バルサ元会長が告白、19歳メッシへのインテルからのオファーを拒否「312億円のオファーが来た」

2020.11.30 21:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバルセロナの会長を務めたジョアン・ラポルタ氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシへのオファーを断っていた過去を明かした。

ラポルタ氏は、2003年から2010年までバルセロナの会長を務めており、ロナジーニョを獲得するなどチームの黄金期を形成。2004-05、2005-06シーズンのラ・リーガ連覇を皮切りに、2005-06シーズンのチャンピオンズリーグ優勝など、チームを再建していた。

◆19歳のメッシが見せた衝撃の輝き

2015年には会長選に再び出馬するも、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の前に惨敗。しかし、バルトメウ会長が退任したことで、新会長になろうと立候補している。

そのラポルタ氏は、スペインのラジオ『オンダ・セロ』で過去の逸話を明かし、インテルから舞い込んできたメッシへのオファーを断っていたことを明かした。

「バルセロナを愛する人は、誰もメッシに疑いを持つことはない。私が会長になったら、彼と話をしたいと思う」

「2006年にインテルから2億5000万ユーロ(約312億円)のオファーが来たが拒否した。マッシモ・モラッティは、彼をクラブに連れて行きたかったのだ」

「クラブの大きな経済状況を回復させる計画がある」

「我々は世界を正すことはできるが、それをより良い場所にし、懸命な言葉と情熱、そして愛情で実現したいと思っている」

「人々に幸せをもたらせたい。これは選挙の公約ではない。倫理的、市民的、道徳的な公約だ」

2006年はメッシがファーストチームに正式昇格して2年目。昇格した2005-06シーズンはラ・リーガで17試合に出場し6ゴール2アシストを記録。2006-07シーズンはラ・リーガ26試合で14ゴール2アシストとブレイクの片鱗を見せたが、当時19歳でブレイクする前のメッシがここで売却されていたらどのようなキャリアを歩んでいただろうか。

コメント
関連ニュース
thumb

チームを救うロケットシュート!フランスの天才アタッカー、ウスマーヌ・デンベレが放った強烈な一撃【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デンベレのロケット砲のようなシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaTGNCVHB2ZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> スタッド・レンヌでプロデビューしたデンベレは、同クラブで頭角を現すと、2016年夏にドルトムントに移籍。ドイツでも活躍を見せると、翌年の2017年夏にバルセロナに引き抜かれた。 両利きの快速ウインガーとして、常に相手の脅威となるデンベレだが、2021年1月21日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のコルネジャ戦では、豪快なシュートを決めている。 3部のコルネジャとの対戦となったこの試合。バルセロナはPKを2度獲得しながらも2回とも失敗するなど、格下相手に想定外の苦戦を強いられ、延長戦までもつれる展開となる。 しかし延長前半開始早々の92分、ついに試合が動く。相手陣内右でデンベレがMFペドリからのパスを受けると、素早く前を向く。後ろからプレスを受けつつも、シュート体勢に入ると、デンベレがボックスの外から右足でシュート。強烈なシュートは、GKの手を弾き、ゴール右に決まった。 自身のPK失敗を払拭するデンベレのゴールでようやく均衡を破ったバルセロナ。終了間際にも1点を加え、2-0の勝利を収めた。 <span data-sg-movie-id="677" data-sg-movie-title="【まるでロケット砲】フランスの天才アタッカー、ウスマーヌ・デンベレが放った強烈な一撃"></span> 2021.01.28 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

1月だけで4ゴール、ラージョ戦で決勝ゴールのデ・ヨングが語る好調の要因とは「以前よりも…」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、タイトル獲得に向けて意気込んだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 27日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラージョ・バジェカーノとアウェイで対戦したバルセロナ。ゴールレスで迎えた後半に先制点を許したが、FWリオネル・メッシとデ・ヨングのゴールで逆転勝利を収めた。 決勝ゴールを記録してバルセロナを勝利に導いたデ・ヨング。今シーズンの公式戦で記録した5ゴールのうち、4ゴールは1月に記録しており、一気に結果を残している。 その要因については「少しずつボックスに入るようになったから、以前よりも少しだけ得点を取れるようになったのが理由だよ」と、守備的MFからインテリオールでプレーする機会が増えたからだと自身の見解を述べた。 また、2シーズンぶりのコパ・デル・レイ優勝に向けて「僕たちは勝利にとても満足している。これを継続しなければいけないね。僕たちが次のラウンドに進むことはとても重要だ。このタイトルのために戦いたいと思っている」と意気込んでいる。 2021.01.28 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「全体的にとても満足している」クーマン監督、格下相手の逆転勝利に満足

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、コパ・デル・レイでの逆転勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは27日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラージョ・バジェカーノとアウェイで対戦。前半からチャンスを作りながらも、ゴールレスで折り返すと、格下相手にまさかの先制点を許したが、FWリオネル・メッシとMFフレンキー・デ・ヨングのゴールで逆転勝利を収めた。 11大会連続でベスト8進出を決めたクーマン監督は試合後、ラージョ・バジェカーノを称賛。そして、逆転勝利を収めたチームのパフォーマンスに満足感を示している。 「我々は上手くプレーして、自分たちの試合をした。対戦相手はよくやったよ。それにも関わらず、明確なチャンスをたくさん作った。1-0にされたあと、我々は上手くリアクションをして、試合に勝利した。さらに多くのゴールを決められたかもしれない。一番大事なのは、我々が同点に追いついたことだ。私はチームのメンタリティに非常に満足しているよ」 「全体的にとても満足している。良い試合をした。前半はラストパスからボックス内でのチャンスを逃してしまった。後半は失点してから自分たちのキャラクター性を示してくれた。このような短期間での結果は苦しむことになるが、全体的にチームはとても優れている。相手は素晴らしい試合をして、我々を苦しめた。前半は1ゴールから2点目を取り損ねてしまった」 また、決勝ゴールを記録したデ・ヨングをベタ褒め。オランダ代表時代から指導している愛弟子を称賛した。 「彼が必要だ。MFは攻撃性を兼ね備える必要がある。彼は技術的なクオリティが高い。後方からのビルドアップを助けてくれている。攻撃面な部分で助けてくれていて、毎シーズン、複数得点を決めるために彼と話をした。彼がアヤックスでプレーしていた時よりも完璧になっている。チャンスメイクとゴールで貢献してくれている」 2021.01.28 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ&F・デ・ヨング弾で逆転勝利のバルセロナがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

バルセロナは27日、コパ・デル・レイ4回戦でセグンダ(スペイン2部)に所属するラージョ・バジェカーノとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 3回戦でセグンダB(スペイン3部)のコルネリャを延長戦の末に下したバルセロナは、直近のエルチェ戦から先発を6人変更。ブラースヴァイトや、デンベレ、ジョルディ・アルバ、GKテア・シュテーゲンらに代えてメッシやトリンコン、リキ・プッチ、GKネトらをスタメンで起用した。 トリンコン、メッシ、グリーズマンを3トップに並べた[4-3-3]で試合に臨んだバルセロナは、立ち上がりからボールを保持するもソリッドな守備を見せるラージョを崩せず、シュートまで持ち込めない時間が続く。 そんな中、バルセロナは20分に最初の決定機を迎える。ボックス左から侵入したジュニオル・フィルポの折り返しをゴール前に飛び込んだF・デ・ヨングのスライディングシュートで合わせたが、これはクロスバーに阻まれた。 バルセロナは35分にも、F・デ・ヨングのパスから右サイドを突破したトリンコンがボックス右まで持ち上がりシュート。さらにGKディミトリエフスキが弾いたこぼれ球を拾ったリキ・プッチに決定機が訪れたが、ブロックに入ったDFに当たったシュートは左ポストに嫌われた。 ゴールレスで迎えた後半、バルセロナは開始早々の48分にメッシが直接FKでゴールに迫ったが、これもクロスバーを直撃。その後はコンパクトな守備陣形を形成するラージョに対してなかなか決定機を作り出せないまま時間が経過。 すると、バルセロナは63分に失点する。ボックス右深くまで切り込んだアルバロ・ガルシアがGKとDFの間に早いクロスを送ると、GKネトのファンブルしたボールを最後はゴール左手前のフラン・ガルシアに押し込まれた。 先制を許したバルセロナは、68分にトリンコン、リキ・プッチ、ジュニオル・フィルポを下げてデンベレ、ペドリ、ジョルディ・アルバを投入する3枚替えを敢行。すると直後の69分、F・デ・ヨングのスルーパスで抜け出したグリーズマンがボックス左から侵入。折り返しをメッシが流し込み、すかさず同点に追いついた。 さらに同点弾で攻勢を強めたバルセロナは、80分にもメッシのループパスでボックス左に抜け出したジョルディ・アルバの折り返しをF・デ・ヨングがワンタッチでゴールに沈め、逆転に成功した。 結局、これが決勝点となりバルセロナが2-1で逆転勝利。11大会連続のベスト8進出を決めた。 2021.01.28 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

エリック・ガルシア、今冬バルサ復帰の場合は半年無給受け入れ? 新会長候補が言及

マンチェスター・シティに所属するスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)は、今冬にバルセロナ復帰が実現した場合、今シーズン終了まで無給でプレーする意思を持っているようだ。『ESPN』が伝えている。 2021年夏にシティとの契約が終了するガルシアは、すでにクラブからの再三に渡る延長オファーを固辞。ジョゼップ・グアルディオラ監督も同胞DFの来季以降の残留に白旗をあげており、今夏のバルセロナへのフリートランスファーが既定路線と見られている。 ただ、最終ラインを統率する元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によって元々手薄なセンターバックのやり繰りに苦戦するバルセロナは、加入時期を前倒しして今冬の獲得を望んでいるとも伝えられている。 そういった中、バルセロナの新会長候補3人の内の1人であるビクトル・フォント氏は、2月1日に閉幕する今冬の移籍市場終了までに交渉を進められる場合、300万ユーロ(約3億7000万円)の移籍金でガルシアの獲得が可能であると主張。さらに、同選手サイドは前倒しでの古巣復帰に向けて今シーズン終了までのサラリーを放棄することも辞さない覚悟を持っているという。 なお、コロナ禍で新会長選の投票が延期となっているバルセロナでは、会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏に選手獲得の際に契約を結ぶ権限がなく、仮に選手を獲得する場合には代行理事会の許可が必要となる。 そして、フォント氏は現在、クラブに対してガルシアの獲得許可を求めていることを公式会見の場で明かした。 「我々は代行理事会にエリック・ガルシアとの契約を求めている」 「クーマンは彼を求めているし、我々のグループは自分たちが選出された場合、獲得を支持している。今夏にはユーロがあり、プレーヤー自身も来たいと思っている」 「彼は今シーズンの3つのトロフィー獲得に向けての戦いに欠かせない存在になるはずだ。シティが300万ユーロを受け入れてくれることはわかっているし、それは来シーズンまで支払う必要もない」 「また、プレーヤーはシーズン終了までサラリーを受け取らなくてもいいという大きな努力をする覚悟を持っている」 今回の発言はあくまで単なる新会長候補の発言であり、信ぴょう性は微妙なところだが、移籍市場閉幕までギリギリの状況の中で前倒し移籍は実現するのか…。 2021.01.27 22:50 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly