コウチーニョがクラシコでハムストリングを負傷、CLユーベ戦欠場へ

2020.10.25 22:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは25日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが左足ハムストリングを負傷したことを発表した。離脱期間は今後の経過次第としてクラブは発表を控えているものの、『フットボール・イタリア』は28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節のユベントス戦を欠場すると報じている。

コウチーニョは24日に行われたラ・リーガ第7節レアル・マドリーとのエル・クラシコで先発。フル出場していたが、25日朝の検査で負傷が発覚した。

今季、バイエルンからレンタル復帰したコウチーニョは、ラ・リーガ5試合に出場して1ゴール2アシスト、CL1試合に出場して1ゴールを挙げるなど、好スタートを切っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール!バルセロナ時代のデコが魅せた洗練されたハーフボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月27日にご紹介するのは、今からちょうど16年前に元ポルトガル代表MFデコ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チャビからデコ!バルサ1年目の技ありシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtZXlKT3o0WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! やや難しいバウンドのボールをトラップで収めると、バウンドしたところを的確にハーフボレー。無駄なく洗練されたゴールです。 ◆バルセロナの心臓 ブラジル生まれのデコ氏は、19歳当時にポルトガルに渡ってからその才能を開花させていきます。1999年にはジョゼ・モウリーニョ監督率いるポルトでチャンピオンズリーグ制覇も貢献すると、その後バルセロナに移籍します。 バルセロナでもスター軍団の中で、“バルセロナの心臓”と呼ばれる活躍を披露。2004年11月27日に行われたラ・リーガ第13節のヘタフェ戦では、見事なゴールを決めています。 バルセロナ1点リードで迎えた22分、MFチャビ・エルナンデスがヘタフェの左サイドを突破します。 DFを引き付けたチャビは、中央を並走していたデコにマイナスのパスを出すと、デコはジャンプしながらのトラップで上手くボールを収め、そのまま2バウンド目の直後に抑えの利いたハーフボレーシュートを放ちます。GKが取りづらい低いシュートは、セーブされることなくゴールネットを揺らしました。 デコ氏はバルセロナ在籍の4年間で自身2度目となるCL制覇、2度のラ・リーガ優勝に大きく貢献しています。 2020.11.27 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ホッフェンハイムCBボハルデに関心! 叔父はクラブOBウィンストン氏

バルセロナがホッフェンハイムに所属するU-18オランダ代表DFメレイロ・ボハルデ(18)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。 バルセロナでは元々の選手層の薄さに加え、ディフェンスリーダーを務める元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によってセンターバックに大きな問題を抱えている。 この状況を受けて、フリーで獲得可能な元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の緊急補強に加え、今冬の移籍市場において予てより獲得を熱望するマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)への関心を強めているようだ。 ガライの獲得の可否は別として、財政難のバルセロナにとって今冬のタイミングでのエリック・ガルシアの獲得には2000万ユーロ(約24億6000万円)と言われる移籍金が必要とされており、主力の売却による資金調達が必要と見られている。 そういった中、ディ・マルツィオ氏によると、バルセロナは新たな補強オプションとしてボハルデの獲得を考慮しているという。 フェイエノールトのアカデミー出身で、現在はホッフェンハイムのトップチームでプレーするボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバックだ。 ホッフェンハイムでは今年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンはリーグ戦1試合とヨーロッパリーグ1試合に出場している。 ただ、クラブとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、現時点では退団を選択する可能性が高いという。 そして、バルセロナはより安価な金額で獲得可能で、ポテンシャルの高い18歳DFの獲得に向けて、ホッフェンハイムと接触しているという。ただ、同選手に対してはミランも関心を示しているようだ。 なお、バルセロナがボハルデを獲得するうえで大きなアドバンテージとなり得るのは、同選手の叔父である元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏の存在だ。 ウィンストン氏はアヤックス時代にルイス・ファン・ハール監督の薫陶を受け、1997年から2000年までバルセロナでプレーしたクラブOB。さらに、現指揮官のロナルド・クーマン監督は当時、ファン・ハール監督のアシスタントコーチとしてウィンストン氏を指導していた旧知の仲だ。 2020.11.26 23:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「ピッチでは唯一無二」幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナを観たグアルディオラが追悼「多くの喜びを与え、サッカーをより良くした」

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がマラドーナ氏の訃報にコメントした。 「1年前にアルゼンチンで私はあるバナーを見た。『ディエゴが人生で何をしたとしても、重要なのは私たちの人生のために何をしたかです』」 「彼は多くの喜びを与え、サッカーをより良くした。彼が1986年にナポリとアルゼンチンのためにした事は信じられないことだった」 「安らかにお眠りください。そしてマンチェスター・シティを代表して、彼の家族全員に哀悼の意を示します」 また、バルセロナ出身のグアルディオラ監督は、幼少期にバルセロナでプレーするマラドーナ氏のプレーを観たことを回想。自身がクラブに入った時にはすでにナポリへ移籍していたというが、マラドーナ氏の偉大さを感じることがあったと明かした。 「私が幼い頃、父と一緒にマラドーナとバルセロナを観に行った時は信じられなかった。残念ながら彼は大きなケガをしてしまった」 「私がアカデミーに入った時、彼はすでにナポリに移籍していた。彼の世界のサッカーへの影響、愛と喜び、私は彼と一緒にロッカールームで過ごさなかったが、全ての人々は彼の寛大さを表現していたし、彼はサッカーをよりよくするためにどうするかを考えていた」 「ピッチでは唯一無二だった。世代に1人。これは悲しいニュースだ」 2020.11.26 21:52 Thu
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏のヨーロッパでの初ゴール バルセロナで魅せた輝き【マラドーナ氏・欧州上陸】

25日、フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった。 1976年10月に、15歳11カ月という若さにして、アルヘンティノス・ジュニアーズでプロデビューを飾ったマラドーナ氏は、瞬く間にその才能を発揮させると、1979年と1980年に南米年間最優秀選手賞を受賞し、1981年に名門ボカ・ジュニアーズへとレンタルで移籍する。 <div id="cws_ad">◆レジェンド、マラドーナ氏が決めたバルセロナ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUZFNjMTY5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そして、1982年のスペイン・ワールドカップの直後、当時21歳のマラドーナ氏はバルセロナへと加入。欧州へと活躍の場を移した。移籍金は当時の世界最高額である760万ドル(当時のレートで約18億円)。カンプ・ノウで行われたお披露目には5万人の観客が押し寄せたという。 バルセロナでの初ゴールは、デビュー戦となった1982年9月4日のラ・リーガ開幕節のバレンシア戦。 0-0のゴールレスで迎えた20分、左サイドを得意のドリブルで攻め上がったマラドーナは、味方とのワンツーで、ゴール前で再びボールを受ける。これはトラップが流れ、相手にクリアされかけるが、味方が拾ったボールが再びマラドーナの下へ向かうとすかさずシュート。ゴール左に欧州初ゴールを決めてみせた。 デビューからわずか20分で初ゴールを決めたマラドーナ氏。試合には1-2で敗れたものの鮮烈なインパクトを与え、第2節のバジャドリー戦でもゴールを決めるなど、華々しいスタートを切った。 結局、マラドーナ氏は会長との関係悪化や私生活の問題もあり、わずか2年でバルセロナを去ることとなったが、在籍2年間で公式戦75試合に出場し47ゴールを記録。3つのカップ戦タイトルをバルセロナにもたらし、ナポリへと移籍していった。 2020.11.26 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

右ヒザ重傷のピケ、早期復帰のために手術は受けず

右ヒザに大ケガを負ったバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケだが、手術は受けないようだ。スペイン『Catalunya Ràdio』が伝えている。 21日に行われたラ・リーガ第10節のアトレティコ・マドリー戦で負傷したピケ。バランスを崩した相手FWアンヘル・コレアにのしかかれる形で右ヒザを負傷し、後日クラブは内側側副靱帯ねん挫と前十字靭帯損傷と報告していた。 報道では、6カ月から8カ月の治療期間を要すると言われているが、ピケは手術を回避することによって、復帰時期を早めようと計画しているという。 外科医のラモン・クガート氏は手術の必要性を強調しているがバルセロナ陣営はピケの意見に賛同しているようだ。 なお、手術を受けない場合は、4カ月で復帰できる可能性があるとのことだ。 2020.11.26 20:14 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly