元ユナイテッドのアントワープDF、トッテナム撃破は「今夜の僕らからすれば当然の勝利」

2020.10.30 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アントワープの元ベルギー代表DFリッチー・デ・ラエトが強敵撃破に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。アントワープは29日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節でトッテナムと対戦して、カウンターに転じた29分に先制。右ウイングバックの位置で58分まで出場の日本代表MF三好康児も随所に攻撃のタクトを振るい、グループ最大の強敵を1-0で下した。

3バックの右でフル出場を果たして、トッテナム攻撃陣の完封に貢献したデ・ラエト。元マンチェスター・ユナイテッドDFは試合後、「当然の勝利」だと勝ち誇った。

「僕らが今日のピッチ上でやったことはインクレディブルなものだった。懸命にファイトして、あらゆるデュエルに勝つために命を捧げたんだ。今夜の僕らからすれば、当然の勝利に他ならない」

「先週と同じような姿勢で今回の試合に入った。相手をリスペクトし過ぎず、自分たちのゲームをしようとね。次のラウンドに勝ち進むのが目標だったが、今やさらに僕らが目指すゴールになった」

グループステージ2連勝でトッテナムを抑えて、首位に立つアントワープは11月5日に行われる次節、1勝1敗で3位につけるLASKをホームに迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴィニシウス2G1Aのスパーズが4発圧勝! 三好先発のアントワープが快勝で首位浮上《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第4節、トッテナムvsルドゴレツが26日に行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ここまで2勝1敗でグループ首位に立つトッテナムはグループ最下位のルドゴレツを相手に連勝を狙った。 今週末にチェルシーとの重要なダービーを控える中、モウリーニョ監督は2-0で勝利したマンチェスター・シティ戦からエンドンベレを除く先発10人を変更。タンガンガが今季EL初先発を飾り、前線はカルロス・ヴィニシウスの下にベイル、デレ・アリ、ルーカス・モウラが並んだ。 試合は立ち上がりから一方的な展開となる。格下相手に前から激しい圧力をかけて主導権を握ったトッテナムは、序盤から積極的にシュートを放っていく。 すると、16分には相手陣内中央でボールを持ったデレ・アリの縦パスが相手に引っかかったところを奪ったヴィニシウスがGKとの一対一を冷静に制して、待望の移籍後初ゴールを挙げた。 さらに、畳みかける攻めを見せるホームチームはウィンクスの強烈な左足のシュートや、ベン・デイビスの左ポスト直撃のシュートと積極的に追加点を狙う。 そして、34分にはボックス手前で仕掛けたエンドンベレの強烈なシュートのこぼれ球に反応したデレ・アリからのプレゼントパスをゴール前でドフリーのヴィニシウスが再び流し込んだ。 相手にほぼ何もさせない圧倒した戦いぶりを見せるトッテナムは後半も相手を自陣深くに押し込んでいく。 早い時間帯に3点目を奪うことはできなかったものの、意外な形から3点目が生まれる。63分、左サイドのハーフウェイラインを越えたあたりでスローインを受けたウィンクスが相手GKの前目の位置取りを見て右足のロングシュートを狙う。これがゴール右上隅の絶妙なコースに向かい、クロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。 さらに、73分には右サイドに流れたデレ・アリのクロスをボックス中央のヴィニシウスが見事なファーストタッチで足元に収め左でドフリーのルーカス・モウラに繫ぐと、ルーカスの豪快な4点目が決まった。 その後、モウリーニョ監督は82分にハート、ルーカス、デレ・アリを下げてクラブ史上最年少デビュー(16歳8ケ月と2日)となるFWスカーレットやGKホワイトマン、ホワイトとアカデミーの3選手をデビューさせる。 その注目のスカーレットが幾度か見せ場を作った一方、守備陣は最後まで冷静なプレーを見せてクリーンシートで試合を締めくくった。 また、同日行われたもう1試合、LASKリンツvsアントワープはアウェイのアントワープが0-2で勝利した。なお、アントワープMF三好康児は先発出場し80分までプレーした。 この結果、グループJはトッテナムとアントワープが勝ち点9で並ぶも、現時点での当該成績でアントワープが首位に立っている。 トッテナム 4-0 ルドゴレツ 【#スパーズ】 ヴィニシウス(前16) ヴィニシウス(前34) ウィンクス(後18) ルーカス・モウラ(後28) LASKリンツ 0-2 アントワープ 【アントワープ】 レファエロフ(後8) ゲルケンス(後38) 2020.11.27 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

先発フル出場を果たしたMF三好康児が最後の決定機を反省「あそこで決めるか決めないかは実力次第」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを演出。主導権を握って試合を進めていた。 一夜明け、先発フル出場を果たしたMF三好康児(アントワープ)が取材に応対。試合終盤の90分にGKとの一対一を決めきれない惜しいシーンがあった中、改めてパナマ戦のパフォーマンスについて「一番の課題は決定機を作り出す精度とシュートです」とコメント。「最後にビッグチャンスがあって、そこを決めきる力が足りなかったです。自分が点を取れればもっと楽に試合を終えられたと思います」とコメントした。 決定的なシーンについて「受けるところまではイメージ通りで、前を向くところまでイメージ通りでしたが、シュートの部分でもう少し考えるべきだったなと思います」とシュートを公開。「あそこで決めるか決めないかは、実力次第。後で考えれば、ああしておけばとか思いますが、あの場面は決めるか決めないかなので、あの瞬間でしか判断できないので後悔もありますが、またチャンスを作り出して決め切ることにフォーカスしたいと思います」と、自身の判断を悔やみながらも、次へ強い意気込みを語った。 また、前半からダイアゴナルランで良い形を作っていたことについては、「そういったプレーは前線に誰が入っていても自分は意識していこうと思います。シャドーでプレーすると斜めの動き、斜めに相手を崩す動きは相手も捕まえづらいので、自分もボールを受けやすくなります」とシャドーとしての動きを考えたとのこと。「他の選手の動きを見る中で、どこに動いた方がいいかは変わりますが、そういう動きはシャドーに入った時は効果的だと思ってプレーしていました」とし、これまでの経験からの選択だったと語った。 所属のアントワープでやウイングバックでプレーする三好だが、中央でのプレーについて「アントワープでやっているのはサイドなので、久々に中でプレーして、前でプレーできて、自分の特徴としてはあのポジションがベストです」と、持ち味が出せるポジションでのプレーだったとコメント。「もっとボールを効果的に引き出したり、守備でハメていくところは改善しなくてはいけない」と、得意なポジションだからこその課題を感じていたようだ。 また「あのポジションではゴールやアシストなどの直接的な結果の部分を求められるので、課題はまだまだある」とし、最後の決定機を逃したことを悔やんでいた。 1トップに入った南野とは初めてプレー、久保建英(ビジャレアル)とは東京五輪代表などでもプレーをした三好だが改善点については「お互いの動きをもっとしっかり見ることは必要」とコメント。「昨日やっていた中で形を作りながら、少し手応えのあるシーンもあった」と一定の手応えも口にした。 また。「南野拓実くんは初めてプレーしましたが、良い部分を出せたと思う。常に自分を見て動いてくれるので、自分も味方を見られれば、合わせられるという確信が持てました」とし、周りとの連携を高めていく必要性を感じたと話した。 久保は試合後に「似たタイプ」と三好と南野について話したが、三好は「そこは感覚の部分で、ボールを持った時のどういった狙いを持っているのかは、わかりやすい選手。自分も似ていると感じています」と同じ思いだとコメント。それだけに、「連係が取りやすい選手は昨日出ていたと思います。結果で示したかったです」と、3人で結果を残せなかったことを悔やんだ。 10月の2試合では出場機会がなかった三好だが、今回は昨年のコパ・アメリカ以来のA代表のプレーに。気持ちの面では「メンバーが変わって自分のやり方が変わることはないので、A代表でプレーするという点で、自分の力を出し切ることを意識しています」と、持ち味を出すことを目指していたとコメント。「より積極的に自分のプレーを出したいとは思っていました。周りの選手を見て、自分の特徴を知ってもらうことを考えれば、もう少ししっかりプレーしたいと思います」と、アピールをもう少しすべきだったと反省した。 2020.11.14 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アントワープに屈したトッテナム、モウリーニョは「HTで全員入れ替えたかった」と怒り露わ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節のアントワープ戦で喫した黒星に失望を感じているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ELグループJ第1節のLASK戦に3-0のスコアで快勝を収め、29日にベルギーの地に乗り込んだトッテナムだが、一部主力を温存したチームは思うように機能せず、29分に失点。ハーフタイムにFWソン・フンミンら4選手を送り込み、58分にもFWハリー・ケインを投入したが、最後まで得点は奪えず、0-1で敗れた。 グループステージ連勝を逃したモウリーニョ監督は試合後の会見でアントワープを称えつつ、自チームのパフォーマンスに対する怒りと失望の感情を露わにした。 「自分たちを責め、相手を褒めることしかできない。アントワープは素晴らしいプレーをしたのだから、自分たちの酷いプレーに目を向けるよりも相手を称えたい。ただ、やはり悪いプレーをした自分たちを責める必要がある」 「パフォーマンスも結果も悪かった。これ以上言いたいことは何もない。誰かを責めるなら私だろうね。誰をプレーさせるか決めるのは私なのだから、責めは負うべきだろう。ただ、このゲームでいくつかの点を確認できたよ。問題解決の判断材料になると思う」 また、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、モウリーニョ監督は「ハーフタイムで(今日スタメンの)11人を入れ替えたかった。『なぜこの選手がスタメンにいないの?』という質問は当分聞かずに済むだろう」と語り、MFデレ・アリらアピールに奮起すべき選手たちのプレー内容に不満を露わにしている。 2020.10.30 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

三好康児のアントワープがトッテナム撃破で首位! 指揮官「きっと今季のベストパフォーマンス」

アントワープのイバン・レコ監督が勝ち誇った。『UEFA.com』が伝えている。 アントワープは29日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節でトッテナムと対戦。カウンターに転じた29分に元イスラエル代表MFリオル・レファエロフが記録したゴールが決勝点となり、今グループ最大の強敵を撃破した。 右ウイングバックのポジションで58分まで出場の日本代表MF三好康児も随所に攻撃のタクトを振るったトッテナム戦で金星を手にして、グループ2連勝で首位のアントワープ。レコ監督は試合後、強敵相手に奮闘したチームに“最高評価”を下した。 「今夜のチームから見たものに満足せざるを得ない。きっと今季のベストパフォーマンス。2-0か、3-0にすべきだったがね」 トッテナムを抑えてグループJの首位に立つアントワープは11月5日に行われる次節、1勝1敗で3位につけるLASKをホームに迎え撃つ。 2020.10.30 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

三好康児スタメンのアントワープがスパーズ相手に金星! 三好は決定機演出など好パフォーマンス《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節、アントワープvsトッテナムが29日に行われ、ホームのアントワープが1-0で勝利した。なお、アントワープMF三好康児は先発出場し58分までプレーした。 ルドゴレツとの初戦を2-1で制したアントワープは、連勝を目指してグループ本命の強豪トッテナムをホームで迎え撃った。そのルドゴレツ戦でELデビューを飾った三好は2試合連続で右ウイングバックのポジションでスタメンを飾った。 一方、トッテナムはLASKリンツとの初戦を3-0で勝利し、順当に白星スタート。直近のリーグ戦でもバーンリーに競り勝って公式連勝中だ。今回の試合ではケイン、ソン・フンミン、ホイビュルクら一部主力を温存し、デレ・アリ、負傷有明けのロ・チェルソらを先発起用。[4-2-3-1]の布陣を採用し、最前線にカルロス・ヴィニシウス、2列目に右からベイル、デレ・アリ、ベルフワインが並んだ。 立ち上がりに良い入りを見せたのはホームのアントワープ。前から激しい圧力をかけながら球際の勝負でも互角以上のプレーを見せる。その中で三好は右サイドで高い位置を取りながら、積極的にカットインを仕掛けて10分にはボックス手前で右足を振り抜くが、ここは相手DFのブロックに遭う。さらに、ホームチームは13分にも右CKの場面でニアへ飛び込んだゲルケンスがフリーでヘディングシュートを放ったが、ここは枠の右に外れた。 相手の勢いに呑まれて予想外に押し込まれる入りとなったトッテナムだが、時間の経過と共に相手の戦い方にアジャストし、攻勢に転じていく。中盤と前線の連係がしっくりと行かず、連動した攻撃は少ないものの、カウンターやシンプルな仕掛けからロ・チェルソ、ベルフワインと相手GKを脅かすシュートを放っていった。 前半半ばを過ぎても一進一退の攻防が続く中、ホームチームが先制に成功する。29分、相手最終ラインのDFベン・デイビスにプレッシャーをかけてボールを奪ったムボカニが、左でフリーのレファエロフに冷静にラストパスを送ると、レファエロフが豪快な右足のシュートでゴールネットを揺らした。 その後はビハインドのトッテナムが反撃に出る形となったが、アントワープも43分にボックス右に抜け出した三好に絶好機が訪れるが、体勢を崩しながら折り返したボールはDFのクリアに阻まれた。 格下相手に0-1のスコアで試合を折り返したトッテナムはハーフタイムに4枚替えを敢行。ヴィニシウス、デレ・アリ、ロ・チェルソ、ベルフワインを下げてソン・フンミン、ホイビュルク、ルーカス・モウラ、ラメラを投入した。 一方、後半も集中した入りを見せたアントワープは三好が魅せる。54分、後ろに戻る動きでオフサイドをかいくぐってボックス左でボールを引き出すと、絶妙な折り返しを供給。だが、ゴール前でフリーのムボカニがシュートを大きくふかしてしまう。 選手交代も実らずにビハインドが続くトッテナムは58分、ノーインパクトのベイルを下げてエースのケインを投入。アントワープでは攻守にハードワークを見せた三好がお役御免となり、アウレリオ・ブタとの交代でピッチを退いた。 この交代によってトッテナムが押し込む時間が長くなり、ソン・フンミンにボックス内で幾度も良い形でボールが入るが、最後のところで身体を張るアントワープ守備陣をあと一歩で崩し切れない。逆に、72分には相手のロングカウンターからユクレロドにボックス付近まで抜け出されるが、ここは相手のシュートミスに救われた。 試合終盤にかけてもリスクを冒して攻撃を仕掛けるトッテナムだが、アタッキングサードでのプレー精度を欠き集中したホームチームの守備を前に決定機さえ作り出せない。90分にはボックス内でのケインのキープからソン・フンミンにシュートチャンスも、ここは相手DF2枚の決死のブロックに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで金星を挙げたアントワープがグループステージ2連勝で首位に立った。一方、敗れたトッテナムはエバートンとのリーグ開幕戦以来となる公式戦11試合ぶりの黒星となった。 なお、同日行われたグループIのもう1試合、LASKとルドゴレツの試合は4-3でホームのLASKが初勝利を挙げている。 アントワープ 1-0 トッテナム 【アントワープ】 レファエロフ(前29) 2020.10.30 04:55 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly