ノドの痛み&発熱のガットゥーゾ監督はインフルエンザか? ベネヴェント戦を欠席の可能性

2020.10.24 20:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、25日に予定されているベネヴェント戦で指揮を執れないようだ。イタリア『トゥットスポルト』によると、ガットゥーゾ監督はインフルエンザにかかったとのこと。そのため、セリエA第5節のベネヴェント戦を休む可能性があるようだ。

22に行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節でAZと対戦。0-1で敗戦を喫していた。

『トゥットスポルト』によると、AZ戦後にガットゥーゾ監督はノドの痛みが酷く、熱も出ていたとのこと。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が疑われたが、検査の結果は陰性だったとのことだ。

23日のトレーニングもアシスタントマネージャーのルイジ・リッチョ氏が指揮していたようだ。

ガットゥーゾ監督はチームに合流する前に改めて新型コロナウイルスの検査を受けるとのこと。果たして、ベネヴェント戦のピッチサイドに立つ姿は見られるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ディエゴ・マラドーナ氏が急逝…先月60歳の誕生日を迎えたフットボール界の巨星墜つ

フットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏(60)が25日に急逝した。『ロイター通信』など世界各国の主要メディアが伝えている。 先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。 しかし、『ロイター通信』によると、マラドーナ氏は25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心停止を起こし、その後死亡が確認されたという。 アルヘンティノス・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたマラドーナ氏は、ボカ・ジュニアーズ、バルセロナ、ナポリ、セビージャ、ニューウェルズ・オールドボーイズを渡り歩き、1997年に古巣ボカで現役を引退。 現役引退後はアルゼンチン代表やアル・ワスル(UAE)やドラドス・デ・シナロア(メキシコ)、直近は母国のヒムナシア・ラ・プラタの指揮官を歴任。 卓越した左足の技術、創造性、得点感覚を武器に、クラブキャリアにおいてはナポリで2度のセリエA優勝、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)などのタイトルを獲得。 また、アルゼンチン代表では通算91試合に出場し、34ゴールを記録。準々決勝のイングランド代表戦での“神の手”ゴール、5人抜きのドリブルがハイライトとなった1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)では優勝に導く圧巻の活躍を披露。 また、多くの個人賞を総なめにし、ブラジル、オランダのレジェンドであるペレ氏やヨハン・クライフ氏らと並び、歴代最高の選手として常に候補に挙がるなど、フットボール界のレジェンド中のレジェンドとの評価を確立していた。 2020.11.26 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏レアルからインテル移籍のハキミ、代理人が裏側を明かす「ナポリは契約を望んでいた」

インテルに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)の代理人が移籍秘話を明かしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 レアル・マドリーの下部組織出身のハキミは、2018年夏にドルトムントへ2年間のレンタル移籍を経験。昨シーズンは公式戦45試合に出場して9ゴール10アシストの数字を収め、2年間の武者修行を終えていた。 今夏マドリーへ復帰したものの、ジネディーヌ・ジダン監督の構想には含まれず。その結果、4000万ユーロ(約49億5000万円)の移籍金でインテルへと完全移籍し、活躍の場をイタリアへ移した。 ハキミの代理人であるアレハンドロ・カマーニョ氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』の取材に応じ、ハキミの新天地での現状を説明するとともに今夏ナポリからも関心があったことを明かしている。 「ハキミがベストパフォーマンスを見せるには、もう少し時間が必要だろう。彼は冷静だ。イタリアのサッカーは複雑だが、彼はすでにクオリティを発揮している。彼はリズムと確かな技術を持っている」 「ナポリは彼との契約を望んでいた。だが、今ではトップチームであるインテルの選手だ」 ハキミはインテル加入後、ここまで公式戦10試合出場して1ゴール3アシストを記録している。 2020.11.24 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「技術面での差はなかった」首位ミランに敗れたナポリ、ガットゥーゾはメンタリティの欠如を嘆く

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、正しい姿を見せられなかったチームに落胆を隠せずにいる。クラブ公式サイトが伝えた。 ナポリは22日に行われたセリエA第8節において、首位ミランと対戦。インターナショナルマッチウィークにFWビクター・オシムヘンが負傷したナポリは立ち上がりから流れを掴めずにいると、FWズラタン・イブラヒモビッチに先制点を決められる苦しい展開となる。 後半開始10分が経たないうちに追加点を決められたナポリは、63分にFWドリエス・メルテンスが1点を返したものの、反撃はそこまで。MFティエムエ・バカヨコが2枚目のイエローカードで退場すると、3失点目を喫し1-3のスコアで敗れる結果となった。 試合後、ガットゥーゾ監督はチームのメンタリティの欠如を指摘しており、この試合に限らない課題だと嘆いている。 「もちろん、敗戦の責任がまず私にあることは大前提だが、今日のチームは精神的な面で好きになれなかったね。私はこの試合の重要な瞬間に、キャラクターや毒々しさを見ることができなかったと思う。個性を発揮すべき場面で何も示せなかった」 「技術的な面においては、我々はやるべきことをやったと思っている。この部分でミランとナポリの間に差はなかった。しかし、重要な試合で我々はいつも失敗してしまう。これはずっと続いている問題だし、就任して1年になる以上、明確に私の責任だ」 「残念ながら、チームは私が好きではない態度をとっている。我々はより具体的かつ断固としたものを示すべきだが、今は軽いし迷いがあると思う。我々の歯にナイフは見られず、決意を欠いている」 また、ガットゥーゾ監督は現在首位に立っているミランが、自分たちより力があるとは決して思わないと語っている。それでも、メンタルの部分で上回られている点については認めているようだ。 「私は試合の中で技術を楽しみたい監督だが、キャラクターがなければどこにも行けはしない。ピッチには個ではなく、唯一チームのみがあるべきなんだ。繰り返すが、私はミランが私たちよりも強いとは感じていない。だが、彼らは今日我々になかった精神性を持っていたよ」 2020.11.23 13:56 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 1-3 ミラン《セリエA》

セリエA第8節、ナポリvsミランが22日に行われ、1-3でミランが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201122_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 5.0 オスピナの負傷を受けて先発。とりわけ好守はなかった DF 22 ディ・ロレンツォ 5.0 バー直撃のシュートはあったが、失点場面はいずれも自サイドから 44 マノラス 5.0 最後にハウゲとのマッチアップで敗れる 26 クリバリ 5.0 1失点目の場面ではイブラヒモビッチに前に入られるなど出し抜かれていた 6 マリオ・ルイ 5.5 メルテンスのゴールをアシスト。攻撃面では質の高いプレーを見せた MF 11 ロサーノ 5.5 好調を維持している様子だったが、後半序盤に交代 (→ジエリンスキ 5.5) トップ下でプレーしゴールに絡んだ 8 ファビアン・ルイス 5.5 ビルドアップに貢献するなどゲームは作った (→エルマス -) 21 ポリターノ 5.5 トップ下での先発。果敢にシュートに持ち込むなど存在感は見せた (→ペターニャ -) 5 バカヨコ 5.0 古巣対決。追撃弾の起点となるも、痛い退場があった 24 インシーニェ 5.0 成長著しいカラブリアの前に何もできず FW 14 メルテンス 6.0 オシムヘンの負傷によって昨季までプレーしていた最前線で先発。反撃の狼煙を上げる1ゴールを決めた 監督 ガットゥーゾ 5.5 前半序盤は受けに回り過ぎた ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201122_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 99 ドンナルンマ 6.5 前半にメルテンスのシュートを好守で阻止。終盤も好守でチームを助ける DF 2 カラブリア 6.5 対面のインシーニェを封殺 24 ケアー 6.5 立ち上がりに負傷しかけたが、問題なく最後まで堅実にプレー 13 ロマニョーリ 5.0 失点場面では軽い対応だった 19 テオ・エルナンデス 6.5 先制ゴールをアシスト。推進力を見せてバカヨコを退場に追いやった MF 56 サレマーカーズ 6.0 ハードワークで同サイドの守備をケア (→カスティジェホ -) 4 ベナセル 6.5 冷静な組み立てでゲームをコントロール。最後にアシストを記録 10 チャルハノール 6.5 イブラヒモビッチと良い距離感でプレーし、2点目を演出 (→クルニッチ -) 79 ケシエ 5.0 ボールロストから失点に関与 12 レビッチ 6.0 イブラヒモビッチの2点目をアシスト。プレー機会は少なかったが、決定的な仕事をした (→ハウゲ 6.0) 嬉しいセリエA初ゴールを挙げた FW 11 イブラヒモビッチ 7.0 出場6試合連続ゴール。4試合目のドッピエッタで勝利に導くも、負傷の程度が気になるところ (→コロンボ -) 監督代行 ボネーラ 6.5 ピオリ監督のコロナ感染によりセリエA初指揮。イブラヒモビッチの負傷に慌てることなく対処 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イブラヒモビッチ(ミラン) 圧巻の存在感。首位キープのかかった重要な試合で2ゴールと千両役者ぶりを発揮した。軽傷を祈るばかり。 ナポリ 1-3 ミラン 【ナポリ】 メルテンス(後18) 【ミラン】 イブラヒモビッチ(前20) イブラヒモビッチ(後9) ハウゲ(後50) 2020.11.23 06:51 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷もイブラのドッピエッタでナポリとの上位対決を制したミランが首位キープ!《セリエA》

セリエA第8節、ナポリvsミランが22日に行われ、1-3でミランが勝利した。 前節ボローニャ戦を1-0というスコア以上の内容で勝利した3位ナポリ(勝ち点14)と、首位ミラン(勝ち点17)による上位対決。勝利すればミランに勝ち点で並ぶナポリは、代表戦でオシムヘンが肩を負傷し欠場となった中、最前線にはメルテンスが構えた。 一方、前節ヴェローナ相手に苦戦を強いられたミランは、2-2のドローに持ち込んで首位をキープ。コロナ陽性となったピオリ監督が指揮を執れない中、コーチのボネーラが代行を務めて首位死守に挑んだ。 序盤はミランが押し込む展開で推移する。まずは9分、イブラヒモビッチの浮き球パスからレビッチがボレーシュートに持ち込めば、1分後にはチャルハノールが際どいミドルシュートを放った。 そして20分、勢いそのままミランが押し切る。左サイドからのテオ・エルナンデスのアーリークロスにイブラヒモビッチがヘッドで合わせると、シュートが枠の右に決まった。 まずい入りとなったナポリの反撃は27分。ボックス左からメルテンスの放ったコントロールシュートが枠の右隅を捉えたが、GKドンナルンマの好守に阻まれた。さらに直後のCKの流れからディ・ロレンツォの放ったシュートがバーに直撃した。 前半半ば以降も追うナポリが攻勢に出ると、35分にはポリターノが、40分にはロサーノがそれぞれミドルシュートでゴールに迫るも枠を捉えきれず、ミランの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ミランが最初のチャンスでリードを広げる。カウンターの流れからチャルハノールのスルーパスを受けたレビッチがボックス左に侵入。クロスを上げ、ファーサイドのイブラヒモビッチが押し込んだ。 2点を追う展開となったナポリはロサーノに代えてジエリンスキをトップ下に投入、ポリターノが右に回った。 すると63分、バカヨコがケシエからボールを奪取してショートカウンターに転じると、ジエリンスキ、マリオ・ルイと繫いで最後はメルテンスがロマニョーリをかわしてシュートを決めた。 しかし65分、ナポリは退場者を出してしまう。テオ・エルナンデスの突破を後方から止めにかかったバカヨコに2枚目のイエローカードが提示された。 79分に左足太ももを痛めたイブラヒモビッチが負傷交代となったミランは、10人のナポリに対して終盤にかけては守勢に回るも、試合終了間際にハウゲのセリエA初ゴールが生まれて3-1で勝利。 ナポリとの上位対決を制し、首位キープに成功している。 2020.11.23 06:50 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly