まるでシュート練習!PSGのスタートリオが相手を鮮やかに崩して決めたロングカウンター【チーム・ゴールズ】

2020.11.24 20:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが決めたゴールだ。

◆PSGのスタートリオが決めたロングカウンター

若くして天才ドリブラーとして名をはせたネイマールは、2017年夏にバルセロナからPSGに加入。世界中のスター軍団が揃うチームの顔として活躍を続けている。

ブラジル人らしいトリッキーなプレーを得意とするネイマールだが、2018年1月7日に行われたクゥープ・ドゥ・フランス1回戦のスタッド・レンヌ戦では、鮮やかな連携からゴールを決めている。

3-0と序盤からPSGが大量リードを奪って迎えた43分、自陣ボックス内でボールを奪ったPSGは、素早く前線のネイマールにパスを送り、ロングカウンターを発動。相手が自陣に戻る前にネイマールが一気にボールを運ぶ。

ボックス手前まで来たところで、ボックス内のスペースに走り込むFWアンヘル・ディ・マリアにパスを送る。ディ・マリアがワンタッチでクロスをFWキリアン・ムバッペに出すと、GKを引きつけたムバッペが、中央でフリーになったネイマールに折り返しのパス。ネイマールがこのパスを冷静にゴール左に決め、見事な追加点となった。

試合はこの後も得点を重ね、6-1と大量得点を奪ったPSGが勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

タレント集団レアルが個人技と連携の合わせ技でセルタを攻略!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アセンシオの突破とベンゼマのポストプレーからイスコが決める<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNYjZyemV1WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マラガで大ブレイクを果たし、2013年夏にマドリーに引き抜かれたイスコ。多くのタレントを擁するチームの中でも主力の1人としてプレーし、ここまで公式戦319試合に出場している。 抜群のテクニックで見るものを惹きつけるパフォーマンスを見せるイスコだが、2019年3月16日に行われたラ・リーガ第28節のセルタ戦では、華麗な連携からゴールを決めている。 0-0のまま迎えた63分、相手陣内でボールを持ったFWマルコ・アセンシオがドリブルで中央に切り込んでいく。プレスに来るDFたちをかわしながら、ペナルティーアーク手前まで侵入すると、ボックス内のFWカリム・ベンゼマにスルーパス。このパスに抜け出したベンゼマがボックス内左深部から中央へ折り返しのパスを送ると、イスコがフリーで走り込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで流れを掴んだマドリーは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2021.01.14 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルが連続股抜きパスで決めた鮮やかなサイドアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連続股抜きパスからベンゼマが決める<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoR2FSQVRhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2009年夏にリヨンからマドリーに加入したベンゼマ。スーパースターが揃うチームの中で、CFとして絶対的な地位を確立している。 個人技、連携プレーともに高い水準のパフォーマンスを見せるベンゼマだが、2019年2月3日に行われたラ・リーガ第22節のアラベス戦では、味方の華麗な崩しからゴールを決めている。 0-0で迎えた30分、左サイドでFWヴィニシウス・ジュニオールがボールを持つと、裏へ抜け出すDFセルヒオ・レギロンに相手の股を抜くパスを通し、左サイドを攻略。そのままレギロンがボックス内左に侵入すると、鋭い横パスをゴール前に送る。ブロックに入った相手DFの股を再び抜いたパスにベンゼマがしっかりと合わせ、見事な先制点となった。 股抜きパスを連続で決めたマドリーが先制に成功すると、その後も得点を重ね、3-0で快勝を収めている。 2021.01.12 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

華麗なパスの応酬から最後はカバーニが捻じ込む!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGの見事な連携からカバーニが押し込む<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2Z0N0OGhQTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年にナポリからPSGに移籍したカバーニは、エースの1人として活躍。貴重な得点源として、クラブ歴代最多となる200ゴールを記録した。 大型FWながら、ハードワークも厭わない現代的なストライカーであるカバーニだが、2014年11月1日に行われたリーグ・アン第12節のロリアン戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-1とPSGビハインドで迎えた60分、右サイドでボールを持ったMFチアゴ・モッタがドリブルで中央に切り込んでいく。中央のMFハビエル・パストーレとの華麗なパス交換からモッタがそのままボックス内に侵入すると、GKの前で横パス。中央のカバーニがこれに合わせるが、このシュートはGKがブロックする。しかし、捕球に手間取るGKに対しいち早くボールに反応したカバーニがシュートを押し込み、同点ゴールを決めた。 このゴールで追いついたPSGは勢いに乗り、直後に逆転。2-1で勝利している。 2021.01.09 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGの強力オフェンス陣が左右に振る崩しで相手ディフェンスを翻弄!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGの見事な連携からムバッペが決める<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3S2x5ZElKbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> モナコの下部組織出身のムバッペは、同クラブで若きエースとして大ブレイク。2017年夏にPSGに引き抜かれると、スター軍団が集まる中でもエースの一人として活躍している。 パワー、スピード、テクニックと三拍子揃うムバッペは、個人の力でも試合展開を変える力を持っているが、チームメイトとの連携も良く、2019年5月24日に行われたリーグ・アン第38節のスタッド・ランス戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-2とPSGビハインドの59分、PSGが相手陣内でボールを奪うと、ボックス右手前のFWアンヘル・ディ・マリアにボールが入る。ディ・マリアはファーポストで待つFWエディンソン・カバーニにクロスを上げると、カバーニがヘディングで丁寧な折り返しのパス。このボールにゴール前で待っていたムバッペが合わせ、見事な崩しからゴールを決めている。 この得点で1-2としたPSGだったが、試合終了間際にも失点を許し、1-3で試合に敗れている。 2021.01.04 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーが破壊力抜群のショートカウンターでユナイテッドを刺す!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザールがチェルシーの速攻から見事なフィニッシュを決める<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJySmc5anZ3dCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスの名門リール出身のアザールは、2012年夏にチェルシーに加入。エースとしてチームを引っ張る活躍を見せた。 抜群のドリブルスキルとパンチのあるシュートを武器に、攻撃陣を牽引したアザールだが、2015年4月8日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、素早い連携からゴールを決めている。 0-0で迎えた38分、最終ラインでボールを回すユナイテッドに対して、チェルシーは前線からプレッシャーをかけていく。すると、前線から降りてきてボールをもらいに来たFWラダメル・ファルカオにDFジョン・テリーがついていき、パスカットを試みると、ルーズボールをMFセスク・ファブレガスがハーフウェイライン付近で拾い、攻撃へと転じる。 ドリブルで中央へ切り込み、相手を引き寄せたセスクが、前線のMFオスカルにパスを送ると、オスカルがボールを落ち着かせながらためを作り、スペースへ走るアザールへヒールパス。スピードに乗った状態でパスを受けたアザールがそのままボックス内に侵入すると、GKダビド・デ・ヘアの股を抜くシュートを決め、見事な連携から先制ゴールを奪った。 試合はこの1点を守ったチェルシーが1-0で勝利。そのシーズンのタイトル争いの中で重要な勝ち点3を手にした。 2021.01.02 10:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly