モウリーニョ、3-0からのドローに「これがフットボール」 ウェストハムの健闘を労う声も

2020.10.19 08:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が悔しさを滲ませつつ、相手の健闘を労った。トッテナムは18日にホームで行われたプレミアリーグ第5節でウェストハムと対戦。今季初の連勝がかかる一戦でキックオフから16分間で3点リードに成功したが、82分の失点から守りが崩れ、85分、後半アディショナルタイム4分にも被弾して、3-3のドローに終わった。

今季3試合目のホーム戦で初勝利を目指したものの、終盤の連続失点で勝ち点2を落としてしまったモウリーニョ監督。7年ぶり復帰のウェールズ代表FWガレス・ベイルが72分に待望の再デビューを果たした試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でこう振り返った。


「試合はコントロールされ、ケインの4点目を狙ったシュートがポストを叩いたり、ベイルが試合を殺そうとしたり…だが、これがフットボールだ。意図的じゃないが、チームは落ち込んでいった」

「まさに、我々のコントロール下で最初の失点を喫して、彼らの信念が高まっていった。我々のチームは心理的に対処できるほど強くなく、最後の数秒間で2ポイントを失ってしまったんだ」

「選手たちには相手の強力なセットプレーを意識するよう言っていた。デイビッド(・モイーズ監督)は(トマシュ・)スーチェクという新たな(マルアン・)フェライニを見つけたみたいだ」

「彼らはラッキーだった。しかし、彼らはそのラッキーのために懸命に闘った。私はそんな彼らを称賛する」
関連ニュース
thumb

モウリーニョの早期現場復帰はスパーズに朗報? 給与支払いを大幅に節約か

ジョゼ・モウリーニョ氏(58)の来シーズンのローマ指揮官電撃就任は、古巣トッテナムにとって朗報となったようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 先月19日に成績不振を理由にトッテナムの指揮官の座を追われたモウリーニョ氏。 先日にはイギリス『タイムズ』で、「フットボールに戻るのを待つ。適切なクラブというだけなく、適切な文化を考慮する。したがって、来シーズンは時期尚早かもしれない」と、次の仕事に就くまでにはしばらく時間を要する見込みであると語っていた。 しかし、ポルトガル人指揮官はトッテナム解任からわずか2週間後に、来シーズンからローマの新指揮官に就任することを明らかにした。 この電撃就任によって思わぬ恩恵を受けることになったのが、古巣のトッテナムだ。 トッテナムは2019年11月の就任時にモウリーニョ氏と2022-23シーズン終了までの契約を結んでおり、解任から同氏が次の仕事(監督業)を見つけるまでの期間は1050万ポンド(約16億円)と言われる年俸を負担し続ける必要がある。 だが、今回のローマ指揮官就任によって、同氏が正式就任する7月までの給与を支払うだけでよくなった。 その一方で、イタリア『スカイ・スポルト』によると、ローマと年俸700万ユーロ(約9億2000万円)の3年契約を結んだモウリーニョ氏の1年目の給与の支払いに関しては、トッテナムがその一部を負担する可能性があるという。 ただ、その金額はローマの現行給与とトッテナムで受け取るはずだった給与の差額程度の金額になるため、いずれにしてもトッテナムにとっては大幅な節約に繋がる朗報と言えるはずだ。 2021.05.05 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

タイトル逸からのバウンスバックを評価するメイソン監督、ハットトリックのベイルは「ワールドクラスの選手」

トッテナムのライアン・メイソン監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは2日、プレミアリーグ第34節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ガレス・ベイルのハットトリックの活躍などで4-0で快勝を収めた。 前週にはEFLカップ決勝でマンチェスター・シティと対戦。クラブとして久々のタイトル獲得が目前に迫っていたが、1-0で敗れまたしても無冠が確定。ジョゼ・モウリーニョ監督をこのタイミングで解任して臨んだものの、結果を残すことはまたしてもできなかった。 それでもトップ4フィニッシュに向けてバウンスバックを見せたトッテナム。メイソン監督は、チームのリアクションを喜び、パフォーマンスを評価した。 「素晴らしかった。選手たちに本当に満足している。彼らは95分間コミットし、本当に良いサッカーをした。最も嬉しいのは、競争して勇敢になるという態度だ」 「先週末の残念な結果の後、本当に良いトレーニングを1週間できた。これは反応し、パフォーマンスを見せ、勝利し、いくつかの良いゴールを決め、良いサッカーをするための良い手段だった」 「前半は『ハーフタイムまでに2-0、3-0になるはずだ』と思えた瞬間があったが、そうはならなかった」 「シェフィールド・ユナイテッドは後半の5〜10分間、我々を難しくさせた。プレミアリーグでは普通のことだよ。すべてのチームがこういった不思議な力を持つ。ただ、我々はうまくチームとして守り、あらゆる局面で戦い、勇気を示した。プレッシャーの下でプレーし、本当のクオリティを示した」 「後半は論理的にプレーし、フィニッシュのいくつかはワールドクラスだった。本当にプレーもポジティブなものがあった」 「ガレスのフィニッシュは驚くべきだ。彼はワールドクラスの選手だし、みんながそれを知っている。そして今夜、彼はそれを再び証明した。本当に楽しい夜だった」 「さらにクリーンシートだ。重要なのは今シーズンのプレミアリーグで11度目であり、チームとしては良いことだ。勝利はとても重要で、その方法も満足いくものだった」 2021.05.03 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル圧巻ハットのスパーズがEFL杯決勝敗退を払しょく! リーグ連勝で逆転トップ4へ望み繋ぐ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、トッテナムvsシェフィールド・ユナイテッドが2日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。   前節、メイソン暫定体制の初陣となったサウサンプトン戦を逆転で制した7位のトッテナム(勝ち点53)。先週末のEFLカップ決勝ではマンチェスター・シティに敗れ、13年ぶりのタイトル獲得を逃した中、バウンスバックを図る今節はすでに降格が決定している最下位のブレイズ(勝ち点17)と対戦した。   シティ戦からはウィンクス、ルーカス・モウラに代えてデレ・アリとベイルを起用し、より攻撃的な[4-3-3]の布陣を採用した。   立ち上がりから70%を超えるボール支配率で相手を押し込むトッテナムは、両サイドバックが高い位置を取って攻撃の幅を取り、内に絞る3トップがハーフスペースで効果的に縦パスを引き出して厚みのある仕掛けを見せる。   16分にボックス手前でオーリエから横パスを受けたソン・フンミンが枠の左隅を捉えた際どいシュートでGKにファインセーブを強いると、直後の18分にはボックス左で深い切り返しを見せたケインがゴール右下隅にシュートを飛ばすが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。   以降もアタッキングサードまで容易にボールを運び引いた中央を固める相手にジャブを打ち続けるホームチームは、やや攻めあぐねた前半終盤にワンチャンスを生かしてゴールをこじ開ける。36分、ケインのボックス右への抜け出しから波状攻撃を仕掛けてボックス手前でルーズボールを回収したオーリエが2列目からゴール前にスプリントしたベイルへ浮き球のパスを通すと、飛び出したGKの寸前で左足アウトでボールを叩いたウェールズ代表FWのロブショットがゴールネットを揺らした。   ベイルのリーグ2戦連続ゴールによって先手を奪ったトッテナムは2点目こそ奪えなかったものの、良い形で試合を折り返す。すると、後半立ち上がりの51分には最後尾のアルデルヴァイレルトからの高精度のフィードに反応したソン・フンミンが完璧に背後を取って冷静にGKとの一対一を制す。だが、ファインゴールでの追加点かに思われたこのプレーはVARのレビューの結果、わずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定で取り消しとなった。   後半はバーク、ベルゲの同時投入で攻勢を強めたブレイズにやや押し返される時間帯が続くが、相手の拙攻もあって危なげなく相手の攻撃を撥ね返す。そして、61分には相手の左CKを撥ね返してのロングカウンターから自陣右サイドでDF2枚を剥がしたソン・フンミンが中央のスペースにスプリントをかけるベイルへ丁寧なラストパス。そして、ボックス付近まで運んだベイルが難なくGKとの一対一を制し、強烈な左足のシュートをゴールネットへ突き刺した。   代名詞の高速カウンターで勝利を大きく引き寄せたトッテナムは、完全にノッた背番号9が止まらない。69分、デレ・アリのスルーパスを受けたオーリエが巧みなドリブルで内に切り込み、ペナルティアーク付近でフリーとなったベイルにショートパスを繋ぐと、ベイルは相手DFの股間を抜く技ありのシュートをゴール右隅に突き刺し、ハットトリックを達成した。   2012年12月のアストン・ビラ戦以来、通算2度目のプレミアリーグでのハットトリックを達成したベイルの活躍で勝負を決めたトッテナムは、75分に殊勲のベイルを下げてベルフワインを投入。すると、77分にはデレ・アリの高い位置でのボール奪取からボックス手前左でベルフワインのラストパスを受けたソン・フンミンがカットインから見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺し、こちらもリーグ2試合連続ゴールとした。   その後、ブレイズの反撃を危なげなく撥ね返し続けたトッテナムがEFLカップ決勝敗退を払しょくする快勝でリーグ2連勝を飾り、4位チェルシーとの5ポイント差を維持して逆転でのトップ4フィニッシュへ望みを繋いでいる。 2021.05.03 05:10 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、現場復帰を焦らず? 来季は「時期尚早かも」

先月半ばにトッテナムを解任されたジョゼ・モウリーニョ(58)は、現場復帰を焦っていないようだ。 2019年11月にトッテナムの監督に就任したものの、成績不振で17カ月という短期間で解任の憂き目に遭ったモウリーニョ。これまで指揮してきた数々のクラブでタイトルを獲得し、監督としてエリート街道を邁進していたが、その輝かしいキャリアにおいて、ポルト以降では初めてタイトルをひとつも獲得できずに去ることになった。 今後は今夏に行われるユーロの解説を務める予定のモウリーニョだが、今のところ現場復帰は考えていないという。イギリス『タイムズ』のインタビューで「時期尚早だ」と、来シーズンの復帰の可能性は低いと明かした。 「今は何の計画も立てていない。普通の生活を送るつもりだ。新鮮で穏やかさを感じているよ。私は休暇中なのだ。宿題や分析をしている時間が増えたよ」 「いずれフットボールに戻ってくる。正しいクラブだけでなく、正しい文化のためにね。来シーズンは時期尚早かもしれないが、これからわかることだ」 2021.05.01 20:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがソン・フンミンを侮辱のサポーター6名に出禁処分

マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを侮辱したサポーター6名に処分を科した。 4月11日に行われたプレミアリーグ第31節のトッテナム戦を3-1の逆転勝利で飾ったユナイテッドだが、一部サポーターは先制点の取り消しに繋がる判定に関与したソン・フンミンに怒りが収まらず、試合後にSNS上で人種差別的な投稿が殺到した。 そして、ユナイテッドは4月30日、ソン・フンミンに侮辱を働いたサポーター6名を特定した上で制裁を報告。シーズンチケットホルダーの3名、オフィシャルメンバーの2名、シーズンチケットキャンセル待ちの1名に対して、入場禁止処分を科した。 なお、プレミアリーグをはじめとするイングランドフットボール界は現在、蔓延する人種差別や誹謗中傷に対する抗議として、その発信源に利用されるSNSのボイコットキャンペーンを実施。活動は本日から5月3日まで続く。 2021.05.01 11:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly