審判へのセクハラまがいの行為で批判浴びるアグエロをペップは擁護「普段の彼と変わらない」

2020.10.24 18:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
審判へのセクハラ的態度が批判を浴びているマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに関して、ジョゼップ・グアルディオラ監督は擁護の姿勢を示している。

アグエロは17日に行われたアーセナル戦で、スローインの判定に抗議しようと女性副審のシアン・マジー・エリス氏に詰め寄った際、肩に手を回したことが物議を醸していた。


セクハラ行為と見るものや、下心がないにしろ攻撃的だったとする意見もあり、批判は集中していた。イングランドサッカー協会(FA)からはお咎めなしとなったものの、今なお懐疑的な目を持つファンは多く、アグエロには謝罪を求める声も少なくない。

そんな中、24日に控えるプレミアリーグ第6節のウェストハム戦の試合前会見で、グアルディオラ監督はエースに対する擁護の姿勢を示した。炎上中のアグエロの行為は「普段通り」だったとして、教え子の人となりを称賛している。

「多くの人がジャッジの外から意見しているが、私はセルヒオの考えは理解している。彼はいつも私にやっているように普通に手を置いただけだ。ピッチの外でも中でも、それに私がハグする時と同じようにね。時には交代の際にもレフェリーや相手選手にタッチすることもある」

「彼のことをよく知っている私からするとあれは普通のことだ。彼は世界の大スターだが、謙虚で私が会った人たちの中でも最も親切なひとりだ」

「重要なのは彼が何を意図したのかということと、それは普通のことだったということだ。普通に彼女に話しかけ、悪い言葉も使っていない。この件に関してセルヒオと話し合ったわけではないが、もし彼女が不快に感じたというのなら、彼は間違いなく謝罪すると確信しているよ」

関連ニュース
thumb

王者シティが鮮やかなサイドアタックでウェストハムを攻略!/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シティが見せた教科書のようなサイドアタック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1bWp0dTJFTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールで若くしてブレイクしたスターリングは、2015年夏にシティに加入。名将ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、ワールドクラスのプレイヤーへと進化を続けている。 爆発的なスピードを武器に攻撃陣を牽引するスターリングだが、2016年8月28日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦では、見事な連携からゴールを決めている。 開始間もない7分、MFダビド・シルバがドリブルで相手陣内に切り込んでいくと、相手ディフェンスラインを引き付けたタイミングでボックス左のスペースに走り込んだFWノリートにスルーパス。ボックス内でこのパスを受けたノリートが、ダイレクトで中央に折り返すと、フリーで後方から走り込んだスターリングがしっかりとシュートを合わせ、いきなりの先制点を奪った。 このゴールで主導権を握ったシティは、終始試合を優勢に進め、3-1で快勝している。 <span data-sg-movie-id="886" data-sg-movie-title="【王者のサイドアタック】シティが鮮やかなサイドアタックでウェストハムを攻略!"></span> 2021.03.04 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「裁判官が有罪と言うまでは無実」ペップが古巣での騒動に言及

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、古巣で起きている事件に言及した。スペイン『アス』が報じた。 バルセロナでは1日、「バルサゲート」と呼ばれる過去の汚職事件の疑いによりオフィスが家宅捜索。関与していたとされる前会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏の他、CEO(最高経営責任者)のオスカル・グラウ氏、法務を担当していたロマン・ゴメス・ポンティ氏、バルトメウ氏の右腕としても知られたジャウメ・マスフェレール氏も逮捕されたと報じられていた。 そのバルセロナは、3日にセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグが控えており、試合前に大きな話題を呼ぶ事態となっていた。 2日に行われたプレミアリーグ第29節のウォルバーハンプトン戦後の記者会見で、グアルディオラ監督は古巣での事件についてコメント。逮捕されたバルトメウ前会長についても、「現時点では無実だ」と語った。 「快適な状況ではないことは理解している。全てがうまくいくことを願っている。裁判官が有罪と言うまでは彼は無実だ」 「私が心配しているのは、1週間以内に新たな会長が就任するということだけだ。多くの人が投票し、私にとっての世界最高のクラブを率いることができる会長が選出される。日曜日の選挙を楽しみにしている」 2021.03.03 20:02 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦21連勝のシティ、グアルディオラは向かうところ敵なしのチーム称賛「今はすべてが完璧」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、連勝を続けるチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 公式戦20連勝中のシティは、2日に行われたプレミアリーグ第29節でウォルバーハンプトンと対戦。相手のオウンゴールで先制すると、後半同点ゴールを許したものの、80分から怒涛の攻撃により3点を奪取し、4-1で勝利を収めた。 この結果、シティは公式戦21連勝を記録。週末に直接対決を控える2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差はさらに広がっており、首位の座を盤石のものとしている。 試合後のインタビューに応じたグアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)での勝ち上がりに向けまだ改善材料はあるとしつつ、試合への準備を万全にしている選手たちを称えた。 「失点後、我々は良い反応を示せたと思う。ただ、失点直後だけではなく、全体的にもっと良くなれるはずだ。CLのノックアウトステージでは、より安定していなければならない」 「1-1となる前から、我々は信じられないほどのチャンスを作っていた。だからこそ、この試合は良い教訓になったと思う。ハイレベルな相手は、得点を挙げるのに多くのチャンスを必要としないんだ」 「最後に4点目を奪えたこともあり、我々にとって本当に良い夜になった。前節のウェストハム戦後にも言ったが、21連勝しているからといって、いつも5-0で勝てるとは限らない。今はすべてが完璧だ。どのチーム相手にも、多くの問題を生み出している」 「21連勝中、15~20の勝利は信じられないようなものだった。3カ月前、この位置にいるとは思っていなかったよ。あとは冷静になるだけだ。今日はいい感じになると思っていた。ウォームアップの段階から、準備ができていると感じられた」 また、グアルディオラ監督はこの試合で3点目を記録したFWリヤド・マフレズについて言及。現在のパフォーマンスを維持して欲しいと語っている。 「彼は本当に上手にプレーした。特別なクオリティを持っている選手であり、ピッチ上で踊る男だ。彼はピッチ上でボールを失わない。相手を引きつけ、背後にパスを出せる」 「素晴らしいクロスを上げる選手であることも、我々は知っていた。レスターでの彼は、ジェイミー・ヴァーディと並ぶ傑出した選手だったと思う。だからこそ、我々は獲得したんだ。彼が今のパフォーマンスを続けてくれることを願っている」 2021.03.03 10:27 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがジェズス2発でウルブス撃破! 公式戦21連勝で次節ユナイテッドとのダービー!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、マンチェスター・シティvsウォルバーハンプトンが2日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-1で勝利した。 前節、難敵ウェストハムに競り勝って公式戦20連勝を達成した首位のシティ(勝ち点62)は、今週末に2位のマンチェスター・ユナイテッドとの重要なダービーを控える中、12位のウルブス(勝ち点34)を相手に更なる連勝記録更新を狙った。 ハマーズ戦からは先発6人を変更。最終ラインではストーンズ、ジンチェンコに代わってラポルテ、カンセロが起用され、中盤から前ではギュンドアン、アグエロらに代わってスターリング、ガブリエウ・ジェズス、ベルナルド・シウバらが復帰した。 [5-4-1]の右サイドにフーフェル、ネウソン・セメドを縦に並べる守備的な布陣を採用したウルブスに対して、立ち上がりからシティが攻勢を仕掛けていく。まずは2分、左サイドのカンセロからの斜めのスルーパスに抜け出したスターリングがボックス内でGKと一対一の好機を迎えるが、ここはGKルイ・パトリシオの飛び出しに阻まれる。 以降は80%を超える驚異的なボール支配率で相手を自陣深くに押し込め、スターリングらの動き出しで揺さぶりながら守備ブロック攻略を図る。すると15分、一度左に振った戻しを受けた中央のロドリからボックス右に走り込むマフレズへ絶妙なフィードが通る。これを巧みなボールタッチで収めたアルジェリア代表FWの高速クロスがスターリングの前で戻りながらの対応となったDFデンドンケルのオウンゴールを誘った。 幸先よく先制に成功したシティは以降も試合の主導権を掌握。ビハインドを負ったウルブスも前から激しく圧力をかけるような戦い方の変更を行うことなく、引き続き自陣に引いてペドロ・ネトやアダマ・トラオレの個の力にかけたカウンターに活路を見出そうとする。 そのため、前半半ばから終盤にかけてもホームチームが75%を超えるボール支配率で押し込む状況が続く。 アウェイチームの粘り強い守備もあり、決定機まであと一歩という場面が目立つシティだが、ハーフタイム直前にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でマフレズが入れたクロスを中央のジェズスが頭でフリック。これをファーに詰めたラポルテがワンタッチで押し込む。だが、追加点と思われたこのシュートはVARのレビューの結果、オフサイドと判定されて認められず。 さらに、ラストプレーでは波状攻撃からベルナルド・シウバがヘディングと左足の連続シュートでゴールに迫るが、ここはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれた。 結局、1点リードで試合を折り返したシティは後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。まずは51分、スターリングのワンタッチスルーパスに抜け出したデ・ブライネがボックス左から左足のシュートを狙うが、枠の右隅を捉えたグラウンダーのシュートはGKルイ・パトリシオのビッグセーブに遭う。その直後の54分にはボックス右で仕掛けたマフレズが得意の左足を振り抜くが、これもルイ・パトリシオの好守に遭う。 一方、ここまで最少得点差を維持も1本もシュートを打てないウルブスは56分、ジョニーを下げてファビオ・シウバを投入。この交代で最前線にファビオ・シウバ、2シャドーにネト、アダマ・トラオレが並ぶより攻撃的な布陣にシフトした。 すると、この交代によって流れを引き寄せたアウェイチームがこの試合最初のシュートを同点ゴールに結びつけた。61分、相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのモウティーニョがゴール前のスペースへ絶妙なボールを落とすと、これに反応したコーディのダイビングヘッドシュートがゴール右隅に決まった。 追加点こそ奪えなかったものの、ほぼ完ぺきな試合運びを見せていた中、相手のワンチャンスに泣いたシティ。それでも、すぐさま反撃を開始。65分、ベルナルド・シウバのショートスルーパスに反応したジェズスがボックス右から右足のシュートを放つが、これはGKルイ・パトリシオがうまく右足でコースを変えて枠の外にはじき出す。 以降は連戦の疲労から切り替えの部分で徐々に遅れが出てきたウルブスが望むオープンな撃ち合いの展開に持ち込まれる。その中で幾度かピンチを招いた一方、スターリングが右ポスト直撃のシュートを放つなど勝ち越しゴールに迫る。 すると80分、ボックス手前でキープしたマフレズのスルーパスに抜け出したウォーカーがボックス右からグラウンダーの高速クロスを供給。これはゴール前のDFに掻き出されるが、こぼれ球に反応したジェズスが冷静に左足で蹴り込んだ。 ジェズスのゴールで勝ち越したシティはゴール前から準備していたギュンドアンをベルナルド・シウバに代えてピッチへ送り込み、ここから試合を締めにかかる。 そして、前がかる相手の攻撃を撥ね返してカウンターから3点目を狙う。すると、90分には相手ボックス内でオタソウィからロドリがボールを奪い、ギュンドアンの落としをスターリングがダイレクトシュート。これがDFに触られてこぼれたところをマフレズが冷静に蹴り込んで3点目を奪取。さらに、試合終了間際の93分にはロドリのインターセプトからショートカウンターに転じ、ギュンドアンのミドルシュートのこぼれ球をジェズスがタップインし、4点目まで奪って試合を締めくくった。 ウルブス相手に1度は追いつかれるもジェズスの2ゴールなどで押し切ったシティが公式戦21連勝を達成。今週末に控えるユナイテッドとのダービーに向けて大きな弾みを付けた。 2021.03.03 07:21 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦20連勝中のシティ、絶好調もグアルディオラは改善を要求「もっとうまくやれると言わなければ…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、絶好調のチームに改善を要求した。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは2日、プレミアリーグ第29節でウォルバーハンプトンと対戦する。昨シーズンにダブルを喫した相手で、公式戦20連勝と絶好調のシティだが、やや苦手意識が植え付けられている難敵だ。 グアルディオラ監督は試合を前に、現在のモチベーションについてコメント。首位を独走しているものの、油断をせず、改善を続けなければならないと強く促した。 「我々はお互いをよく知っているし、彼らは私がどれだけの要求をしているかをわかっている。我々は常に改善を続けられる。それが目標だ」 「勝てば勝つほど、結果が出れば出るほど、選手たちに要求して、もっと上手くやれると言わなければならない」 「仕事が終わったとか、最高のプレーをしたと思った選手がいると感じたら、そういった選手たちはプレーさせない。私はとても直感的だ。我々が求められていることを続ける準備ができていない者は、確実に試合に出さないだろう」 「以前にも言ったが、王者は未だにリバプールだ。我々がそうなるにはまだ10試合近く残っている」 また、ウルブス戦については「明日は信じられないほどタフな試合になる」とコメント。苦手な対戦相手への警戒を強めた。 2021.03.02 18:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly