ドルトムント、CBで活躍するジャンのコロナ陽性を発表

2020.10.24 01:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは23日、ドイツ代表MFエムレ・ジャンが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。本職中盤のジャンは、今季ここまで3バックの一角として公式戦5試合にフル出場。しかし、1-3で敗れた3日前のチャンピオンズリーグ開幕節ラツィオ戦(1-3で敗戦)には帯同していなかった。

ドルトムントは24日にブンデスリーガ第5節でシャルケとのレヴィア・ダービーを控えるが、ジャンの欠場が決まった。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、U-23主将の大型FWティゲスとプロ契約締結!

ドルトムントは21日、ドイツ人FWステファン・ティゲス(22)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年半となる。 193cmの大型FWであるティゲスは、2019年の夏にブンデス2部のオスナブリュックからドルトムントU-23に加入。これまでドルトムントU-23では公式戦43試合に出場し21ゴール17アシストをマーク。今季はキャプテンマークを巻いて、ここまでリーグ戦18試合で12ゴールを記録していた。 また、昨年12月に行われたDFBポカール2回戦のブラウンシュヴァイク戦でトップチームデビューを飾ったティゲスは、今年1月に行われたブンデスリーガ第14節のヴォルフスブルク戦でブンデスデビューを果たしていた。 プロ契約を締結したティゲスは、公式サイトで以下に陽に喜びを語った。 「ドルトムントのような素晴らしいクラブとプロ契約を結べたことは嬉しいし、誇りに思っている。これからも努力を続け、この信頼にパフォーマンスで応えたいと思っているよ」 2021.01.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

不安定なドルトムントを元ドイツ代表OBが酷評「規律もキャラクターもないチーム」

かつてバイエルンやリバプールに所属した元ドイツ代表MFのディトマール・ハマン氏が、ドルトムントの戦いぶりを批判している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 ドルトムントは12月、成績不振を理由にルシアン・ファブレ監督を解任。後任として、アシスタントコーチを務めていた38歳のエディン・テルジッチ氏を据えたが、ここまで不安定な戦いが続いている。 ブンデスリーガ第15節でRBライプツィヒとの上位対決を制したまでは良かったものの、続く第16節で降格圏に沈むマインツを相手に勝ちきれずドロー。19日に行われた第17節では、レバークーゼンとの上位対決に1-2のスコアで敗れ、4位にとどまる結果となった。 なかなか波に乗れず、タイトル争いに加われないドルトムントに対して、ドイツ『スカイ』でコメンテーターを務めているハマン氏も、特にレバークーゼン戦の敗戦を酷評している。 「(レバークーゼン戦の)ドルトムントは規律に欠け、淡白で、キャラクターを示せなかった。彼らにはすべてが欠けていたと思うよ」 「レバークーゼンのような強いチームを相手にする以上、規律やキャラクターは見せなければならない。しかし、結局90分間のなかでそうした姿を見ることはなかったね」 また、ハマン氏は今季既に監督交代を敢行しているドルトムントが、これ以上混迷を深めずにいられるか、注意して見ていきたいと語った。 「ドルトムントの現状には説明がつかないね。彼らは今シーズン既に監督を1人失っているが、ここからコーチング不能の状態に陥らないか、見ていくことが重要だ」 2021.01.20 13:29 Wed
twitterfacebook
thumb

3位浮上失敗に悔しさにじませるドルト指揮官テルジッチ「単純なゴールを決められてしまった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、レバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第17節でレバークーゼンと対戦。勝ち点で並ぶものの、得失点差で上回るレバークーゼンを相手に、是が非でも勝利が欲しいドルトムントだったが、14分にあっさりと先制を許してしまう。 反撃に出たいドルトムントは67分にMFブラントのゴールで同点に。しかし、80分にはレバークーゼンの17歳FWヴィルツに得点を許し、1-2と勝ち越されてしまう。結局試合はこのまま終了し、3位と4位直接対決はレバークーゼンに軍配が上がった。 試合後、テルジッチ監督は前半15分までの内容に一定の満足を示したものの、そこから状況が悪くなっていったと悔しさをにじませた。 「最初の2、3分で何度かボールを奪って、全体的にしっかりとした試合のスタートを切ることができたし、15分まではたくさんのチャンスがあった。しかし、15分に先制点を奪われてしまい、試合のターニングポイントとなってしまった」 「(このときの)振る舞いには全く満足していない。頭を下げ、戦う気もなく、起こったことを受け入れているように見えた。ハーフタイムにそのことについて話し合ったのは、絶対に変えたいと思っていたからだ」 「なんとかそれを実行し、1-1同点に追いつき、試合を有利に進めるチャンスがあった。しかし、その後、非常に愚かで単純なゴールを決められてしまった。残念ながら、その後は何もできなかった」 2021.01.20 11:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ディアビ無双のレバークーゼンがドルトムント撃破で暫定2位浮上!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、レバークーゼンvsドルトムントが19日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-1で勝利した。 4戦未勝利(1分け3敗)で3位のレバークーゼンと、前節、最下位のマインツ相手に痛恨のドローにとなった4位のドルトムントによる、勝ち点29で並ぶ上位対決。 前半戦を勝利で終えたいドルトムントは前節から先発2人を変更。負傷のザガドゥ、累積警告のジャンに代えてアカンジ、デラネイを代役に起用した。 立ち上がりは前から圧力をかけたドルトムントが主導権を握り、相手を押し込んだ形からフンメルス、ロイスと積極的にシュートを放っていった。 しかし、先にゴールをこじ開けたのはホームのレバークーゼン。14分、左サイドのベイリーの浮き球のフィードに完璧なタイミングで抜け出したディアビがボックス内でのGKとの一対一を冷静に制した。 敵地で先制を許したものの、慌てることなく反撃を試みるドルトムントは比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、アタッキングサードでは細かい連携ミスが目立ってなかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。23分にはボックス付近での波状攻撃からムニエのシュート性のクロスにゴール前のハーランドが飛び込むが、わずかに反応が遅れてボールを押し込めない。 すると、前半半ばを過ぎると、相手のハイラインの背後、2ボランチの脇のギャップを効果的に使うレバークーゼンが完全に試合の主導権を掌握。とりわけ、右ウイングに入ったディアビがそのアジリティとスピードで優位性をもたらし、再三の鋭い仕掛けでドルトムントゴールに襲い掛かる。 だが、ボックス内での決定機はGKビュルキのビッグセーブに阻まれる。さらに、前半終了間際の44分にはディアビの浮き球クロスをゴール前のアラリオがドンピシャのヘディングで合わすが、これもビュルキのセーブに遭い追加点を奪うことはできず。 守護神ビュルキの奮闘によって辛くも最少得点差を維持して試合を折り返したドルトムントは後半も立ち上がりは勢いを持って入る。54分にはボックス付近での鮮やかな連携からロイス、ハーランドにシュートチャンスも相手の粘り強い寄せに遭い、フィニッシュまで持ち込めない。 それでも、前半に比べて攻守の切り替えがスムーズになったアウェイチームは相手に攻撃の機会を与えず、波状攻撃を仕掛けていく。すると、67分には左CKの流れから高い位置でボールを奪い返してペナルティアーク付近のブラントの足元へラファエウ・ゲレイロの横パスが繋がる。ここでブラントが見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、古巣相手に今季初ゴールを挙げた。 これで完全に流れを掴んだドルトムントは直後にもサンチョの中央突破を起点とした厚みのある攻めからゴール右でルーズボールに反応したブラントに2点目のチャンスも、ここはDFの決死のゴールカバーに阻まれた。 その後は互いに選手交代を切りながらオープンな攻防を繰り広げていく。その中でドルトムントがより相手ゴールに迫るが、サンチョらがボックス付近での決定機を決め切れない。 すると80分、相手陣内左サイドでシックとディアビがムニエからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。最後はドリブルでボックス付近に切り込んだディアビからの丁寧なラストパスを受けたヴィルツが強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 17歳の新星ヴィルツのゴールで勝ち越しに成功したレバークーゼンはここから堅守速攻の色合いを強めていく。これに対してドルトムントはムココ、ティッゲスと若手ストライカーを終盤に投入し、パワープレーでゴールをこじ開けにかかる。 そして、試合終盤にかけても見ごたえのある攻防が繰り広げられたが、これ以上スコアは動くことなくこのままタイムアップ。ディアビの圧巻のパフォーマンスでドルトムントに競り勝ったレバークーゼンが暫定2位に浮上し、前半戦を終えることになった。敗れたドルトムントは2戦未勝利での厳しいシーズン折り返しとなった。 2021.01.20 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃のデビューから1年…“神童”ハーランドがドルトムントデビューでいきなり見せた鮮烈ハットに再脚光

今やフットボールファンなら誰もが知っている存在と言っても過言ではない。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)だが、彼が欧州5大リーグにやってきたのはたった1年前のことだ。 オーストリアのザルツブルクで日本代表FW南野拓実(現リバプール)らとともに頭角を現すと、10代にして初めてチャンピオンズリーグで開幕から5試合連続ゴールを記録するなど、驚異的な得点力を発揮。オーストリア・ブンデスリーガでは、14試合で16ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では前述の通り5試合連続ゴールを含む6試合で8ゴール1アシストを記録した後、2019年12月に鳴り物入りでドルトムント入りした。 そしてウィンターブレイク明けの1月18日、ブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦で衝撃のデビューを果たす。 ハーランドはこのゲームでベンチからスタートすると、チームが2点ビハインドの56分にルシアン・ファブレ監督から声がかかり、ピッチへ。その3分後の59分に記録した移籍後ゴールを皮切りに、70分、79分にも相手ゴールを陥れ、チームを逆転に導くハットトリックを成し遂げた。 ドルトムントの選手として、デビュー戦でハットトリックを達成したのは2013年のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)以来。ブンデスリーガ史上7人目の達成者となり、途中出場からだと初の快挙だった。 当時19歳のノルウェー人ストライカーは試合後、「何故か、かなりリラックスできている。今の僕は素晴らしいクラブにいる。ゴールを決めるためにここに来たわけだから、良いデビューだったね」と話していた。 衝撃デビューから1年が経った今日、SNS専門メディア『433』も「一年前の今日、アーリング・ハーランドがハットトリックするためにベンチから出てきてドルトムントデビュー。そして、そこからは歴史的だ」と改めてそのインパクトの大きさを振り返っている。 ハーランドの活躍は一時的なものにとどまらず、ドルトムントではここまで公式戦35試合で35ゴール6アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで11試合12ゴール2アシスト、CLで4試合6ゴールを記録。すでに世界最高のストライカーの一人に名を連ねようとしている。 <div id="cws_ad">◆ハーランド衝撃のドルトムントデビュー戦<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">One year ago today, <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland?ref_src=twsrc%5Etfw">@ErlingHaaland</a> came off the bench to score a hat-trick on his <a href="https://twitter.com/BlackYellow?ref_src=twsrc%5Etfw">@BlackYellow</a> debut. And the rest is history... ⁣<br>⁣<br> <a href="https://twitter.com/Bundesliga_DE?ref_src=twsrc%5Etfw">@Bundesliga_DE</a> <a href="https://t.co/CEhkMvI1uV">pic.twitter.com/CEhkMvI1uV</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1351176442508419072?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:15 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly