強豪相手に善戦のハマーズ、フォルナルスは欧州カップ戦出場を目指す! 「夢を持って戦い続けたい」

2020.11.17 13:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのスペイン人MFパブロ・フォルナルスがチームの欧州カップ戦出場権獲得に意気込んでいる。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。ウェストハムは昨季のプレミアリーグで第37節にようやく残留が決定する苦しいシーズンを送ったが、今季はレスター・シティやウォルバーハンプトンに勝利し、マンチェスター・シティやトッテナムから勝ち点1をもぎ取るなど健闘。ここまで8試合を消化して、暫定12位の位置に付けている。

そんなハマーズの中心選手として、今季のここまでリーグ戦全試合に出場し、2ゴールを記録するなどの活躍を見せるフォルナルスは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できる6位以内も十分可能だと意気込んだ。

「ここ数試合、信じられないほど強大な相手と戦い、チームとしてステップアップができたと思う。そのおかげで僕たちは今快適な順位にいるけど、ここから順位を上げていくための十分な品質と信念がここにはある」

「僕はビジャレアルでプレーした最初のシーズンで、ELの出場権を獲得できた。もちろん、ここ数年の経験から、まずはできるだけ早く(残留に必要とされる)勝ち点40を得る必要がある。でも、それ以降は夢を見ないとね」

「夢を持って戦い続け、今やっている仕事を継続する必要がある。そうすれば、シーズンを良い位置で終えることができるだろう」

また、フォルナルスは適応に苦しんだ昨季から一転し、今季のここまで好パフォーマンスを発揮できている理由として、デイビッド・モイーズ監督の用いるシステムを挙げ、指揮官を称賛した。

「アルチュール(・マスアク)とクレッシー(アーロン・クレスウェル)が左サイドでプレーしてくれるから、僕は中に入ることもできてとても快適だよ」

「僕のポジションはウイングのように守ったり、ストライカーと一緒にいたり、中盤にいたりする。説明が少し難しいね。試合の流れやその時の監督の考えなど、さまざまな要素で変化するんだ」

「試合前も試合中も監督はポジションを変えるから、[2-1-2]の一角でプレーすることもあれば、ワイドでプレーする時もある。監督やコーチが試合を見て判断するんだ。彼らは競争力のあるチームを作ろうとしているし、今はそれができていると思うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

トップ4肉薄のハマーズ、モイーズ監督も「野心的になりたい」と欧州カップ戦出場に意欲

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、欧州カップ戦の出場権獲得に意欲を示している。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ウェストハムは今シーズン、プレミアリーグ19試合を消化した現時点で7位の位置につけるなど、好調を維持。現在はリーグ3連勝を飾っており、25日に行われる第20節のクリスタル・パレス戦に勝利すると、他会場の結果次第で4位に浮上する可能性もある。 また、23日に行われたFAカップ4回戦では、3部のドンカスター・ローバーズを相手に着実に勝利し、5回戦進出。こうした好結果を受け、ウェストハムには来シーズンの欧州カップ戦出場を期待する声も増えてきている。 モイーズ監督もこうした声に対して公言はしなかったものの、欧州カップ戦出場を期待していると暗に認めた。 「(欧州カップ戦出場への期待について)選手たちには内緒で話すかもしれないね。だが、外で公表することはしないだろう。それを口にした途端、落ちていく可能性だってあるのだから」 「しかし、私は野心的になろうとしている。前進したいと考えており、今シーズンはすでにそれが達成できていると思うよ」 「我々はすでに大きな前進をしてきたが、それ以上のものを求めてもいるんだ。私ももっと多くを欲しているが、同時に小さな一歩を踏み出していくしかないことも知っている」 また、モイーズ監督は上位進出を目標とする一方、これから下位チームに追いつかれる危険性についても言及。シーズン後半戦も、これまで同様に優れたパフォーマンスを続けていく必要があると語っている。 「我々の下には、たくさんの良いチームがあるね。彼らを少しでも遠ざけるために、チームは本当に良いプレーをする必要がある」 2021.01.26 12:33 Tue
twitterfacebook
thumb

突然の轟音に試合中断!しかし、美しさに思わず主審と選手も空を見上げる

11日に行われたFAカップ3回戦のストックポート・カウンティ(5部) vs ウェストハムの一戦で、思わぬハプニングが起きた。 ストックポートのホームスタジアムであるエッジリー・パークで行われた一戦だったが、16分ごろ、突如として花火が打ちあがり、マイク・ディーン主審は思わず試合を中断させた。 <div id="cws_ad">◆ウェストハム美女スタッフによるロンドン・スタジアムツアー! (花火のシーンは記事下部)<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKRk9JZnl1QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イギリス『talkSPORT』によると、花火は2020年末にストックポートの路地でパトカーとの交通事故に遭い、入院している15歳の少年へのサポートとして行われたとのことだ。 コロナ禍で花火大会なども延期となる中、試合中に思わぬイベントの発生となったが、花火が打ちあがっている数分間は敵味方、そして審判関係なく、空を見上げる場面もあった。 試合は、5部ストックポートが粘りの守備を見せたものの、試合終盤のゴールでウェストハムが勝利。ドンカスター・ローバーズ(3部)との4回戦に駒を進めている。 ◆試合中に突如花火が<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/20210112fireworks.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> <div id="cws_ad">◆花火の美しさに主審とウェストハム主将が思わずシンクロ(動画はご覧いただけません)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hang it in the Louvre <a href="https://t.co/d9TnQ15FR4">pic.twitter.com/d9TnQ15FR4</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1348729530018619392?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.12 19:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ロンドンは離れたくない? ビッグクラブ関心のライスが友人に告白か

ビッグクラブから関心が集まるウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)だが、イギリス『ミラー』が伝えるところによると、去就に関する条件は決まっているようだ。 元々チェルシーの下部組織出身のライスはプロデビューしたウェストハムで才能が開花。広大な守備範囲、豊富な運動量、対人守備力の高さを武器に2019年5月にはイングランド代表デビューするまでに至った。 現在では古巣チェルシーを含め多くのビッグクラブが関心を寄せる逸材で、市場価値は8000万ポンド(約112億円)に上ると言われている。 将来的なステップアップは確実視されているライスだが、同選手は最近、ロンドンを離れたくないと話していたようだ。マンチェスター・ユナイテッドも注目しているようだが、ライスに近い情報筋は「マンチェスターに引っ越すとは思えない。彼が次にどこに行きたいかは明らかだ」とコメントしたという。 これが真実であるならば、ライスはチェルシー復帰に前向きであると考えられるが、果たして真意はどうなのだろうか。チェルシーのフランク・ランパード監督はその関心を明らかにしていたが…。 2021.01.11 17:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョシュア・キングがプレミア復帰か…エバートンら多くのクラブが関心

ボーンマスのノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)にプレミアリーグの複数のクラブが関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身のキングは、2015年夏にボーンマスに加入し、プレミアリーグで通算161試合に出場し48ゴール15アシストの数字を残していた。 しかし、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、ここまで8試合の出場で無得点。シーズン序盤のケガや、今季限りで契約切れとなるモチベーションの低下が影響しているのかもしれない。 それでもプレミアリーグからは引く手あまたで、ウェストハムやWBAは1500万ポンド(約22億円)の移籍金を支払うこともやぶさかではない様子。一方で、ニューカッスルは契約満了を迎える今夏の獲得を狙っているという。 その中で、最新の動きを見せているのがエバートンだ。今冬での獲得を目論むエバートンは移籍金を抑えるためトレードを提案している模様。これに対し、ボーンマスはキングを現金化したい意向のようだが、MFジャラッド・ブランスウェイトかDFジョンジョ・ケニーとのトレードであれば検討する姿勢とのことだ。 なお、今冬の移籍市場でFWセバスティアン・アラーをアヤックスに売却したウェストハムが補強のために本格的に動くと予想されており、売却により2000ポンド(約28億5000万円)の利益を得ている。 2021.01.11 14:59 Mon
twitterfacebook
thumb

WBA、ハマーズからスノッドグラスを完全移籍で獲得! ビッグ・サムもその経験と左足に期待

WBAは8日、ウェストハムから元スコットランド代表MFロバート・スノッドグラス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。 これまでリーズ・ユナイテッド、ノリッジ、ハル・シティを渡り歩いてきたスノッドグラスは、2017年1月にウェストハムに加入。2017-18シーズンは当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラに1年間のレンタルに出されたものの、ハマーズでの在籍期間に公式戦85試合11ゴール17アシストの数字を残していた。 今シーズンはEFLカップ3試合で2ゴール1アシストの活躍を見せた一方、プレミアリーグでは出場3試合でわずか2分のプレータイムとポジション争いに苦しんでいた。 それでも、屈強なフィジカルを生かした縦への推進力、高精度の左足のプレースキックに加え、豊富な運動量と攻守にわたる献身性を高く評価するサム・アラダイス率いるバギーズが、プレミア残留に導く切り札の一人として33歳のベテランMFを獲得することになった。 アラダイス監督はクラブ公式サイトを通じてスノッドグラスへの大きな期待を口にしている。 「彼が我々と共に挑戦することを選んだことを、心から喜んでいる」 「彼はプレミアリーグでの経験とクオリティを我々のチームに加えてくれるはずだ。その能力に加えて、ロッカールームの中でも並外れて優れていると、多くの人から聞いている」 2021.01.09 01:14 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly