「技術面での差はなかった」首位ミランに敗れたナポリ、ガットゥーゾはメンタリティの欠如を嘆く

2020.11.23 13:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、正しい姿を見せられなかったチームに落胆を隠せずにいる。クラブ公式サイトが伝えた。ナポリは22日に行われたセリエA第8節において、首位ミランと対戦。インターナショナルマッチウィークにFWビクター・オシムヘンが負傷したナポリは立ち上がりから流れを掴めずにいると、FWズラタン・イブラヒモビッチに先制点を決められる苦しい展開となる。

後半開始10分が経たないうちに追加点を決められたナポリは、63分にFWドリエス・メルテンスが1点を返したものの、反撃はそこまで。MFティエムエ・バカヨコが2枚目のイエローカードで退場すると、3失点目を喫し1-3のスコアで敗れる結果となった。

試合後、ガットゥーゾ監督はチームのメンタリティの欠如を指摘しており、この試合に限らない課題だと嘆いている。

「もちろん、敗戦の責任がまず私にあることは大前提だが、今日のチームは精神的な面で好きになれなかったね。私はこの試合の重要な瞬間に、キャラクターや毒々しさを見ることができなかったと思う。個性を発揮すべき場面で何も示せなかった」

「技術的な面においては、我々はやるべきことをやったと思っている。この部分でミランとナポリの間に差はなかった。しかし、重要な試合で我々はいつも失敗してしまう。これはずっと続いている問題だし、就任して1年になる以上、明確に私の責任だ」

「残念ながら、チームは私が好きではない態度をとっている。我々はより具体的かつ断固としたものを示すべきだが、今は軽いし迷いがあると思う。我々の歯にナイフは見られず、決意を欠いている」

また、ガットゥーゾ監督は現在首位に立っているミランが、自分たちより力があるとは決して思わないと語っている。それでも、メンタルの部分で上回られている点については認めているようだ。

「私は試合の中で技術を楽しみたい監督だが、キャラクターがなければどこにも行けはしない。ピッチには個ではなく、唯一チームのみがあるべきなんだ。繰り返すが、私はミランが私たちよりも強いとは感じていない。だが、彼らは今日我々になかった精神性を持っていたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウド弾でユベントスが9度目の優勝、ナポリはPK失敗が響く《スーペル・コッパ》

スーペル・コッパ、ユベントスvsナポリが20日に行われ、2-0でユベントスが勝利し、9度目の優勝を飾っている。 昨季セリエA王者のユベントスとコッパ・イタリア王者のナポリによるタイトルマッチ。3日前に行われたインテルとのイタリア・ダービーに完敗したユベントスはインテル戦のスタメンから4選手を変更。モラタやラビオ、ラムジーらに代えてマッケニーやアルトゥール、コロナ明けのクアドラードが先発となった。 一方、フィオレンティーナに6発圧勝としたナポリはヒサイに代えてディ・ロレンツォのみを変更した。 C・ロナウドとクルゼフスキの2トップで臨んだユベントスがボールを持つ入りとなった中、互いに慎重な姿勢を崩さずシュートシーンのない序盤となった。 そんな中28分、ナポリに決定機。左サイドからのデンメのクロスにロサーノがヘディングで合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKシュチェスニーのビッグセーブに阻まれる。 迎えた後半、キエーザに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは開始1分、そのベルナルデスキに決定機。しかし、シュートはGKオスピナの好守に阻まれた。 その後は膠着した展開が続いた中、64分に均衡が破れる。左CKの流れからルーズボールをゴール前のC・ロナウドが蹴り込んだ。 追う展開となったナポリは負傷明けのメルテンスを投入。すると78分、メルテンスがボックス内でマッケニーに倒されてVARの末にPKを獲得。しかし、キッカーのインシーニェがシュートを枠の左に外して絶好の同点機を逸してしまう。 試合終了間際、GKシュチェスニーがピンチを凌いだユベントスはカウンターからモラタが決めて2-0で勝利。9度目のスーペル・コッパ優勝を果たしている。 2021.01.21 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ獲得断念のマルセイユ、ミリクを巡ってナポリとの交渉が進む

マルセイユとナポリによる、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の去就に関する交渉が進んでいるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今冬の移籍市場でストライカーの補強を目指すマルセイユ。一時はアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ獲得の噂も流れたが、最近アンドレ・ビラス=ボアス監督が高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。 一方で、しばらく補強候補に上がっていたミリクの方は交渉が進んでいるようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』をはじめ、『スカイ』や『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』も報道。また、ポーランドメディアも移籍間近と伝えている。 ミリクは昨夏にも移籍の可能性はあったものの、ローマやフィオレンティーナとの交渉はいずれも破談に。それに加え、残留を望んでいたナポリは移籍を目論んだミリクを戦力外扱いとし、セリエAとヨーロッパリーグの登録メンバーから排除。プレーする機会を与えないことを決定していた。 飼い殺し状態のミリクも今年6月に契約満了を迎えるため、ナポリは少しでも移籍金が手に入る今冬に手放すことを優先しており、マルセイユとは800万ユーロ(約10億円)の基本移籍金と、ボーナス最大500万ユーロ(約6億3000万円)という条件で合意に近づいているという。 ただ、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ミリクがマルセイユからセリエAクラブに移籍できないようにする条項を含めることを企てているようだ。 2021.01.19 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリクが狭いスペースから叩き込んだ強烈アンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ミリクが決めた強烈ミドル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLb0pBbXBWcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アヤックスで頭角を現したミリクは、2016年夏にナポリに加入。今シーズンは移籍問題のもつれからクラブから干されているものの、強力な攻撃陣の一角を担い、貴重な得点源として活躍を見せてきた。 高い得点力に加え、ポストプレーでも巧さを見せる万能型FWのミリクだが、2018年5月13日に行われたセリエA第37節のサンプドリア戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0と拮抗した展開が続いたこの試合、71分にミリクが途中出場でピッチに立つ。すると直後の72分、MFアランからのパスをボックス手前でミリクが受けると、DFに囲まれながらも左足を振り抜きシュートを放つ。強烈なシュートは、GKにセーブの隙を与えずにゴール左上に突き刺さり、見事な先制点となった。 このゴールで主導権を握ったナポリが、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2021.01.18 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがヴィオラに決定力の差を見せつける6発圧勝! インシーニェのドッピエッタ含め5選手がゴール《セリエA》

セリエA第18節、ナポリvsフィオレンティーナが17日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、ホームのナポリが6-0で圧勝した。   バカヨコの移籍後初弾でウディネーゼに辛勝とした6位のナポリは、12位フィオレンティーナ(勝ち点18)とのホームゲームで連勝を狙った。そのウディネーゼ戦からは先発4人を変更。出場停止のディ・ロレンツォ、新型コロナウイルスの陽性判定が出たファビアン・ルイス、GKメレト、ラフマニに代わってマリオ・ルイ、クリバリ、GKオスピナ、デンメが起用された。なお、対戦相手のフィオレンティーナでは古巣初対戦のカジェホンがスタメンを飾った。   試合は開始早々にナポリが動かす。5分、右サイド深くでボールを受けたロサーノからの折り返しをゴール前で収めたペターニャが丁寧にマイナスへ落とすと、待ち構えていたインシーニェが右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。   幸先よく先制に成功したホームチームは以降も積極的に背後を取る右サイドのロサーノを起点に良い形の攻撃を続ける。   だが、15分を過ぎた辺りからリベリを起点としたフィオレンティーナの攻撃が機能し始める。23分にはボックス左でビラギが放ったシュートが相手にディフレクトしてクロスバーを叩くと、27分には前線でのボール奪取からゴール前のリベリがGKオスピナにファインセーブを強いる。さらに、32分にもリベリの絶妙なタメからのスルーパスに反応したビラギがボックス左から左足を振り抜くが、これはわずかに枠の右に外れた。   いつ同点ゴールを奪われてもおかしくない劣勢が続いたナポリだが、これを何とかしのぐと、ハーフタイムにかけて圧巻のゴールショーの幕開けとなる。まずは36分、ジエリンスキが中央を持ち上がって左のスペースに走り込むペターニャに繋ぐと、ペターニャのシュートフェイントからの絶妙な折り返しに反応したデンメがゴール前に飛び込んでスライディングシュートを決め切った。   続く38分には左サイドでDF3枚を見事なドリブルで翻弄したインシーニェからの斜めのスルーパスに抜け出したロサーノが飛び出したGKと交錯しながらも先にボールを触ってゴールネットへ流し込む。さらに、前半終了間際の45分には相手陣内中央でマリオ・ルイからパスを受けたジエリンスキが対面したDFをうまくかわしてボックス手前から見事な右足のミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースへ流し込み、10分間の猛攻で一気に3点を追加した。   迎えた後半、4点のビハインドを追うアウェイチームはリベリを下げてクアメをハーフタイム明けに投入。立ち上がりから押し込む展開を作る中、55分にはゴール左に抜け出したヴラホビッチが飛び出したGKの脇を抜くシュートを放つが、これはDFクリバリの見事なゴールカバーにかき出された。   後半は省エネモードの戦いを見せたナポリだが、後半も先にゴールをこじ開ける。72分、バカヨコがボックス内で倒されて得たPKをインシーニェがきっちり決めてドッピエッタを達成した。   その後、ペターニャやジエリンスキ、インシーニェら主力を続けてベンチに下げて足首のケガが癒えたメルテンス、セリエAデビューの18歳FWチオフィをピッチに送り出す余裕の采配を見せると、試合終了間際の89分には途中出場のポリターノが見事な個人技からトドメの6点目を奪って試合を締めくくった。   そして、ヴィオラの決定力の差を見せつける6-0の圧勝を飾ったナポリが2連勝でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内浮上を果たした。 2021.01.17 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ痛恨、ファビアン・ルイスが新型コロナ感染でスーペル・コッパ欠場決定

ナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。自身のインスタグラムでメッセージを投稿した。 ナポリは16日、ファビアン・ルイスが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を示したことを発表。17日のセリエA第18節のフィオレンティーナ戦と、20日に予定されているユベントスとのスーペル・コッパに出場できないこととなった。 重要な一戦を前に感染が発覚したファビアン・ルイスは、すでに自宅で隔離中とのことだ。 そのファビアン・ルイスは、自身のインスタグラム(fabianruiz52)のストーリーズで、ファン・サポーターへ向けてメッセージを発信。症状はないとし、感染予防に努めてほしいと訴えた。 「残念ながら、僕はCOVID-19の検査で陽性であったことを報告するためにこれを書いています」 「自宅で隔離され、ナポリとセリエAによって設定されたプロトコルに全て従っています。僕が受け取ったサポートする全てのメッセージに心から感謝します。僕と家族は元気です」 「完全に回復したら、チームとともに仕事を再開します。その間、自宅からチームをサポートし続けます」 「僕は自分自身とみんなのために、みんなが注意してくれることを願います。このウイルスのま年を防ぐために必要な感染予防対策に従ってください」 2021.01.17 09:32 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly