鹿児島がMF枝本雄一郎の退団を発表「一緒に過ごした日々は最高でした」

2020.12.22 23:28 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは22日、MF枝本雄一郎(32)の契約満了を発表した。

枝本はザスパクサツ群馬や藤枝MYFC、FC琉球でプレー。2019年に鹿児島に加入した。

鹿児島では、1年目の2019シーズンに明治安田J2で31試合に出場し2得点、天皇杯に1試合出場。今シーズンは明治安田J3で24試合に出場し2得点を記録していた。

「この度、鹿児島ユナイテッドFCを退団することになりました。まず、コロナ禍という経験したことのない状況の中でサポートしていただいた全ての方々、本当にどうもありがとうございました。鹿児島に来てから二年間でたくさんの出会いがあり、家族かと思えるくらいに温かく接してくれる方々もいました」

「とっつきにくそうにしている僕を優しく迎えてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕たちの力不足で昨年はJ2残留、今年はJ2昇格という目標を達成することができなくてすみません」

「ですが、監督をはじめ、選手、スタッフ、フロント、サポーターと一緒に過ごした日々は最高でした。まだまだ頑張りたいので、応援してくれたら嬉しいです。また会いましょう!」


関連ニュース
thumb

鹿児島退団のMF三宅海斗&MF中村健人がキング・カズ加入のJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ移籍

鹿児島ユナイテッドFCは24日、MF三宅海斗(24)、MF中村健人(24)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへと加入することを発表した。 鈴鹿は、元日本代表FW三浦知良が加入することで大きな話題を呼んでいたが、新たにJリーガー2名が加わることとなった。 三宅は岡山県出身で、東福岡高校から鹿屋体育大学を経てデュッセルドルフのセカンドチームへ入団。2019年7月に栃木SCへと移籍すると、2020年に鹿児島に加入。2シーズンでJ3通算26試合に出場し3得点を記録していた。 中村は大分県出身で、東福岡高校、明治大学を経て、2020年に鹿児島に入団。2シーズンでJ3通算9試合1得点に終わった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF三宅海斗 「この度鹿児島ユナイテッドFCから加入することになりました三宅海斗です。チームの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆MF中村健人 「この度鹿児島ユナイテッドFCから加入することになりました中村健人です。鈴鹿で多くのことを吸収し確実に力を付け、チームに貢献していきたいと思います。J3昇格のために精一杯闘いますので、応援よろしくお願いします」 2022.01.24 12:18 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団の岩崎知瑳、九州リーグのジェイリースFCに加入

鹿児島ユナイテッドFCは16日、GK岩崎知瑳(27)が九州サッカーリーグのジェイリースFCに加わると発表した。 岩崎は東福岡高校、福岡大学を経て、2017年に鹿児島入り。2019年から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に期限付き移籍して、2020年から鹿児島に復帰した。 だが、鹿児島では出番に恵まれず、昨季も出場なし。昨年12月に契約満了による退団が決定していた。 2022.01.16 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島、ブラジル人DFフォゲッチとの契約満了を発表 「また皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております」

鹿児島ユナイテッドFCは14日、ブラジル人DFフォゲッチ (25)との契約が満了したことを発表した。 フォゲッチことカブラル・コスタ・ウェリントンは母国ブラジルの名門サンパウロ出身であり、3つの国内クラブを経て、2020年に鹿児島へ加入。加入シーズンは4月に左太ももを負傷したこともあり、明治安田生命J3リーグで9試合の出場にとどまった。 今シーズンはJ3リーグ開幕から7試合連続で出場を果たすと、中盤以降は主軸に定着。公式戦22試合に出場して2ゴール3アシストの成績を残したが、チームは目標としていたJ2昇格を逃していた。 契約満了による退団に際して、フォゲッチはクラブを通じてコメントしている。 「鹿児島のファン、サポーターの皆さん、こんにちは! 契約満了となりクラブに別れを告げる事になりました。今まで愛情を持って受け入れてくれて、愛してくれて、いつも応援してくれた皆さんに本当に感謝しています」 「そしてまた皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております。鹿児島で会った全ての皆さんが大好きです。ありがとうございました!」 2022.01.14 15:49 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島DF濱口功聖が九州Lのヴェロスクロノス都農へ期限付き移籍「たくさんの人が僕にとって大きな力に」

鹿児島ユナイテッドFCは13日、DF濱口功聖(23)が九州リーグのヴェロスクロノス都農へ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、濱口は鹿児島との公式戦には出場できない。 濱口は福岡県出身で、アビスパ福岡の下部組織育ち。U-15、U-18と昇格すると鹿屋体育大学へと進学。2020年には鹿児島の特別指定選手となり、2021年に入団した。 プロ1年目となった2021シーズンはリーグ戦での出番はなかったものの、天皇杯で1試合に出場していた。 濱口はクラブを通じてコメントしている。 「ヴェロスクロノス都農に期限付き移籍をさせてもらうことになりました。昨シーズンは、試合に出場することができず、とても辛く苦しいシーズンでした」 「それでもユニフォームやグッズを買ってくださったり、声をかけて応援してると言ってくださったりと、たくさんの人が僕にとって大きな力となっていました。本当にありがとうございます」 「大きく成長した姿でまた皆さんとお会いできるように都農で頑張ってきます。ありがとうございました」 2022.01.13 12:49 Thu
twitterfacebook
thumb

J3鹿児島がキャプテン砂森と契約更新「もう一度僕らはJ2の舞台に行かなければ…」

鹿児島ユナイテッドFCは10日、DF砂森和也(31)の契約更新を発表した。 ジェフユナイテッド千葉のアカデミー出身である砂森は順天堂大学を経て、2013年に日本フットボールリーグ(JFL)のHonda FCに入団。2016年からはカマタマーレ讃岐でプロとしてのキャリアをスタートしたが、出場機会に恵まれず、2018年にアスルクラロ沼津へと移籍した。 2019年からは鹿児島でプレーし、ここまで3シーズンで公式戦94試合に出場し、3得点を記録。主将に就任した昨季は明治安田生命J3リーグで20試合に出場し、1得点を挙げた。 在籍4年目を迎える砂森は、念願のJ2昇格に向けて意気込みを語った。 「鹿児島ユナイテッドFCの関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、報告が遅くなりましたが4年目のシーズンお世話になります。昨シーズンの結果もそうですが、2019シーズンの悔しさを一回も忘れた事は無いしもう一度僕らはJ2の舞台に行かなければいけないと思っています。鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆様と一枚岩になることが大事だと思うので長いシーズンになりますが、みんなで苦楽をともにしながら進んでいきましょう!」 2022.01.10 14:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly