神戸と同居の広州恒大、元バルサMFパウリーニョが負傷でACLメンバー外、リカルド・グラルが復帰

2020.11.16 22:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸にとっては朗報かもしれない。アジアサッカー連盟(AFC)は、広州恒大の元ブラジル代表MFパウリーニョが、負傷によりAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むチームから離脱したことを発表した。

今シーズンの中国スーパーリーグで2位に終わった広州恒大。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で変則的に行われたシーズンだったが、パウリーニョはリーグ戦14試合で9ゴール2アシスト。チャンピオンステージでは6試合で3ゴール2アシストとチーム得点王として活躍していた。

しかし、パウリーニョは太ももを負傷しているとのことで広州恒大のチームを離脱。代わりに、外国人枠から外れたFWリカルド・グラルがメンバー入りすることとなった。

グラルは過去広州恒大がACLを2度優勝した時の得点王。パウリーニョを欠くことは大きな痛手だが、ACLをよく知るストライカーの復帰はプラスに働くかもしれない。

広州恒大は神戸、そして水原三星ブルーウィングスとグループGで同居。ジョホール・ダルル・タクジムはマレーシア政府からカタールへの渡航許可が下りず、ACLを棄権。3チームでグループステージを戦うこととなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

【ACLプレビュー】再開のACL、神戸は中国の雄・広州恒大と激突《広州恒大vsヴィッセル神戸》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節の広州恒大(中国)vsヴィッセル神戸が行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆9カ月ぶりのACL <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> ヴィセル神戸は2月19日に第2節で水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦し0-1で勝利。それ以来、9カ月ぶりのACLでの試合となる。 明治安田生命J1リーグではなかなか結果を残せず、トルステン・フィンク監督をシーズン途中に解任。三浦淳寛監督にとっては初のACLでの指揮となる。 チームは直近のJ1リーグで5連敗と最悪な状況。攻撃陣も5試合で2点しか奪えておらず、苦しい中でのACL再開となってしまった。 過去を振り返っても仕方ないが、逆に気持ちを切り替えてACLモードになれるかどうか。チームとしての目標であるアジアでのタイトル獲得に邁進したい。 ◆再開初戦はドロー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する広州恒大は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで1試合を戦っている。 22日に水原三星と対戦し、0-0のゴールレスドロー。ACLの再開戦で勝利を挙げることはできなかった。 今シーズンは変則的に行われた中国スーパーリーグでファイナルまで進出するも、江蘇蘇寧に敗れてしまいタイトルを逃す事態に。さらに元ブラジル代表MFパウリーニョがケガによりACLメンバーから外れるという苦境に立たされている。 それでもACLでの経験豊富なFWリカルド・グラルが代わりにメンバー入り。また、中国代表FWエウケソンもおり経験値では神戸よりも上だ。 今シーズンのACL初勝利を目指して神戸にどのような戦いを挑むだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:西大伍、大崎玲央、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、郷家友太 MF:小川慶治朗、アンドレス・イニエスタ、古橋亨梧 FW:ドウグラス 監督:三浦淳寛 ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/kobe20201125_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はMFアンドレス・イニエスタをピックアップ。 今シーズンはケガなどもありながら、明治安田J1で26試合に出場し4ゴールを記録。チームの攻撃の軸であることは変わらず、そのテクニックの高さを存分に発揮している。 チームとしては最近得点に恵まれない展開となっているが、アジアの舞台でもイニエスタの力は必要なはず。チームの悲願でもあるACL制覇へイニエスタがどんな輝きを見せるだろうか。 2020.11.25 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸と同居の水原三星vs広州恒大は決定力を欠いてゴールレスドロー《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第1節、水原三星ブルーウィングス(韓国)vs広州恒大(中国)が22日にカタールで開催され、0-0のゴールレスドローに終わった。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。 グループGではヴィッセル神戸と同居。またマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムがカタールへの渡航許可が政府から下りなかったことを理由に棄権。3チームでの争いとなることが決定した。 神戸に敗れている水原三星と初戦となる広州恒大の一戦。広州恒大はチームの中心だった元ブラジル代表MFパウリーニョがケガで登録メンバーから外れるピンチ。代わりに登録されたFWリカルド・グラルが先発した。 立ち上がりは水原三星のペース。15分にはボックス手前でクリアボールを拾ったキム・テファンがミドルシュートも枠を外れる。 水原三星がペースを握った立ち上がりだが、その後は広州恒大が盛り返す展開に。30分にはガオ・リンがハーフボレーでゴールを狙うが、これはディフェンスにブロックされる。 その後も押し込む広州恒大だったが、最後までゴールを割れずに後半へ。後半も立ち上がりは水原三星がペースを握ると開始直後にパク・サンヒョクがシュート。しかし、これはGKリウ・ディアンズオがセーブする。 60分にもキム・テファンが決定機。ボックス手前右でパスを受けると、左足一閃。しかし、このシュートはサイドネットを揺らしてしまう。 防戦が続いた広州恒大は63分にワンツーでボックス内に侵入したウェイ・シーハオが豪快にシュート。しかし、これは枠を外れていく。 最後まで互いに決定力を欠いた試合は0-0で終了。引き分けに終わった。なお広州恒大は25日にヴィッセル神戸との試合が控えている。 水原三星ブルーウィングス 0-0 広州恒大 2020.11.23 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。 類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。 これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。 なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。 2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

エデル&A・テシェイラ弾で広州恒大を下した江蘇蘇寧がクラブ史上初のリーグ制覇!《中国スーパーリーグ》

中国スーパーリーグ決勝戦2ndレグの広州恒大vs江蘇蘇寧が12日に行われ、1-2で江蘇蘇寧が勝利。この結果、2戦合計スコア1-2で江蘇蘇寧が中国スーパーリーグ初優勝を飾った。 今シーズンの中国スーパーリーグは新型コロナウイルスの影響でレギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で8チームずつ2グループに分けてのグループステージ方式に変更。各グループ上位4チームが決勝トーナメントに進む形で開催された。 決勝戦は、大連で開催されたグループAを首位で通過し準々決勝で河北華夏を、準優勝で北京国安を撃破した広州恒大と、同じくグループAを2位で通過し準々決勝で重慶力帆を、準決勝で上海上港を撃破した江蘇蘇寧によって行われた。 4日前に江蘇蘇寧のホームで行われた1stレグでは、互いに一歩も譲らずゴールレスドローで終えていた優勝が決まる一戦。広州恒大はタリスカが、江蘇蘇寧はエデルとアレックス・テシェイラが最前線に構えた中、ホームチームの広州恒大が押し込む展開で立ち上がっていく。 膠着状態が続く中、先にスコアを動かしたのはアウェイの江蘇蘇寧。43分、相手CKのこぼれ球を自陣で拾ったA・テシェイラがドリブルで持ち上がると、後方から追ってきたヒー・チャオにボックス付近で倒される。主審は1度PKを宣告がVARによる検証の結果、倒れた場所はわずかにボックスの手前だったためPKは取り消された。 しかし、このプレーでヒー・チャオにはレッドカードが提示され退場に。さらに数的有利となった江蘇蘇寧は、獲得したFKからエデルがゴールを狙うと壁に当たったボールが直接ゴール左に突き刺さった。 先制した江蘇蘇寧は、後半開始早々に追加点を奪う。47分、自陣中盤でボールをカットしたウー・シイが素早く前線にロングボールを供給。ブラウニングのクリアミスをボックス右手前で奪ったA・テシェイラがカットインからコントロールショットをゴール左隅に流し込んだ。 リードを広げられた広州恒大は、61分にチョン・イーハオの左クロスをゴール前に抜け出したウェイ・シーハオがヘディングで流し込み、1点を返したが反撃はここまで。 2戦合計スコア2-1で逃げ切った江蘇蘇寧が、創設26年目にして初の中国スーパーリーグ制覇を成し遂げた。 2020.11.13 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

5カ月遅れで中国スーパーリーグが開幕!王者・広州恒大が2発完勝で白星発進!!《中国スーパーリーグ》

25日、中国スーパーリーグが開幕。広州恒大vs上海申花の試合が行われた。 2月22日に開幕予定だった中国スーパーリーグだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、無期限延期を決断。7月1日に中国サッカー連盟が25日に開幕することを発表していた。 アジアでは5月上旬に韓国のKリーグ1が再開。日本の明治安田生命J1リーグも7月4日から再開しており、中国スーパーリーグもその流れに続くこととなった。 昨シーズンのリーグ戦王者である広州恒大と中国FAカップ王者の上海申花による開幕戦。試合は開始早々の7分にパウリーニョのパスをボックス左横で受けたウェイ・シーハオがカットインからゴール右隅にシュートを突き刺し、広州恒大が先制した。 後半に入り上海申花は、55分に元コロンビア代表FWジョバンニ・モレーノを、64分には元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを投入し攻撃の活性化を図る。 しかし、再びスコアを動かしたのは広州恒大。65分、右サイドを抜け出したヤン・リーユーがボックス右から侵入。相手GKを引きつけ折り返しを入れると、逆サイドのウェイ・シーハオが無人のゴールへ流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。連覇を目指す広州恒大が白星スタートを切った。 広州恒大 2-0 上海申花 【広州恒大】 ウェイ・シーハオ(前7) ウェイ・シーハオ(後20) 2020.07.26 02:32 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly