39歳のイブラヒモビッチがミラノダービーで2ゴール「誰も俺を止められない」

2020.10.18 08:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、インテルとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”が開催。11分にミランがPKを獲得するも、イブラヒモビッチのシュートはGKサミル・ハンダノビッチがセーブ。しかし、こぼれ球を押し込みミランが先制。さらに16分にもイブラヒモビッチがゴールを決めてリードを広げる。

インテルは29分にロメル・ルカクがゴールを記録するも、その後は得点を奪えず。1-2でミランが勝利を収めた。

新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことで、開幕戦以来の出場となったイブラヒモビッチ。試合後、この試合で2ゴールを記録し、勝利に貢献したことを喜んだ。

「ミランは4年間ダービーを勝っていなかった。俺は2週間家に閉じ込められていたから、ハングリーだった」

「少しだけ味覚を失ったが、3日ごとに検査を受け、誰も俺がダービーをプレーするのを止めるつもりはなかった」

「PKを止められたことは失望しているが、重要なのはチームが勝ったことだ。俺はチームで最年長であり、責任の重さを感じている。そし、みんなが俺のリードに従ってくれて、勝つことに飢えているその感覚が好きだ」

開幕戦に続いて2ゴールを記録したイブラヒモビッチ。39歳になってからも衰えを知らないが、自身のパフォーマンスには驚かないという。

「俺は自分のレベルを知っている。ケガのあと、自分が生きていると感じためにアメリカに行った。マンチェスター・ユナイテッドでは、ジョゼ・モウリーニョ監督に「準備ができていないし、失望させたくないからアメリカに行った」と話した」

「ミーノ・ライオラは、私にヨーロッパへ戻るように行った。ミラノが俺を必要としていると言ってきたから、俺は来た。10年前よりも完璧な選手だと感じている。10年前のフィットネスレベルがあれば、誰も俺を止められない。いいかい、彼らは今も俺を止められやしない」

「俺は一生懸命トレーニングし、経験とサポートする準備ができているチームメイトとプレーしている。トレーニングでも試合でも、彼らがアクセルを踏まないことは認めない。俺たちは常に200%でトレーニングしなければいけないんだ」

今回のダービー勝利で開幕4連勝、一歩リードし首位に立っているミラン。2010-11シーズン以来のスクデットの可能性についてもイブラヒモビッチが語った。

「俺たちは1試合ずつ勝っていく。俺が来た時、目的はヨーロッパの出場権を獲得することだった。そして、それを達成した。信じればなんでも可能だ。スクデットの可能性もあると思う。ただ、まだ先は長い」
コメント
関連ニュース
thumb

ミランvsローマは壮絶ドロー! イブラ3戦連続ドッピエッタも3度のリード守り切れず開幕5連勝ならず…《セリエA》

セリエA第5節、ミランvsローマが26日にサンシーロで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、インテルとのダービーを2-1で制したセリエA開幕4連勝の首位ミランは、23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のセルティック戦も3-1で勝利。今年6月半ばのコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦以降、21戦無敗(16勝5分け)と圧倒的な強さを示している。 開幕5連勝を目指す今回のビッグマッチでは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された守護神のドンナルンマがハウゲと共に招集外となり、今季新加入のGKタタルサヌがデビューを飾ったものの、フィールドプレーヤーはインテル戦と同じメンバーが起用された。 一方、フォンセカ体制2年目となった今季のローマは、選手登録違反によってヴェローナとの開幕節を0-3の敗戦扱い(実際の試合は0-0)となる最悪の船出となった。だが、以降はユベントスにドロー、ウディネーゼ、ベネヴェントに連勝を飾り、直近のELヤング・ボーイズ戦も一部主力を温存した中、2-1で逆転勝利を収めている。首位チームとのアウェイゲームではシステムを[3-4-2-1]に戻して、前線にはジェコとムヒタリアン、ペドロが並んだ。 マンデーナイト開催の注目のビッグマッチは開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドで仕掛けたレオンが左足でクロスを入れると、DFクンブラがクリアし切れずにファーに流れたボールを、飛び出したGKミランテの手前で長い足を伸ばして触ったイブラヒモビッチが流し込んだ。 イブラヒモビッチの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったミランは、その後もリズム良くボールを動かしながら追加点を狙っていく。 一方、ローマも左サイドのムヒタリアンを起点に徐々に相手陣内深くに侵攻すると、こちらも頼れる主砲が仕事を果たす。14分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが右足インスウィングの浮き球のボールを入れると、飛び出したGKタタルサヌが触れずにファーへ流れたところをDFロマニョーリに競り勝ったジェコが頭で合わせ、こちらも2試合連続ゴールとした。 両主砲のゴールで振り出しに戻った試合は、ここから睨み合いの状況がしばらく続いていく。だが、前半半ばを過ぎて互いに2点目に迫る場面を作り出す。まずは28分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のテオ・エルナンデスが左足で際どいシュートを放つと、その直後にもチャルハノールの正確なプレースキックに合わせたロマニョーリ、ケアーのセンターバックコンビが決定的なヘディングシュートを放つが、GKミランテの好守と右ポストに阻まれる。 一方のローマは30分過ぎにイバニェス、ペッレグリーニが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKタタルサヌの好セーブに阻まれた。 その後、前半終了間際の43分にはイブラヒモビッチが身体を張って得たペナルティアーク付近のFKから名手・チャルハノールが壁の間を抜く強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテの好守に遭い、前半は1-1で終了を迎えた。 後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、前半同様に勢いを持った入りを見せたホームチームが電光石火のゴールを奪う。47分、左サイドをドリブルで突破したレオンが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたサレマーカーズが右足のワンタッチでニアを射抜いた。 前半の反省を生かせずにまたしても立ち上がりの失点となったローマはすぐさま反撃を開始。52分、自陣から長い距離を持ち上がったペドロから縦パスを受けた左サイドのムヒタリアンが正確な折り返しを入れる。これをボックス右に抜け出したジェコが右足インサイドのダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 その後は連戦の疲労を感じさせる行ったり来たりのオープンな展開が続く中、試合の主役の座はジャコメッリ主審に移っていく。69分にはボックス内でムヒタリアンのシュートのこぼれ球に反応したペドロとベナセルが交錯。一見すると、ペドロのファウルのように見えたものの、ここでVARの介入もなく即PK判定が下される。これをキッカーのヴェレトゥが決めた。 この微妙な判定にミラン陣営の不満が募り、試合は徐々に荒れ模様の様相を見せるが、今度はミランにお返しのような判定が下される。78分、ボックス内でルーズボールに反応したチャルハノールとDFマンチーニの微妙な接触でPKが与えられる。 これをキッカーのイブラヒモビッチがきっちり決め切って出場3試合連続でのドッピエッタ達成で得点ランキングトップの6ゴールに到達した。 この3点目で勝負ありかに思われたが、ローマが驚異の粘りを見せる。84分、左CKの場面でキッカーのヴェレトゥの鋭いボールがニアのイブラヒモビッチに当たってファーに流れると、これに反応したクンブラが見事な右足ボレーで流し込み、決勝点を決めたヤング・ボーイズ戦に続く2試合連続ゴールとした。 これで一気にわからなくなった試合は最後まで白熱の展開を見せるが、試合終盤にミランに訪れたセットプレーの決定機ではケシエのヘディングがGKミランテに、ラストプレーのロマニョーリのヘディングは枠のわずか右に外れ、このままタイムアップ。 壮絶な打ち合いとなったミランとローマのビッグマッチは3-3のドローに終わり、3度のリードを守り切れなかったミランは公式戦無敗を22試合に更新も、開幕5連勝を逃がす結果となった。 2020.10.27 07:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、GKドンナルンマとFWハウゲが新型コロナウイルス陽性反応

ミランは26日、選手2人とチームメンバー3人が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 ミランの発表によると、25日夜に受け取った検査結果で、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマとノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲが陽性反応を示したとのことだ。 なお、メンバー3人を含めた5人はいずれも無症状であり、すでに自宅隔離措置をとっているとのこと。地元保健当局にも通知したという。 26日はプロトコルに従って残りのチーム全体で検査を実施したが、新たな陽性反応者は出ていないとのことだ。 ドンナルンマは今シーズンのセリエAで全4試合に出場。ハウゲはボデ/グリムトから今季加入し、ここまでセリエAでは1試合の出場に終わっているが、ヨーロッパリーグのセルティック戦でゴールを記録していた。 ミランでは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが陽性反応を示していたが、先日復帰していた。 2020.10.26 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

各国主要リーグ所属クラブの選手平均年齢が判明 欧州5大リーグで最も若いのはミラン! J1は?

サッカー関連のあらゆる統計データを研究している機関『CIES Football Observatory』が、各国主要リーグに所属する各クラブの選手平均年齢を発表している。 欧州5大リーグの中で最も平均年齢が低かったのはミラン。重鎮FWズラタン・イブラヒモビッチが39歳でバリバリ活躍しているが、30歳超えの選手はDFマテオ・ムサッキオやDFシモン・ケアー、GKアントニオ・ドンナルンマら5人しかおらず、今夏にブレシアから加入したMFサンドロ・トナーリや、レジェンドのパオロ・マルディーニ氏を父に持つダニエル・マルディーニら25歳以下が大半を占めており、24.5歳という最低平均年齢を記録した。 2番目に若いのはモナコの24.7歳で、以下はスタッド・ランス(24.8歳)、サンテチェンヌ(24.8歳)とリーグ・アン勢が続く。トップ10ではリーグ・アンのクラブが5チーム入っており、そのほかではドイツのシュツットガルト(24.9歳)やライプツィヒ(25.1歳)、ラ・リーガのバレンシア(25.2歳)、プレミアリーグのブライトン(25.3歳)がランクインした。 UEFA管轄リーグで最も低かったのは、ラトビアのFKメタの20.7歳。2番目はスロバキアのMSKジリナ(21.2歳)、3番目はアイスランドのIFグロッタ(22.0歳)となっている。UEFA以外では、ウズベキスタンのナサフ・カルシが23.9歳で最も平均年齢が低かった。 また、J1リーグではサガン鳥栖が25.4歳で最も低く、2位に湘南ベルマーレ(26.3歳)、3位に鹿島アントラーズ(26.4歳)と続いた。一方で最も平均年齢が高かったのはヴィッセル神戸の29.0歳。欧州5大リーグでは29.7歳でパルマとなっている。 2020.10.26 19:59 Mon
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が新型コロナ陽性 自身インスタを通じて公表

元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏が新型コロナウイルス感染を明らかにした。 イベント参加で24日からブラジルのベロ・オリゾンテに滞在しているというロナウジーニョ氏は25日、自身インスタグラム(ronaldinho)のストーリー機能を用いて、自らの新型コロナウイルス陽性を報告した。 「新型コロナウイルスの検査を受けてみたら、陽性反応が出た。無症状で、元気だが、イベントを後回しにしないといけなくなってしまった。大きなハグを!」 これを追って報じたブラジル『Globo』によると、ロナウジーニョ氏は今後の検査で陰性反応が示されるまでの間、ベロ・オリゾンテのホテルで隔離措置に入る模様だ。 ブラジル代表通算97試合の出場数を誇り、人々を魅了するスキルで現役時代に一世を風靡したロナウジーニョ氏。最近、パラグアイ入国時の偽造パスポート使用容疑で5カ月ほど拘束されたが、8月に保釈され、ブラジル帰国していた。 2020.10.26 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ミランvsローマが月曜に開催、冨安と吉田は強豪と対戦

前節行われたミラノ・ダービーではミランがFWイブラヒモビッチのドッピエッタでインテルの反撃を振り切り、開幕4連勝とした。そしてナポリがアタランタを4発粉砕する圧勝劇を演じた。迎える第5節は月曜にミランvsローマのビッグマッチが行われ、ボローニャDF富安とサンプドリアDF吉田の日本代表センターバックコンビは、それぞれ強豪ラツィオ、アタランタと対戦する。 まずはミランvsローマから。インテル戦ではコロナから復帰したイブラヒモビッチが前半に挙げた2ゴールをうまく守り抜き、リーグ戦では5シーズンぶりとなるダービー勝利を飾ったミラン。開幕4連勝とし単独首位に立った中、ダービー勝利でさらに勢いに乗ったロッソネロは、ローマをも飲み込むことはできるか。 対するローマは前節ベネヴェント戦では一時同点に追いつかれながらも終わってみれば5発圧勝とした。連勝で2勝1分け1敗スタートとした中、絶好調のミランに黒星を付けることはできるか。共に木曜にアウェイでのヨーロッパリーグを戦っているが、好ゲームを期待したい。 続いてラツィオvsボローニャ。ラツィオは前節サンプドリア戦ではFWインモービレを欠いた中、攻撃陣が沈黙してまさかの完敗(0-3)を喫した。それでも、火曜に行われたCLではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。12季ぶりの出場となるCLで気持ちの良い勝利を飾って勢いに乗った中、リーグ戦での白星を取り戻せるか。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。冨安はオウンゴールで相手の決勝点となる4失点目を献上し、悔しい結果となった。昨季得点王のインモービレがドルトムント戦でも1ゴール1アシストと活躍した中、冨安はインモービレを抑え込むことができるか。 そしてアタランタvsサンプドリア。ナポリ戦ではまさかの4失点完敗を喫し、開幕からの連勝が3で止まったアタランタ。それでも水曜に行われたCLではミッティラン相手に4-0の快勝でバウンスバックを果たした。攻撃陣が引き続き好調であることを示した中、セリエAで白星を取り戻せるか。 対するサンプドリアの吉田は前節ラツィオ戦では突破力に優れるFWコレアと相対し、見事に封じて見せた。これでチームは吉田が先発に戻ってから2連勝。良い流れに乗る中、アタランタの強力攻撃陣に対しても吉田が守備を締め、連勝を伸ばせるか。 クロトーネ戦を低調なドローで終えたユベントスは、火曜に行われたCLではディナモ・キエフ相手にFWモラタの2発で白星スタートとした。ただ、相変わらず内容は低調ですっきりしない試合が続いている。今節は2勝1分け1敗スタートのヴェローナが相手となるが、内容面で改善は見られるか。 そしてミラノ・ダービーに敗れたインテルは水曜に行われたCLボルシアMG戦では、FWルカクが2発を決め、優勢に試合を進めていたが2-2の引き分けに終わった。そのインテルはジェノアとのアウェイ戦に臨むが、公式戦4試合ぶりの勝利となるか。 最後にアタランタに4発快勝としたナポリは2勝2敗スタートのベネヴェントとのアウェイ戦で連勝を目指す。 ◆セリエA第5節 ▽10/23(金) 《27:45》 サッスオーロ vs トリノ ▽10/24(土) 《22:00》 アタランタ vs サンプドリア 《25:00》 ジェノア vs インテル 《27:45》 ラツィオ vs ボローニャ ▽10/25(日) 《20:30》 カリアリ vs クロトーネ 《23:00》 ベネヴェント vs ナポリ パルマ vs スペツィア 《26:00》 フィオレンティーナ vs ウディネーゼ 《28:45》 ユベントス vs ヴェローナ ▽10/26(月) 《28:45》 ミラン vs ローマ 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook