14戦未勝利で最下位の仙台、蜂須賀孝治、柳貴博、松下佳貴の3選手が負傷離脱

2020.10.26 14:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は26日、DF蜂須賀孝治、DF柳貴博、MF松下佳貴の負傷離脱を発表した。クラブの発表によると、蜂須賀と柳は18日に行われた明治安田生命J1第23節の浦和レッズ戦で、松下は21日のトレーニングで負傷したとのことだ。

蜂須賀は右大腿直筋肉離れ、柳は右梨状筋肉離れと診断されともに全治は約3~4週間とのことだ。蜂須賀は9月に右ヒザ関節軟骨損傷のケガを負い、復帰したばかりだった。

また、松下は右ハムストリングス肉離れと診断され、こちらも約3~4週の見込みとのことだ。

今シーズンの蜂須賀は明治安田J1で13試合に出場し1得点、柳は19試合に出場、松下は6試合に出場していた。

仙台は各ポジションでケガ人が相次いでいる上、ピッチ外では不祥事により選手が解雇、ピッチ上でも14試合未勝利で最下位と苦しい状態が続いている。
コメント
関連ニュース
thumb

クリスティアーノが柏歴代最多タイの66ゴール!柏が6連戦の初戦で勝利、仙台は完封負けでまたもホーム初勝利お預け《J1》

1日、明治安田生命J1リーグ第26節のベガルタ仙台vs柏レイソルがユアテックスタジアム仙台で行われ、0-2で柏が勝利した。 11月3日に予定されていた同カードだが、柏の選手に新型コロナウイルスの陽性反応者が出たことで中止に。それからおよそ1カ月が経過して開催となった。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノが柏の最多得点記録66に並ぶゴールを決める<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ogixy3l8kfsr1ssjfn5q6c09h" async></script></div> ホームの仙台は前節アウェイでのサガン鳥栖戦でFW長沢駿が4試合連続ゴールを決め0-1と勝利。その鳥栖戦からは、スタメンを1名変更。DFパラに代えてDF蜂須賀孝治を起用した。 一方の柏は前節アウェイで鹿島アントラーズ相手に1-4と快勝。僅かに残された上位進出に向けて必勝で臨む一戦は、鹿島戦と同じ11人で臨んだ。柏はここから最終節まで6連戦となる。 今シーズンまだホームでの白星がない仙台。残り2試合となったホームゲームでサポーターに白星を届けたいところだ。 その試合は4分、柏が右サイドから崩すと、中央の江坂へパス。シュートチャンスを逃したが左の瀬川へ渡すと、瀬川はファーサイドに巻いたシュート。しかし、枠に飛んだシュートはGKヤクブ・スウォビィクが横っ飛びでセーブする。 柏は最前線のオルンガ、仙台は長沢をターゲットに、相手のブロックを下げて攻撃を仕掛けていく。そんな中21分に柏が決定機を物にする。最終ラインからビルドアップすると、三原の縦パスを受けたクリスティアーノがダイレクトでオルンガへ。そのオルンガが持ち出すと前線へスルーパス。これを受けたクリスティアーノがボックス内に持ち込み、ゴール左に流し込んだ。このゴールでクリスティアーノは、工藤壮人が持つ柏史上最多の66得点に並んだ。 先制を許した仙台だが、柏のタイトな守備の前でもしっかりとボールを繋いでゴールに迫る。すると29分、スローインの流れから佐々木が深い位置に持ち出すと、ボックス左からクロス。これをボックス中央で浜崎がヘッドで合わせるが、シュートは枠に飛ばない。 33分にはボックス右で受けた山田がボールを奪いに来た瀬川を上手くいなして抜け出すとフリーでグラウンダーのクロス。しかし、これは三原がクリアする。これで得たCKから浜崎がクロスを送ると、ニアサイドで平岡がフリック。最後は蜂須賀がシュートを放つがゴールとはならない。 柏は35分にカウンター。仙台がクリアしたボールがクリスティアーノへのパスになってしまうと、柏がカウンター。オルンガへと繋ぐと、最後は江坂へ。江坂はGKと一対一となるが、シュートはGKヤクブ・スウォビィクがセーブ。こぼれ球に詰めようとする江坂がボックス内で後ろから倒されたように見えたが、これはノーファウルとなった。 仙台も徐々にペースを握り返しにいく中、42分に柏が決定機。両サイドを使って仙台ゴールに迫ると、オル ンガとのワンツーで抜け出した江坂がボックス内左でシュート。しかし、飯尾が身体を張ってブロックする。 柏の1点リードで迎えた後半、互いに交代なしで迎える。立ち上がりから柏が圧力を持って仙台ゴールに迫ると52分にチャンス。CBの大南が攻撃参加すると、裏へのパスに北爪が反応。クロスをボックス内で瀬川がシュートも、これはブロックされる。 その後も攻勢を強める柏は55分、左サイドで江坂がボールを受けると前線のオルンガへ。オルンガが折り返すと、ボックス手前でパスを受けたクリスティアーノがシュートも、わずかに枠の右に外れていく。 防戦が続いた仙台は浜崎と佐々木に代えて松下と石原投入する。すると58分に左CKを得ると、松下のクロスを山田が中央でヘッド。しかし、これは枠に飛ばない。 すると今度は柏がCKのチャンス。これがゴールにつながる。60分、右CKからクリスティアーノがクロス。ニアで瀬川が合わせるとシュートは左ポストを叩きこぼれ球に。するとオルンガが長い足を伸ばして丁寧に蹴り込むと、これがネットを揺らして追加点となる。 さらに62分にも柏が決定機。ロングボールをオルンガが収めると、上がってきたクリスティアーノへ。クリスティアーノはボックス右から狙いすましたクロスを入れると、ファーサイドでオルンガがフリーでヘッド。しかし、これは左ポストに嫌われる。 攻め手に欠いていた仙台だが69分にシュートチャンス。左サイドでボールを持った石原がカットインからクロス。これを長沢がボックス中央でヘッド。しかし、枠を外れていく。 仙台は松下を中心にゴール前に積極的にクロスを入れていくが、なかなか精度が上がらず決定機までは作れない。それでも84分には右サイドからのクロスに兵藤がヘッド。しかし、これはGKキム・スンギュがセーブする。 柏は後半アディショナルタイム1分、江坂に代わって入った神谷がボックス内に侵入してループシュート。これがGKヤクブ・スウォビィクの逆を取るも、シュートはわずかに左ポストを戦う。跳ね返りを高橋がシュートに行くがこれは入らない。 仙台もそこから逆襲。ボックス内左で蜂須賀が浮き球のボールを送ると、飛び込んだ長沢がドンピシャでヘッド。しかし、これはGKキム・スンギュがしっかりとセーブして得点を許さない。 その後も仙台はクロスボールを積極的に入れて一矢報いようとするが、最後までゴールが奪えずにタイムアップ。柏が0-2で勝利を収めた。仙台はまたしてもホームでの初勝利がお預けとなり、残り1試合のホームゲームに全てを懸ける事となった。 ベガルタ仙台 0-2 柏レイソル 【柏】 クリスティアーノ(前21) オルンガ(後15) 2020.12.01 21:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第26節:仙台vs柏】ホーム初勝利へ仙台に残された試合は「2」、上位を狙える柏は必勝

【明治安田生命J1リーグ第26節】 2020年12月1日(火) 15:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/21pt) vs 柏レイソル(10位/44pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆ホーム初勝利へ残るチャンスは2試合【ベガルタ仙台】 前節はアウェイでサガン鳥栖を相手に0-1で勝利した仙台。ここにきて白星を重ねられるようになった。 残すところ4試合。今節は11月3日に予定されていた柏との試合だが、柏に新型コロナウイルスの感染者が出たために延期となっていた。 チームは最下位と苦しい状況は変わらないが、今季は降格なし。それでも1つでも上の順位でシーズンを終えるべく、残りの試合に強い思いを持って臨むはずだ。 さらに、今シーズンはホームで未勝利を継続中。今節の柏戦を含めて2回チャンスがあるが、しっかりとホームサポーターに勝利を届けることができるか。前回対戦で5-1と大敗したが、そこからの成長を見せたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:柳貴博、金正也、平岡康裕、蜂須賀孝治 MF:浜崎拓磨、椎橋慧也、佐々木匠 FW:山田寛人、長沢駿、イサック・クエンカ 監督:木山隆之 ◆わずかに残す上位フィニッシュへ負けられない戦い【柏レイソル】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦で1-4と快勝。まさに戦略勝ちという試合展開で、堅い守備からカウンターで鹿島を仕留めた。 組織的なサッカーで相手のストロングポイントを消すことに長けるネルシーニョ監督。残り6試合となったなか、わずかながら上位フィニッシュの可能性を残している。 この先に名古屋グランパス、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレと上位チームとの対戦も残しており、ここで負けるわけには行かない状況。シーズン終盤にエンジン全開で上位を狙う。 この仙台戦が延期となった理由でもあるクラブ内でのクラスター発生から自粛期間を空けて再開。前節からは約1週間空いているだけに、コンディションも整えられたはず。鹿島で火を吹いた攻撃陣が、仙台にも襲いかかるだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、山下達也、古賀太陽 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.12.01 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今季5ゴールの仙台FWゲデスは来季も残留? レンタル延長交渉をシーズン終了後にもスタートか

ベガルタ仙台でプレーする元U-20ポルトガル代表FWアレクサンドレ・ゲデス(26)だが、来シーズンも日本に残る可能性があるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ゲデスは、今シーズン限りのレンタル移籍でヴィトーリア・ギマランイスから仙台に加入。ここまで明治安田生命J1リーグで24試合に出場し5ゴールを記録している。 ゲデスのレンタル移籍には買い取りオプションがついていないため、契約通り2021年1月1日で契約が満了することになるが、仙台はヴィトーリア・ギマランイスと交渉すると報道。12月から交渉が始まるとされている。 仙台は買い取りオプションがない中で、再びレンタル移籍でゲデスをチームに残したい考えがあるとのこと。チーム2位の得点数を記録しているゲデスを高く評価しており、シーズン終了後から交渉をスタートするようだ。 一方で、ヴィトーリアはレンタル移籍の延長を拒否する可能性があるものの、仙台には買い取り義務付きのレンタル移籍か、完全移籍での交渉も可能だとされている。 ゲデス自身は2023年6月までヴィトーリア・ギマランイスと契約を残しており、チーム事情もあまり良くないことからそのままヴィトーリア・ギマランイスがチームに残す可能性もあるとのことだ。 『O Jogo』は、日本政府が再び新型コロナウイルスの感染が拡大していることで外国人へのビザ発行を停止する可能性があり、Jリーグクラブが新たな外国人選手を獲得する上で障壁があると指摘。今プレーしている選手とさらに契約を結ぶことを目指しているクラブが多いとしている。 仙台は現在明治安田J1で最下位。徐々にチーム状態は改善しているが、ゲデスは来シーズンも仙台でプレーするだろうか。 2020.11.27 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

長沢駿が4戦連発の仙台、押し込まれながらも鳥栖を下す《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsベガルタ仙台が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で仙台が勝利した。 前節はアウェイで柏レイソルの1-2で勝利を収めた鳥栖。スタメンは1名変更し、チアゴ・アウベスに代えて本田風智を起用した。 対する仙台は前節はホームで鹿島アントラーズ相手に1-3で敗戦。そこから4名が変更。柳貴博、兵藤慎剛、赤崎秀平、石原崇兆が外れ、飯尾竜太朗、佐々木匠、イサック・クエンカ、長沢駿が起用された。 ここ7試合負けがない鳥栖。最下位の仙台との下位対決となったが、序盤から主導権を握ったのは鳥栖だった。 まずは9分、小屋松のスルーパスに抜け出した林が華麗なタッチで流し込むが、これはわずかにオフサイドとなりゴールは認められない。 28分には仙台がチャンス。右サイドを突破した飯尾がクロスを送ると山田がシュートもGK朴一圭がセーブする。 対して29分、鳥栖はボックス付近で細かくパスをつなぐと、最後は原川がボックス手前からミドルシュート。しかし、GKがセーブする。 前半アディショナルタイムにも鳥栖がチャンス。ボックス左に侵入した林がシュート。これは右ポストを叩くも、跳ね返ったボールがGKに当たってゴールへ。しかし、間一髪戻った平岡がなんとかクリアし、ゴールを許さない。 ゴールレスで迎えた後半。鳥栖は52分に林がドリブルで強引に持ち込みボックス内右からシュート。しかし、これは枠を外れる。 57分には仙台がチャンス。イサック・クエンカが粘ってボックス内から折り返すと、最後は山田が詰めるがこれは原がブロックする。 このままゴールレスドローかと思われた78分に仙台がワンチャンスをものにする。ボックス手前から松下が右サイドの浜崎へパス。浜崎はボックス右から鋭いクロスを送ると、中央で豪快にヘッドでたたき込み、押されていた仙台が先制に成功する。 先制を許した鳥栖は小屋松と森下を下げて豊田陽平、相良竜之介を投入。2種登録の相良はJ1デビュー戦となった。 鳥栖はトップに入った豊田をターゲットにロングボールを供給。デビュー戦となった相良も積極的にシュートを放つなど良い動きを見せて同点を目指す。 90分には樋口がボックス左から鋭いクロス。これに相良がダイレクトでボレーを放つが、GKがなんとかセーブして得点を許さない 最後まで決定力を欠いた鳥栖に対し、仙台はしっかりとゴール前でブロックを敷いて守りきりタイムアップ。アウェイでの連勝を飾った。 サガン鳥栖 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 長沢駿(後33) 2020.11.25 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

プラン通りの攻撃で鹿島が仙台を粉砕! 上位フィニッシュに向けて貴重な白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台(最下位/勝ち点18)vs鹿島アントラーズ(6位/勝ち点49)が21日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの鹿島が3-1で勝利した。 14日に行われた第27節のガンバ大阪戦で18試合ぶりの勝利を収めた仙台。前倒し開催となった18日の第32節FC東京戦で再び上位チームを相手に奮闘して2-2のドローゲームを演じた。勢いに乗り最下位脱出を目指す仙台は、FC東京戦からメンバーを4名変更。飯尾、佐々木、イサック・クエンカ、長沢に代えて柳、兵藤、石原、赤﨑を起用して挑んだ。 対する鹿島は新型コロナウイルスの影響でメンバーを欠く中、前節の首位・川崎フロンターレ戦は75分に追い付き1-1の引き分け。今節、川崎F戦で一発退場となった三竿と小泉に代えて広瀬、永木を起用して上位フィニッシュに向けて白星を目指した。 立ち上がりからボールを握った鹿島が決定機を迎える。7分、右サイドのファン・アラーノのクロスをエヴェラウドがヘディングシュート。しかし、これはGKヤクブ・スウォビィクのビッグセーブに阻まれる。さらに、1分後には右CKにニアサイドで犬飼が頭で合わせるも、右ポストに弾かれてゴールには至らなかった。 仙台はクロスまで持っていくシーンは作れるものの、決定機とまではならず。それでも43分のファン・アラーノのシュートブロックやGKヤクブ・スウォビィクの好守も際立ち、前半を失点ゼロに抑えて試合を折り返す。 徹底してクロスを入れ続けた鹿島は、後半開始早々に仙台ゴールを捉える。47分、右サイド深くからファン・アラーノがボックス内へマイナス気味にクロスを入れると、これをエヴェラウドがヘディングシュートでゴール右隅に突き刺した。 先制した一方で、49分にはGK沖のビッグセーブも飛び出した鹿島は一気に畳み掛ける。57分、GK沖からのロングフィードを上田が逸らすとエヴェラウドが反応。ここは相手にカットされるも、こぼれ球を回収したファン・アラーノがDFの股を通すシュートを流し込み追加点をあげた。 60分に迎えたGKヤクブ・スウォビィクとの一対一は決め切れなかったエヴェラウドだが、その2分後に再びゴールを演出する。右サイド深くでパスを受けたエヴェラウドはゴール前に鋭いグラウンダーのクロスを供給。これを上田が右足できっちり流し込んで3点差とした。 まず1点を目指す仙台は71分に途中出場の選手が絶好機を演出したあと、76分に反撃。左サイド深くでボールを保持した蜂須賀が右足に持ち替えてクロス。これに長沢が頭で合わせて3試合連続弾で1点を返した。 交代選手が監督の起用に応えた仙台だったが、試合巧者の鹿島を前に反撃もここまで。先制から最後まで優勢に進めた鹿島が3-1で勝利し、勝ち点3を積み上げた。 ベガルタ仙台 1-3 鹿島アントラーズ 【仙台】 長沢駿(後31) 【鹿島】 エヴェラウド(後2) ファン・アラーノ(後12) 上田綺世(後17) 2020.11.21 18:05 Sat
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly