後半4発のハーランド、16歳1日でデビューのムココを評価「世界で最も優れた才能の1人」

2020.11.22 13:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、ヘルタ・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第8節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦。33分にマテウス・クーニャに豪快なミドルシュートを決められ先制を許し試合を折り返す。

しかし後半はハーランドが爆発。47分に同点ゴールを記録すると49分に逆転ゴール。62分にハットトリックを達成し試合の大勢を決めた。その後、2-4となった79分には4点目を記録。チームの勝利に大きく貢献した。

ハーランドは自身のゴールについて「最初のゴールはとても良かったし、2つ目のゴールも良かった。誰もがオフサイドだと思っていたけど、そうではなかった」とコメント。自身のパフォーマンスを評価した。

また、16歳1日でブンデスリーガデビューを果たしたU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココがデビュー。ムココについては、「ユスファ(・ムココ)にはとても満足しているよ。いつか彼とプレーしたいね。彼は今、世界で最も優れた才能の1人だと思う」とコメント。「彼はたった16歳と1日で素晴らしいプレーをした。彼の目の前には素晴らしいキャリアが待っている」と、今後の飛躍に期待を寄せた。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ戦で負傷退場のフンメルスは大事に至らず

ドルトムントの元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスが3日、インスタグラムを更新し、負傷が軽傷だったことを明かした。 フンメルスは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第5節ラツィオ戦の後半追加タイムにFWインモービレとの競り合いの中で足を踏まれて負傷。メディカルスタッフに支えられてピッチを後にしたことから重傷の可能性も考えられたが、本人曰く「ケガはおそらく深刻なものではない。数日で良くなるはずだ」と軽傷であることを強調した。 ドルトムントではエースFWのアーリング・ハーランドが1月上旬まで負傷離脱することが発表されており、守備の要であるフンメルスまでもが離脱となれば苦しいところだったが、最悪の事態は回避できたようだ。 ドルトムントは5日、ブンデスリーガ第10節でフランクフルトとのアウェイ戦を戦う。 2020.12.04 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント会長、給与減額延長を検討…マルコ・ロイスやフンメルスらと近く会談へ

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長が、選手たちの給与削減期間延長を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 各クラブが新型コロナウイルスによる財政ダメージを軽減する動きを見せる中で、選手の給与カットに踏み切ったドルトムント。『キッカー』によるとロックダウン中は20%、無観客試合継続中は10%削減することで、12月末までに1100万ユーロ(約14億円)の節約に成功する見込みだという。 しかし、コロナは再び感染拡大の兆しを見せており、コロナ前の通常の状態に戻るには、まだしばらく時間を要する見込みだ。 そのため、引き続き財政難が続くドルトムントでは、給与カット期間を来年6月30日まで延期しようとする案が浮上しているようだ。 ヴァツケ会長は12月中に、選手代表として主将のMFマルコ・ロイスやDFマッツ・フンメルス、MFアクセル・ヴィツェル、MFトーマス・デラネイ、そしてMFエムレ・ジャンらと会談を行う予定とのこと。会長はクラブが正常に戻るために団結していることを強調しているようだ。 2020.12.03 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

「あれはPKなどではない!」 CL決勝T進出決定も…ドルト指揮官は判定に不満

ドルトムントのルシアン・ファブレ監督がドローに終わったチャンピオンズリーグ(CL)でのPK判定に不満を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 2日に行われたCLグループF第5節において、グループ首位のドルトムントは2位のラツィオとホームで対戦。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる試合だったが、エースのFWアーリング・ハーランドを負傷で欠く苦しい状況下での一戦となった。 試合はドルトムントがボールを握るものの、なかなか決定機を作れない展開が続いたが、前半終了間際にMFトルガン・アザールが先制点を挙げる。後半は拮抗した展開となったが、67分にDFニコ・シュルツがMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチを倒してPKを献上。微妙な判定だったが、これを確実に決められ、そのまま1-1のスコアで終了した。 この結果、ドルトムントは1試合を残しての決勝トーナメント進出が決定。しかし、試合後のインタビューに応じたファブレ監督はグループステージ突破を喜びつつ、PK判定に対する不満を露わにしている。 「我々は今日、良い相手と対戦していた。全ての試合に3-0で勝つなんてことは不可能だよ。それでもチャンスはあったし、2-0にすることも、2-1にすることもできたと思う」 「不必要なゴールを許してしまった。あれはPKなどではない。全くもって信じられないよ。(ミリンコビッチ=サビッチは)非常に大げさだったのに、誰も何も言わなかった」 「結局、1-1という結果になってしまったが、それは正しいスコアではないと思う。今日は勝てた試合だった。とはいえ、我々はグループステージを通過したんだ。それが最も重要なことだね」 2020.12.03 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

14戦17発ハーランドが年内全休のケガ 来年1月復帰か

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが年内の残る戦いを棒に振るケガを負ってしまったようだ。 ドルトムントは2日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF第5節でラツィオと対戦。後半に追いつかれ、1-1のドローに終わったが、勝ち点10でひと足先にグループステージ進出を決めた。 しかし、今季のここまで公式戦14試合の出場で17得点のハーランドは欠場。クラブはこの一戦に先駆けた先発メンバーを発表するタイミングでハーランドのハムストリング負傷による欠場を明らかにした。 また、ドイツ『ビルト』によると、ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は試合前のインタビューで「アーリングは1月上旬までプレーできない。プレーし過ぎたのかもしれない」とコメントしたという。 この12月もブンデスリーガとCLの戦いが重なり、国内カップ戦の日程も組み込まれ、新年まで多忙のドルトムント。ハーランドの離脱は大きな痛手となるのは間違いなさそうだ。 2020.12.03 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがラツィオとドローで決勝T進出決定! 最終節ではラツィオとクラブ・ブルージュが一騎打ち《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第5節、ドルトムントvsラツィオが2日に行われ、1-1のドローに終わった。 ラツィオとの初戦で大敗スタートとなったドルトムント(勝ち点9)だが、以降は持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮し3連勝で首位に浮上。ただ、直近のリーグ戦では格下ケルン相手に1-2で敗れており、その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される。だが、この試合前にはハムストリングを痛めたハーランドの年内復帰絶望という悲報が舞い込み、ファブレ監督は[3-4-3]へのシステム変更を余儀なくされ、前線はアザール、ロイス、レイナの組み合わせとなった。 一方、今グループステージでここまで無敗で2位のラツィオ(勝ち点8)は突破に向けて好位置に付ける。ただ、ドルトムント同様に直近のウディネーゼ戦ではホームで1-3の敗戦を喫し、公式戦9戦ぶりの黒星。不安を抱える形で敵地に乗り込んだ。 立ち上がりから拮抗した状況が続く中、時間の経過と共にドルトムントが押し込む展開に。ラツィオの堅固な守備ブロックに対して、ウイングバックと2シャドーが局面で数的優位を作り出し、レイナやアザールが積極的にシュートを放っていく。だが、最後の場面では相手のプレッシャーもあって決定機までには至らない。 それでも、攻勢を続けるホームチームは前半終了間際の44分、ラファエウ・ゲレイロがレイナ、アザールとのパス交換でタイミングよくゴール前に抜け出すと、最後はアザールからのスルーパスを冷静にゴールへ流し込んだ。 迎えた後半も前半同様の拮抗した展開が続く中、先に動いたのはドルトムント。62分、先制点を挙げたゲレイロに代えてニコ・シュルツを投入。だが、結果的にこの交代は裏目に出てしまう。 67分、自陣ボックス付近でルーズボールを競り合った際にシュルツがミリンコビッチ=サビッチと交錯。やや微妙な判定だったものの、このプレーでラツィオにPKが与えられる。これをインモービレに前回対戦に続ききっちり決められて2試合連続の恩返しゴールを献上した。 その後は互いに積極的に交代カードを切り、最後まで勝ち越しゴールを奪いに行く。引き分けでも突破が決まるドルトムントに対して、ラツィオは切り札のカイセドらをピッチに送り込んでよりリスクを冒した攻めを見せる。 試合終盤にかけては互いにゴールまであと一歩という決定機に迫り、試合終了間際にはセットプレーの流れからラツィオがアンドレアス・ペレイラ、アチェルビらに決定機が訪れるも、GKビュルキを中心に粘りのドルトムント守備をこじ開けることはできず。試合は1-1のドローに終わった。 また、同日行われたグループFのもう1試合、クラブ・ブルージュvsゼニトは、ホームのクラブ・ブルージュが3-0で快勝した。 逆転での突破を目指す3位のクラブ・ブルージュ(勝ち点4)と、すでに敗退が決定している最下位のゼニト(勝ち点1)による一戦は、モチベーションの差が大きく表れる内容に。前半にデ・ケテラエルのゴールで先制に成功したホームチームは、後半にもヴァナケンのPKによるゴールなどで得点を重ね3-0の快勝となった。 この結果、グループFはドルトムントが勝ち点10で一足先に決勝トーナメント進出を決め、勝ち点9のラツィオと勝ち点7のクラブ・ブルージュが最終節の直接対決で残り1枠を争うことになった。 ドルトムント 1-1 ラツィオ 【ドルトムント】 ラファエウ・ゲレイロ(前44) 【ラツィオ】 インモービレ(後22[PK]) クラブ・ブルージュ 3-0 ゼニト 【クラブ・ブルージュ】 デ・ケテラエル(前33) ヴァナケン(後12[PK]) ラング(後28) 2020.12.03 07:28 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly