札幌が今季2度目の連勝でミシャJ1通算200勝! 勝ち点並ぶ横浜FCに3ゴール快勝《J1》

2020.10.24 15:58 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第24節の1試合が札幌ドームで行われ、ホームの北海道コンサドーレ札幌が3-0で横浜FCを下した。キム・ミンテを出場停止で欠く14位札幌は今季2度目の連勝だけでなく、ペトロヴィッチ監督の外国籍指揮官として初となるJ1史上3人目の通算200勝がかかる今節に向け、前節から3選手のメンバーチェンジ。菅野、アンデルソン・ロペス、ジェイをスタートから送り込み、宮澤を3バックの一角に配した。一方、4選手を変更した13位横浜FCはケガ人が増えつつあるなか、袴田、瀬古、草野、皆川が先発。こちらも今季2度目の連勝を目指して、敵地でのゲームに臨んだ。


試合数に違いがあるものの、勝ち点24で並ぶ両者の一戦は札幌がボールの主導権争いで優位に立つ形で立ち上がり、横浜FCに守備を強いる展開で進むと、16分に動く。敵陣中央のジェイが最終ラインい入る宮澤の縦パスをワンタッチで叩いて、右前を走るアンデルソン・ロペスにボールを供給。ワンタッチで最終ラインの背後にボールを出してボックス右に侵攻したアンデルソン・ロペスが小林をブロックしながら右足シュートをゴール右に沈め、札幌が先取する。

アンデルソン・ロペスの今季5ゴール目でリードした札幌はなかなか反撃の形を見いだせずにいる横浜FCを尻目に追加点を目指すと、41分に決定機。敵陣中央でボールをカットしたアンデルソン・ロペスがドリブルで相手をひきつけ、右横を併走したジェイにパスを出す。これを受けたジェイが相手GKの前がかったポジショニングを見越して、右足ループシュートを放っていったが、ゴール前にプレスバックした伊野波︎に頭でクリアされ、チャンスを生かせない。

1点リードで試合を折り返した札幌はハーフタイム明けからジェイと田中を下げ、金子と早坂を投入。追いかける横浜FCがその立ち上がりからボールの主導権を握り返して、全体を押し上げる。味方数人が絡む流れるようなパスワークで中央を攻略した52分に皆川がゴールに迫るなど、反撃の形を作り始めたが、札幌も徐々に押し返してみせ、一進一退の攻防に。そうした展開が続き、残り時間的にも次の1点が重みを増すなか、互いのベンチワークも激しくなっていく。

すると、79分にスコアが動く。敵陣中央でバックラインからのロングボールに反応したアンデルソン・ロペスが伊野波のクリアをひっかけてカウンターに持ち込み、ボックス左に侵攻。ボックス右のフリースペースに走り込む70分から出場のドウグラス・オリヴェイラがアンデルソン・ロペスからの浮き球パスに右足で合わせ、札幌が突き放しに成功した。

2失点目で後がなくなった横浜FCはその直後に残る交代枠で中村と中山を送り出して、一矢報いようと反撃を試みるが、87分に札幌が再びカウンター。自陣で中村の横パスをカットした金子がそのままスピードに乗ったドリブルで持ち上がり、一気にバイタルエリア左に侵攻すると、左足シュートをゴール右に決め、札幌が勝負の行方を決する3点目を奪った。

横浜FCとの勝ち点同数対決を制した札幌は2試合連続の完封勝利で今季2度目の連勝を達成。ペトロヴィッチ監督はJ1通算200勝目を成し遂げている。

北海道コンサドーレ札幌 3-0 横浜FC
【札幌】
アンデルソン・ロペス(前16)
ドウグラス・オリヴェイラ(後34)
金子拓郎(後42)
関連ニュース
thumb

札幌が9年ぶり本拠開幕戦で最高の船出! 横浜FC相手に5ゴール快勝で飾る【明治安田J1第1節】

明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日に札幌ドームで催され、ホームの北海道コンサドーレ札幌が5-1で横浜FCを下した。 ホームで開幕戦を迎える札幌は大卒新人の小柏が先発。琉球から復帰した41歳の小野がベンチ入りした。一方、4年ぶりの開幕白星を目指す横浜FCも大卒新人の高木がスターティングメンバー入り。42歳の中村も自身が持つJ1開幕戦最年長スタメン記録を42歳8カ月3日に更新する形で先発した。 試合は予想だにせぬ展開で立ち上がる。2分、右サイド深くから金子が右足でクロスを送ろうとすると、小川がクリア。バイタルエリア右で回収した駒井が思い切り良く右足を振り抜くと、DFの股下を抜けたボールがゴール左下に吸い込まれ、6年ぶりの開幕白星ダッシュを狙う札幌が先制する。 さらに、その2分後にも札幌がカウンターの形に持ち込み、小柏が今季から背番号「9」を背負う右サイドの金子にボールを展開。ボックス右に侵攻からの左足シュートが対面のDFに当たりながらゴール右に決まり、札幌がキックオフから5分も経たないうちに2点のリードに成功してみせる。 アンラッキーな形での失点も続いて劣勢の横浜FCだが、GK六反が3失点目を許さずの好守で踏ん張りつつ、徐々にボールの主導権を握って押し込むと、29分に高い位置でのプレッシャーから反撃の狼煙。ボックス左深くに侵攻した高木の折り返しにクレーベが合わせ、前半に1点を返した。 40分に許したアンデルソン・ロペスの決定的なシュートもゴール前に戻った袴田のブロックで凌ぎ、試合の興味を繋いだ横浜FCだが、札幌が45分に駒井、チャナティップと繋いで中央を崩しにかかると、ボックス右の小柏が折り返す。ゴール前のアンデルソン・ロペスが胸で押し込み、突き放した。 畳みかける札幌は前半アディショナルタイム4分、単騎カウンターに転じたアンデルソン・ロペスが左足フィニッシュ。GK六反が弾いたボールをボックス右で素早く回収した金子が中に切り込むモーションを見せながら左足シュートをゴール左に突き刺して、チーム4点目を叩き出した。 後半の頭から巻き返そうとハーフタイム明けに高木と中村を下げ、伊野波と瀬古を送り出した横浜FCだが、札幌が試合の流れをコントロール。59分に渡邉と齋藤を諦め、伊藤と松尾の交代も施すが、攻めのテンポアップを図ろうとするが、フィニッシュの形まで持っていけない戦況が続く。 すると、ルーカス・フェルナンデスと菅の交代に動いた札幌は77分、金子がボックス右のスペースに浮き球パスを供給。フリーで抜け出した駒井がマイナス方向に折り返すと、金子がケガに泣いた昨季からの復活を期すチャナティップが右足ダイレクトで合わせ、勝負を決した。 その後、最後のカードで手塚を送り出した横浜FCだが、札幌は82分の高嶺、深井、ドウグラス・オリヴェイラに続いて、復帰の小野を86分からピッチに立たせ、そのまま試合をクローズ。9年ぶりの本拠開幕戦を5発快勝で飾り、最高のスタートを切った。 北海道コンサドーレ札幌 5-1 横浜FC 【札幌】 駒井善成(前2) 金子拓郎(前4、前45+4) アンデルソン・ロペス(前45) チャナティップ(後32) 【横浜FC】 クレーベ(前29) 2021.02.27 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「目標はトップ10」経験値のある選手を補強した横浜FC、下平隆宏監督は失点減を目標も「得点を取りたい」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンはJ1昇格シーズンとなった横浜FC。降格なしの措置が取られた中で15位としっかりと残留圏でシーズンを終えていた。 チームを率いて3年目となる下平隆宏監督は、ここまでの調整について「今のところ大きなケガ人もなく、チームも順調に今調整が進んでいる段階です。ただ、いよいよ開幕に向けて一週間切った中で、チームの中の緊張感、僕自身もそうですが、今年は降格しないように、チームの目標であるトップ10に入るという難しいミッションを果たしたいと思うので、選手たちと準備をしている状況です」と語り、順調に来ていることを明かした。 開幕戦ではミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いる北海道コンサドーレ札幌とアウェイで戦うこととなる。札幌の印象については「ミシャ監督になられて攻撃的で組織的になった。攻撃では幅を使ったり中でのコンビネーションなどかなりやり込んでいるので、攻撃面では厄介だなと思います」と攻撃的なイメージとともに手強い相手になったと印象を語った。 また、「守備も昨年途中からオールコートマンツーマンでやってくるので、我々がボールを持っているというコンセプトでは相性が悪いと思います」と横浜FCの戦い方に合わないとし、「そこに対しての対応は準備している段階です。難しい相手ですがしっかり準備していきたいと思います」と開幕戦に向けての分析に余念がないようだ。 これまでも多くのベテラン選手が所属していた横浜FC。今シーズンもFW三浦知良やMF中村俊輔らが在籍している。ベテランについては「ここまで経験している選手なので、彼らがいることでのチームマネジメントのお手本になる。良い見本になると思う」と語り、「キャンプ含めて2人ともケガなくやってきたのでコンディションは問題ないと思う。トレーニングのボリュームは調整しながらやっている段階です」と、順調に調整が進んでいるようだ。 また、今シーズンはFW伊藤翔やFW渡邉千真ら経験のある選手を多数獲得。その点については「クラブとしてもそうですが、去年は良いゲームをしながら最後でゲームを動かされてしまう。経験の無さからということが多々あったので、経験のある選手をリクエストした」と獲得を求めたことを明かし、「クラブとしてもそういった点を強化しようという考えがあった」と、クラブと補強ポイントが一致していたとコメントした。 さらに「キャンプ中に個人面談をしたが、選手たちも課題意識を持っていて、ゲーム運びに関しては経験のある選手が、リードしている時の時間の使い方など、そういったところの問題意識を持っていること、解決できる選手が加わったと思います」とし、チームとしてワンランクアップできる手応えを感じていたようだ。 昨シーズンは3バックや4バックなどシステムをシーズン中に変更。マンマークやゾーンなど守り方も変えていたが「去年は様々な形でやられたので、失点を減らしていくことはチームとしての目標です」とコメント。一方で「ただ、トレーニングマッチを含めても失点はしています。でも、得点の部分も増えています。失点を減らしたいですが、攻撃の部分で得点を取りたいなと思います」と語り、より攻撃陣に期待をかけたいとした。 2021.02.24 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「足首の状態も良い」中村俊輔、横浜FCの仕上がりは「誰が出ても今のところあまり遜色ない」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 横浜FCで3シーズン目を迎える中村俊輔。今シーズンの開幕に向けては「去年の形、ビルドアップからしっかりというものプラス、今年はFWに4人も良い選手が入ってきて、それをどう生かすかというか、良い選手が入ってきただけで枝分かれして良い感じできています」と新戦力へ期待のコメント。「去年は回すところを、早めに2トップに当ててみたりとか、そういった状態がすぐに最初の和歌山のキャンプで表れていました。練習試合で細かいところを積み上げてきてという状態です」と語り、新たな戦い方にも手応えがある様子を語った。 また、「細かいところはJリーグ始まってからというのはありますが、選手の競争というか、誰が出ても今のところあまり遜色ないという感じです」と語り、チームとしての総合力も上がっているという印象のようだ。 開幕戦で対戦する北海道コンサドーレ札幌については「ミシャさんは広島、浦和、札幌と[3-4-3]から[4-1-5]とかやりずらい戦術を使ってくる」と語り、「前に良い選手もいますし、去年もやられているので、反省を生かしながら今週は自分たちの形もありますけど、相手にどうやったらやらせないかということを含めて今日もやりました」と語り、苦手としながらもしっかりと対策を練っていると明かした。 苦手と語るミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーだが、具体的には「[3-4-3]なんですけど、そこからフォーメーションが変わってというのは、ミシャさんがJリーグに初めてもたらせたと思います」とコメント。「選手の特徴が出やすくて、連動がすごく細かく、みないでもフリックしてとか、そういった部分です。戦術というよりも選手が特徴を生かしやすいところが一番です」と語り、選手個々の能力が最大限引き出される戦い方がやりにくさだと明かした。 昨シーズンはケガもあり、あまり出場機会を得られなかった中村だが、J1で同年代の選手と対戦することについては「ジュビロから移籍して、その時はJ2で、J1に上がれて、またそういう舞台でやれると思っていなかったので、今年はより出場時間を長くしていけると思います。足首の状態も良いので」と語り、昨シーズン以上に試合に絡めるだろうとコメント。「遠征メンバーに入れたらと思いますし、伸二とまたやれればと思います」と、開幕戦での対決を楽しみにしていると語った。 この日は同世代のMF小野伸二との合同会見だったが中村は小野について「開幕のカードが決まってからそういった質問が多いんですが、伸二は自分の中で一番うまい選手だと思います」と評価。「ライバルという感じでもないです。昔からの話をするといっぱいあるのでやめておきますが、対戦相手としてもそんなにないです。味方としてやったこともそんなにないです」と、実はあまり接点は多くないという。それでも「こうやって年齢がいいってJ1でやれるというのはあります。お互い良いものを出せれば最高だなと思います」と語り、ピッチ上で良いところを見せたいと語った。 その中村だが、小野が持つ能力で欲しいものについては「両方蹴れるところと、体のバランスが僕は片方に寄っているので、バランスが両方にある分、動きやすいんだろうなと。反転とかトラップとか」と意外なところをチョイス。「キックとかドリブルとか視野の広さというよりも、一回、伸二の体になりたい。僕は片方しかできないので、そういう感覚になってみたい」と両足を器用に使う部分を感じたいと明かした。 2021.02.24 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「同じピッチの上に立てたら最高」1年半ぶりの札幌帰還、小野伸二が同世代・中村俊輔との開幕対戦を望む

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 FC琉球から1年半ぶりに北海道コンサドーレ札幌へと復帰し、J1の舞台へと戻ってきた小野伸二。再びJ1の舞台となる開幕戦では、横浜FCと対戦する。 この日は1つ先輩の中村俊輔と合同会見に出席。その中で現在のチーム状態について語った。 「最初は監督不在の中で進んでキャンプをやってきましたが、1人1人がそういったものを感じさせないぐらい気持ちを込めてトレーニングに励んで、良い開幕を迎えようと準備したと思います」 「みんなが練習試合でも良いパフォーマンスを見せて、ここまで大きなケガもなくこれたかなと思います」 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、オフの間に母国へ帰国。その際に転倒し、手術を受けたことで来日が遅れていた。しかし、22日にチームへ合流。小野は「ミシャさんがきて数日ですが、開幕に向けて本当の意味でやっていくぞという強い団結力も上がってきたかなと思います」と語った。 また、開幕戦で当たる横浜FCについては「個々の能力が非常に高いと思いますし、とにかく自分たちが相手に思うようなプレーをさせないために、激しいプレッシャーだったりを見せて、ホームの地で勝ち点3を取れるようにという気持ちで良い準備をしています」と、ホームでの開幕戦での勝利を誓った。 合同で取材に応じた中村と共に、40代でJ1の舞台での対戦の可能性がある。その点については「僕にとってはJ2からJ1ということで、1年半ぶりにこういう舞台に挑戦できる権利を得ることができました」とコメント。「メンバーはまだ分からず、今はまだ熊本(キャンプ中)なので、どういう選手で行くかはわかりませんが、選ばれた選手たちはチームの代表、北海道代表としてみんなが勝ち点3を取るために全力を尽くすというだけです」と語り、自身のプレー機会以上に、チームの勝利が重要だとした。 その中村への思いについては「先週ちょっと番組で共演させてもらって、久しぶりに話をさせてもらいましたが、また開幕カードということで、お互いとにかくその遠征メンバーであり、18人のメンバーに入ることを目標にやっていると思います」とコメント、。「同じピッチの上に立てたら最高な事だと思います。それが実現できるように、今はメンバーに入れればと思っています」とピッチ上で会えることを願っているとした。 その小野だが、中村の能力で欲しいところについては「俊輔さんは右足の技術の高さもありますけど、左のキックも含めて全てがレベルが高すぎるので、逆に俊輔さんになりたいと思います」とコメント。同じ感覚を味わってみたいとべた褒めした。 2021.02.24 20:02 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|北海道コンサドーレ札幌】ベテランと若手の融合で上位進出へ

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第9弾は、昨シーズンの明治安田J1で12位に終わった北海道コンサドーレ札幌を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[3-4-2-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021consadole_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK大谷幸輝(31)←アルビレックス新潟/完全移籍 GK中野小次郎(21)←法政大学/新加入 DF岡村大八(24)←ザスパクサツ群馬/完全移籍 DF柳貴博(23)←FC東京/完全移籍 DF中村桐耶(20)←Honda FC/復帰 MF小野伸二(41)←FC琉球/完全移籍 MF青木亮太(24)←名古屋グランパス/完全移籍 FWガブリエル(25)←ウィダド・カサブランカ(モロッコ)/完全移籍 FW小柏剛(22)←明治大学/新加入 FW中島大嘉(18)←国見高校/新加入 【OUT】 GKカウィン・タンマサッチャーナン(31)→OHルーヴェン(ベルギー)→/期限付き移籍終了 DF石川直樹(35)→現役引退 DF進藤亮佑(24)→セレッソ大阪 DF濱大耀(22)→カターレ富山/期限付き移籍 MF白井康介(26)→京都サンガF.C./期限付き移籍 MF早坂良太(35)→現役引退 FWウーゴ・ヴィエイラ(32)→未定 FW藤村怜(21)→モンテディオ山形/期限付き移籍 FW岩崎悠人(22)→ジェフ千葉/期限付き移籍 大幅な戦力入れ替えは行われていないが、1番の目玉はMF小野伸二(←FC琉球)の復帰だろう。2014年にウェスタン・シドニー・ワンダラーズから加入した小野は、当時J2に所属していた札幌に加入。大きな歓迎を受けた。 ケガなどもあった中で、多くの出場機会は得られな買ったが、2018年まで在籍。2019シーズン途中からは琉球でプレーしていたが、1年半ぶりに復帰することとなった。 ベテランでありながらもそのパスセンスと試合を読む力は衰えなし。若手が多い札幌において、重要な役割を担うことは間違いないだろう。 その他にも、シャドーでプレー可能なMF青木亮太(←名古屋グランパス)を獲得。また、昨シーズンは特別指定選手としてプレーしたFW小柏剛も明治大学から加入し、攻撃陣に新たな顔ぶれが揃うこととなった。 一方でディフェンスラインではDF進藤亮佑がセレッソ大阪へと完全移籍。昨シーズンはルーキーのDF田中駿汰にポジションを奪われる形となっていたが、代わりにザスパクサツ群馬のDF岡村大八を獲得。さらに、左右のウイングバックでプレー可能なDF柳貴博もFC東京から獲得し、チームとしてのウィークポイントは消せている。 必要なポジションにしっかりと選手を迎えており、昨シーズンのチームからバランスを崩すことなく新シーズンを迎えられそうだ。 ◆目標:上位争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021consadole_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任して4年目のシーズン。チームとしては、再び結果を残したいところだ。 昨シーズンは大卒ルーキーのDF田中駿汰、MF金子拓郎、MF高嶺朋樹が躍動。チームを支える活躍を見せた一方で、やはり決定力不足が勝ち点を伸ばせない要因となった。 また、守備のやり方をマンツーマンに変更したことで、強度の高いサッカーを披露。高い位置でボールを奪ってからのショートカウンターもハマる試合があったが、やはり決定力に欠けていた部分が大きい。 ポゼッションとマンツーマンディフェンス、ショートカウンターと簡単ではないスタイルの融合には、選手個々がどれだけフィットしているかが重要。そういった点では、キャラクターの違う選手を補強しており、昨シーズンブレイクしたルーキーに加え、今季加入した小柏などが戦力になると、面白い戦いを見せることになるだろう。 あとはケガ人という読むことができないリスクにどう対応するか。選手が欠けたから戦えなくなるということを避けるにも、若手の成長は大きなカギとなりそうだ。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MF小野伸二(41) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021consadole_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、2シーズンぶりの復帰となったMF小野伸二だ。 戦力としてフル稼働というのは過密日程やコンディション面で難しいと思われる一方で、経験や技術面では大きなプラスとなる。 特に伸び盛りの若手が多くいるだけに、小野からピッチ内外で学ぶことは多いはず。チームとしてワンランク上に上がるチャンスを得たと言って良いだろう。 もちろんピッチ上でもその活躍は求められている。試合を読む力、パスのクオリティ、ゲームメイク力は錆びることなく、昨シーズンは3連敗が3回、最長で9試合勝てなかったこともあるだけに、その悪い流れを断ち切る力も持っているはずだ。 勢いのあるインテンシティの高いプレーがベースとなるが、小野がゲームスピードをコントロールすることで、チームに変化をもたらせることが期待される。 ◆2021年期待のヒーロー FWジェイ(38) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021consadole_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、再びチームの攻撃の柱になるであろうFWジェイだ。 38歳とベテランの域に入っているジェイだが、その強さは衰えを知らない。シーズンを通してフル稼働することは難しいが、ここぞという時のストライカーとしての働きはやはり頭抜けている。 高さはもちろんのこと、体の使い方やDFとの駆け引きは目を見張るものがあり、チームが苦しい時に助けてくれるのはやはりジェイだろう。 コンディションの調整がうまくいけば、より多くの試合にも出場が可能。高さという点でも、チームの戦い方を変えることができる。 FWアンデルソン・ロペス、FWドウグラス・オリベイラ、そして新戦力のFWガブリエルと外国人FWが揃う中でのプレーとなるが、チームのために戦うジェイに注目だ。 2021.02.21 11:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly