秋田のJ3無敗優勝に村井満チェアマンがコメント「Jリーグ史上初の快挙」

2020.11.19 09:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグの村井満チェアマンが、明治安田生命J3リーグを制したブラウブリッツ秋田にコメントした。秋田は18日、明治安田J3第28節でガンバ大阪U-23と対戦。中村亮太の2ゴールで0-2と勝利を収めた。

◆ブラウブリッツ秋田が無敗でJ3優勝!

今節の優勝の条件として、秋田が勝利し、2位のAC長野パルセイロが敗れることが条件だったが、同時刻に行われてたAC長野パルセイロvsガイナーレ鳥取の試合は0-0で90分が経過。しかし、後半アディショナルタイム4分に左サイドからのクロスを新井光がヘッド。これはGKがセーブするも、こぼれ球をボレーで蹴り込み勝利。土壇場で長野が敗れ、優勝が決定した。


村井チェアマンは秋田の優勝にコメントした。

「ブラウブリッツ秋田の皆さま、2020明治安田生命J3リーグ優勝、そしてJ2への昇格、誠におめでとうございます。選手、監督、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてファン・サポーターの方々へ心よりお祝い申し上げます」

「今日の優勝を掴み取るまで、開幕から28戦無敗という、Jリーグ史上初の快挙を達成しました。また、今シーズン6試合を残しての優勝も、J3リーグでは最速の記録です」

「ここまでの失点はわずか8点。6・7月度のKONAMI月間MVPを獲得したGK・田中雄大選手を筆頭に、圧倒的な守備力は間違いなくチームを支えました。一方、バックラインから前線への素早く力強いパスなど、積極的な攻めの姿勢も、いつも観る者を沸かせてくれました」

「開幕が4カ月ほど遅れるという過去にないシーズンでしたが、無敗での優勝・J2昇格というこれ以上ない結果が、クラブと地域、ファン・サポーターとの結びつきを更に強固にした、まさにクラブのスローガンである「結」を体現したシーズンではないでしょうか」

「初めてとなるJ2の舞台でも、この勢いのまま、より一層の熱戦を繰り広げてくれることを楽しみにしています」
関連ニュース
thumb

秋田がGK田中雄大の反スポーツ的行為を謝罪、山形との“奥羽本線ダービー”で頭突きのような行為「人として行ってはならない事」

ブラウブリッツ秋田は18日、GK田中雄大の行為を謝罪した。 秋田は17日、明治安田生命J2リーグ第8節でモンテディオ山形と対戦。“奥羽本戦”と銘打って行われた試合は、0-0のゴールレスドローに終わっていた。 隣県同士がJリーグで初顔合わせとなった一戦。事件は後半アディショナルタイム2分に起こる。 山形の右CKからこぼれ球を繋いで浮き球が送られると、最後はGK田中がキャッチ。そこに競りに行った山形FW林誠道が接触しそうになる。 体を当てにいったプレーではなかったが、この行為に田中が激怒。頭突きをする動きを見せると、一触即発の状態に。MF加藤大樹の怒りが収まらないなど一触即発状態になると、田中にイエローカードが出された。 この行為について、秋田は反スポーツ的行為だったとし謝罪文を掲載した。 「田中選手は本件行為を深く反省し、クラブを通じてモンテディオ山形の選手ならびに関係者の皆様に謝罪を行いましたことをご報告申し上げます」 「モンテディオ山形の選手並びにスタッフ・関係者の皆様、サッカーを愛し広く応援されている皆様、ブラウブリッツ秋田のファン・サポーターの皆様に、深くお詫び申し上げます」 「クラブとしてはAKITA STYLEに掲げる「誠実・献身─秋田県民の献身さを、私たちはフェアプレー精神と誠実さで表現します」を体現すべく、本人のみならず全選手・スタッフに指導をして参ります」 また、田中本人もクラブを通じて謝罪。反省している旨を伝えた。 「この度は、モンテディオ山形戦での私の軽率な行動で、林誠道選手そしてモンテディオ山形に関わる全ての皆様、サッカーファンの皆様、ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様に多大なるご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした」 「このような行動は、サッカー選手としての前に、人として行ってはならない事であったと深く反省しております」 「もう二度と、このような事は起こさぬようにいたします。改めて、大変申し訳ございませんでした」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ブラウブリッツ秋田vsモンテディオ山形</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=nno2nttpw4xz1pjigi4cfmfpf" async></script> 2021.04.18 18:33 Sun
twitterfacebook
thumb

秋田退団のFW北脇健慈が関東1部のVONDS市原へ完全移籍

ブラウブリッツ秋田は5日、FW北脇健慈(29)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原へ完全移籍することを発表した。 北脇は東京ヴェルディの下部組織出身で、日本体育大学を経て2014年に東京Vに入団した。 その後、FC鈴鹿ランポーレ(現鈴鹿ポイントゲッターズ)への期限付き移籍を経て、2017年からY.S.C.C.横浜でプレー。2019年に秋田へ加入した。 秋田では2シーズンで14試合に出場し1得点を記録していた。 北脇はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして。北脇健慈です。VONDS市原の一員になれた事の喜びとともに責任を感じています」 「JFL昇格できるように頑張ります。そして、市原市民に愛されるクラブになれるよう、コロナ禍ではありますが、出来る限りの地域活動を積極的に行っていきたいと思います。今シーズン応援宜しくお願いします」 2021.02.05 12:22 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田が千田海人の右肩鎖関節脱臼を報告

ブラウブリッツ秋田は29日、DF千田海人の負傷を報告した。 千田は21日のトレーニング中に負傷。右肩鎖関節脱臼の診断結果が下り、復帰に向けてリハビリ中だという。 ベガルタ仙台下部組織育ちの千田は神奈川大学から2017年に入団。昨季は明治安田生命J3リーグ29試合3得点を記録した。 2021.01.29 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

J2参戦の秋田が仙台MF飯尾竜太朗を完全移籍で獲得

ブラウブリッツ秋田は26日、ベガルタ仙台を退団していたMF飯尾竜太朗(29)が完全移籍で加入することを発表した。 飯尾は、ヴィッセル神戸の下部組織出身。阪南大学から2013年に松本山雅FCへ入団。4シーズンを過ごすと、2017年からV・ファーレン長崎でプレー。2019シーズンに仙台に加入した。 2019シーズンはリーグ戦の出場機会はなかったが、2020シーズンは明治安田J1で18試合に出場し1得点を記録していた。 「こんにちは!飯尾竜太朗です。自分の持っている全ての力で、ブラウブリッツ秋田の勝利のために闘います。宜しくお願いします」 2021.01.26 11:13 Tue
twitterfacebook
thumb

秋田、東京学芸大のGK安田祐生の今季加入を発表!

ブラウブリッツ秋田は13日、東京学芸大学のGK安田祐生(22)の今季加入内定を発表した。 秋田県出身の安田は、秋田U-18で育ち、東京学芸大学に進学したGK。昨季は特別指定選手としてトップチームに登録されていた。 J2昇格を果たした秋田加入内定を受けて、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「2021シーズン、ブラウブリッツ秋田でプレーさせていただくことになりました。秋田でサッカーをできることを本当に嬉しく思います。『氣』溢れるプレーをして、みなさんと一緒に戦っていきたいと思います!よろしくお願いします!」 2021.01.13 13:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly