 「(カタールに来る)前はいつも通りトレーニングを行っていたよ。だから、ここでの最初のトレーニングセッションは同じような感覚だった。チーム(トッテナム)と代表チームは僕の状態について連絡を取り合っていたし、それが自分の前進に役立ったと思っているよ」 「正直なところ、『すべての試合に出場する』とは言い難いよ。日々、段階的に自分の状態を確認した後、アップデートしていきたい」 なお、韓国のW杯初戦は24日に行われるウルグアイ代表戦だ。 2022.11.17 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン、手術後初めて練習姿が確認! フェイスガードを着用

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けてトレーニングを再開した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ソン・フンミンは1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマルセイユ戦で、相手DFシャンセル・ムベンバと競り合った際に、相手の肩が左目付近に強く当たってプレー続行不可能に。その後、左眼窩底の骨折を安定させる手術を受けていた。 その後、韓国代表メンバーに招集されたものの、状態が懸念されていたが、16日に行われた代表チームのトレーニングセッションで久々に屋外でトレーニングする姿が確認された。 『デイリー・メール』によると、ソン・フンミンはトレーニングの際に手術箇所を保護するためのフェイスガードを着用していたが、チームメイトと同様に問題なくトレーニングをこなしていたという。 なお、韓国のW杯初戦は24日に行われるウルグアイ代表戦だ。 <span class="paragraph-title">【動画】ソン・フンミンがフェイスガード着用で練習こなす</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">| Heung-Min Son took part in training for South Korea whilst wearing a protective mask. <a href="https://t.co/3aum2LXcdV">pic.twitter.com/3aum2LXcdV</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1592810883222503425?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.11.16 23:09 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムがデ・フライに関心、インテルは来冬の売却も視野に?

トッテナムが、インテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)に関心を寄せているようだ。イギリス『TEAMTALK』が伝えている。 デ・フライは2018年夏にラツィオからインテルへ移籍。一昨季のスクデット獲得や昨季のカップ戦2冠に最終ラインの要として貢献しており、クラブ通算で181試合9得点7アシストを記録している。 一方、トッテナムのアントニオ・コンテ監督は、中断期間が迫るにつれて黒星が増えた現状を危惧。リーグ戦15試合で21失点を喫した守備面のテコ入れを模索し、首脳陣にセンターバック獲得を要請したという。 デ・フライの契約は2023年6月までで、現在は延長交渉中。もし不調に終わればインテルは来冬のうちに売却を進める方針とされ、トッテナムは選手がフリーになる来夏を待たず、移籍金を支払って獲得に動く可能性もあるとのことだ。 なお、インテルは以前、デ・フライを4000万ポンド(約66億4000万円)と評価。もし来冬に売却となれば、実際の移籍金はその半分以下になるだろうとも考えられている。 2022.11.16 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズで活躍した元イングランド代表FWレノンが引退を発表

トッテナムなどで活躍した元イングランド代表FWアーロン・レノン(35)が15日、現役引退を発表した。 リーズでプロデビューを飾り、トッテナム、エバートン、バーンリー、カイセリスポルでプレーしたレノン。昨季終了後、カイセリスポルとの契約が満了となって以降は無所属だった。 快速を武器に主に右ウインガーとして活躍したレノンはとりわけ、約10年在籍したトッテナムで左サイドのFWガレス・ベイルと共に大きなインパクトを残した。プレミアリーグ通算では416試合に出場。36ゴール64アシストという輝かしい実績を残したレノンは引退を受けて以下のように述べた。 「スパイクを脱ぐ時が来たと判断した。様々な選択肢を考えた結果、現役を続けることが自分や家族にとって適切ではないと感じた。3歳からサッカーを始め、約20年間をプロとして過ごした。それは素晴らしい時間だったから引退の決断はとても難しかったよ」 「サッカーは自分にとってとても大きな意味を持つ存在で、それは今後も変わらない。引退を決断するまでどれだけ考えたかがそれを物語っている。ただ、今は次のステップを踏み出すことにワクワクしている。やりたいことはたくさんあって、ピッチ内外での経験を糧に恩返ししていきたい。サッカー界に心からありがとうを言うよ」 2022.11.16 00:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly