39歳のイブラヒモビッチがミラノダービーで2ゴール「誰も俺を止められない」

2020.10.18 08:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、インテルとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”が開催。11分にミランがPKを獲得するも、イブラヒモビッチのシュートはGKサミル・ハンダノビッチがセーブ。しかし、こぼれ球を押し込みミランが先制。さらに16分にもイブラヒモビッチがゴールを決めてリードを広げる。

インテルは29分にロメル・ルカクがゴールを記録するも、その後は得点を奪えず。1-2でミランが勝利を収めた。

新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことで、開幕戦以来の出場となったイブラヒモビッチ。試合後、この試合で2ゴールを記録し、勝利に貢献したことを喜んだ。

「ミランは4年間ダービーを勝っていなかった。俺は2週間家に閉じ込められていたから、ハングリーだった」

「少しだけ味覚を失ったが、3日ごとに検査を受け、誰も俺がダービーをプレーするのを止めるつもりはなかった」

「PKを止められたことは失望しているが、重要なのはチームが勝ったことだ。俺はチームで最年長であり、責任の重さを感じている。そし、みんなが俺のリードに従ってくれて、勝つことに飢えているその感覚が好きだ」

開幕戦に続いて2ゴールを記録したイブラヒモビッチ。39歳になってからも衰えを知らないが、自身のパフォーマンスには驚かないという。

「俺は自分のレベルを知っている。ケガのあと、自分が生きていると感じためにアメリカに行った。マンチェスター・ユナイテッドでは、ジョゼ・モウリーニョ監督に「準備ができていないし、失望させたくないからアメリカに行った」と話した」

「ミーノ・ライオラは、私にヨーロッパへ戻るように行った。ミラノが俺を必要としていると言ってきたから、俺は来た。10年前よりも完璧な選手だと感じている。10年前のフィットネスレベルがあれば、誰も俺を止められない。いいかい、彼らは今も俺を止められやしない」

「俺は一生懸命トレーニングし、経験とサポートする準備ができているチームメイトとプレーしている。トレーニングでも試合でも、彼らがアクセルを踏まないことは認めない。俺たちは常に200%でトレーニングしなければいけないんだ」

今回のダービー勝利で開幕4連勝、一歩リードし首位に立っているミラン。2010-11シーズン以来のスクデットの可能性についてもイブラヒモビッチが語った。

「俺たちは1試合ずつ勝っていく。俺が来た時、目的はヨーロッパの出場権を獲得することだった。そして、それを達成した。信じればなんでも可能だ。スクデットの可能性もあると思う。ただ、まだ先は長い」
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン新戦力ハウゲ、加入後1stゴール! 「嬉しい。良い時間帯でのゴールだった」

ノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲがミランでの1stゴールに喜びの心境を語った。『UEFA.com』が伝えている。 ミランは22日に敵地で行われたELグループステージ第1節でセルティックと対戦。2点リードで迎えた後半に追い上げを許したが、3-1の白星で飾り、見事に白星スタートを切った。 この試合でミランの勝利を決定づけたのが今夏に母国クラブのFKボテ/グリムトからやってきた21歳のハウゲだ。ウィングを本職とするハウゲは1点差の79分からピッチに入ると、後半アディショナルタイムにボックス中央から左足シュートを決め切った。 セリエA開幕から1試合の途中出場にとどまるなか、定位置奪取に向けて価値あるゴールを記録したハウゲ。試合後、ミラン加入後公式戦2試合目にしての初ゴールを喜んだ。 「このクラブでの1stゴールをゲットできて嬉しい。セルティックのプレッシャーに晒され、相手が引き分けに迫るなかで、良い時間帯でのゴールだったよ。3点目が試合を安全なものにした。そして、今の僕らはアウェイでの初戦を制して、良いポジションにいる」 セリエA開幕から無傷の4連勝を飾る勢いそのままELも見事に白星スタートを切ったミラン。ノルウェーの新たな逸材とうたわれ、ミランの門を叩いたハウゲも戦力として計算が立つ存在となれば、追い風となりそうだ。 2020.10.23 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがセリエAに続いてELでも好発進! セルティック戦後にピオリが口にした好調の要因とは…?

ミランのステファノ・ピオリ監督がヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ白星発進に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 ミランは22日に敵地で行われたELグループステージ第1節でセルティックと対戦。2点リードで迎えた後半に追い上げを許したが、3-1の白星で勝ち切った。 セリエA開幕から無傷の4連勝を飾る勢いそのままELも見事に白星スタートを切ったミラン。ピオリ監督は試合後、結果を評価した。 「我々は正しいパーソナリティで試合をうまくコントロールした。後半はパスの精度が低く、終盤にリスクを冒してしまったが、我々からしてみれば、全体的に良いゲームだったと思う」 また、セルティック戦の勝利で今季開幕からいまだ無傷の戦いを披露するピオリ監督はその要因にも言及。充実したチーム状況を口にしている。 「チームスピリットに関して非常に満足だ。全員が同じ方向に向かって、一緒にプッシュし合っているのが好調の秘訣だと思う。我々は若いチームだが、全員が学び、成長しようとしている。1分たりともトレーニングを無駄にしない」 「良い結果はより自信をもたらすが、シーズン中に難しい場面もやってくるのもわかっている。若い集団だが、経験豊富な選手もヘルプしてくれる。私が最も気に入っているのは次の試合が最も大事だと常に考えている姿勢だ」 2020.10.23 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

好調ミランが敵地でセルティック撃破! 後半追い上げ食らうもハウゲ初弾で逃げ切る!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節、セルティックvsミランが22日に行われ、アウェイのミランが1-3で勝利した。 PK戦までもつれ込んだリオ・アヴェとの死闘を制してグループステージ進出を決めたミラン。ただ、セリエAでは直近のダービーでインテルを下すなど、開幕4連勝と好調を維持している。 26日にローマとのセリエAでのビッグマッチを控える中、インテル戦からのメンバー変更を5人に留めてイブラヒモビッチやGKドンナルンマ、ケシエ、テオ・エルナンデスを継続起用。一方、デビュー戦となるジオゴ・ダロトがクルティッチらと共に起用された。 立ち上がりは一進一退の攻防となったが、ミランの伏兵がいきなり仕事を果たす。14分、相手陣内右サイドでボールを持ったカスティジェホがカットインから左足インスウィングの絶妙なクロスを入れると、ニアにポジションを取ったイブラヒモビッチの後方から飛び出してきたクルニッチが頭で合わせてゴールネットを揺らした。 クルニッチの移籍後初ゴールで先手を奪ったミランは、古巣対戦で意気込むラクサールらを起点とする相手のサイドアタックにきっちり蓋をしながら、相手得意のセットプレーも冷静に撥ね返していく。 すると、前半終了間際の42分にはGKドンナルンマのスローイングからロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でタメを作ったイブラヒモビッチのスルーパスにテオが快足を飛ばして抜け出すと、ボックス手前でキープして後方から攻め上がってきたブラヒム・ディアスに丁寧なパス。これを受けたディアスがDF2枚をドリブルで振り切り、ボックス右から右足のシュートを左隅へ流し込んだ。 これで余裕の展開となったかに思われたミランだったが、後半はセルティックの攻勢に遭う。立ち上がりからリスクを冒して攻める相手に押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられる。 流れを変えたいミランベンチは、週明けのローマ戦も意識してか、66分にイブラヒモビッチとケシエを下げてレオン、ベナセルをピッチに送り込む。 だが、中盤で強度を維持していたケシエ、前線で抑止力となっていたイブラヒモビッチの不在によって、より押し込まれる苦しい状況に陥る。そして、76分にはクリスティの左CKをM・エルヨナシに頭で決められて点差を縮められる。 これで完全に勢いづいたセルティックを前に守勢を強いられたミランは、ドンナルンマが遅延行為でカードをもらうなど、逃げ切りに向けて精いっぱいという状況が続く。 それでも、後半アディショナルタイムまでリードを維持すると、92分にはサレマカーズの斜めのパスに反応したペナルティアーク付近のハウゲが相手に寄せられながらもそのままゴール前まで持ち込んで試合を決定付ける3点目を決め切った。 そして、デビュー2戦目となったハウゲの値千金の初ゴールで勝利を大きく引き寄せたミランが難敵セルティックとのアウェイゲームを制し、今季のELグループステージを白星で飾った。 セルティック 1-3 ミラン 【セルティック】 M・エルユヌシ(後31) 【ミラン】 クルニッチ(前14) ディアス(前42) ハウゲ(後47) 2020.10.23 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ復帰後も絶好調のズラタンが練習で超絶テクニックを披露!EL開幕に向け準備万端

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがチーム練習で超絶テクニックを披露した。 先月21日に新型コロナウィルスの陽性反応が出たことを受け、公式戦4試合を欠場していたイブラヒモビッチ。スウェーデンのカリスマストライカーのコロナ感染は、世界中に衝撃を与えたが、17日に行われたインテルとのミラノ・ダービーで実戦に復帰すると、いきなりの2ゴールを記録。チームの2-1での勝利の原動力となっていた。 御年39歳ながら衰えを感じさせないプレーを見せるイブラヒモビッチだが、22日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節のセルティック戦に向けたチーム練習でも、調子の良さをうかがわせる超絶テクニックを披露した。 ミニゴールを使ったシュート練習を行ったイブラヒモビッチは、DF役のコーチがズラタンの方へプレッシャーをかけに来ると、右足のつま先の華麗なコントロールでボールを素早く空中へ上げる。ボールがコーチの頭上を越す間に抜き去ると、美しいトラップでそのままミニゴールへシュート。鮮やかな超絶テクニックをいとも簡単にやってのけた。 セルティック戦は、22日28時キックオフ。コロナ復帰後益々調子を上げるズラタンの活躍に注目だ。 <div id="cws_ad">◆ズラタンがトレーニングで見せた超絶テク<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cool as you like from Zlatan Ibrahimovic... <a href="https://t.co/zapVCOI91U">pic.twitter.com/zapVCOI91U</a></p>&mdash; Sky Sports (@SkySports) <a href="https://twitter.com/SkySports/status/1318876177520525314?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.22 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【凯西】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「弗兰克·凯西」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:フィジカルが武器の中盤の選手です。 ヒント②:中国語で植物の「ラン」は「兰」とも表記します。 ヒント③:クラブでは背番号「79」を着用しています。希望していた「19」への変更もできたそうですが、ユニフォームを買ったファンのためにそのままにしているそうです。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJRmJENENHSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「凯西」の読み方は…「ケシエ」でした。そう、ミランに所属するコートジボワール代表MFのフランク・ケシエです。 ちなみに「ミラン」は中国語で「米兰」と表記します。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.22 06:30 Thu
twitterfacebook