7試合ぶり無失点の札幌が駒井弾で鹿島を撃破! シーズンダブルは史上初《J1》

2020.10.18 15:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節、北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが18日に札幌ドームで行われ、1-0で札幌が勝利した。前節、名古屋グランパスに0-3で完敗を喫した札幌(14位/勝ち点21)はその一戦からスタメンを1名入れ替え、高嶺が先発入り。一方、連勝中の鹿島(6位/勝ち点39)は2-0で勝利した前節のサガン鳥栖戦からスタメンを5名変更。ファン・アラーノが復帰したほか、5試合ぶりに杉岡を配置した。

序盤からボールを保持する展開となった鹿島に対して、札幌が球際で激しいプレッシングを見せ、自由にプレーさせない。そんな静かな序盤を経て、鹿島は28分に三竿からのパスを受けたエヴェラウドがボックス手前中央から右足シュートを放ったが、枠を捉えられず。

前半半ばから徐々に盛り返した札幌は31分、宮澤のロングフィードに抜け出したルーカス・フェルナンデスがGK沖と一対一の局面を迎える。並走してきた駒井に横パスを送るも、タイミングが合わずにシュートまで持ち込めない。

決定機を逸してしまった札幌だったが41分、敵陣中央でインターセプトした宮澤のパスからボックス左の福森がダイレクトクロス。ニアサイドに走り込んだ駒井が右足で合わせて先制に成功した。

1点リードで試合を折り返した札幌は55分、敵陣左サイド中央から福森がふんわりとしたクロスを供給するとボックス中央から荒野がダイレクトボレー。枠は捉えられなかったが、後半は札幌が主導権を握る。

この状況を見かねて鹿島は60分に上田、永木、松村と3枚替え。69分に染野、77分に和泉を投入して攻撃の活性化を図る。すると85分、敵陣左サイド深くからエヴェラウドがクロスが宮澤に当たってコースが変わり、ニアサイドの上田が右足で合わせるも、ポストに嫌われてしまう。

終盤にかけて鹿島が猛攻を仕掛けるも、ラインを統率する札幌ディフェンス陣にことごとく跳ね返されてしまう。結局、札幌が1-0で逃げ切り、7試合ぶり完封で2試合ぶりの勝利。鹿島相手に史上初のシーズンダブルを達成した。一方、鹿島の連勝は「2」でストップした

北海道コンサドーレ札幌 1-0 鹿島アントラーズ
【札幌】
駒井善成(前41)
関連ニュース
thumb

アダイウトンの先制点をFC東京が守り切り3節ぶり勝利!横浜FCは天皇杯も合わせて4連敗【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、横浜FCvsFC東京が19日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京が1-0で横浜FCを下した。 ホームの横浜FCは4月8日の監督交代後リーグ戦10試合でわずか1勝と、最下位から抜け出せずにいる。先日の天皇杯でもJ3ヴァンラーレ八戸に"下剋上"を許してしまい、いまだにギアが上がらない状態。前節からスタメンを7人変更して今回のFC東京戦に挑んだ。 対するFC東京も天皇杯で順天堂大学に1-2で敗れてしまったものの、その後のルヴァンカッププレーオフステージで湘南を4-1で下し、逆転でプライムステージ進出を決めている。6月に入ってから好調のレアンドロが、リーグ戦では3月10日の神戸戦以来初めてスタメンに入った。 強い雨の中試合が始まり、立ち上がりは両チームともロングボールを蹴り合う落ち着かない展開となる。その中で横浜FCのクレーベが空中戦の強さを見せつけ、ポストプレーで起点を作り続ける。 雨が落ち着くと、FC東京がボールを握り、左サイドハーフのアダイウトンとトップ下のレアンドロを中心に左サイドから攻めていく。対する横浜FCは[4-4-2]の守備ブロックを構えてカウンターを狙う展開に。クレーベがフィジカルの強さとポストプレーを活かして縦パスをおさめつつ、ジャーメイン良が持ち前のスピードを武器にロングドリブルを仕掛けて何度もFC東京の守備陣を切り裂いた。 しかし31分、カウンターの局面でクレーベが二人をかわした直後のシュートがブロックされると、FC東京のアダイウトンがこぼれ球を拾う。左サイドに流れたレアンドロに縦パスを送り、直後にペナルティーエリア内でディエゴ・オリベイラが受けると、そこにサポートに来たのはアダイウトン。ボックス左からキーパーの股を抜く技ありゴールで先制に成功した。 その後もレアンドロからペナルティーエリア内に進入した東へボールが渡り、クロスでチャンスを作るなどするもゴールには至らず。FC東京が1点をリードしてハーフタイムに入った。 ハーフタイムで両チームは交代カードを切る。横浜FCは田代に代えて袴田、FC東京は中村に代えて小川を投入した。 後半開始直後からチャンスを作ったのはFC東京。50分にはCKの流れから青木がフリーでヘディングをするも、惜しくも枠の上に外れる。 対する横浜FCは55分、東への縦パスを武田が自陣でインターセプトすると、そのまま一人でシュートまで持ち込む。ボールは惜しくも右ポストを直撃したが、この試合でチーム初めての決定機を作った。 73分には、高木が上げた左サイドからのクロスをジャーメイン良がフリーで合わせるも空振り。直後の瀬古のシュートはGK波多野のファインセーブによって阻まれた。 以降は両チームともに左サイドから攻め合う展開に。横浜FCは高木のクロス、FC東京は前半と同じようにアダイウトンやレアンドロ、ディエゴ・オリベイラのパスワークでゴールを狙う。 アダイウトンの先制点以降は試合がなかなか動かない中、横浜FCは途中投入の中村俊輔が89分に渡邊千真に合わせてドンピシャのCKを蹴るも、惜しくも枠の左に外れる。 対するFC東京は、93分にレアンドロのヒールパスに田川がフリーで抜け出したが、GK六反との1対1をかわす際にタッチが大きくなってしまい、ビッグチャンスを決め切れず。終盤の横浜FCの攻撃を凌ぎ切ったFC東京が3節ぶりの白星を掴んだ。 横浜FC 1-0 FC東京 【FC東京】 アダイウトン(前31) 2021.06.19 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

A・ロペス離脱も何のその! 札幌が金子の左右両足2発で大分戦快勝【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の1試合が19日に札幌厚別公園競技場で行われ、北海道コンサドーレ札幌が2-0で大分トリニータを下した。 J1リーグでトップの12ゴールを挙げるアンデルソン・ロペスが移籍濃厚の11位札幌は1トップに荒野を起用。19位大分は札幌と同じ[3-4-2-1]のシステムを用い、最前線に井上が入った。 両雄にとって連勝がかかる一戦。降格圏から抜け出すためにも良い形でリスタートを切りたい大分だが、ホームチームがJリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ進出の良い流れも持ち込み、序盤からペースを掴むと、先にスコアを動かす。 9分、3バックの左に入る福森が自陣ハーフウェイライン手前から左足で前線にフィードを出すと、2シャドーの右を務める金子が反応。絶妙な裏抜けと巧みな胸トラップでボールを収めて、華麗な切り返しから右足シュートをゴール右に決めた。 先制した札幌はその後も大分に攻め入る隙を許さず、21分に数人が絡むパスワークから追加点。敵陣左サイドで青木が起点となり、田中、チャナティップがボールを繋ぐと、バイタルエリア左から金子が左足フィニッシュでネットを揺らした。 追いかける大分は前半に攻めの迫力を出せず、後半に入る。ハーフタイム明けから藤本を投入したが、札幌が引き続きボールの主導権を握り、依然優勢の展開。ただ、その札幌も攻めがなかなかトドメの一撃に繋がらず、終わらせられない。 すると、大分が長沢や渡邉といった攻撃的な交代カードも切り、盛り返し出すが、86分に右サイドから井上が上げたクロスに長沢が頭で合わせたシュートもクロスバーを直撃。残る交代枠でペレイラ、上夷も送り出すが、流れを変えられない。 結局、3点目こそ決められなかったものの、交代枠も駆使しながら試合を総じてコントロールした札幌が中断明けのリーグ戦も白星。直近の公式戦8試合無敗を継続している。 北海道コンサドーレ札幌 2-0 大分トリニータ 【札幌】 金子拓郎(前9、前21) 2021.06.19 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がイニエスタPK弾で白星! 福岡は終盤の猛攻実らず3戦未勝利【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、アビスパ福岡vsヴィッセル神戸が19日にベスト電器スタジアムで行われ、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 天皇杯こそ勝利したものの、リーグ戦直近5試合で1勝、ルヴァンカップもプレーオフステージ敗退と下降気味の神戸は、前節からフェルマーレン、山川に代えて小林、初瀬を起用。システムはダイヤモンド型の[4-4-2]を採用しており、酒井高徳が従来の左サイドバックから右サイドバックにポジションを移している。 対するは、こちらも天皇杯こそ大勝したものの、リーグ戦では2試合勝利から遠ざかっている福岡。前節からスタメンを4枚変更しており、宮、田邉、金森、渡に代わりドウグラス・グローリ、重廣、ジョルディ・クルークス、山岸が入った。システムはフラットな[4-4-2]を採用しており、ブルーノ・メンデスと山岸が2トップを組む形となっている。 立ち上がり、いきなり先制点を決めたのは神戸。2分にサンペールが中央を駆け上がると、右サイドを上がってきた酒井高徳に展開。速いクロスを放つと、ボックス内に走り込んできた古橋が冷静に胸で押し込みゴールを決めた。代表帰りの古橋は、これで今季早くも二桁ゴールに達した。 出鼻をくじかれる形となった福岡は、7分に右サイドフリーでボールを受けたクルークスがカットインからシュートを放つが、これは枠外に。その後もサロモンソン、クルークスの右サイドから打開を試みるが、神戸の高さと強さを備えるセンターバックに跳ね返される時間帯が続いた。 しかし19分、福岡は右サイドでサロモンソンとのパス交換からフリーになったクルークスがインスイングのクロスを放つ。これにボックス内で反応した山岸がわずかに右足でボールに触れると、そのままネットを揺らし同点ゴールとなった。 早い段階で追いつかれてしまった神戸は、ボールを握りこそするものの決定機は作れない展開が続く。すると29分に高い位置でボールをカットした福岡がカウンター。ブルーノ・メンデスが持ち運んだ後のこぼれ球を受けた重廣が強烈なシュートを放つも、これは枠を外した。 38分に神戸は、右サイドの古橋がクロスを放ち、そのこぼれ球を拾ったイニエスタが1人かわしてシュートを放つが、枠内に収めることはできず。その後もサンペールとイニエスタを中心に敵陣までボールを進めることはできるものの、そこからのアイデアに欠いたままハーフタイムとなった。 後半開始から、神戸が攻勢を仕掛ける。49分に古橋とのパス交換からボックス内に進入した酒井高徳がシュートを放ったが、これは奈良が身体を張ってブロック。序盤は神戸ペースも、福岡は54分にCKを得たことを皮切りに反撃を開始。55分には杉本がバイタルエリアからシュートを放つが、枠からは外れている。 膠着した状態を打破するべく、62分に福岡は3枚替えを敢行。2トップを入れ替え攻撃の活性化を狙うと66分、クルークスが右サイドからのカットインで相手をかわしながらシュートを打ったが、これも枠を捉えられなかった。 お互いなかなか枠内シュートを打てない展開のなかで、神戸は74分に田中順也を投入。停滞感からの脱却を目指す中で78分にボックス内でキープしたイニエスタからのボールに、右サイドを抜け出した酒井高徳が反応してクロスを放つ。するとブロックに入った杉本の右腕に当たり、PKの判定に。これをイニエスタが冷静に右隅に決め、神戸が勝ち越した。 リードを許した福岡はアディショナルタイムに宮を投入してパワープレーを敢行すると、93分に渡が、94分にサロモンソンとファンマがシュートを放つも決めきれず。終盤の福岡の猛攻を凌ぎ切った神戸が、2試合ぶりの白星を掴んだ。 アビスパ福岡 1-2 ヴィッセル神戸 【福岡】 山岸祐也(前19) 【神戸】 古橋亨梧(前2) アンドレス・イニエスタ(後35) 2021.06.19 15:23 Sat
twitterfacebook
thumb

五輪代表発表前の最後のアピール……あれ!? の巻/倉井史也のJリーグ

いや、ホントはね、天皇杯で広島がおこしやす京都にボロ負けしたからJリーグでこれまでボロ負けしたチームがどうなったかって調べようと思ったんですよ。ところが2015年を最後にJリーグは公式記録集を作ってなくて、公式データサイトに掲載されているデータはショボショボなもんだから、諦めました。インターネット移行は大賛成なんだけど、なんで情報量が減ってるのか、6年経っても意味不明です。 と、気を取り直して今週末の話題って五輪代表候補がどれくらい活躍する勝ってことになるんじゃないですかね。ここで一発すんごいプレーを見せて滑り込み!! ってのを期待します! まず6月に選ばれていたJリーガーは! GK 大迫敬介(広島) 沖悠哉(鹿島) 谷晃生(湘南) 鈴木彩艶(浦和) DF 町田浩樹(鹿島) 旗手伶央(川崎) 古賀太陽(柏) MF 相馬勇紀(名古屋) 三笘薫(川崎) 田中碧(川崎) FW 林大地(鳥栖) 前田大然(横浜FM) 上田綺世(鹿島) 田川亨介(FC東京) そして今週末の対戦でこの対象選手がいるのはなんと4試合のみ!! 19日(土) ・横浜FCvsFC東京(FW田川) ・広島(GK大迫)vs柏(DF古賀) 20日(日) ・鹿島(GK沖、DF町田、FW上田)vs仙台 ・浦和(GK鈴木)vs湘南(GK谷) 川崎、横浜FM、名古屋、鳥栖の選手はお休みなのでアピールできるのはGK4人と町田、古賀、上田、田川だけなんです。 これにしたがってデータを精査すると、 ・FC東京がこれまで横浜FCとJ1で対戦したのは4回(2007年2回、2020年2回)、3勝0分1敗、得点5、失点2 ・2020年の対戦は1勝1敗、アウェイゲームは0-1 ・2020年のホームゲームでは田川選手が同点ゴール ・広島vs柏のJ1での対戦は44回あって、広島が62失点、柏が58失点、1試合平均で広島は1.4失点、柏は1.3失点 ・2020年の対戦では広島の1分1敗、広島ホームでは柏が1-0の勝利 ・2020年は広島ホームのときに大迫はフル出場、古賀は2試合ともフル出場 ・鹿島は仙台とこれまでに26回対戦してて、17勝2分7敗、得点45、失点23 ・鹿島ホームの場合は8勝2分3敗、得点21、失点13 ・2020年の対戦は鹿島の2勝、得点5、失点2 ・2020年は2試合とも沖がフル出場、町田の出場なし、上田がそれぞれ1得点 ・浦和vs湘南はこれまでに30回対戦していて、浦和の43失点、湘南の63失点、1試合平均で浦和は1.4失点、湘南は2.1失点 ・2020年は浦和の1勝1分、湘南ホームでは浦和2失点、湘南3失点、浦和ホームは0-0 ・2020年は浦和の鈴木、湘南の谷はともに出番なし うーん、このデータ見ても今週末は楽しみ!! ところで今回の選考の前ってわけじゃないけどACL組は 22日(火) ・ジョホール・ダルル・タクジムvs名古屋 24日(木) ・広州vsC大阪 25日(金) ・タンピネス・ローバーズvsG大阪 ・名古屋vs浦項 27日(日) ・川崎vs大邱 ・C大阪vs傑志 ケガしないで帰ってきてくれ〜!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.19 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌痛恨…今季12ゴールのFWアンデルソン・ロペスが移籍に向けて退団準備

北海道コンサドーレ札幌は18日、ブラジル人FWアンデルソン・ロペス(27)が移籍の準備をしていることを発表した。 アンデルソン・ロペスは、2016年にブラジルのトンベンセからサンフレッチェ広島へと期限付き移籍で加入。1シーズン半在籍し、明治安田生命J1リーグで39試合に出場し12得点を記録していた。 2018年にはFCソウルへと完全移籍。しかし、Kリーグ1では30試合で6ゴールと結果を残せず、2019年に札幌へと加入した。 札幌では加入1年目から結果を残し明治安田J1で25試合9得点を記録。2020年も24試合で9得点と攻撃を牽引していた。 今シーズンも開幕からチームを牽引し、ここまで14試合に出場し12得点とキャリアハイの数字を残していたが、他クラブの目にとまり、移籍に向けて動いているという。 札幌はアンデルソン・ロペスについて「この度、アンデルソン・ロペス選手が他クラブからのオファーを受け移籍を前提とし、チームを離れ、現在協議及び準備に入っております」とし、「本人の所属先が決定しましたら改めてお知らせ致します」と移籍を前提にすでにチームを離れていることを発表した。 2021.06.18 11:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly