CLで苦しむPSG主将「このままじゃダメ」 指揮官トゥヘルに対する信頼も強調

2020.11.05 09:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスが前向きな姿勢であり続ける必要性を説いた。『UEFA.com』が伝えている。

PSGは4日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でRBライプツィヒと対戦。開始6分に先制したものの、2選手の退場やPK失敗が響いて、1-2の逆転負けを喫した。


この試合を消化して、3試合で1勝2敗の3位に甘んじる昨季のファイナリスト。アンカーの位置でフル出場した主将のマルキーニョスは試合後、こう振り返り、巻き返しに意欲を示した。

「説明が難しい。対処していかないと。まだ3試合もあり、ポジティブでいる必要がある。ドレッシングルームで改善の努力をし続けないとね。このままじゃダメだ。この大会が難しいのは重々承知している。先に行きたいなら、プレーのレベルを上げなければならない」

また、主戦場のリーグ・アンで7連勝と波に乗るものの、クラブがより重要視するCLで思わしくない戦いが続き、解任論も高まりそうなトーマス・トゥヘル監督にも言及。信頼を強調した。

「もちろん、トゥヘルを支持している。彼はクラブ史上最高のシーズンを指揮した監督だが、その次のシーズンに入った今は彼の将来について議論している。フットボールには忍耐がないよね。僕も、彼も、誰しもが現実に集中する必要がある」

「それは時間を与えることの問題じゃない。フットボールには時間がなく、僕らはもっと良くなることに目を向ける必要がある。僕らは監督を信頼している。努力して改善しないと。物事がうまくいかなくても、それは監督だけのせいじゃない」

関連ニュース
thumb

Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたストライカーらしいハットトリック/1999-2000【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表FWクリスティアン氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーが見せた圧巻のパフォーマンス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiOGhvY2tlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> クリスティアン氏は、1999年夏にインテルナシオナウからPSGに加入。公式戦71試合に出場し、28ゴールを記録した。 2005年には大宮アルディージャに加入し、Jリーグでもプレーしたクリスティアン氏だが、PSG時代の1999年12月12日に行われたリーグ・アン第19節のメス戦では、圧巻のパフォーマンスを見せている。 まずは17分、右サイドのMFアリ・ベナルビアのクロスをボックス内で受けたクリスティアンは、見事なファーストタッチでボールを収めると、反転しながら素早くシュート。ゴール右下に鋭いシュートを沈め、先制点を挙げる。 直後の19分、ボックス手前のMFローラン・ルロワの落としを受けたクリスティアンが強烈なミドルシュート。GKに触れながらも、シュートパワーで押し切り、すぐさま追加点を記録した。 最後は2-1とリードを縮められて迎えた79分、再びルロワのスルーパスにクリスティアンが抜け出すと、GKが飛び出して来たところに合わせてループシュート。見事なハットトリックを達成した。 クリスティアンがPSGの全得点を挙げる活躍を見せ、3-1での勝利に貢献している。 <span data-sg-movie-id="876" data-sg-movie-title="【ストライカーらしいハット】Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたゴール3連発"></span> 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「戦い続け、挑戦し続ける」…ポチェッティーノ、首位遠のく敗北も前を向く

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が肩を落とした。フランス『レキップ』が報じている。 リーグ・アン首位のリールを1ポイント差で追いかける2位のPSGは21日に行われた第26節で4位のモナコと対戦。ひと足先に今節を白星で飾ったリールに続いたいところだったが、開始6分に先制を許すと、後半の頭にも失点を喫して、0-2で敗戦した。 この試合に先駆けた会見にて、先の4-1で快勝したバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグと同様のパフォーマンスを求めたポチェッティーノ監督だが、今季6敗目となり、首位と4ポイント差に広がってしまった。 アルゼンチン人指揮官は試合後、「あのゲーム(バルセロナ戦)とは異なり、大会も違う」と述べ、思うようにいかなかったと振り返った。 「スタートは良かったが、先制点を許してしまった。モナコが良い守備を披露するなか、我々は75%ほどのポゼッションを握ったが、ファイナルサードでのアイデアが足りなかったね」 また、今回の1敗で首位リールの背中が遠のいてしまったが、ポチェッティーノ監督は「それが現実であり、それを変えることはできない。戦い続け、挑戦し続けるしかないのだ。可能性がある限り、戦う」と現実を受け止めつつ、諦めない姿勢を強調した。 なお、バルセロナ戦でハットトリックをやってのけたものの、不発に終わったフランス代表FWキリアン・ムバッペにも言及。擁護に回りつつ、チーム全体が良くなかったと話している。 「フットボールには様々な状況、タイミング、そして大会がある。フットボールは数字じゃない。そのときの状況が関係してくるものだ。今日に関してはキリアンに限らず、全体的に勝てるレベルじゃなかった」 2021.02.22 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ワンツー、シザース、チップキック…ロナウジーニョのビューティフルゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月22日にご紹介するのは、今から18年前に元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆これぞファンタジスタ!PSG時代のロナウジーニョが華麗なドリブルで次々と相手を抜き去って決めた圧巻のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCemhQeXhhRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! サッカー史に残るファンタジスタとして世界中を虜にしたロナウジーニョ氏。バルセロナ加入前のパリ・サンジェルマン(PSG)時代からその輝きは圧倒的でした。 ◆欧州デビューとなったPSG 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで欧州デビューを果たしたロナウジーニョ氏。2003年2月22日に行われたリーグ・アン第28節のギャンガン戦では、素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた20分、ハーフウェイライン付近でロナウジーニョがボールを持つと、ドリブルを開始。タックルに来たFWディディエ・ドログバを一瞬の加速で振り切ると、味方とのワンツーで前線に侵入します。 ロナウジーニョがリターンパスを受けるところを狙ってスライディングして来た相手を華麗なフリックで抜き去り、そのままボックス内へ。必死にコースを切りに来るDFをシザースで鮮やかに抜き去ると、GKの頭上を華麗に抜くチップシュートを沈め、スーパーゴールを決めてみせました。 PSG時代には監督との確執もあったロナウジーニョ氏ですが、シーズン終了後にバルセロナへと移籍。スペインで素晴らしい活躍を見せることになります。 2021.02.22 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長期離脱中のベルナト、PSGと2026年まで契約延長か

パリ・サンジェルマン(PSG)とスペイン代表DFフアン・ベルナト(27)の契約更新が近いようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 2018年夏にバイエルンから加入し、ここまで公式戦76試合6ゴール10アシストを記録しているベルナト。しかし今季は、昨年9月に負った左ヒザの前十字じん帯断裂の大ケガで長期離脱を余儀なくされており、ここまでリーグ戦3試合の出場に。復帰は早くとも3月中旬と見込まれている。 そんなベルナトだが、水面下で契約延長に関する交渉を進めていたようで、今シーズン限りとなっている現行契約から5年延長した2026年夏までの新契約締結に近づいているという。 スペイン方面では、DFジョルディ・アルバの後釜候補を探すバルセロナが、今夏の契約切れを機に獲得に動くと報じられていたが、昨年11月に「延長したい」とコメントしていた通り、このまま契約更新の流れになりそうだ。 2021.02.20 21:43 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今夏フリーとなるベルナト獲得を考慮か

バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFフアン・ベルナト(27)の獲得を考慮しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナでは長きにわたってDFジョルディ・アルバが左サイドバックに君臨し、今シーズンもここまでケガや出場停止を除けばほぼ全ての試合に出場している。だが、そんなスペイン代表DFも来月には32歳を迎え、そろそろ後釜の準備も考えなければならないところ。 2019年夏にベティスから獲得したDFジュニオール・フィルポはまだ荒削りで大きな戦力になりきれていない。そこで候補に上がっているのが、今夏にPSGとの契約満了を迎えるベルナトだ。 バレンシアの下部組織出身のベルナトは2018年夏にバイエルンからPSGに加入し、公式戦通算76試合で6ゴール10アシストを記録している。昨シーズンはチームのチャンピオンズリーグ決勝進出にも貢献し、脂が乗っている年齢だ。 現在は昨年9月に負った左ヒザの前十字じん帯断裂の大ケガで長期離脱を余儀なくされており、少なくとも3月中旬まで復帰の見通しは立っていない。そのため、PSGも契約延長に踏み切れずにいるようで、フリーでの退団も視野に入れているという。 情報によれば、バルセロナは今後数週間のうちに交渉に入ると言われており、昨今の経済ひっ迫を考えると、スペイン人ということもあり良い人材となりそうだ。もし移籍が実現すれば、ベルナトにとっては7年ぶりの母国復帰となる。 2021.02.20 18:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly