オタメンディ、ほろ苦いベンフィカデビューに…痛恨ロスト含む2失点に関与…

2020.10.07 18:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディがほろ苦いベンフィカデビューとなった。2015年から5年間に渡ってマンチェスター・シティでプレーしたオタメンディは、先月末にポルトガル代表DFルベン・ジアスと入れ替わる形でベンフィカに3年契約で完全移籍した。

そして、5日に行われたプリメイラ・リーガ第3節のファレンセ戦では待望のベンフィカデビューを飾った。

この試合、[4-3-3]の2センターバックの一角でスタメン起用となったオタメンディだが、1点リードで迎えた後半立ち上がりにアフター気味に相手の足を踏んでしまい、痛恨のPK献上。ここは味方GKの好守で失点を免れたが、直後の右CKの場面では相手に競り負けて失点に関与してしまう。

それでも、チームはFWハリス・セフェロビッチが決めた2ゴールにより、アウェイチームを突き放し、勝利まで後半アディショナルタイムを残すのみとなった。

だが、試合終了間際の95分に最終ラインでのパス回しから自陣中央でボールを受けたオタメンディは、不用意にボールキープを試みた際に相手FWパトリックフェルナンデスにボールをかっさらわれて1点差に迫るゴールを決められた。

この直後にタイムアップを迎え、試合は3-2の勝利に終わったが、オタメンディ個人としては2失点に絡み、PK献上とほろ苦いデビュー戦となった。

過去にベンフィカの宿敵ポルトに在籍していたことに加え、ディフェンスリーダーの後釜としての加入ということもあり、戦前から厳しいホームサポーターの目に晒されていただけに、新天地での船出は厳しいものとなりそうだ。

◆2失点関与でほろ苦いデビュー戦に…

関連ニュース
thumb

ベンフィカがディナモ・キーウに先勝、本戦出場へ前進《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグの3試合が17日に行われ、ディナモ・キーウvsベンフィカは0-2でベンフィカが先勝した。 昨季のCLグループステージで対戦していた両チームの本戦出場を懸けた一戦。 立ち上がりからアウェイチームのベンフィカが攻勢に出ると9分、分厚い攻めを展開した流れからジョアン・マリオのパスをボックス右のジウベルトがダイレクトで叩き込んで先制した。 その後も攻め手を緩めないベンフィカは24分、ジョアン・マリオのコントロールシュートで追加点に迫ると、35分に突き放した。ネレスが相手のバックパスをカットしてボックス内に侵入。ルーズボールを最後はゴンサロ・ラモスが難なく蹴り込んだ。 ベンフィカが圧倒して迎えた後半、ディナモ・キーウの反撃が強まったが、GKヴラチョディモスの好守もあってベンフィカが2-0で勝利。来週ホームで行われる2ndレグへ優位な状況に立った。 ▽8/17 ディナモ・キーウ(ウクライナ) 0-2 ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) マッカビ・ハイファ(イスラエル) 3-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) ▽8/16 レンジャーズ(スコットランド) 2-2 PSV(オランダ) ボデ/グリムト(ノルウェー) 1-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) コペンハーゲン(デンマーク) 2-1 トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.18 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

守田途中出場のスポルティングCPが初勝利!好調ジル・ヴィセンテは今季初黒星…【プリメイラ・リーガ日本人選手】

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第2節が今週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正やポルトへ復帰したMF中島翔哉、昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 開幕節でブラガと打ち合いを演じたスポルティングCPは、ホーム開幕戦でリオ・アヴェと対戦。ゴンサウヴェスのゴールで先制したスポルティングCPは、65分から守田を投入。すると、直後の67分にマテウス・ヌネスが追加点を奪取。さらに75分にもゴンサウヴェスがこの試合2点目を決め、3-0で今季初勝利を飾った。 一方、ミッドウィークにUEFAカンファレンスリーグ予選3回戦でリガFC(ラトビア)に完勝したジル・ヴィセンテはアロウカとアウェイで対戦。藤本が先発した一戦は、開始早々の2分にジル・ヴィセンテが失点する。 1点のビハインドで迎えた後半、ジル・ヴィセンテは新井やマテウス・ブエノなどを投入し、攻撃陣を総入れ替えしたが最後まで同点弾は奪えず、そのまま0-1で敗戦した。 また、田川に所属するサンタクララと渡井の所属するボアヴィスタによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は後半に2ゴールを挙げたボアヴィスタが2-1で逆転勝利した。田川は65分までプレー、渡井はベンチ外となった。 ★中島翔哉[ポルト] ▽8/14 ヴィゼラ 0-1 ポルト ◆ベンチ入りせず ★守田英正[スポルティングCP] ▽8/13 スポルティングCP 3-0 リオ・アヴェ ◆65分からプレー ★小久保 玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽8/13 カーザ・ピア 0-1 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽8/15 アロウカ 1-0 ジル・ヴィセンテ ◆フル出場 ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽8/15 アロウカ 1-0 ジル・ヴィセンテ ◆後半からプレー ★小川諒也[ギマランエス] ▽8/14 ギマランエス 1-0 シャヴェス ◆ベンチ入りも出場せず ★田川亨介[サンタクララ] ▽8/14 ボアヴィスタ 2-1 サンタクララ ◆65分までプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽8/14 ボアヴィスタ 2-1 サンタクララ ◆ベンチ入りせず ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽8/15 パソス・デ・フェレイラ 0-3 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽8/15 パソス・デ・フェレイラ 0-3 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りも出場せず ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽8/13 カーザ・ピア 0-1 ベンフィカ ◆69分までプレー 2022.08.16 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカの伝説フェルナンド・シャラーナ氏が63歳で逝去…“小さな天才”と称されたアタッカー

ベンフィカのレジェンドである元ポルトガル代表MFのフェルナンド・シャラーナ氏(享年63)が逝去した。ベンフィカが10日、レジェンドの訃報を伝えた。 ベンフィカの下部組織出身で1970年代から1980年代に活躍したシャラーナ氏は、“ペケーニョ・ジェニアル(小さな天才)”との愛称で知られた左利きの小柄なアタッカー。 ベンフィカでは1974年から1984年、1987年から1990年の合計13年間の在籍期間に主力として活躍し、6度のプリメイラ・リーガ制覇を含め14個のタイトル獲得に貢献。個人としては1976年と1984年にポルトガルの年間最優秀選手賞も受賞していた。 また、ポルトガル代表として通算27キャップを刻んだシャラーナ氏は、1984年から1987年までプレーしたフランスのボルドー時代には負傷に悩まされて活躍の機会は限られたものの、2度のリーグ・アン優勝を経験していた。 現役引退後は古巣ベンフィカのアシスタントコーチや暫定指揮官、パソス・デ・フェレイラのコーチなどを歴任していた。 2022.08.10 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがベンフィカの21歳FWに関心、PSGとの争奪戦に発展か

ニューカッスルがベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(21)に関心を寄せているようだ。 ゴンサロ・ラモスはベンフィカ下部組織出身のストライカー。昨季は公式戦46試合で8得点4アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では、アンフィールドでリバプールからゴールをゲット。多くのクラブが関心を寄せる逸材だ。 いち早く交渉に乗り出したのはパリ・サンジェルマン(PSG)。しかし、現時点で合意の道筋は見えていないようだ。そんななか、ポルトガル人ジャーナリストのペドロ・セプルベダ氏によると、ニューカッスルもオファーを提示する見通しだという。 同氏は、ベンフィカは2500万ポンド(約40億円)から取引に応じる姿勢であり、ニューカッスルにはこの額の支払い能力があると主張。イングランド人FWカラム・ウィルソンが負傷しがちなことや、今年1月に加入したニュージーランド代表FWクリス・ウッドの得点ペースに不満を抱いていることから、新たなストライカーの獲得を画策しているようだ。 だが、ファイナンシャル・フェア・プレー規則が懸念材料に。ゴンサロ・ラモスを確保する前に、まずは放出が必要になるかもしれないと考えられている。 2022.08.10 17:59 Wed
twitterfacebook
thumb

守田先発のスポルティングCP、3度のリードを守りきれず痛恨のドロー…【プリメイラ・リーガ日本人選手】

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガが今週末に開幕を迎えた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正やポルトへ復帰したMF中島翔哉、昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 この開幕節では昨季2位のスポルティングCPと昨季4位のブラガの上位対決が実現。前半から激しい打ち合いの様相を見せた一戦は、2-2で前半が終了。 後半は一進一退の攻防が繰り広げられると、スポルティングCPは60分に守田を下げてウガルテを投入。すると83分、ボックス左から侵入したロチーニャのクロスをエドワーズが流し込み勝ち越しに成功。しかし、試合終了間際の88分に三度追いつかれ、3-3で試合を終えた。 また、田川に所属するサンタクララと邦本の所属するカーザ・ピアによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現したが、互いに決定機を決めきれず、ゴールレスドロー。田川は88分までプレー、邦本は72分までプレーした。 同じく川﨑と中村の所属するポルティモネンセと渡井の所属するボアヴィスタによる日本人所属クラブ対決は0-1でボアヴィスタが勝利。中村はベンチ入りも出場せず、川﨑と渡井はベンチ外となっている。 ★中島翔哉[ポルト] ▽8/6 ポルト 5-1 マリティモ ◆ベンチ入りせず ★守田英正[スポルティングCP] ▽8/7 ブラガ 3-3 スポルティングCP ◆60分までプレー ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽8/5 ベンフィカ 4-0 アロウカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽8/8 ジル・ヴィセンテ vs パソス・デ・フェレイラ ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽8/8 ジル・ヴィセンテ vs パソス・デ・フェレイラ ★小川諒也[ギマランエス] ▽8/7 シャヴェス 0-1 ギマランエス ◆ベンチ入りも出場せず ★田川亨介[サンタクララ] ▽8/7 サンタクララ 0-0 カーザ・ピア ◆88分までプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽8/7 ポルティモネンセ 0-1 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りせず ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽8/7 ポルティモネンセ 0-1 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽8/7 ポルティモネンセ 0-1 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りも出場せず ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽8/7 サンタクララ 0-0 カーザ・ピア ◆72分までプレー 2022.08.08 06:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly