PSGの高速ロングカウンターから、カバーニのお手本のようなヘディングが炸裂【チーム・ゴールズ】

2020.11.19 16:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。

◆高速ロングカウンターからカバーニがヘディングを叩き込む

2013年にナポリからPSGに移籍したカバーニは、エースの1人として活躍。貴重な得点源として、クラブ歴代最多となる200ゴールを記録した。

大型FWながら、ハードワークも厭わない現代的なストライカーであるカバーニだが、2016年11月27日に行われた、リーグ・アン第14節のリヨン戦では、見事なカウンターから長い距離を走り切り、ゴールを決めている。

1-1と同点のまま終盤に差し掛かった81分、リヨンがPSGボックス内でチャンスを迎えるもPSGがカット。右サイドのスペースに走り込むDFセルジュ・オーリエに素早くボールが渡ると、カウンターを発動させる。オーリエがドリブルで相手陣内までボールを運ぶと、後方からスピードに乗って上がってきたDFトーマス・ムニエにスルーパスを出す。

ボックス右でボールを持ったムニエがダイレクトでクロスを上げると、長い距離をスプリントしてきたカバーニが、長い滞空時間の完璧なヘディングを合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。

このゴールで2-1としたPSGが、そのまま試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

三冠達成チームのインテルが華麗なパス回しでミランディフェンスを鮮やかに切り裂く!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トレブル達成のインテルがダービーで見せた美しい連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIybDJxejZxNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏にジェノアからインテルに加入したモッタ氏。ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられたチームは、モッタ氏の加入初シーズンから、多くのタイトルを勝ち取った。 セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ(CL)の三冠を達成することになる2009-10シーズンは、序盤からチーム状態の良さを見せていたインテルだが、2009年8月29日に行われたセリエA第2節、ミランとのミラノ・ダービーでは、連携の良さを物語る素晴らしいゴールをモッタが決めている。 0-0で迎えた30分、右サイドでDFマイコンがボールを持つと、FWサミュエル・エトーとDFハビエル・サネッティの3人でパス交換をしながらボールを運び、中央のモッタにパスを出す。 モッタがワンタッチでエトーへパスすると、エトーもワンタッチでボックス手前のFWディエゴ・ミリートへショートパス。すると、ミリートがエトーに釣られた相手DFが空けたスペースに走り込んだモッタに見事なパスを通す。ゴール前でボールを受けたモッタが、ゴール左上にしっかりとシュートを決め、華麗な連携から先制ゴールを挙げた。 このゴールで勢いに乗ったインテルはダービーマッチで4-0の快勝を収めている。 2020.11.27 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル攻撃陣の小気味良いワンタッチパス応酬から、最後は名手グティが決める【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元スペイン代表MFグティ氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆名手グティが美しいパスワークからフィニッシュを決める<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzcmR1RDNiMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーユース出身のグティ氏は、1996年にファーストチームに昇格すると、世界中のスーパースターが集まるチームの中でも生え抜きのMFとして活躍。天才的なビジョンから繰り出されるパスから、“時を止める男”の異名を取った。 キャリアを通して美しいアシストを多く記録したグティ氏だが、2004年1月7日に行われたコパ・デル・レイ、ラウンド16のエイバル戦では、美しいパス回しからゴールを決めている。 0-0で迎えた37分、センターサークル付近からMFエステバン・カンビアッソ、MFサンティアゴ・ソラーリ、FWハビエル・ポルティージョが小気味良いワンタッチパスでボールを前線に運ぶと、DFフアンフランがドリブルでボックス内左深部に侵入。横パスを入れると、ゴール前でグティこのパスに合わせ、見事なワンタッチパスの応酬から先制点を挙げた。 素晴らしい連携からゴールを決めたマドリーだったが、追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.11.27 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ワールドクラスの連携が光るレアル・マドリーの鮮やかな中央突破をベンゼマがフィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マドリーが見せたワールドクラスの連携をベンゼマがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzaktkV05kVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスの名門リヨンでデビューしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。選手の入れ替わりが激しいスター軍団の中で、不動のCFとしての地位を確立させた。 ストライカーながらアシストを量産するなど、ポストプレーも得意とするベンゼマだが、2016年1月24日に行われたラ・リーガ第21節のレアル・ベティス戦では、味方の完璧なお膳立てからゴールを決めている。 0-1とマドリービハインドの71分、DFダニエル・カルバハルが右サイド深くでボールを受けると、近くのMFハメス・ロドリゲスにパスを送る。ハメス・ロドリゲスがMFトニ・クロースとの鮮やかなパス交換でゴール前に抜け出すと、飛び出してきたGKの手前でベンゼマに横パス。完全ノーマークのベンゼマが無人のゴールにシュートを流し込み、見事な同点ゴールを挙げた。 終盤に入り、見事な連携から同点に追いついたマドリー。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.11.27 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベッカム、ロビーニョ、ロナウド、ラウール…スーパースターたちによる鮮やかな銀河系速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スター軍団が見せた鮮やかな連携<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpOXliaWhSViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1994年のトップチームデビュー以来、スーパースターが集まるチームの中の生え抜きのエースとしてマドリディスタから愛されたラウール氏。クラブの象徴として多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のサッカーセンスで、何でもこなす万能FWとして活躍したラウール氏だが、“銀河系軍団”全盛期の2005年8月28日に行われたラ・リーガ開幕節のカディス戦では、スター選手たちの見事な連携からゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた85分、自陣からMFデイビッド・ベッカムが正確なロングパスを前線に入れると、FWロビーニョが胸トラップでボールをコントロールし、走り込んできたFWロナウドにボールを渡す。ロナウドがその勢いのまま一気にボックス内に侵入し、GKとの1対1の場面を作ると、意表をつく横パスをラウールに送り、フリーのラウールが勝ち越しゴールを決めてみせた。 このゴールで2-1とリードを奪ったマドリーが開幕戦を勝利で飾っている。 2020.11.26 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールとの天王山で、シティが反撃の狼煙を上げたサイドアタック【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・ソシエダの元スペイン代表MFダビド・シルバがマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シルバが決めた反撃の狼煙を挙げるチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUYlUyamZwVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したシルバ。急速に力を付けていたシティの絶対的司令塔として長年活躍し、多くのタイトルを勝ち取った。 抜群のテクニックとパスセンスで、試合のテンポをコントロールするシルバだが、2014年4月13日に行われたプレミアリーグ第34節のリバプール戦では、見事な連携からゴールを決めた。 ブレンダン・ロジャーズ監督の下、初のプレミアリーグ優勝に向けて首位を走っていたリバプールとの対決となったこの試合。 序盤にリバプールに2点の先制を許し0-2とビハインドで迎えた57分、右サイドから、MFフェルナンジーニョとのワンツーで抜け出したMFジェームズ・ミルナーが、ボックス内右深くから折り返しのパスを入れる。このパスにゴール前でシルバが合わせ、1-2と反撃のゴールを決めた。 このゴールで勢いを取り戻したシティは、直後に2-2と同点に追いついたものの、MFフィリペ・コウチーニョのゴールで勝ち越しを許し、2-3と敗北。リバプールが怒涛のリーグ10連勝を飾っていた。 2020.11.25 20:00 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly