ピルロ監督お怒りか…C・ロナウドに「自己中心的なプレーだった」と名指しで批判

2020.11.07 16:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、利己的なプレーが目立つポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを批判している。『ESPN』が伝えた。4日にチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節でハンガリー王者のフェレンツヴァーロシュと対戦したユベントス。FWアルバロ・モラタの2ゴールやFWパウロ・ディバラのゴールなどで4-1の快勝を収めたが、ピルロ監督は、今季初めてCLに出場したC・ロナウドは勝利に貢献できていなかったと感じているようだ。

試合後のイタリア『スカイ』のインタビューで同監督は、勝つためには利己的なプレーを避ける必要があると説いたうえで、試合を通じてそういったプレーが目立ったC・ロナウドを名指しで批判している。

「場合によってはパスの方がベターなこともある。特にゴール付近ではね。一般的に、試合を早く終わらせるためには利己的なプレーはなるべく避けた方がいい。私は試合前に選手たちに多くの要求をするが、ピッチの上では彼らの決断が絶対的なものになる」

「モラタは寛大で、前半はC・ロナウドのプレーに従っていた。後半も彼からのパスを待つ場面があったが、結局来なかった。自己中心的なプレーだったよ」

コメント
関連ニュース
thumb

11月のセリエA月間MVPにC・ロナウドが選出!

レガ・セリエAは4日、11月の月間MVPにユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを選出した。 新型コロナウイルス陽性から復活したC・ロナウドは11月のセリエA3試合で5ゴールをマーク。スペツィア戦でドッピエッタ、ラツィオ戦で1ゴール、カリアリ戦でドッピエッタを記録していた。 9月はアタランタの元アルゼンチン代表FWアレハンドロ・ゴメスが、10月はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがそれぞれ同賞を受賞していた。 2020.12.05 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

右足太もも負傷のデミラルが年内欠場の可能性

ユベントスは3日、トルコ代表DFメリフ・デミラルの右足太ももの負傷を発表した。10日後に再検査を行い、離脱期間が明確になるとのことだが、『フットボール・イタリア』によれば年内欠場の可能性もあるという。 デミラルは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ディナモ・キエフ戦で先発。後半24分に交代していた。 ユベントスは今後、セリエAでトリノとのダービー、CLで首位通過を懸けたバルセロナ戦を控えるが、デミラルの欠場が確実となった。 デミラルは今季ここまで公式戦9試合に出場し、準主力としてバックラインを支えていた。 2020.12.04 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

CLでアベックゴール記録を持つ5組の親子とは? 最新キエーザ親子にフランスやオランダのレジェンドも

2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦で、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが大会初ゴールを決めたことにより、あるジャンルで5組目の快挙となった。 試合の21分に3-0の快勝の口火を切るヘディングシュートを決めたキエーザ。フィオレンティーナからローンで加入中の同選手にとっては今大会が初めてのCLで、このゴールが記念すべきCL初ゴールとなった。 ところでキエーザといえば、父のエンリコ氏もイタリア代表キャップを持つ名選手で、パルマとフィオレンティーナ在籍時にCLでゴールを決めた経歴を持つ。イタリア『スカイ』によると、このように親子二代でゴールを記録したのはキエーザ親子で5組目のこと。イタリア人では初の快挙となったようだ。 今季のCLでは、元フランス代表DFリリアン・テュラム氏を父に持つボルシアMGのFWマルクス・テュラムもCL初参戦にしてゴールを決めており、キエーザより一足先に4組目としてテュラム親子が歴史に名を刻んでいる。 また、現ライプツィヒ所属のオランダ代表FWユスティン・クライファートと、あまりにも有名なその父パトリック・クライファート氏もこれに該当。 他には、現スウォンジーのガーナ代表FWアンドレ・アイェウと、アフリカのマラドーナと言われたアベディ・ペレことアベディ・アイェウ氏親子や、現ポゴニ・シュチェチン所属スロベニア代表FWルカ・ザホヴィッチと、ポルトやオリンピアコス、バレンシアなどでプレーしたズラトコ・ザホヴィッチ氏親子の2組も、この貴重な記録保持者となっている。 ◆各親子とそれぞれの初ゴールの日付※()内は当時の所属クラブ FWエンリコ・キエーザ(パルマ) 1997年11月27日:vsスパルタ・プラハ FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス) 2020年12月2日:vsディナモ・キエフ DFリリアン・テュラム(モナコ) 1993年11月24日:vsスパルタク・モスクワ FWマルクス・テュラム(ボルシアMG) 2020年10月27日:vsレアル・マドリー FWパトリック・クライファート(アヤックス) 1994年9月28日:vsAEKアテネ FWユスティン・クライファート(ローマ) 2018年10月2日:vsビクトリア・プルゼニ MFアベディ・アイェウ(マルセイユ) 1992年9月30日:vsグレントラン FWアンドレ・アイェウ(マルセイユ) 2011年9月28日:vsドルトムント MFズラトコ・ザホヴィッチ(ポルト) 1996年10月30日:vsローゼンボリ FWルカ・ザホヴィッチ(マリボル) 2014年9月17日:vsスポルティング・リスボン 2020.12.03 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

CL快勝のユベントス、ピルロは好調モラタを称える「我々と一緒にいてくれて嬉しい」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、完勝を収めたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節において、ユベントスはウクライナのディナモ・キエフとホームで対戦。既に決勝トーナメント進出を決めているユベントスだが、首位通過の可能性を残すためにも、勝利が求められる一戦になった。 試合は前半のうちにFWフェデリコ・キエーザが先制点を決め、有利な状態で進めていくと、57分にはFWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算750ゴール目となる追加点をマーク。その後は好調を維持するFWアルバロ・モラタにも得点が生まれ、3-0のスコアで完勝している。 この結果により、ユベントスは最終節のバルセロナ戦に勝てば、グループステージ首位通過が決まる状況となった。試合後のインタビューに応じたピルロ監督は、チームのパフォーマンスに満足感を示しつつ、バルセロナ戦や週末のセリエA第10節トリノ戦に向け、準備していくと語っている。 「良い結果を出せたし、今日のチームの取り組みには満足している。常にボールを持てるわけではないし、試合で数分間は守備を求めなければならないタイミングがあるのはわかっていた」 「今日の試合ではチームとしてしっかりプレーして、自分たちにポジティブなシグナルを送る必要があったのだ」 「バルセロナとの一戦は、我々が準備すべき試合のひとつだ。簡単ではないが、我々のサッカーをするためカンプ・ノウに行く。とはいえ、まずは週末にトリノ・ダービーがあることを忘れてはいけないし、今はそれに集中する必要がある」 また、ピルロ監督はインタビューの中で得点を記録したモラタとキエーザについて触れており、2人の活躍を喜んだ。 「我々はモラタのことをよく知っている。彼は非常に若くしてチームに加入し、メンタル面で重要な成長を遂げた。このグループの一員になってくれて嬉しいよ。我々は何としてもモラタが欲しかったし、彼が一緒にいてくれるのを喜んでいる」 「フェデリコ(・キエーザ)のゴールは、彼のためにも良かったと思う。彼は自分自身を解放する必要があったんだ」 2020.12.03 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが偉業キャリア通算750ゴール達成に歓喜「全てのチームメイトと監督に感謝」、対戦相手にも感謝

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、偉業を達成した。 ユベントスは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でディナモ・キエフと対戦。試合は3-0で勝利した。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウド2020-21シーズンゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> この試合に先発出場したC・ロナウドは1-0で迎えた57分にボックス右から侵入したキエーザの折り返しを流し込んで追加点を奪っていた。 今シーズンは公式戦8試合で10ゴールとゴールを量産しているC・ロナウドだが、このゴールがキャリア通算750ゴール目のメモリアルゴールとなった。 C・ロナウドは自身のSNSを更新し、750ゴール達成を喜ぶとともに、800ゴールへ意気込みを語った。 「750ゴール、750の幸せな瞬間、750のサポーターの笑顔。この驚くべき数字に到達するのを助けてくれた全てのチームメイトと監督に感謝します」 「僕を毎日より懸命に働かさせてくれた全ての対戦相手にも感謝します」 「しかし、何よりも僕の素晴らしい家族のおかげです。常に、僕の最高の瞬間と最悪の瞬間に一緒にいてくれた」 「次の目的地は800ゴール。行こう!最後まで」 C・ロナウドは、スポルティング・リスボンで5ゴール、マンチェスター・ユナイテッドは118ゴール、レアル・マドリーで450ゴール、ユベントスで75ゴールを記録。ポルトガル代表では102ゴールを決めている。 ◆所属別のゴール数 スポルティング・リスボン(2002-2003) 31試合5ゴール マンチェスター・ユナイテッド(2003-2009) 292試合118ゴール レアル・マドリー(2009-2018) 438試合450ゴール ユベントス(2018-) 97試合75ゴール ポルトガル代表(2003-) 168試合102ゴール <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.03 10:20 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly