コロナ感染のスアレス、感染対策の怠りを謝罪「ミスを犯した。許しを請いたい」

2020.11.23 16:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染を謝罪した。スペイン『アス』が伝えている。スアレスが招集されたウルグアイ代表では、11月のインターナショナルマッチウィーク中にクラスターが発生。DFマティアス・ビニャが陽性反応を示したのを皮切りに、スアレスやMFルーカス・トレイラ、DFディエゴ・ゴディンら選手とスタッフの合計16人に感染が広がった。

こうした状況を受け、ウルグアイの公衆衛生省がウルグアイサッカー協会(AUF)を召喚し、事情説明を求める事態に発展。罰金も科せられるようだ。また、トレイラが『ツイッター』に投稿した代表活動中の写真も、物議を醸す一因になっている。

写真では、マスクをつけていないスアレスら9人の代表選手がたき火の周りに密集しており、この内の5人が後日感染者となった。このような選手の危機意識の低さに対しては、ウルグアイ政府も怒りを示している。

これに対して、ウルグアイ『Punto Penal』にリモート出演したスアレスは、自分たちの責任について語った。

「僕たちを批判する人がたくさんいるけど、ミスを犯したのは確かだし許しを請いたい。そこまで大きなものにしたくはないが、僕らは問題を認識しなければならない。責任が僕たちにあった場合、その責任を果たす」

また、スアレスは渦中の写真が感染拡大のきっかけになった可能性については否定。クラスターが発生したのは不運だったからだと説明している。

「写真に写っていた集まりが、感染の原因でないのは明確だ。コロンビアで感染者が出たのは不運だったと思う。マティアス・ビニャの陽性は、チーム全体にとって非常にハードだったよ」

「僕たちは少しウイルスへのガードを下げてしまったけど、そうすると現実として感染は避けられないものなのだと、すべての若者たち、すべての人々に知って欲しい。誰も免疫がない以上、しっかり毎日ケアをして、日々コントロールしていかないとならない」

また、スアレスは新型コロナウイルス感染中、家族との接触ができない苦しみについても明かした。

「父親として非常に悪い時間を過ごしているよ。家族に会えず、アパートに閉じ込められているからね。子供たちは僕が来たことを知らず、50メートル離れた窓からお見舞いに来てくれた。本当に難しいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、シメオネ監督と契約延長交渉へ

アトレティコ・マドリーが、ディエゴ・シメオネ監督との契約に関して近く延長交渉に入るようだ。スペイン『アス』が報じている。 シメオネ監督は2011年12月にグレゴリオ・マンサーノ監督の後任として就任。この9年でラ・リーガやコパ・デル・レイ優勝に、2度のヨーロッパリーグ制覇に導いた。 現行契約では2022年6月30日までとなっており、アトレティコはすでに2024年まで更新する意向を報告済み。今後、同監督の妹で代理人を務めるナタリア・シメオネ氏と交渉を進めていくようだ。 原則として、アシスタントのネルソン・ビバス氏らコーチ陣は継続。シメオネ監督の年俸総額は3200万ユーロ(約40億円)と言われているが、こちらの更新も問題ないとされている。 2021.01.19 19:31 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「お気に入りの選手はF・トーレス」アトレティコ加入のM・デンベレが活躍誓う

アトレティコ・マドリーのフランス人FWムサ・デンベレが、新天地での意気込みを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 リヨンで3シーズン目を迎えていたM・デンベレは、13日に買い取りオプション付きのレンタルという形でアトレティコに加入。リーグ・アンでは公式戦108試合45ゴールをマークしており、退団したFWジエゴ・コスタの穴埋めが期待されている。 チーム加入後のインタビューに応じたM・デンベレは、クラブやスタジアム、ディエゴ・シメオネ監督を称えつつ、スペインの地での活躍を誓った。 「僕にとって大きな一歩になったよ。アトレティコは世界中に知られている偉大なクラブだからね。とても大きなステップアップだ。僕は今喜んでいるし、スタートするのが待ちきれない」 「スタジアム(ワンダ・メトロポリターノ)はこのクラブのすべてを物語っていると思う。アトレティコは本当に大きなスタジアムを持つ、ビッグクラブだ。早くファンが戻ってきて欲しいね」 「シメオネは世界最高の監督の1人だ。ここで彼と一緒に仕事ができるのは、僕にとって良いことだよ。彼が素晴らしい監督なのは、毎年ピッチ上で証明しているね。一緒に素晴らしい結果が出せることを願っているよ」 「僕はストライカーで、ゴールを決めるのが好きだ。それが僕の仕事だしね。特にスペースに走り込んでゴールを決めるのが得意なんだ。ここでプレーを始めるのが待ちきれないよ。子供の頃、お気に入りの選手は(アトレティコのレジェンドである)フェルナンド・トーレスだった。チームと一緒に素晴らしいことを成し遂げていきたい」 また、インタビューの中でM・デンベレは、素早くチームに適応するためスペイン語の習得が必要だと語り、チームメイトの助けを期待している。 「新しい国に来て言葉が通じなければ、最初はいつだって戸惑うものさ。だから、早くスペイン語を習得できるように頑張るよ」 「チームメイトがクラブを知る手助けをしてくれると嬉しいね。(同胞の)トマ・レマルと話すこともできたけど、契約する前は話したくなかった。でも、ここに来たからにはいろいろ教えてもらえるよう話してみるよ。皆と仲良くなれればいいね」 2021.01.15 17:51 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リヨンからFWムサ・デンベレを買取OP付きのレンタルで獲得! ジエゴ・コスタ後釜に

アトレティコ・マドリーは13日、リヨンからフランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリーを獲得したことを発表した。 リヨンの発表によると、移籍形態は買い取りオプション付きの2021年6月30日までのレンタル移籍となる。 レンタル料は150万ユーロ(約1憶9000万円)となり、買い取りオプションの金額は3350万ユーロ(約42億3000万円)。さらに、買い取りオプションを行使した場合、最大500万ユーロ(約6億3000万円)のインセンティブと、将来的なリセール時の移籍金10%をリヨン側に支払う契約となっている。 デンベレは2018年夏にセルティックから総額2200万ユーロ(約27億8000万円)の移籍金でリヨンへ加入。公式戦108試合45ゴールをマークしているが、今季は16試合に出場したリーグ・アンで1ゴールにとどまり、腕の骨折から回復を目指しているところだ。 過去には元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバとも比較されるなど、卓越した身体能力と決定力に優れるフランス国内屈指の若手ストライカーだ。 アトレティコでは先月に個人的な理由で退団を希望した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)との契約を解除。純粋なセンターフォワードがウルグアイ代表FWルイス・スアレスのみという現状を受け、デンベレの獲得に動いていた。 2021.01.14 02:44 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア&サウールのゴラッソで首位アトレティコがセビージャ撃破!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第1節延期分、アトレティコ・マドリーvsセビージャが12日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 今月3日に行われたアラベス戦で新年白星スタートを飾り、リーグ4連勝で首位をキープするアトレティコだが、9日に開催予定だった前節のアスレティック・ビルバオ戦が大寒波による大雪の影響で急遽中止に。また、首都マドリードのインフラ麻痺の影響で多くの不自由を強いられた中、0-1で敗戦した6日のコパ・デル・レイ戦以来、約1週間ぶりの試合に臨んだ。アラベス戦からはヴルサリコに代えて長期出場停止処分が一時凍結となったトリッピアーが復帰を果たした。 一方、レアル・ソシエダとの打ち合いとなった前節を3-2で競り勝った6位のセビージャは、その試合と同じスタメンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上が懸かる首位チームとのアウェイゲームに臨んだ。 ホームのアトレティコが引き続き可変式の[3-5-2]で臨んだのに対して、アウェイのセビージャはいつも通りの[4-3-3]を採用。システム上のミズマッチをどちらが優位に進めるかに注目が集まった中、互いにセットプレーから相手守備をけん制し合う。 まずはセビージャが3分に右CKからゴール前でクンデの競り勝ったボールに反応したラキティッチがゴール至近距離で押し込みにかかるが、ここはうまくミートし切れずGKオブラクにキャッチされる。直後の6分には似たようなシチュエーションからアトレティコにチャンスもコレアのヘディングシュートはGKブヌに防がれた上、オフサイドの判定となった。 以降はややセビージャの流れで試合は進んだが、アトレティコが最初の決定機をゴールに結びつける。17分、スアレスへのクサビを起点にボックス手前で仕掛けたレマルが右サイドのスペースに飛び出したトリッピアーに繋ぐ。ここでトリッピアーの角度を付けたマイナスパスを中央で受けたコレアが見事な左足の反転シュートをゴール右隅に流し込んだ。 早い時間帯に先制されたセビージャだが、気落ちすることなくすぐさま反撃。21分、ラキティッチの絶妙なワンタッチパスに反応したエン=ネシリがゴール前で交錯しかけてボックス内にボールがこぼれると、これをアクーニャが無人のゴールへ蹴り込むが、利き足とは逆の右足のシュートは枠を外れる。 肝を冷やしたホームチームは直後に追加点のチャンス。25分、トリッピアーの浮き球パスに反応したスアレスがオフサイドをかいくぐってGKと一対一となるが、右足のボレーシュートはGKブヌが残した左足に阻まれる。 絶好の追加点のチャンスを逸したアトレティコだが、以降はうまく試合を落ち着かせてセビージャに決定機を与えず、1点リードで前半終了を迎えた。 迎えた後半、最初の決定機は再びセビージャに訪れる。46分、右サイドでドリブル突破を見せたクンデのスルーパスに抜け出したエン=ネシリがボックス右からニアを狙ったシュートを放つが、これはGKオブラクがきっちりコースを消してはじき出した。 その後は再びこう着状態が続く中、セビージャはジョルダンに代えてオスカルを最初の交代カードとして切る。対するアトレティコは66分にレマル、コレアを下げてサウール、フェリックスの2枚替えを敢行すると、この選手交代が試合を動かす。 76分、ハーフウェイライン付近の右サイドのスローインの流れからトリッピアーの浮き球パスに抜け出したマルコス・ジョレンテがペナルティアーク付近のサウールに丁寧な折り返しを入れる。これを足元に収めたサウールが狙いすました左足のグラウンダーシュートをゴール右隅に突き刺した。 シメオネ采配的中でアトレティコに2点目が生まれた中、ロペテギ監督も積極的に交代カードを切って攻撃的な3バックの布陣で反撃を試みる。試合終盤にかけては完全に相手を押し込んでセットプレーの流れからオスカルやラキティッチらに再三の決定機が訪れたが、アトレティコの堅守をあと一歩のところでこじ開けることができなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで難敵セビージャを退けたアトレティコがコパ・デル・レイでの失態を払しょくする快勝でリーグ5連勝で首位の座をがっちりとキープした。 2021.01.13 07:49 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly