全北現代が史上初のKリーグ4連覇達成、邦本宜裕も王者の一員に《Kリーグ1》

2020.11.05 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
韓国のKリーグ1は1日に最終節が行われ、大邱FCに2-0で勝利収めた全北現代モータースが、2020シーズンの優勝を決めた。2位の蔚山現代と勝ち点差3の首位で最終節を迎えた全北現代は、 MF邦本宜裕も先発出場。すると前半27分にチョ・キュセオンが先制ゴールを奪うと、40分にも追加点を奪い、2-0とした。

◆引退のFWイ・ドングクも男泣きのトロフィーリフト

邦本は77分にイエローカードをもらうと79分に途中交代。チームは2-0で逃げ切り、全北現代はKリーグ史上初となる4連覇を達成し、通算8度目のリーグ優勝を飾った。

今シーズンから全北現代でプレーする邦本は、Kリーグ1で25試合に出場し2ゴールを記録。初めてKリーグ王者の一員となった。

なお、全北現代は4日にFAカップ決勝1stレグで蔚山現代と対戦し、1-1のドロー。8日に2ndレグをホームで迎え2冠を目指す。

また、11月末にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも参加。横浜F・マリノス、上海上港、シドニーFCと対戦する。

◆Kリーグ1 順位表
1:全北現代モータース 60(19/3/5/+25)
2:蔚山現代 57(17/6/4/+31)
3:浦項スティーラース 50(15/5/7/+20)
4:尚州尚武FC 44(13/5/9/-2)
5:大邱FC 38(10/8/9/+4)
6:江原FC 34(9/7/11/-5)
7:水原三星ブルーウィングス 31(8/7/12/-3)
8:FCソウル 29(8/5/14/-21)
9:城南FC 28(7/7/13/-12)
10:仁川ユナイテッド 27(7/6/14/-10)
11:光州FC 25(6/7/14/-14)
12:釜山アイパーク 25(5/10/12/-13)
コメント
関連ニュース
thumb

韓国王者・全北現代がナ・ソンウンのゴールで今大会初勝利《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH第4節、全北現代モータース(韓国)vsシドニーFC(オーストラリア)が25日にカタールで開催され、1-0で全北現代が勝利した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。 横浜F・マリノスと同じグループHの2チーム。全北現代とシドニーFCはここまで1分け2敗で同じ成績となっており、共に初勝利を目指して臨んだ。 立ち上がりから互いが譲らない展開となり、決定機を迎えられない試合に。全北現代はナ・ソンウンがボックス内からシュートも相手にブロック。キム・ボギョンがこぼれ球を狙ったが、これも枠を外れた。 シドニーFCもなかなかチャンスを作れず。ミドルレンジからのシュートを何本か放つも、効果的とは言えなかった。 しかし、このままゴールレスかと思われた44分に全北現代が試合を動かす。バロウがドリブルでボックス内に持ち込むと、パスを受けたグスタボが右へと展開。これをボックス内右で受けたナ・ソンウンが右足一閃。DFの股間を抜いたシュートがゴール左に決まり、全北現代が先制した。 1点ビハインドのシドニーFCは68分に決定機。右サイドでのFKからバウムヨハンがゴール前にクロス。これを、ウィルキンソンがドンピシャヘッド。しかし、これはGKソン・ボムクンが横っ飛びで弾き出し、ゴールを許さない。 結局その後も決定的なシーンを作れないまま試合は終了。全北現代が1-0で勝利を収め、今大会初勝利を挙げた。 初勝利の全北現代は12月1日に横浜F・マリノスと対戦。シドニーFCは同日に上海上港と対戦する。 全北現代モータース 1-0 シドニーFC 【全北現代】 ナ・ソンウン(前44) 2020.11.26 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

フッキゴールの上海上港が全北現代に勝利、連勝の上海は25日に横浜FMと対戦《ACL2020》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループH第2節、全北現代モータース(韓国)vs上海上港(中国)が22日にカタールで開催され、1-2で上海上港が勝利した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となった。 グループHには2チームの他、横浜F・マリノスとシドニーFC(オーストラリア)が同居している。 今シーズンのKリーグ1王者の全北現代と中国スーパーリーグの上海上港の対戦。上海上港は元ブラジル代表のMFオスカル、FWフッキ、オーストラリア代表MFアーロン・ムーイがベンチスタートとなった。 試合は11分に上海上港が先制。GKチェン・ウェイがゴールキックを蹴ると、相手DFが目測を誤り頭上を通過。これをフリーで受けたル・ウェンジュンが受けるとドリブルで独走し、そのままゴールを奪った。リプレイで見ると完全にオフサイドポジションにいたが、ゴールは認められた。 先制を許した全北現代だったが、24分に追いつく。ボックス右でボールを持つと、キム・ボギョンが低いクロス。これをグスタボが押し込み、全北現代が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半、上海上港はハーフタイムでオスカルとムーイを投入する。 すると46分、上海上港はいきなりビッグチャンス。カウンターから右サイドをフリーで駆け上がったチェン・ビンビンがグラウンダーのクロス。これをボックス内で受けたムーイがシュートを放つが、GKソン・ボムクンの正面に飛び得点とならない。 48分には全北現代がチャンス。ロングボールで裏を取ったグスタボがDFを背負いながらもボックス内で反転シュート。しかし、今度はGKチェン・ウェイが立ちはだかる。さらにその流れから最後は、ボックス内でバロウがシュート。枠を捉えたが、DFがブロックして得点を許さない。 上海上港は56分に再びムーイがビッグチャンス。右からの浮き球のパスをボックス内でトラップしシュート。しかし、今度は右ポストに嫌われてしまう。 すると81分に上海上港がロングボールからカウンター。裏へと出されたボールにオスカルが猛然とダッシュ。ボックス内で先に触ると、猛然と逆サイドから防ぎに来たホン・ジョンホに倒されPKを獲得。これを途中出場のフッキが豪快に蹴り込み勝ち越しに成功。そのまま逃げ切り、1-2で上海上港が勝利。連勝を収めた。 連勝の上海上港は25日に同じく連勝中の横浜F・マリノスと対戦。全北現代はシドニーFCと対戦する。 全北現代モータース 1-2 上海上港 【全北現代】 グスタボ(前24) 【上海上港】 ル・ウェンジュン(前11) フッキ(後37)[PK] 2020.11.23 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

Kリーグ歴代最多228ゴールの元韓国代表FWイ・ドングクが今季限りでの現役引退を発表!

全北現代モータースに所属する元韓国代表FWイ・ドングク(41)が、今シーズン限りでの現役引退を発表した。 1998年に高卒ルーキーとして浦項スティーラースに入団したイ・ドングクは、同年のフランス・ワールドカップのメンバーに選出され、グループリーグ第2戦のオランダ戦で途中出場して韓国代表デビュー。18歳の若さで大抜擢された同選手は2001年1月にはブレーメンへ期限付き移籍を果たすなど、韓国期待のストライカーとして注目を浴びた。 <div id="cws_ad">◆まだまだ衰えていない!現役ラストシーズンとなるイ・ドングクのゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUzUwbmNQcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、ブレーメンではブンデスリーガ7試合に出場もゴールなし。半年で浦項に復帰すると、その後は兵役のため光州尚武(現・尚州尚武)にレンタル移籍で加入。浦項への復帰を経て2007年1月から2008年7月までミドルズブラでプレー。プレミアリーグでは23試合に出場するもゴールを奪うことはできなかった。 2008年7月に城南一和(現城南FC)に加入してKリーグへ復帰。2009年1月に全北現代に移籍すると、自身初のリーグ得点王・MVPを獲得した。 これまでKリーグ通算547試合に出場し、228ゴール77アシストを記録。ゴール数はリーグ歴代最多記録を保持。今シーズンも公式戦11試合に出場して4ゴールという数字を残しており、自身の22シーズン連続ゴールという偉大な記録を更新していた。 また、韓国代表としても1998年から2017年にかけて歴代10位となる通算105試合に出場し、歴代4位タイの33ゴールを挙げている。 イ・ドングクは自身のSNSを通じて引退についてコメントしている。 「物足りなさと感謝が合わさった今シーズンを最後に、私の人生のすべてを捧げたグラウンドを離れることにしました」 「引退が終わりではなく、新たな始まりだという気持ちで、長く考えた末に決断しました」 「23年という長い時間で、グラウンド内外で励ましと愛情をくださったすべての方々に心から感謝しています。一人一人に感謝の気持ちを直接伝えることはできませんが、その心だけはいつも胸に深く長く刻んで大事にしたいです」 「緑の芝のピッチに出たときの記憶やユニフォームを着て私の名前を呼んでくれたファンの歓声、そしてファンとともにしたすべての喜びや栄光の瞬間をこれからは思い出として大切にし、胸に深く刻みます」 「これからのホームゲームが背番号20番を着てファンの方々と共に過ごせる最後の試合だと思うと、今から胸が苦しくなります」 「最後までサッカー選手イ・ドングクという名で最善を尽くして走ります」 「私を愛してくださるすべての方々に感謝します。ありがとうございました」 2020.10.27 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国で飛躍を続ける邦本宜裕、Jリーグで2度の契約解除を経験も全北現代監督が称賛「ステップアップできると強く思っている」

全北現代モータースのジョゼ・モライス監督が、日本人FW邦本宜裕についてインタビューに応え、絶賛している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたもの、素行の悪さなどから、浦和レッズやその後に所属したアビスパ福岡から2度に渡って契約解除されるという異色の経歴を持つ選手であり、“問題児”として知られている。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと、実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている邦本。今シーズンここまで公式戦28試合で3ゴール1アシストを記録しているが、チームを率いるモライス監督はインタビューの中で、邦本の選手としての成長を称賛した。 「彼は今成長している選手で、ここ数週間で特にパフォーマンスを上げている」 「彼はまだ若い。私は(彼に)よくビッグゲームでプレーする時に必要な(精神的な)成熟を示せない選手はまだ未熟だと言ってきた。邦本は23歳。もう若い選手ではなく、成熟した選手になるべきなんだとね」 「彼は素晴らしい選手で、テクニックにおいても高いレベルにあると思う」 「私は今シーズン、自分個人の考えは常にチームが求めることに繋がっていなければならないということを彼に理解させる手助けをした」 「そして彼が個人の力で違いを生み出そうとすることが、チームの利益に繋がらなければならないということを理解させたんだ。ドリブルをするとき、パスをするとき、ボールをコントロールするとき、これは個人がチームの掲げる目的のために成すことなんだ」 「これは若い選手に説明するのは簡単なコンセプトではない。特に『君は優れたクオリティを持っている、高い技術を持っている』と誰もが言っている時にはね」 「次のレベルに進むためには、改善が必要な部分があるということを、若い選手に理解させることは簡単ではないが、私は彼なら次のレベルにステップアップできると強く思っている」 「彼は練習を続け、謙虚さを持ち、そして優れたコーチから学ぶことができれば良い」 2020.10.26 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国で活躍を続ける“和製ロナウド”邦本が異名に恥じないゴラッソで今季リーグ2点目を記録!《Kリーグ1》

Kリーグ1の全北現代モータースは18日、Kリーグプレーオフ・グループA第3節で光州FCと対戦し、4-1で勝利を収めた。この試合にフル出場した日本人FW邦本宜裕は、チームの2点目となるゴールを記録している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたものの、素行の悪さなどから浦和レッズとの契約を解除されている。その後アビスパ福岡に加入したものの、素行の悪さから再び契約解除されるなど、異色の経歴を持つ選手だ。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている。 [4-3-3]の中盤3枚の右のMFとして先発出場を果たした邦本は、1-0と全北現代リードの22分、左サイドを攻めた味方からペナルティーアーク内でボールを受ける。柔らかいトラップでボールをコントロールすると、コンパクトな振りから鋭いシュート。左足から放たれたシュートは、GKの届かないゴール左上の完璧なコースにカーブしながら決まり、貴重な追加点となった。 その後、後半にも追加点を奪った全北現代は、1点を返されたものの4-1で勝利。これで2勝1敗とした全北現代は、プレーオフ2試合を残し、グループ2位につけている。 全北現代 4-1 光州FC 4分:1-0 ソン・ジュノ(全北現代) 22分:2-0邦本宜裕(全北現代) 65分:3-0 キム・ボギョン(全北現代) 86分:3-1 キム・ジャングワン(光州FC) 92分:4-1 ハン・ギョウォン(全北現代) 2020.10.20 10:00 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly