決勝ゴールのカラスコ、天敵バルサ撃破に「やっと勝てたよ」

2020.11.22 16:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコが、決勝ゴールを記録したバルセロナ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えている。アトレティコは21日に行われたラ・リーガ第10節でバルセロナと対戦。前半アディショナルタイムに相手の背後を突いたカラスコが決勝ゴールを決めて1-0の勝利を収めた。

ディエゴ・シメオネ監督体制のリーグ戦で初めてバルセロナ撃破に導いたカラスコは試合後のインタビューで「ホームで勝利できてとても嬉しいよ。バルサには長い間勝てていなかったからね。チームは好調だ。このままハードワークを続けて、今はチャンピオンズリーグに備えているよ」と勝利を喜び、次戦に向けて切り替えた。

この試合では[5-3-2]のシステムを採用したアトレティコ。カラスコは本職ではない左サイドバックの出場となったが、「やや守備的な役割だったけど、上手く適応できた。そのためにやってきたんだ」とフォア・ザ・チームの精神を強調した。

この勝利でアトレティコは開幕から無敗をキープ。そのなかでカラスコはアトレティコが優勝候補かと問われると、「僕らは目の前の試合について考えている。今度はチャンピオンズリーグさ」と述べ、時期尚早だと一蹴。25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のロコモティフ・モスクワ戦に集中した。
コメント
関連ニュース
thumb

コロナ感染のスアレス、感染対策の怠りを謝罪「ミスを犯した。許しを請いたい」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染を謝罪した。スペイン『アス』が伝えている。 スアレスが招集されたウルグアイ代表では、11月のインターナショナルマッチウィーク中にクラスターが発生。DFマティアス・ビニャが陽性反応を示したのを皮切りに、スアレスやMFルーカス・トレイラ、DFディエゴ・ゴディンら選手とスタッフの合計16人に感染が広がった。 こうした状況を受け、ウルグアイの公衆衛生省がウルグアイサッカー協会(AUF)を召喚し、事情説明を求める事態に発展。罰金も科せられるようだ。また、トレイラが『ツイッター』に投稿した代表活動中の写真も、物議を醸す一因になっている。 写真では、マスクをつけていないスアレスら9人の代表選手がたき火の周りに密集しており、この内の5人が後日感染者となった。このような選手の危機意識の低さに対しては、ウルグアイ政府も怒りを示している。 これに対して、ウルグアイ『Punto Penal』にリモート出演したスアレスは、自分たちの責任について語った。 「僕たちを批判する人がたくさんいるけど、ミスを犯したのは確かだし許しを請いたい。そこまで大きなものにしたくはないが、僕らは問題を認識しなければならない。責任が僕たちにあった場合、その責任を果たす」 また、スアレスは渦中の写真が感染拡大のきっかけになった可能性については否定。クラスターが発生したのは不運だったからだと説明している。 「写真に写っていた集まりが、感染の原因でないのは明確だ。コロンビアで感染者が出たのは不運だったと思う。マティアス・ビニャの陽性は、チーム全体にとって非常にハードだったよ」 「僕たちは少しウイルスへのガードを下げてしまったけど、そうすると現実として感染は避けられないものなのだと、すべての若者たち、すべての人々に知って欲しい。誰も免疫がない以上、しっかり毎日ケアをして、日々コントロールしていかないとならない」 また、スアレスは新型コロナウイルス感染中、家族との接触ができない苦しみについても明かした。 「父親として非常に悪い時間を過ごしているよ。家族に会えず、アパートに閉じ込められているからね。子供たちは僕が来たことを知らず、50メートル離れた窓からお見舞いに来てくれた。本当に難しいよ」 2020.11.23 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ、ピケ&S・ロベルトが負傷…ヒザ捻挫のピケは最大6カ月の離脱か

バルセロナが、DFジェラール・ピケとMFセルジ・ロベルトの負傷を報告した。 両選手は21日に行われたラ・リーガ第10節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場。前半アディショナルタイムに先制される苦しい展開を強いられた中、ピケはバランスを崩した相手FWアンヘル・コレアに、ヒザにのしかかられる形でヒザを負傷。62分に両脇を支えられながらピッチを後に。セルジ・ロベルトは交代カードを使い切った終盤に筋肉系のトラブルで続行不可能となってしまっていた。 試合もアウェイで1-0で敗れ、ディエゴ・シメオネ体制で初となるリーグ戦黒星を喫したバルセロナ。試合後、ピケは右ヒザの捻挫、セルジ・ロベルトは右大腿筋損傷ということが判明した。 離脱期間は明らかにされなかったが、スペイン『スポルト』によると、ピケは4カ月から6カ月の離脱。セルジ・ロベルトも復帰までには最低1カ月はかかるとみられている。 この敗戦で、バルセロナは8試合で獲得した勝ち点はわずか「11」。トップに並ぶアトレティコとは勝ち点差「9」となっている。 2020.11.22 14:24 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコに完敗のクーマン監督、失点シーンのミスを嘆く「起こしてはいけない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、敗戦の弁を述べた。スペイン『マルカ』が伝えた。 20日に行われたラ・リーガ第10節でアトレティコ・マドリーと対戦したバルセロナ。前半アディショナルタイムにGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが飛び出した所をMFヤニク・フェレイラ・カラスコに突かれて先制点を許すと、この1点を返すことができず、0-1で敗れた。 試合後のインタビューに応じたクーマン監督は、決定力不足と失点シーンのミスを嘆いた。 「選手たちは上手くやっているが、より良い結果を望んでいる。基本的に最大限の努力をしていた。それから試合を決定づける2つのビッグチャンスがあった」 「アトレティコが非常によく守ることはわかっていた。失点したのは自分たちのせい。良くなかったし、起こしてはいけない」 開幕から3勝2分け3敗と低空飛行が続くバルセロナは、勝ち点「11」と過去25年間で最低な数字を記録。クーマン監督は改善が必要としながらも、選手達への信頼を強調した。 「他の監督と同様に私に責任がある。結果を出さなければいけないことは理解しており、私が持っている選手を信頼している。攻撃や守備を改善しなければいけない。連勝が必要であることはわかっている」 2020.11.22 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ戦でバルセロナに初勝利のシメオネ監督が歓喜「チームの努力にとても満足している」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、バルセロナ撃破を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは、21日に行われたラ・リーガ第10節でバルセロナと対戦。前半アディショナルタイムに単騎突破からMFヤニク・フェレイラ・カラスコが先制点を奪うと、その後はGKヤン・オブラクの好守もあり、1-0の勝利を収めて開幕からの無敗を継続した。 2011年にアトレティコの指揮官に就任して以降、リーグ戦18試合目にして初めてバルセロナに勝利したシメオネ監督。劣勢な展開ながらも、勝利した選手たちのハードワークを称えている。 「フットボールは1試合ごとであり、勝つことも負けることもある。最近のバルセロナ戦は、サウジアラビア(スペイン・スーパーカップ)で勝った直近のバルセロナ戦を超えることに近づいていた。ホームでは引き分け、ここではほとんど負けていた」 「今日、我々は勝たなければいけなかった。求められていた方法は何も変わらない。チームの努力にとても満足している」 「我々にとって何が有利だったのかを理解して、自分の立ち位置の決め方、攻撃と守備の両方をこなす方法を理解していた。前半に(マルコス・)ジョレンテのような素晴らしいパフォーマンスがあった。ゴールができて安心感が生まれた。2点目は奪えず、バルセロナは常にゴールに迫り、試合に勝利する寸前だった」 また、改善点について問われると、「昨シーズンよりも成長すること」が大事だと述べている。 「確かに我々が大切にしている最も重要なことは、昨シーズンから今シーズンにかけての選手の成長だ。我々はピッチ内ではるかに上手く取り組んでいる。チームが必要とするものを共有したい」 「昨シーズンから規則性のあったフェリペや、非常に重要な(レナン・)ロディまで全員が必要だ。我々はたくさんの試合が残っていてみんなが必要だ。サウール(・ニゲス)、(アンヘル・)コレア、(ジェフリー・)コンドグビア、ジョアン(・フェリックス)、(ジエゴ・)コスタの熱意。グループは私に熱意を生み出す。彼らと重要なものを探したいと思っている」 2020.11.22 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 1-0 バルセロナ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーvsバルセロナが21日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201122_01_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 オブラク 6.0 ラングレとメッシの決定機を冷静に阻止。最終ラインの奮闘により、余裕を持って対応できていた   DF 23 トリッピアー 6.5 ジョルディ・アルバやペドリに的確な対応を見せつつ、攻撃ではコレア、ジョレンテとの好連係で幾度か決定機を作り出した   15 サビッチ 6.5 強さと読みを利かせた好守備でグリーズマンら相手の攻撃陣を封殺   2 ホセ・ヒメネス 6.5 的確なポジショニングでスペースを管理。対人でも持ち味の強さを遺憾なく発揮   22 エルモソ 7.0 絶妙なカバーリングでメッシやデンベレの突破に対応。ボックス内でも繊細な対応が光り、最終ラインでは出色のパフォーマンス   21 カラスコ 7.0 圧巻の個人技でチョロを男にした。攻守両面でハードワークが光った   (→フェリペ -)   MF 14 M・ジョレンテ 6.5 コレアとの好連係で攻撃に良いアクセントを付けた。守備では持ち味の運動量と球際の強さで負担の大きい仕事を見事にやり通した   (→ジエゴ・コスタ 5.5) 前線で身体を張り、守備陣を助けるベテランらしい渋い仕事をこなす   6 コケ 6.5 中盤の底でフィルター役を完遂。マイボール時もサウールらと共に質の高いボール捌きを見せた   8 サウール 6.5 いつも通りのハードワークで勝利に貢献。攻撃の場面でも果敢な飛び出しで周囲に選択肢を与えていた   FW 10 コレア 6.5 絶妙な浮き球のパスで決勝点をアシスト。嫌らしい位置でボールを受けて、フェリックスと共に相手守備陣の脅威となった   (→コンドグビア -)   7 フェリックス 6.5 連続ゴールはストップも前線でボールを引き出し、的確に捌く仕事でマイボールの時間を増やした。守備でも献身的に仕事をこなした   (→レマル -)   監督 シメオネ 7.0 システム変更もハマって攻守両面で相手を圧倒。リーグ18戦目にして悲願の対バルサ初勝利   ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201122_01_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 4.5 好守もあったが、痛恨の飛び出しミスで失点に関与。時間帯や状況を考えれば、より慎重な対応が必要だったか…   DF 20 セルジ・ロベルト 5.5 攻守にまずまずのプレー内容。ただ、惜しいシュートを放った直後に筋肉系のトラブルに遭い、無念の負傷退場   3 ピケ 5.0 痛恨のトラップミスが失点の一因に。不運な接触プレーで右ヒザを負傷…   (→デスト 5.0) 緊急出動も難しい試合に   15 ラングレ 6.0 再三の好守でチームに最後まで勝ち点の可能性を残した。ゴールは決められなかったが、セットプレーで存在感   18 ジョルディ・アルバ 5.0 高い位置は取れていたが、メッシに通したスルーパス以外でなかなか良い攻撃への絡みを見せられず   MF 11 デンベレ 5.5 可能性を感じさせる仕掛けを幾度も見せたが、決定的な仕事はできず   8 ピャニッチ 5.5 初先発を飾った中、無難にパスを散らしたが、展開を考えればより決定的なパスを前線に届けたかった   (→ブラースヴァイト -)   10 メッシ 5.0 局面を打開する場面は幾度か作ったが、南米帰りの難しいコンディションの中で本来の出来ではなかった   21 F・デ・ヨング 5.5 ピボーテとセンターバックで奮闘。ミスも多かったが、プレーに対する積極性は評価したい   16 ペドリ 5.0 なかなか試合に入り切れないまま後半序盤に交代。良いところでボールを受ける場面はあったが、相手の堅守を前にそこからの仕事ができなかった   (→コウチーニョ 5.0) 負傷明けで気迫のこもったプレーも、やや空回り気味だった   FW 7 グリーズマン 4.5 古巣相手に奮起が期待されたが、終始消えている覇気のないプレーに終始した   (→トリンコン -)   監督 クーマン 4.5 相手の奇策を打ち破れず。交代策の機能しなさ具合は絶望的…   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カラスコ(アトレティコ・マドリー) エルモソの活躍も見事だったが、守備に関しては相手の拙攻の影響もあったことを考慮し、決定的な仕事を果たしたカラスコをMOMに選出。テア・シュテーゲンをかわしたプレーは意図的だったかは不明だが、機を見た飛び出しと正確なシュートは見事だった。   アトレティコ・マドリー 1-0 バルセロナ 【アトレティコ・マドリー】 カラスコ(前48) 2020.11.22 07:35 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly