昇格優勢の徳島と福岡が白星逃す…長崎が貴重な勝ち点3で食らいつく《J2》

2020.11.21 21:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第35節の10試合が21日に各地で行われた。サンガスタジアム by KYOCERAでは、10位・京都サンガF.C.と首位・徳島ヴォルティスが対戦した。徳島のペースで試合が進んでいた中で、30分に3連敗中の京都が先制に成功する。前線からの連動した守備でフィールド中央でボールを奪うと、庄司が鋭い縦パスをボックス内へ供給。これをワンタッチで反転した仙頭が左足でゴール右隅に決め切った。

同点を目指す徳島は後半開始早々にチャンス。右サイドの杉森のクロスにファーサイドで清武が左足で合わせたが、枠を捉えられなかった。一方京都は57分に追加点。ヨルディ・バイスのインターセプトからカウンターを発動。ピッチ中央の仙頭から鋭い縦パスが前線に送られると、これを受けたピーター・ウタカがボックス右に侵入し強烈なシュートでネットを揺らした。

終盤まで1点も返せず、敗戦の様相を呈してきた徳島は、80分の左CKの場面で決定機を迎える。左から上がったクロスを福岡が逸らし、石井がヘディングシュート。ここは枠を捉えられず、終了間際にクロスのこぼれ球に反応した押谷のミドルシュートは枠に富んだが、GK清水に処理されて試合終了。2-0でホームの京都が5連勝中の徳島を下した。

2位のアビスパ福岡は、ベスト電器スタジアムで7位のモンテディオ山形と激突。福岡は10分に右サイドからのエミル・サロモンソンのクロスにフアンマ・デルガドが頭で合わせたが、GK藤嶋の好守に遭う。すると、その2分後に失点。自陣内でフィフティフィフティのボールを松本に回収されクロスを上げられると、GK村上がファンブル。これをヴィニシウス・アラウージョに押し込まれた。敗戦は許されない福岡は67分に同点に。山岸のシュートのこぼれ球を途中出場したばかりの木戸が押し込む。81分には石津のシュートで山形ゴールに迫ったが反撃もここまで。1-1の引き分けに終わった。

3位に位置し昇格圏内フィニッシュを目指して上位を追走する長崎は、フクダ電子アリーナで15位のジェフユナイテッド千葉と対戦。前半、両チームにチャンスがあった中で0-0で試合を折り返して迎えた51分に長崎が先制点を挙げる。フィールド中央を持ち上がった氣田のスルーパスに抜け出した名倉がボックス中央へ侵入して左足でネットを揺らした。結局、これが決勝点となり1-0でホームの長崎が勝利。この結果、首位の徳島を筆頭に、勝ち点差「5」の中で2位の福岡と3位の長崎がひしめき合うことになった。

◆明治安田生命J2リーグ第35節
▽11/21(土)
大宮アルディージャ 0-0 FC町田ゼルビア
ジェフユナイテッド千葉 0-1 V・ファーレン長崎
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジュビロ磐田
ツエーゲン金沢 1-2 アルビレックス新潟
京都サンガF.C. 2-0 徳島ヴォルティス
愛媛FC 0-1 ザスパクサツ群馬
アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形
松本山雅FC 1-0 ファジアーノ岡山
FC琉球 1-1 ギラヴァンツ北九州
栃木SC 1-3 水戸ホーリーホック

▽11/22(日)
《14:00》
東京ヴェルディ vs レノファ山口FC
関連ニュース
thumb

京都、磐田はそろって勝利!琉球は敗れて上位2チームと差が広がる【明治安田J2第19節】

19日、明治安田生命J2リーグ第19節の6試合が各地で行われた。 3連勝後に3戦ドローと足踏み状態の首位京都(勝ち点38)は、アウェイで金沢と対戦した。序盤から攻勢に出る京都は6分に左サイドの敵陣深いところでスローインを得ると、飯田がロングスローの気配を見せつつ、ボックス手前の左に速いボールを入れる。受けた三沢がワントラップから迷いなく右足を振り抜くと、見事なミドルシュートがゴール左隅に決まり、ゲームを動かす。 追いかける展開となった金沢は29分に試合を振り出しに戻す。京都守備陣の背後のスペースを何度も狙い、右サイドの崩しから丹羽が至近距離でのシュート。これはGK若原に防がれたものの、続くCKからクリアボールを渡邊が拾ってミドルを狙う。これがウタカに当たってコースが変わり、GK若原の逆を突いた格好でネットに吸い込まれた。 それでも地力に勝る京都は36分、ゴール正面で松田天馬がキープして右へ小さくはたく。受けた三沢はヘッドアップし、これでもかというくらい周囲を確認すると、シュート性の低いボールを左のポスト方向へ。走り込んだ宮吉がファー詰めのような形で合わせ、再びリードを奪う。結局、これが決勝点となり、京都が首位をキープした。 破竹の5連勝で2位に浮上した磐田(勝ち点38)はホームに千葉を迎えた。雨中での一戦は31分に千葉がビッグチャンスを迎える。敵陣中央でボールを受けた船山が、ワントラップから反転して意表を突いたロングシュート。これはクロスバーに嫌われ、さらには37分にカウンターから見木が惜しい場面を作る。 押され気味のサックスブルーだったが、苦しい状況を打破したのは背番号10だった。前半のアディショナルタイムに鈴木雄斗からのクロスを山田がゴール前で胸トラップし、ハーフボレーを左隅に突き刺して先制点を奪取する。 後半も攻め込まれる場面が多かったものの、守備陣の奮起と相手の精度にも助けられて6連勝を達成。首位の京都をぴたりと追走した。 前節は4試合ぶりの白星を挙げて上位に踏みとどまった4位琉球(勝ち点36)は、アウェイで岡山と対戦。ゴールレスで迎えた42分、宮崎幾笑のシュートはポストに助けられるも、セカンドボールを上門に押し込まれて先制を許してしまう。後半に入っても61分に白井、84分には木村に追加点を奪われ、0-3の完敗。上位2チームとの差が開いてしまった。 ◆第19節 ▽6/19 栃木SC 0-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 2-2 レノファ山口FC 松本山雅FC 0-0 大宮アルディージャ ツエーゲン金沢 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 1-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山</span> 3-0 FC琉球 ▽6/20 《15:00》 SC相模原 vs 東京ヴェルディ 《18:00》 水戸ホーリーホックvs モンテディオ山形 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 vs 愛媛FC ▽6/21 《19:00》 ブラウブリッツ秋田 vs アルビレックス新潟 2021.06.19 21:14 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州DF河野貴志がトレーニング中に負傷、右大腿二頭筋肉離れと診断

ギラヴァンツ北九州は17日、DF河野貴志の負傷を発表した。 河野は13日に行われたトレーニング中に負傷。検査で右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治約8週間とのことだ。 関西大学から2019年入団の河野。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグでセンターバックとして4試合に出場していた。 2021.06.17 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮の10番、黒川淳史が入籍を発表「今まで以上に強い責任感を持って精進」

大宮アルディージャは17日、MF黒川淳史(23)が入籍したことを発表した。 クラブの発表によると、お相手は一般女性とのことだ。 黒川はクラブを通じて「私事ですが、このたび入籍いたしましたことをご報告させていただきます。選手として今まで以上に強い責任感を持って精進を続け、幸せな家庭も築いていけるように努めていきたいです。今後とも、よろしくお願いいたします」と喜びとともに、覚悟を語った。 黒川は大宮の下部組織出身で、2018年、2019年は水戸ホーリーホックへと期限付き移籍。2020年に復帰すると背番号10を背負い、明治安田生命J2リーグで37試合に出場し7得点を記録していた。 今シーズンもここまでの明治安田J2で全18試合に出場しているが、ゴールを挙げられず。チームは降格圏に低迷している。 2021.06.17 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球の選手とスタッフ1名ずつが新型コロナ陽性判定

FC琉球は16日、選手1名とスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定受けたことを発表した。 当該選手は、14日に行われたJリーグ公式検査で陽性疑いの判定を受け、医療機関にて陽性と診断されたとのこと。選手には発熱などの症状がないという。 この結果、13日と14日にトップチームの選手・スタッフがPCR検査を実施。15日にスタッブ1名が陽性判定を受けたとのことだ。残りの選手とスタッフは陰性が確認されている。 また、管轄保健所から当該選手に対する濃厚接触者はいないと判断されているものの、スタッフに対してはクラブスタッフ2名が濃厚接触者と判定されたとのこと。クラブスタッフ2名につきましては管轄保健所の指示に従いPCR検査を受検するとのことだ。 なお19日に予定されている明治安田生命J2リーグ第19節のファジアーノ岡山戦は、試合当日のキックオフ3時間前にJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施。オンサイト検査で陰性になった選手・スタッフのみが試合にエントリーされる。 2021.06.16 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟と京都が揃って勝点逸…遠藤保仁J通算700試合到達の磐田が2位浮上【明治安田J2第18節】

13日、明治安田生命J2リーグ第18節の全試合が各地で行われた。 ここ数試合で調子を落とす京都と新潟は今節も苦しむことになった。群馬をホームに迎えた2位の京都(勝ち点37)は、12分にバイスのロングボールを起点に味方の落としを受けたウタカのシュートというシンプルな展開で先制。しかし、前半アディショナルにPKを献上し、同点とされてしまう。 それでも64分に、ボックス中央のこぼれ球を拾ったウタカのゴールで勝ち越し。だが、77分の群馬のCKで渡辺にヘディングシュートを流し込まれ再び同点に持ち込まれると、結局2-2で決着。3試合連続ドローとなった。 一方、首位の新潟(勝ち点37)も岡山とのホーム戦。前半に再三のチャンスを作りながらもゴールレスで後半を迎えると、68分に上門に守備ラインの隙を突かれ失点。 その後、島田と藤原がミドルシュートを狙うも、GK金山がゴールに蓋をする。さらに後半アディショナルタイムでは、CKから鈴木がヘディングシュートを放つが、左ポストに嫌われ万事休す。0-1で敗れ、ここ5試合で3敗目を喫した。 そして、そんな上位2チームの喉元に食らいついたのが3位の磐田(勝ち点35)だ。5位の甲府(勝ち点30)との上位戦となったなか、この試合で遠藤保仁がJ通算700試合出場を達成。 そんな記念すべき試合は意外なスタートを切る。4分、クリアボールからルキアンにボールが渡って一気にチャンスを迎えた磐田。ここにチェックにいったメンデスがボックス手前で背後から倒してしまい一発退場に。 これで大きなアドバンテージを得たホームの磐田は15分、遠藤の左CKのセカンドボールを拾った大津が、ボックス中央から強烈なシュートをGKの頭上に突き刺し先制。 最後までこのゴールを守り切り、磐田が破竹の5連勝。京都と勝ち点38で並び、2位に浮上している。 その他では、霜田正浩監督を迎え、新体制となった大宮がホームで栃木と対戦。開始5分にイバのゴールで幸先よく先制するも、40分に矢野にゴールを許し1-1のドロー。連敗は回避したものの、14試合未勝利となった。 ◆第18節 ▽6/13 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-0 SC相模原 ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> 京都サンガS.C. 2-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 松本山雅FC FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 愛媛FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> 大宮アルディージャ 1-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 ギラヴァンツ北九州 2021.06.13 22:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly