スアレスが10人のビルバオ相手に大暴れのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.11.23 22:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが決めたハットトリックだ。

◆スアレスが10人のビルバオ相手に決めたハットトリック

2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、貴重な得点源としてゴールを量産。FWリオネル・メッシと共に相手守備陣を翻弄した。

抜群の得点センスと優れたテクニックで華麗なプレーを見せてきたスアレスだが、2016年1月17日に行われたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事なハットトリックを決めている。

開始4分で相手GKが1発レッドカードで退場となったこの試合。10人の相手に対して、バルセロナが一方的に攻め、2-0で迎えた47分、ネイマールの絶妙スルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したスアレスが、GKとの1vs1を冷静に流し込み、3点目を決める。

続いて4-0とリードを広げて迎えた69分、右サイドのMFアルダ・トゥランのふわりとしたクロスをボックス内で受けたスアレスは、走りながらの胸トラップで見事にボールをコントロールし、至近距離からゴールを決める。

最後は82分、メッシの右サイドからのクロスに頭で合わせ、ゴールショーをハットトリックで締めくくった。

試合は、終始攻撃の手を緩めなかったバルセロナがそのまま6-0で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

まさに縦横無尽!メッシがアトレティコ相手の歴史的大勝で見せた半端ないゴール3連発【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがアトレティコ相手に決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4ZFBGN21hViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高峰の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 絶対的エースとして活躍を続けるメッシだが、2011年9月24日に行われたラ・リーガ第6節のアトレティコ・マドリー戦では、縦横無尽のパフォーマンスでアトレティコ守備陣を翻弄し、ハットトリックを記録している。 まずは2-0とバルセロナがリードして迎えた26分、右サイド深くでボールを持ったメッシは、ドリブルでボックス内に侵入すると、キレのあるキックフェイントでDF2人を一気に置き去りにし、鋭いシュートでGKティボー・クルトワのニアポストを抜き、この日1点目を挙げる。 続く78分、相手陣内中央でボールを受けたメッシが再び仕掛けていく。高速ドリブルでDFを寄せ付けずに、ボックス内に侵入すると、意表を突くタイミングでゴール右に正確なシュートを沈め、2点目をマーク。 最後は終了間際の91分、FWダビド・ビジャとのワンツーからメッシが抜け出すと、ゴール左の角度の厳しい位置からクルトワの股を抜くシュートを決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合は大量5得点を挙げたバルセロナが、強豪アトレティコ相手に5-0と歴史的大勝を収めている。 2021.01.16 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナらしい鮮やかなパス回しから、メッシがハットトリックの大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆美しいパス回しからメッシが決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuOUhzcHFVcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 エースとして活躍を続けるメッシだが、2016年3月3日に行われたラ・リーガ第27節のラージョ・バジェカーノ戦では、クラブのフィロソフィーを体現する美しいパス回しから、ハットトリックを記録している。 まずは1-0とバルセロナリードの23分、メッシのスルーパスに抜け出したFWネイマールがボックス内に侵入すると、相手を引き付けてからメッシに折り返しのパス。フリーでパスを受けたメッシが、冷静にゴール左下にシュートを沈め、1点目を決める。 続く53分、右サイドのスペースに抜け出したDFセルジ・ロベルトのクロスを相手がブロックするも、こぼれ球をFWルイス・スアレスがシュート。このシュートは右ポストに嫌われるも、跳ね返りをゴール前で収めたメッシがしっかりとゴールを決め、2点目をマークする。 最後は、ハーフウェイラインからMFセルヒオ・ブスケッツが一気に前線へスルーパスを送ると、メッシがそのまま独走態勢に。ボックス内に侵入し、ゴール右にシュート決め、見事なハットトリックを決めてみせた。 試合は、メッシのハットトリックを含む5ゴールを奪ったバルセロナが、5-1でラージョ相手に大勝を収めた。 2021.01.15 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デンマークが誇るレジェンドMFレアビーがバイエルンで決めた、弾丸シュート3連発による圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元デンマーク代表MFセーレン・レアビー氏がバイエルンで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆デンマークの名手レアビーが決めた圧巻のハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyeUZLNjZ3YyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国デンマークでのデビューを経て、名門アヤックスでブレイクを果たしたレアビー氏は、代表チームでも当時世界を席巻した“ダニッシュ・ダイナマイト“の一員として活躍した。 1983年から1986年までの3シーズンはバイエルンで過ごし、公式戦126試合に出場し、27ゴール18アシストを記録したレアビー氏だが、1984年8月29日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦では、圧巻のハットトリックを決めている。 まずは1-0とバイエルンリードの39分、相手陣内中央でバイエルンがFKを得ると、キッカーはレアビー。ゴールからの距離を感じさせない強烈な左足のシュートは、浮き上がるような弾道で一直線に飛んでいき、ゴール左上に突き刺さった。 続いて2-1と1点差に詰め寄られて迎えた53分、味方のロングフィードから裏に抜け出したレアビーは、胸トラップでボールを収めると、ボックス内左から強烈なボレーシュートを叩き込み、これで2点目。再びリードを広げるゴールを決めてみせた。 最後は3-2と再び1点差で迎えた87分、ボックス手前右からのFKをレアビーが蹴ると、意表を突く強烈なグラウンダーのシュートをゴール右に決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合はレアビーのハットトリックで打ち合いを制したバイエルンが、4-2でブレーメンに勝利している。 2021.01.13 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGで無双状態を誇ったズラタンがトゥールーズ相手に決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがトゥールーズ相手に決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPUGNWaGJMdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 39歳ながらも、今なおミランで圧巻のパフォーマンスを見せ続けるイブラヒモビッチ。これまでアヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、PSG、マンチェスター・ユナイテッドなど錚々たるクラブの数々でゴールを決めてきた。 PSGでは、積極補強で急速に戦力を伸ばしたチームの大黒柱として公式戦180試合156ゴールを記録。無双状態となっていたイブラヒモビッチだが、2014年2月23日に行われたリーグ・アン第26節のトゥールーズ戦では、ハットトリックを記録し、チームの勝利に貢献している。 まずは0-0で迎えた32分、FWエセキエル・ラベッシが獲得したPKをイブラヒモビッチが落ち着いて決め、先制点を挙げる。 続いて2-1とPSGリードの69分、左サイドでPSGがFKを得ると、キッカーのMFヨアン・キャバイエが鋭いクロスをボックス内に上げる。このボールにイブラヒモビッチが頭で合わせると、ヘディングシュートがゴール右のネットに刺さり、相手を突き放す3点目を挙げた。 最後は3-2で迎えた89分、この試合2つ目となるPKを蹴ると、一度はGKに弾かれたものの、こぼれ球をしっかりと詰め、見事なハットトリックを達成してみせた。 試合は点の取り合いになったものの、イブラヒモビッチのハットトリックなど、大量4得点を挙げたPSGが4-2で勝利している。 2021.01.11 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和レッズでもプレーした名手ベギリスタインがバルセロナで決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元スペイン代表FWチキ・ベギリスタイン氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ベギリスタインがバルサで決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyUDlEOGJZeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 現役時代はレアル・ソシエダ、バルセロナでの活躍が有名なベギリスタイン氏。特にバルセロナでは、リーグ優勝4回やチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前進)優勝など、主要タイトル8つを獲得した。1997年から1999年には浦和レッズでもプレーしており、日本でも名を知られる存在となっている。 現役引退後はディレクター職を務め、現在はマンチェスター・シティでテクニカル・ディレクター(TD)として手腕を振るうベギリスタイン氏だが、バルセロナ時代の1991年2月24日に行われたラ・リーガ第23節のレアル・バジャドリー戦では圧巻のハットトリックを決めている。 まずは1-1で迎えた43分、味方のシュートのこぼれ球に詰めたベギリスタインが豪快なボレーシュートを沈め、勝ち越しゴールを記録する。 続く後半開始早々の46分、スルーパスにベギリスタインが抜け出すと、飛び出して来た相手GKに対して、頭上を越えるループシュートを決め、チームの3点目をマークする。 直後の53分にも、左サイドからボックス内に侵入したベギリスタインが鋭いグラウンダーのシュートをゴールに突き刺し、圧巻のハットトリックを決めてみせた。 試合はベギリスタインのハットトリックを含む大量5ゴールを挙げたバルセロナが5-1で勝利している。 2021.01.09 20:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly