Jリーガーの相次ぐ不祥事について村井満チェアマン「社会の一員として、断じて許されるものではない」

2020.10.26 19:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは26日、選手による相次ぐ不祥事に関して、村井満チェアマンが声明を発表した。19日にはアルビレックス新潟が、酒気帯び運転で書類送検されたブラジル人FWファビオ、スペイン人FWペドロ・マンジーとの契約解除を発表。クラブはJリーグへの報告義務を怠っていたとして、調査が入っている。

また、ベガルタ仙台では、交際女性への暴行が発覚したMF道渕諒平(26)が契約解除となっており、こちらも週刊誌報道で大きな話題となっていた。

そんな最中、25日にはガンバ大阪でブラジル人FWアデミウソンが酒気帯び運転の疑いで任意捜査される事案が発生。現在も捜査中とのことだが、この1週間で3件もの不祥事が発覚した。

村井チェアマンはJリーグを通じてこの件についてコメント。「信頼を裏切る行為」と苦言を呈した。

「度重なるJリーグの選手による不祥事が発生していることに対し、Jリーグ全体を統括する立場として、心よりお詫び申し上げます」

「これらは、コロナ禍で非常に困難な状況が続く中でもJリーグ、Jクラブを支えてくださるファン・サポーター、パートナー各社、ホームタウンの皆さま、そして社会全体の信頼を裏切る行為であり、プロサッカー選手である前に社会の一員として、断じて許されるものではありません」

「Jリーグにとって、サッカーでの勝ち負け以前に一番大事なことは、地域に貢献し必要だと思って頂くことです。ですから、我々が地域の皆さまに迷惑をかけるような存在だとしたら、それは地域における我々の存在意義を失うことに繋がります」

「改めて再発防止に関する指導を行い、クラブ・リーグスタッフ、選手、関係者一人ひとりの意識向上に向け尽力する所存です。
コメント
関連ニュース
thumb

「嬉しいの一言」J1最多タイの3度目の優勝を果たした川崎F・鬼木達監督「恐れずやることがサッカーでも人生でも大事」

25日、川崎フロンターレがガンバ大阪をホームに迎えて明治安田生命J1リーグ第29節を開催。5-0と圧勝し、2年ぶり3回目のJ1優勝を達成した。 引き分け以上で優勝が決まる川崎Fは、立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せてG大阪を圧倒。22分に登里享平のピンポイントクロスをレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて川崎Fが先制する。 <div id="cws_ad">◆2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた川崎フロンターレ<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$dfplid=1swu3zo3w470t0zk79taevwtm7" async></script></div> 前半終了間際にはCKからレアンドロ・ダミアンが競り勝ったボールを家長昭博がダイレクトで合わせて追加点。2点リードで後半を迎えると、家長が2ゴールを重ねてハットトリック達成。試合終了間際には途中出場の齋藤学にシーズン初ゴールも生まれ、5-0で圧勝した。 試合後、優勝の率直な感想を聞かれた鬼木達監督は「本当に嬉しいの一言ですね。前節大分に敗れて悔しい思いをしましたけど、今日本当にこういう形でホームで大勢の方の中で優勝できたことは嬉しくて仕方ないです」とコメント。ホームでの優勝決定に喜びを隠さなかった。 選手たちについては「頼もしかったですし、今年でいうと10連勝、12連勝という形でここまで来たので、どうしても大勢の人の中で優勝を決めたかったので嬉しかったですし、誇りに思います」とコメント。Jリーグ史上最強とも言われるチームを作り上げた選手たちを称賛した。 常日頃から優勝ということを意識してやってきた川崎F。そのことについては「今回もそうですが、いつもスタートから第1節から選手には優勝を意識してやろうと言ってきているので、プレッシャーもある中で選手たちもずっとそういう思いを持ってプレーしてくれました。今日はそういう思いが形になって表れたんじゃないかと思います」とコメント。選手たちの優勝したいという思いが、多くのファン・サポーターの前で結果につながったことを喜んだ。 今シーズンは難しいシーズンとなったが「色々な今までの経験というか、そういったものをチームも捨てて、新しいものにチャレンジして失敗を恐れずにやりました」とコメント。システムをこれまでと変えるなどの変化ももたらしたが「そこが選手たちのチャレンジ精神に尽きるというか。恐れずやることがサッカーでも人生でも大事なのかなと思います」とコメント。新たな一歩を踏み出した結果が今回の優勝につながったとした。 そのシーズンで大切にしてきたことは「今この景色を見てもそうですが、無観客から始まって、これだけ大勢の方が今入ってもらえるようになって、自分ちはスタートから感染しない、させないとして、色々な方の協力があってここまでやって来れたと思います」とコメント。新型コロナウイルスに負けずにやれたことを喜びながらも、「それは今日優勝したからといって変わりなく、色々な思いをもってやっていきたいと思います」と、残りのシーズン、この先もしっかりと感謝をしながら戦うとした。 3度目の優勝となった鬼木監督。これはJリーグの監督で最多タイ記録となった。今シーズンの優勝は「選手一丸となって目標に向かって進めた一年だと思います」とコメントし選手のおかげだとコメント。その中でチームの真髄にあったものは「チャレンジだと思いますし、全員が日頃の練習からライバル意識を持ってやる。ただ、ピッチに立った時は仲間意識が強くて、それが1年間続いたと思う。残り試合もあるのでこの先も続けていきたいと思います」とコメント。チームワークで掴んだ優勝だとした。 2020.11.25 23:10 Wed
twitterfacebook
thumb

清水戦で負傷の札幌MF荒野拓馬、左腓骨骨折および左足首靱帯損傷で手術

北海道コンサドーレ札幌は25日、MF荒野拓馬の手術を発表した。 荒野は、21日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節の清水エスパルス戦に先発出場。しかし、試合中にMFヘナト・アウグストと交錯した際に負傷。そのままピッチを後にしていた。 クラブの発表によると、荒野は左腓骨骨折および左足首靱帯損傷と診断。25日に札幌市内の病院で手術を行い、無事に完了したとのことだ。 なお、全治については明かされていない。 荒野は今シーズンの明治安田J1で28試合に出場し5得点を記録。チームの中心として活躍していた。 2020.11.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「まさに独走」川崎FのJ1制覇に村井満チェアマンがコメント「ファン・サポーターの熱い気持ちが、チームを支え続けた」

25日、明治安田生命J1リーグ第29節が行われて、ガンバ大阪を5-0で下した川崎フロンターレが2シーズンぶり3度目のJ1優勝を達成した。 今シーズン圧倒的な強さを見せてきた川崎Fは、10連勝、12連勝とシーズン2度の大型連勝を達成。変則的かつ過密日程という難しいシーズンながら、他を圧倒し続けてきた。 <div id="cws_ad">◆2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた川崎フロンターレ<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$dfplid=1swu3zo3w470t0zk79taevwtm7" async></script></div> 前節はアウェイでの大分トリニータ戦で1-0と敗れ優勝を決めることができなかったが、ホームに戻り見事に優勝を成し遂げた。 川崎Fの優勝について村井満チェアマンがコメント。祝福した。 「川崎フロンターレの皆さま、2020明治安田生命J1リーグ優勝、おめでとうございます。クラブに関わる全ての方々に心よりお祝い申し上げます」 「まさに独走と言っていいのではないでしょうか。第4節から首位をキープし、その間に10連勝、さらには12連勝をも達成という圧倒的な強さで、栄冠を勝ち取りました。また4試合を残しての優勝はJ1最速です」 「偉大な記録を残すシーズンですが、それ以上に、どんな時も川崎フロンターレを応援してきたファン・サポーターの記憶に残るのだと思います」 「約4カ月のJ1中断も、満員ではないスタジアムでの制限付きの応援も、全てが私たちにとって初めての経験でした。そんな中でもチームは、破格の得点力と、若手の大ブレイクによる圧巻の試合運びで人々を魅了してくれました」 「そして、今季での現役引退を発表した中村憲剛選手。ピッチ内外から愛され続けた川崎のバンディエラも、まさしく有終の美を飾ることとなりました。いつも選手を思うファン・サポーターの熱い気持ちが、チームを支え続けたのでしょう」 「まだ、シーズンは続きます。川崎フロンターレらしいサッカーで最後まで駆け抜けてください。さらなる進化を期待しています」 2020.11.25 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「今日は終わらないでくれ」古巣相手にハットトリック、優勝を手繰り寄せた家長昭博「みんなと戦えたことが嬉しい」

25日、川崎フロンターレがガンバ大阪をホームに迎えて明治安田生命J1リーグ第29節を開催。5-0と圧勝し、2年ぶり3回目のJ1優勝を達成した。 引き分け以上で優勝が決まる川崎Fは、立ち上がりからインテンシティの高いプレーを見せてG大阪を圧倒。22分に登里享平のピンポイントクロスをレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて川崎Fが先制する。 <div id="cws_ad">◆2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた川崎フロンターレ<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$dfplid=1swu3zo3w470t0zk79taevwtm7" async></script></div> 前半終了間際にはCKからレアンドロ・ダミアンが競り勝ったボールを家長昭博がダイレクトで合わせて追加点。2点リードで後半を迎えると、家長が2ゴールを重ねてハットトリック達成。試合終了間際には途中出場の齋藤学にシーズン初ゴールも生まれ、5-0で圧勝した。 試合後、優勝を決める試合で古巣のG大阪相手にハットトリックと大暴れを見せた家長昭博がコメント。ハットトリックについては「今日は終わらないでくれという感じです。それぐらい嬉しいです」と喜びのコメントを残した。 自身も大宮アルディージャから川崎Fに移籍してから3度目の優勝となったが「1年間チーム全員で戦えましたし、勝ち点も2位と結構離せたので素晴らしいシーズンでした。残りありますが、しっかり頑張りたいと思います」とコメント。優勝を喜びながらも、残り試合もしっかり戦うとコメントした。 直近2試合はベンチ外となっていた家長だがこの試合に向けては「ホームでやれる、決められるということで自信しかなかったですし、サポーターの皆さんとチームとみんなで戦えば結果が出ると思っていました」とコメント。ホームでの試合は優勝が決められると自信を持っていたことを明かした。 今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中断などもあり難しいシーズンとなったが、「コロナウイルスでJリーグも中断しましたし、初めはお客さんも入れない状況でしたが、みんなの支えがあってJリーグが再開できたと思います」とコメント。ファンの支えが大事だったとコメント。「最後まで、まだ満員じゃないですが、みんなと戦えたことが嬉しいです」とサポーターにも感謝した。また、「憲剛さんも今年で終わりで、特別なシーズンだったと思います」と語り、中村憲剛の引退に華を添えられたことを喜んだ。 改めてシーズンを振り返った家長。「今日のために日々一生懸命やってきましたし、それが報われて本当に良かったです」と優勝を改めて喜び、難しいシーズンだったがしっかりと良いサッカーを見せたいと意気込んだ。 「今年は色々なことが大変だったと思いますし、サッカー界だけじゃなく、生活する上でもみんなが大変な時期にサッカーを応援してくれる方もいっぱいいたと思います。感謝しかないですし、グラウンドで良いサッカーをしてみんなに笑顔を届けられればと思います」 2020.11.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

長沢駿が4戦連発の仙台、押し込まれながらも鳥栖を下す《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利した。 前節はアウェイで柏レイソルの1-2で勝利を収めた鳥栖。スタメンは1名変更し、チアゴ・アウベスに代えて本田風智を起用した。 対する仙台は前節はホームで鹿島アントラーズ相手に1-3で敗戦。そこから4名が変更。柳貴博、兵藤慎剛、赤崎秀平、石原崇兆が外れ、飯尾竜太朗、佐々木匠、イサック・クエンカ、長沢駿が起用された。 ここ7試合負けがない鳥栖。最下位の仙台との下位対決となったが、序盤から主導権を握ったのは鳥栖だった。 まずは9分、小屋松のスルーパスに抜け出した林が華麗なタッチで流し込むが、これはわずかにオフサイドとなりゴールは認められない。 28分には仙台がチャンス。右サイドを突破した飯尾がクロスを送ると山田がシュートもGK朴一圭がセーブする。 対して29分、鳥栖はボックス付近で細かくパスをつなぐと、最後は原川がボックス手前からミドルシュート。しかし、GKがセーブする。 前半アディショナルタイムにも鳥栖がチャンス。ボックス左に侵入した林がシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返ったボールがGKに当たってゴールへ。しかし、間一髪戻った平岡がなんとかクリアし、ゴールを許さない。 ゴールレスで迎えた後半。鳥栖は52分に林がドリブルで強引に持ち込みボックス内右からシュート。しかし、これは枠を外れる。 57分には仙台がチャンス。イサック・クエンカが粘ってボックス内から折り返すと、最後は山田が詰めるがこれは原がブロックする。 このままゴールレスドローかと思われた78分に仙台がワンチャンスをものにする。ボックス手前から松下が右サイドの浜崎へパス。浜崎はボックス右から鋭いクロスを送ると、中央で豪快にヘッドでたたき込み、押されていた仙台が先制に成功する。 先制を許した鳥栖は小屋松と森下を下げて豊田陽平、相良竜之介を投入。2種登録の相良はJ1デビュー戦となった。 鳥栖はトップに入った豊田をターゲットにロングボールを供給。デビュー戦となった相良も積極的にシュートを放つなど良い動きを見せて同点を目指す。 90分には樋口がボックス左から鋭いクロス。これに相良がダイレクトでボレーを放つが、GKがなんとかセーブして得点を許さない 最後まで決定力を欠いた鳥栖に対し、仙台はしっかりとゴール前でブロックを敷いて守りきりタイムアップ。アウェイでの連勝を飾った。 サガン鳥栖 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 長沢駿(後33) 2020.11.25 21:59 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly