母国で先制ゴールのT・アザール、快勝も後半の出来を反省「もっと良いプレーができた」

2020.11.05 13:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのベルギー代表MFトルガン・アザールが、クラブ・ブルージュ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ドルトムントは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でクラブ・ブルージュと対戦。トルガン・アザールは14分にゴールを奪い先制すると、18分と32分にアーリング・ハーランドが追加点。後半はゴールを奪えなかったがものの、0-3で勝利を収めた。

チームの先制ゴールを記録したアザールは前半の出来を評価しつつも、後半はもっと良いプレーができたと反省した。
「前半は素晴らしかった。チャンスはたくさんあったと思うけど、3つのゴールを決められた。後半はもっと良いプレーができたと思う。それでも3-0で勝ち、グループで1位になった。こういったことを続けなければいけない」

この試合はベルギーのブルージュで行われ、アザールとしては母国でのゴールとなったが、「もちろんベルギー人として、ここベルギーでゴールを決めるのは良いことだよ。今日も上手くプレーできたことを嬉しく思う」とゴールを喜んだ。

また、守備陣にケガ人が続出しているドルトムントは、この試合ではアクセル・ヴィツェルマヌエル・アカンジとセンターバックでコンビを組むことに。アザールは急増CBコンビのパフォーマンスを評価し、みんなで協力することが大事だと語った。

「僕たちはみんなで一緒に守る。今日も4バックとGKはとても良かったと思う。マッツ(・フンメルス)はケガしたけど、アクセル(・ヴィツェル)とマヌ(エル・アカンジ)はとてもよくプレーした」

「誰もが助けなければいけないし、チームにためにする。監督はそういったことを愛している」

ドルトムントは24日に、ホームにクラブ・ブルージュを迎えて第4節を戦う。

関連ニュース
thumb

【2022-23ブンデス前半戦ベストイレブン】バイエルンから最多4選手、鎌田を選出

2022-23シーズンのブンデスリーガ前半戦が1月25日に終了しました。本稿では今季のブンデスリーガ前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKコーエン・カスティールス(30歳/ヴォルフスブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/失点数:20/出場時間:1530分 バイエルンに次ぐ失点数の少なさから選出。ベルギー代表ではクルトワの前に完全に影に隠れてしまっているが、安定感が売りの大型GK。フルタイム出場も高評価。 DFジョシュア・キミッヒ(27歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:3/出場時間:1456分 1試合のみ右サイドバックでプレーした以外は本職の中盤センターで起用された今季前半戦。安定したゲームメーク力と卓越したパスセンスで好機を演出し続けた。 DFダヨ・ウパメカノ(24歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1522分 移籍初年度となった昨季はライプツィヒ時代のような躍動感溢れるプレーが影を潜めていたウパメカノだが、今季は本来のパフォーマンスを取り戻している様子。全試合スタメンで起用され、昨季散見されたポカがほぼなくなっている。 DFヴィリー・オルバン(30歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:3/出場時間:1530分 ライプツィヒの守備の要。イケイケなサッカーを展開している中、後方で締める役割を全う。チームの重石となっている。 MFイェスパー・リンドストローム(22歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:7/出場時間:1087分 しなやなか突破が魅力のアタッカー。2シャドーの一角で起用され、シュートセンスも非凡。得点力が日に日に増し、相手にとって怖い存在となっている。 MFジャマル・ムシアラ(19歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1135分 瞬く間にブンデスを代表する選手に。飄々とプレーしているが、技術の高さは折り紙付き。難しいプレーを簡単に見せるタイプの技巧派MFだ。 MFジュード・ベリンガム(19歳/ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:4/出場時間:1440分 ムシアラと同世代の傑物。この年齢にして風格を漂わせる稀有な存在。近い将来のメガクラブ入りが約束されたビッグスターだ。 MF鎌田大地(26歳/フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:13)/得点数:7/出場時間:1109分 ヨーロッパリーグでは常に勝負強さを発揮していた鎌田だが、ついにブンデスリーガでもゴールを量産。これまでは5ゴールがキャリアハイだったが、前半戦だけで既に7ゴールを記録。しかもボランチにコンバートされた中での記録だけにその飛躍ぶりが窺える。 FWクリストファー・エンクンク(25歳/ライプツィヒ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:15(先発回数:14)/得点数:12/出場時間:1283分 セカンドストライカータイプのエンクンクだが、その得点力は本物。昨季の20ゴールに続き、今季も既に12ゴールをマーク。抜群のシュートセンスは必見。直前の負傷により欠場となったW杯で活躍する姿が見たかったところ。 FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(33歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:12(先発回数:8)/得点数:7/出場時間:694分 第10節からスタメンに定着し、そこから7ゴールを記録。チームも上昇気流に乗り、首位ターンの立役者と言っていい活躍ぶりだった。また、得点だけでなくポストプレーの面でも貢献度が高く、周囲の選手たちの得点機会を大幅に増やすことに繋げている。 FWヴィチェンツォ・グリフォ(29歳/フライブルク) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_7_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:16(先発回数:14)/得点数:9/出場時間:1145分 堂安と共にフライブルクの攻撃を司るアタッカー。左サイドからの仕掛けとシュート精度は一級品。フライブルク躍進の立役者だ。 2023.02.02 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022-23ブンデスリーガ前半戦総括】 超WS選出の最優秀選手はムシアラ

11連覇を目指すバイエルンが2位ウニオン・ベルリンに3ポイント差を付けて順当に首位ターンとした今季のブンデスリーガ前半戦。そのウニオンと、フライブルクの両伏兵の躍進が目立った中、バイエルンの牙城を崩したいドルトムントとライプツィヒはやや安定感に欠ける戦いぶりだった。 ◆レヴァンドフスキの穴をチュポ=モティングが埋める~バイエルン(勝ち点36)~ 年間30ゴールを約束してくれた希代のFWレヴァンドフスキの抜けた穴はやはり大きかった。追加点を奪いきれず試合を決めきれないことから8月下旬から9月中旬にかけて格下相手に4試合勝利から見放される時期があった。ただ、レヴァンドフスキの控えに甘んじていたチュポ=モティングを最前線で起用してからは昨季までの安定した強さが蘇り、W杯ブレイク前は6連勝で終えることに成功。上昇ムードに乗った。 ◆ローゼ監督就任でV字回復~ライプツィヒ(勝ち点32)~ 昨季途中就任でチームをV字回復させたテデスコ体制で新シーズンを迎えたライプツィヒ。しかし5試合を終えた段階で1勝と振るわず解任を決断し、昨季ドルトムントを率いていたローゼ監督を迎えた。この決断が奏功し、チームは昨季同様にV字回復。エンクンク、ショボスライらが躍動してローゼ監督就任後は8勝3分け1敗の好成績を収め、3位で前半戦を終えた。 ◆守備の立て直し利かず~ドルトムント(勝ち点31)~ バイエルンの牙城を崩さなければならないドルトムントだったが、補強した成果が出たとは言えない前半戦となった。目玉のシュロッターベックとジューレの両ドイツ代表センターバックは不安定なドルトムント守備陣を安定させることはできず。とりわけシュロッターベックに至ってはミスから失点に関与する場面も散見され、期待されたパフォーマンスを発揮できているとは言えない。今やピッチ内の王様と化したベリンガムが際立ったプレーでチームを牽引している姿は頼もしいが、彼に頼りきりなようでは到底バイエルンに追いつくことはできないだろう。 ◆鎌田と堂安が好調チームを牽引~10人の日本人ブンデスリーガー~ W杯明けにデビューした上月を含めると10人がプレーしている今季の日本人ブンデスリーガー。とりわけ目立った活躍を見せたのがフランクフルトの鎌田だ。既にブンデスキャリアハイとなる7ゴールをマーク。ボランチへのコンバートをしたにも関わらず、ゴールへの関与が増しており、好調さが際立っている。W杯では思うような活躍を見せられなかったが、悔しい想いを糧に後半戦での活躍に期待したい。 鎌田とは対照的にW杯で大活躍だった堂安はフライブルクでの好調を持続した様子だ。PSVからレンタルで加入し、2季ぶりのブンデスリーガでのプレーとなったが、成長した姿を披露してくれた。主に右ウイング、シャドーでの起用となった中、攻撃面での存在感が増した。毎試合ゴールチャンスに絡む勢いがあり、充実の時を過ごしている。 シュツットガルトでレギュラーを張る遠藤と伊藤に関しては昨季同様の安定したパフォーマンスを披露している。チームの結果は出ていないが、彼らは自身のタスクをしっかりとこなしている印象だ。 昨季、シャルケの1部復帰に貢献した板倉はボルシアMGでもセンターバックのレギュラーとしてプレー。ヒザを負傷するアクシデントはあったが、W杯でも安定したプレーを見せた。再開後のブンデスリーガでもそつのないプレーをしており、今後の代表守備陣を支えていく存在として期待したい。 一方でサンプドリアからシャルケに活躍の場を移した吉田は大苦戦している。キャプテンを任され期待されているが、走力のあるアタッカーに対応できないことが多々あり、戦犯となっている。代表では守備を統率する頼もしい姿が見られるが、言葉が通じないのか、持ち味が出ていない模様。チームは最下位と厳しいがベテランの経験値を生かして立て直しを図れるか。 そのシャルケに彗星の如く現れた上月。果敢なアタッカーはデビューから2戦目で早くもブンデス初ゴールをマーク。後半戦の活躍が楽しみな逸材だ。 W杯では重傷明けながらスーパーサブとして結果を残した浅野に関してはボーフムではノーゴールと苦戦しているが、後半戦巻き返しとなるか。 そして代表から引退している長谷部を除いて唯一ブンデスリーガーではW杯落選となった原口は心機一転、移籍先のシュツットガルトでレギュラー奪取を目指す。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFジャマル・ムシアラ(バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦を終えて9ゴール7アシストと圧巻のスタッツを残した。レヴァンドフスキが抜け、マネやミュラーの離脱があった中、弱冠19歳が攻撃陣を牽引する働きを見せた。既に完成されたプレーを見せるムシアラが今後どういった成長を遂げるのか、楽しみでならない。 ★最優秀監督 ◆マルコ・ローゼ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季就任したドルトムントでは成功できなかったが、自身の哲学とライプツィヒの相性は良かったようだ。ローゼ監督就任によってライプツィヒの躍動感溢れるプレーが復活。とりわけショボスライが本来のパフォーマンスを取り戻して攻撃陣を牽引。魅力的かつ強いチームに仕上げている。 【期待以上】 ★チーム ◆ウニオン・ベルリン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季15ゴールのアウォニーを引き抜かれた中、前半戦を終えた段階で首位バイエルンを3ポイント差で追う2位ウニオンを選出。一昨季7位、昨季5位と年々進化を遂げているウニオンだが、その立役者は言わずもがな堅守速攻のスタイルを一切崩さないフィッシャー監督の手腕によるもの。そのブレない方針で後半戦も安定した戦いを見せてくれそうだ。 ★選手 FWコロ・ムアニ(フランクフルト) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ナントから加入し、前半戦を終えて6ゴール11アシストを記録。周囲も生かせるタイプのストライカーで柔軟性が高い。ボレから完全にレギュラーの座を奪い、フランクフルトの攻撃に幅を与えた。 【期待外れ】 ★チーム ◆レバークーゼン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季3位に導いたセオアネ監督の下で迎えたシーズンだったが、チャンピオンズリーグとの兼ね合いの影響か、全く結果が出なかった。8試合を終えた段階で1勝に留まり、10月の段階でセオアネ監督を解任せざるを得ない状況となった。後任にはトップチームの監督初挑戦となるシャビ・アロンソが就任。どこまで巻き返せるかに注目だ。 ★選手 ◆DFニコ・シュロッターベック&ニクラス・ジューレ(ドルトムント) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230131_6_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 不安定な守備陣のテコ入れを図るべく獲得した両ドイツ代表DF。彼らの能力に申し分はないはずなのだが、前半戦を見る限りドルトムントの守備力を向上させるほどの影響力はなかったようだ。チームスタイルの問題なのか、センターバックにとって受難のチームなのか原因は不明だが、後半戦にフィットすることを祈るばかりだ。 2023.02.02 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがトルガン・アザールをレンタル! ガクポ&マドゥエケの穴埋め補強

PSVは31日、ドルトムントからベルギー代表MFトルガン・アザール(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定している。 エデン・アザールの弟として知られ、かつてはチェルシーにも在籍していたトルガン・アザール。ただ、チェルシーでは兄のようには活躍できず、2014年夏にボルシアMGへ移籍した。 その新天地では在籍5年間で公式戦182試合46ゴール44アシストと見事な数字を残し、2019年夏にドルトムントへステップアップ。加入初年度にはリーグ戦33試合7ゴール13アシストと一層の活躍を披露した。 しかし、ドルトムントでの2年目以降はケガやコンディションの問題もあり、徐々にチーム内での序列が下がると、今季は若手逸材たちとのポジション争いで苦戦。公式戦21試合に出場し1ゴールの数字を残したが、先発出場はわずか6試合に限られていた。 それでも、今冬にFWコーディ・ガクポ、FWノニ・マドゥエケがリバプールとチェルシーに引き抜かれた中、その穴を埋める存在として大きな期待を浴びての加入となった多才な29歳のアタッカーは、「「PSVはエールディビジのタイトル候補であり、KNVBカップでもラウンド16に残っている。それにまだヨーロッパの大会でプレーしているし、これらのビッグゲームでプレーすることをとても楽しみにしている」と、前向きな姿勢を示している。 2023.02.01 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーがドルトムントの21歳FWアデイェミに関心 “脱ベンゼマ依存”の一環か

レアル・マドリーがドルトムントのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(21)をリストアップしたようだ。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利きの快足アタッカー。プロデビューの地はザルツブルクで、昨夏のドルトムント加入でドイツへと帰還し、今季の公式戦21試合で3得点1アシストを記録している。 ゴール数はさほど伸びていないものの、昨秋以降はスタメン起用も多く、プレータイムが増加傾向に。スペイン『Fichajes』によると、そんなアデイェミに対して欧州王者マドリーが興味を寄せ始めたという。 今年で36歳を迎えるFWカリム・ベンゼマへの依存度が高いマドリーは前線の若返りを進行中。2024年夏にはパウメイラスからU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)が加入することが決定済みだ。 ただ、逸材エンドリックも加入時点でまだ18歳で、いきなり即戦力になるかは現段階で未知数な部分も。選手層拡充も考慮して他の選手を獲りたい考えで、本職のサイドだけでなく中央でもプレー可能なアデイェミを高く評価しているとされる。 2023.01.31 17:39 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly